芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

お笑い評論家

「お笑い評論家」と一緒に検索されているワード

  • お笑い評論家気取り,
  • お笑い評論家 高橋,
  • お笑い評論家 は,
  • お笑い評論家 ラリー遠田,
  • 秋山 お笑い評論家,
  • お笑い評論家,
  • お笑い評論家気取り,
  • お笑い評論家2ch,
  • お笑い評論家 うざい

「お笑い評論家」に関する芸能ニュース

サンド富澤、『大恋愛』での「自然体すぎる」演技に高評価 

サンド富澤、『大恋愛』での「自然体すぎる」演技に高評価 
戸田恵梨香(30才)主演で話題のドラマ『大恋愛〜僕を忘れる君と』(TBS系)。このドラマで元小説家・間宮真司(ムロツヨシ・42才)の先輩役として出演している、サンドウィッチマン・富澤たけし(44才)の演技が話題になっている。富澤は今、ドラマに引っ張りだこ。今年放送されたドラマでは『精霊の守り人最...

アンジャッシュ児嶋一哉 俳優としての演技力を認められる理由

アンジャッシュ児嶋一哉 俳優としての演技力を認められる理由
ある時は痴漢に疑われた一流企業のエリートサラリーマン。またある時は、何十匹ものアリを飼育し、全てのアリを識別できるアリオタクの研究者――。今期ドラマの児嶋一哉(アンジャッシュ・46才)の役どころである。いまだに人気が冷めやらない『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)など、芸人でありながら、児嶋...

「水ダウ」が追求する「悪意」ある笑い ツッコミ前提のボケの一種

「水ダウ」が追求する「悪意」ある笑い ツッコミ前提のボケの一種
お笑い芸人などが「説」をプレゼンし、番組がその主張を検証するテレビ番組『水曜日のダウンタウン』(TBS系)が好調だ。なにがウケているのか。お笑い評論家のラリー遠田氏は「バラエティ番組ではあらかじめ企画の着地点が決まっていることが多い。だが『水曜日のダウンタウン』はそれを避け、検証を厳密に行...

「ガキの使い」は30年目に突入 向上心を持ち続けるダウンタウン

「ガキの使い」は30年目に突入 向上心を持ち続けるダウンタウン
1990年代からゴールデン帯に冠番組を持ち続け、お笑い界のトップに君臨しているダウンタウン。1989年10月開始の『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』(日本テレビ系)はいよいよ30年目に突入、1993年10月開始の『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)とあわせて長寿番組になっている。その他にも、突飛な...

低迷期を乗り越えたダウンタウン、松本人志が失敗を重ねて達した境地

低迷期を乗り越えたダウンタウン、松本人志が失敗を重ねて達した境地
日本テレビ系「ダウンタウンDX」1000回突破記念会見会見に出席した、ダウンタウンの松本人志(左)と浜田雅功=2016年9月8日(写真:日刊スポーツ) NHKでのコント番組、映画監督への挑戦など、30年以上続く芸歴の中で大きな失敗を何度も経験しているダウンタウンの松本人志。しかし、現在も多くのレギュラー...

野性爆弾くっきー、CFで1400万円以上の資金集める 台湾でも大人気

野性爆弾くっきー、CFで1400万円以上の資金集める 台湾でも大人気
(全5枚) 「野性爆弾くっきー」を世界に拡散するため、クラウドファンディングで1400万円以上が集まっている――と聞いて、「地雷か何かの特殊兵器?」と思われる方もいるかも――。 いまやアーティストとして活躍中の芸人なのだ。 *** 吉本興業所属のお笑いコンビ「野生爆弾」のボケ担当が“くっきー”こと川島邦...

にゃんこスターがネットで嫌われる理由 お笑い評論家が分析

にゃんこスターがネットで嫌われる理由 お笑い評論家が分析
「にゃんこスター消えた」――。「キングオブコント2017」の準優勝で大ブレークしたお笑いコンビ「にゃんこスター」。だが、18年3月7日現在、グーグルやツイッターなどでコンビ名を検索すると、予測候補のトップには冒頭のような言葉が表示される状況となっている。 「消えた」「つまんない」「嫌い」... 17年5...

