芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

エッセイ

「エッセイ」と一緒に検索されているワード

  • エッセイとは,
  • エッセイスト,
  • エッセイ 書き方,
  • エッセイ漫画,
  • エッセイ おすすめ,
  • エッセイ 英語,
  • エッセイ 意味,
  • エッセイ 公募,
  • エッセイ本,
  • エッセイ 書き方,
  • エッセイ 公募,
  • エッセイとは,
  • エッセイ おすすめ,
  • エッセイコミック,
  • エッセイ テーマ 一覧,
  • エッセイ 書き方 英語

「エッセイ」に関連する芸能人

蝶々 (エッセイスト)

蝶々 (エッセイスト)

蝶々(ちょうちょう、1973年1月16日 - 山羊座AB型 )は、日本のエッセイスト、作家。小悪魔ブームの火付け役である...

蝶々 (エッセイスト)の詳細情報

「エッセイ」に関する芸能ニュース

宮沢りえの自殺未遂騒動に新たな噂 若き歌舞伎役者の存在

宮沢りえの自殺未遂騒動に新たな噂 若き歌舞伎役者の存在
「平成」が“歴史”になるにはまだ早い。にもかかわらず、すでに覆されようとしている“定説”もある。1994年(平成6年)9月24日未明に起きた宮沢りえ(45)の自殺未遂騒動をめぐり詳らかになった“新説”とは……。 まだ夜も明けきらぬ午前5時。部屋に踏み込んだホテルの従業員がそこで目にしたのは、鮮血で真っ赤に...

宇垣美里アナ 古舘伊知郎も文才を絶賛!共感集める文筆家の顔

宇垣美里アナ 古舘伊知郎も文才を絶賛!共感集める文筆家の顔
一部スポーツ紙が報じた退社報道で、連日注目を集めるTBS宇垣美里アナウンサー(27)。12月25日に出演したラジオ番組では報道へのコメントを避けるなど、去就については明らかになっていない。 『サンデー・ジャポン』(TBS系)内での「生きていて申し訳ない気持ちになる」と闇を感じさせる発言や、アニメキャ...

篠山紀信氏の次男・篠山輝信とNHKの雨宮萌果アナ あさイチ婚へ

篠山紀信氏の次男・篠山輝信とNHKの雨宮萌果アナ あさイチ婚へ
俳優篠山輝信(35)が、NHKの雨宮萌果アナウンサー(31)と結婚することが24日、分かった。ともに現在、NHK情報番組「あさイチ」(月〜金曜、午前8時15分)にレギュラー出演中。2人は6年前に同番組を通じて出会い、約1年前から真剣交際に発展したという。篠山は写真家篠山紀信氏(78)と元歌手南沙織さん(64...

山崎ケイ原作「ちょうどいいブスのススメ」ドラマ化でタイトル変更

山崎ケイ原作「ちょうどいいブスのススメ」ドラマ化でタイトル変更
お笑いコンビ・相席スタートの山崎ケイ(※崎はたつさき)によるエッセイ『ちょうどいいブスのススメ』を原作とした、来年1月10日スタートの読売テレビ・日本テレビ系プラチナイト新木曜ドラマが、当初のタイトル『ちょうどいいブスのススメ』から『人生が楽しくなる幸せの法則』へと変更されたことがわかった。...

相席スタート・山崎ケイ「私が“ちょうどいいブス”を使っている理由」

相席スタート・山崎ケイ「私が“ちょうどいいブス”を使っている理由」
ネットで話題になっている「ちょうどいいブス」問題。同じ女性から投げかけられる「ブス」という言葉に、心がざわついた人も多いのでは?ドラマ化される『ちょうどいいブスのススメ』の原作者、お笑いコンビ、相席スタートの山崎ケイさん(36)に「ちょうどいいブス」という言葉が生まれたきっかけ、定義につ...

西山茉希が夫婦関係めぐりぶっちゃけ「壮絶なバトルはやり終えた」

西山茉希が夫婦関係めぐりぶっちゃけ「壮絶なバトルはやり終えた」
モデル・西山茉希(33)が20日、都内でスタイルブック『Life西山茉希』の発売記念イベントを行った。2013年6月に俳優・早乙女太一(27)と結婚。家庭と仕事の両立に「本当にありがたい話。大変じゃないと言ったらウソになるけど、そこの大変さを重視してないです」と充実感をにじませつつ「夫婦生活と家族のこ...

41歳で発達障害と診断された小島慶子「本当の自分を受け入れる」

41歳で発達障害と診断された小島慶子「本当の自分を受け入れる」
「私は家でも学校でも、ひどい問題児でした」 彼女は、熱を帯びた口調で子ども時代の思い出を語り始めた。 「まず、落ち着きがない。常にもじもじして、じっとしていられない。声を出してはいけないところで出したり、グネグネしたり(笑)。それから、嫌なことに耐性がまるでなくて、受け流すことができずに...

