芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

インタビュー

「インタビュー」に関する芸能ニュース

成熟の拒否。なぜ「ちびまる子ちゃん」は幅広い世代に受けたのか

成熟の拒否。なぜ「ちびまる子ちゃん」は幅広い世代に受けたのか
53歳という若さで亡くなった、漫画家のさくらももこさん。独特の世界観で描かれた『ちびまる子ちゃん』は国民的人気作品となりましたが、なぜ「9歳のまる子」に大人までもが感情移入できたのでしょうか。米国在住の作家・冷泉彰彦さんが、自身のメルマガ『冷泉彰彦のプリンストン通信』でその秘密を探ります。...

泰葉が高級ホテルで100万円を踏み倒したと報道 悪びれる様子なく

泰葉が高級ホテルで100万円を踏み倒したと報道 悪びれる様子なく
「芸能人だからって信頼して連泊させてしまったホテル側も脇が甘いのかもしれませんが、それにしても悪質すぎますよ」(地元の旅館関係者) 【写真】泰葉が宿泊した「ハイアットリジェンシー箱根」 昨年9月、元マネージャーの自宅へ脅迫状と包丁、犬のフンを送りつけたとして刑事告訴された泰葉。それだけでな...

元DA PUMPのYUKINARIが劇的な変化 5カ月で体重18.1kg減

元DA PUMPのYUKINARIが劇的な変化 5カ月で体重18.1kg減
元DAPUMP・YUKINARIが、『RIZAP』で5ヶ月間のボディメイクに臨み、体重マイナス18.1キロ、体脂肪マイナス11.6%、ウエストがマイナス19.1センチと引き締まったボディを手に入れた。劇的な変化をとげたYUKINARIは「15年ぶりにこのカラダになることができた」と喜んでいる。 【横から写真】ウエスト-19.1センチ...

富川悠太アナと小川彩佳アナに確執報道 テレ朝関係者はやりづらいと語る

富川悠太アナと小川彩佳アナに確執報道 テレ朝関係者はやりづらいと語る
『報道ステーション』(テレビ朝日系)のキャスター・小川彩佳アナが9月いっぱいで降板し、10月からはネット放送局「AbemaTV」の報道番組『AbemaPrime』のメイン司会に就くことが決まった。 この降板劇の背景には、“相方”である富川悠太アナとの確執があったと週刊文春で報じられ波紋を呼んでいる。 プロデュ...

さくらももこさんは「たまちゃん」とだけ交流 素性隠した生活

さくらももこさんは「たまちゃん」とだけ交流 素性隠した生活
8月15日、乳がんのために漫画『ちびまる子ちゃん』の作者、さくらももこさんが53歳の若さでこの世を去った。 【写真】まるちゃんのマンホール、母校に寄贈された絵ほか 「少女漫画誌の『りぼん』(集英社)で連載を持つことが決まり、題材を考えていたときに、子どものころに母親から“ちびまる子ちゃん”と呼ば...

「普通の漫才とは違う」ナイツ塙の「M-1論」が話題に

「普通の漫才とは違う」ナイツ塙の「M-1論」が話題に
集英社新書プラスのインタビュー記事『関東芸人はなぜM-1で勝てないのか?』にナイツ・塙宣之が登場。彼の独自の見解がネット上で話題となっている。 過去に『M-1グランプリ』で優勝した芸人は、関西圏が多く関西以外は少ない(3例)。この結果のもと筆者は、同大会で3度決勝に立ち、漫才協会の副会長も務める...

爆笑問題の30周年記念ライブに新潮社から祝花「器がでかい」

爆笑問題の30周年記念ライブに新潮社から祝花「器がでかい」
今年でコンビ結成30周年を迎える爆笑問題が、8月30日から9月1日までの3日間にわたって東京・EXTHEATERROPPONGIで単独ライブ『O2-T1』を開催。全編コントの同ライブでは、5本のネタを披露。2人の絶妙なかけあいも健在で、2時間以上にわたって笑いの世界に引き込んだ。 【写真】ライブには爆チュー問題も登場 ...