とろサーモンの創価学会入信、久保田かずのぶの母が真相を語る

とろサーモンの創価学会入信、久保田かずのぶの母が真相を語る
愛知県のスーパーでフグの肝が平然と売られていたため世間は騒然となっているが、こちらはフグの毒ではなく、毒を吐く「とろサーモン」にまつわる話。この魚のような名前は吉本芸人のコンビ名。彼らの信仰が明かされ、「その会」の人々は騒然となったという。 *** 1月1日と2日は、その会にとって特別な日で...

森山直太朗や平原綾香も…実は面白いアーティスト

森山直太朗や平原綾香も…実は面白いアーティスト
最近、何かと「面白い!」と話題なのがYOSHIKI。“アーティスト”なのに面白い、そのギャップがまた笑いを呼び、「笑えるアーティスト」が人気に。ということで、業界関係者に誰が面白いか聞いてきました。 愛される要因 まずは、今バラエティー番組に引っ張りだこのYOSHIKI。 「元日に出演した『芸能人格付けチ...

ゆりやんレトリィバァの優等生ぶり「NSC大阪校」を首席で卒業

ゆりやんレトリィバァの優等生ぶり「NSC大阪校」を首席で卒業
昨年末に行われた「女芸人NO.1決定戦THEW」は、世にも珍しい女性限定のお笑いコンテストだった。漫才、コント、ピン芸など何でもありの大会を制したのは、ゆりやんレトリィバァ(27)。下馬評でも大本命だと目されていた彼女が順当に優勝を果たした。 ゆりやんは愛らしいぽっちゃり体形が印象的な女...

とんねるずは「引き際」を知っている?評論家が「みなおか」の今後に推測

とんねるずは「引き際」を知っている?評論家が「みなおか」の今後に推測
「“お膝元”フジの社長が直々に陳謝するのは異例にも思えます。これまでも『みなさん』だけでなく、数々の番組を炎上させてきたとんねるずですが、“いよいよ終了か”との声も聞こえてきます」(スポーツ紙記者) 発端は9月28日放送の『とんねるずのみなさんのおかげでした30周年記念SP』(フジテレビ系)だった...

オリラジ中田敦彦の「天狗っぷり」に業界関係者らが指摘

オリラジ中田敦彦の「天狗っぷり」に業界関係者らが指摘
「中田さんは5月28日放送のラジオ『らじらー!サンデー』(NHKラジオ第1)で“吉本が全社を挙げて大騒ぎし、幹部と社長に「謝れ」と言われている”と激白しました。続けて“どうなるか楽しみじゃない?あの松本人志さん批判するのは、吉本のなかではいなかったじゃない”と。最後まで“このスタンスこそが俺のお笑...

ブルゾンちえみの演技を評論家が絶賛 滑舌と美声も評価高く

ブルゾンちえみの演技を評論家が絶賛 滑舌と美声も評価高く
フジテレビ系ドラマ「人は見た目が100パーセント」(木曜22時)の評判が芳しくない。 ご祝儀視聴の見込める初回でさえ視聴率9.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と1ケタ台に終わり、主演の桐谷美玲(27)の起用には非難ゴウゴウ。製紙会社に勤める女子力も存在感もゼロというジミ〜な理系女子...

内村光良はポスト・タモリ?業界内で高まる評価と人望

内村光良はポスト・タモリ?業界内で高まる評価と人望
(全2枚) 10周年記念スペシャルが2週続けて視聴率20%超えを記録した『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)。この怪物番組をはじめ、テレビレギュラー8本を抱える“ウッチャン”こと内村光良が絶好調だ。 「あれだけの大物タレントにもかかわらず、共演者に緊張感を与えないところがすごいです。若手にも“...

りゅうちぇるの目標?林家ぺー・パー子が芸能界で生き残れる理由

りゅうちぇるの目標?林家ぺー・パー子が芸能界で生き残れる理由
不倫・離婚報道が吹き荒れる芸能界において、今年のおめでたいニュースといえばタレントのりゅうちぇる(21)とぺこ(21)の結婚。二人のアツアツぶりはテレビからも十分すぎるほど伝わってくるが、まだ若い彼らを心配する声も少なくない。一方、この二人の結婚で急速に評価を高めているのが、りゅうちぇると...

「お笑い評論家」に関するネット上の評判

http://scoopire.net