新ドラマ「ちょうどいいブスのススメ」に非難 原作者山崎ケイにも

新ドラマ「ちょうどいいブスのススメ」に非難 原作者山崎ケイにも
来年1月10日からスタートするドラマ「ちょうどいいブスのススメ」(日本テレビ系)。主演を夏菜(29)が務めると発表されてにぎわっているが、いっぽうでタイトルや趣旨に早速非難が殺到している。 お笑いコンビ「相席スタート」の山崎ケイ(36)によるエッセイをもとにした同ドラマ。各メディアによると、仕...

高須院長、がん告白の西原理恵子氏の反応「ああそうなのって感じ」

高須院長、がん告白の西原理恵子氏の反応「ああそうなのって感じ」
全身がんを患っていた樹木希林さんの姿に背中を押され、“全身がん”であることを告白したという高須クリニックの高須克弥院長(73才)さん。「自分は実験台でいい。治療がうまくいったらぼくにとって得だし、失敗しても他の人にとっていい教材になればいい」と話し、最先端のがん治療を受けている。 高須さんの...

ダウン症の子を持つ奥山佳恵「時間がかかるけれども親に」

ダウン症の子を持つ奥山佳恵「時間がかかるけれども親に」
「発達障害」に関して、親のあり方や周囲の応じ方が各所で論じられている。そんな中、自閉症として生まれてきた少年・勇太くん(仮名)とその母を取材した単行本『発達障害に生まれて』が版を重ねている。障害児を授かった親は、周辺社会は、どのように歩を進めるのがいいのか──育児や日々の生活を綴るブログ...

ヒモになりたい41歳俳優志望に厳しい声 考えの甘さに指摘も

ヒモになりたい41歳俳優志望に厳しい声 考えの甘さに指摘も
『婚活SOS!だからあなたは結婚できない!?駆け込み結婚相談所』がAbemaTVのバラステ枠で放送され、結婚を考えている41歳の“俳優志望”の男性が登場。早稲田大学の恋愛学者・森川友義教授、婚活評論家の川上あきこ、エッセイストの犬山紙子といった"婚活のプロ”が、結婚できない本当の理由をズバリ指摘した。M...

「社会的な死」により虚無感に苛まれた 乙武洋匡氏の空白期間

「社会的な死」により虚無感に苛まれた 乙武洋匡氏の空白期間
もの書きで再スタートしたい ―デビュー作『五体不満足』の刊行が'98年。以来、メディアを中心に活動してきた乙武さんですが、2年半前に発覚した不倫スキャンダルが原因となり、表舞台から姿を消していました。空白期間はどのように過ごしていたのですか。 肩書こそ転々としましたが、活動の根幹にあるのは「ど...

星野源を特集したダ・ヴィンチ12月号 発売後すぐに異例の重版決定

星野源を特集したダ・ヴィンチ12月号 発売後すぐに異例の重版決定
大反響の『いのちの車窓から』新作エッセイ掲載に加え、細野晴臣、三浦大知など、超豪華関係者が星野源を語り尽くす全32ページの「星野源と、思考。」大特集号が発売後すぐに異例の重版が決定したことが分かった。 【写真】表紙を飾る星野源 “星野源のものづくりへの姿勢や思考”をテーマに企画を組んだ、『ダ...

満島ひかりと安藤サクラが絶縁状態?「まんぷく」主演が原因か

満島ひかりと安藤サクラが絶縁状態?「まんぷく」主演が原因か
(全2枚) 降りしきる雨の中、うつむいて歩く彼女の顔は暗かった。11月上旬、女優・満島ひかり(32才)はボタンを上まできっちり留めた大きなコートに、ワイドパンツをはき、足元は革靴といういで立ちで商店街を歩いていた。めがねやマスクなどの変装をせずとも彼女に気づく人はいない。 今年3月、突然所属事務...

Hey!Say!JUMPの岡本圭人に彼女の噂 留学先の様子に心配の声も

Hey!Say!JUMPの岡本圭人に彼女の噂 留学先の様子に心配の声も
「授業もときどきサボっているみたいだし、来てもあんまり真剣に聞いていないそうです。そんな甘い態度では、卒業するのは難しいと思いますよ」(岡本が通う学校関係者) 【写真】上智大学在学中だったころの岡本 今年9月から、アメリカの演劇学校『アメリカン・アカデミー・オブ・ドラマティック・アーツ』の...

「エッセイ」に関するネット上の評判

http://scoopire.net