先輩らのつまずきを教訓に アンガールズが語る芸人として生き残る術

先輩らのつまずきを教訓に アンガールズが語る芸人として生き残る術
お笑いコンビのアンガールズが、8月22日放送の『アッパレやってまーす!』(MBSラジオ)に出演した。 番組で司会のケンドーコバヤシは、アンガールズがコント番組で売れ出した時期について「正直、テレビ局とか事務所に持ち上げられた時期もあったのでは?キモカワイイとか」と指摘する。 これに田中卓志は「...

「命を絶つことだけはやめようと」全身がんの樹木希林がメッセージ

「命を絶つことだけはやめようと」全身がんの樹木希林がメッセージ
【#withyou〜きみとともに〜】 役者の樹木希林さん(75)が、生きづらさを抱える人たちに、直筆でメッセージを寄せてくれました。2013年の日本アカデミー賞授賞式で、全身がんであることを公表した樹木さん。以降も、治療を続けながら、精力的に役者業を続けていらっしゃいます。そんな樹木さんから編集部に届...

初音ミクとの結婚で話題の男性を批判?東国原英夫氏が反論

初音ミクとの結婚で話題の男性を批判?東国原英夫氏が反論
元宮崎県知事の東国原英夫氏(60)が、バーチャルアイドル初音ミクとの“結婚”で話題となっている男性を批判したなどとして当事者からも抗議の声があがっていた問題について、「別に批判はしていません」と反論した。 東国原氏が出演した24日放送のフジテレビ系「バイキング」は、初音ミクとの婚姻届を提出し、...

ZIP!で紹介された「バズーカ女子」定義に疑問も

ZIP!で紹介された「バズーカ女子」定義に疑問も
野球の大学日本代表と高校日本代表の壮行試合を伝えるテレビ番組のニュースで、「バズーカ女子」なる若い女性に取材したVTRを放送し、ツイッターで「バズーカ女子って何やねん」「初めて聞いた」と話題になっている。 番組によると、「バズーカ」のように大きいレンズのカメラで「お気に入り」の選手を撮影す...

美人で有名だった紗栄子 地元の宮崎では現在も伝説

美人で有名だった紗栄子 地元の宮崎では現在も伝説
紗栄子が、8月28日放送の『ウチのガヤがすみません!』(日本テレビ系、毎週火曜23:59〜)に出演。番組で公開された中学時代の写真に、インターネット上では驚きの声があがっていた。 毎回、総勢50名を超える若手芸人がゲストについて調査を行い、興味の持てる“おもてなし”を提案する同番組。ゲストはその中...

最上もが アイドルになった理由「僕が稼がなきゃという気持ちが」

最上もが アイドルになった理由「僕が稼がなきゃという気持ちが」
昨年8月に人気アイドルグループ「でんぱ組.inc」を脱退し、約1年が経過した最上もが。先日行われたKDDIの電子書籍サービス「ブックパス」のイベント『ぺちゃくちゃ書店渋谷店』で、「でんぱ組を脱退してから、けっこうツラい時期が長かった」「休みができても病院でメンテナンスするという状態でした」などと...

「勝ち組女医」西川史子が友利新を羨ましがる ネットでは賛否両論

「勝ち組女医」西川史子が友利新を羨ましがる ネットでは賛否両論
医師でタレントの西川史子が自身のInstagramを更新し、同じく医師でタレントの友利新と偶然会ったことを報告した。 西川は「六本木ミッドタウン行ったら、偶然友利さんとばったり!」というコメントともに、友利とのツーショット写真を掲載。そして、「可愛い息子と娘と一緒で羨ましい」と続け、友利の子供た...

元NHK登坂淳一アナ 白髪のきっかけは和歌山カレー事件

元NHK登坂淳一アナ 白髪のきっかけは和歌山カレー事件
フリーアンウンサーの登坂淳一が、8月17日放送の『怪傑えみちゃんねる』(関西テレビ)に出演した。 登坂のトレードマークといえばその白髪だ。番組では、28歳で髪がまだ黒かった時代の写真を紹介。登坂は「これももう染めていたんですよね。いまほどじゃないけど(白髪が)けっこうあって」と発言する。 続い...
http://scoopire.net