芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

又吉直樹

「又吉直樹」と一緒に検索されているワード

  • 又吉直樹 劇場,
  • 又吉直樹 身長,
  • 又吉直樹 ファッション,
  • 又吉直樹 大河,
  • 又吉直樹 せごどん,
  • 又吉直樹 サッカー,
  • 又吉直樹 大学,
  • 又吉直樹 徳川家定,
  • 又吉直樹 家定,
  • 又吉直樹 火花,
  • 又吉直樹 スケジュール,
  • 又吉直樹 彼女,
  • 又吉直樹 身長,
  • 又吉直樹 ブログ,
  • 又吉直樹 動画,
  • 又吉直樹 印税,
  • 又吉直樹 夜を乗り越える

「又吉直樹」に関連する芸能人

又吉直樹

又吉直樹

又吉 直樹(またよし なおき、1980年6月2日 - )は、日本のお笑いタレント、脚本家、小説家、俳人であり、ピースの...

又吉直樹の詳細情報

「又吉直樹」に関する芸能ニュース

ピース又吉、映画撮影現場で珍しく声を荒げる「無茶苦茶寒かったから…」

ピース又吉、映画撮影現場で珍しく声を荒げる「無茶苦茶寒かったから…」
お笑いコンビ・ピースの又吉直樹(37)が14日、都内で行われた映画『海辺の週刊大衆』の初日舞台あいさつに出席。3月上旬にTシャツ姿で臨んだ撮影を振り返り「僕あんまりスタッフさんに要求したりしないタイプなんですけれど、寒すぎて『なんか、あの暖かいやつとかないですかね』って何回か声を荒げた瞬間あ...

「西郷どん」の本編休止にジェームス三木氏が苦言「シラケてしまう」

「西郷どん」の本編休止にジェームス三木氏が苦言「シラケてしまう」
日曜日の夜8時といえばNHKの大河ドラマ──そんな視聴習慣を持つ人たちがエイプリルフールの4月1日に「え?」と驚くような、初の“異常事態”が発生した。 「今回の件のようなことをして、話を途切れさせると、視聴者がシラケてしまうのではないか」 脚本家・ジェームス三木氏の言う“今回の件”とは4月1日の大河ド...

又吉直樹の新作が遅れる事情 タレントとしても忙しく、発表は2019年か

又吉直樹の新作が遅れる事情 タレントとしても忙しく、発表は2019年か
お笑いコンビ「ピース」の又吉直樹(37)原作の舞台「火花〜GhostoftheNovelist〜」の公開稽古が30日、東京・紀伊国屋ホールで行われた。 売れない芸人たちの葛藤を描いたこの作品は、又吉のデビュー作にして芥川賞受賞作。これまでドラマ化、映画化されてきたが、今回は女優・観月あり...

「西郷どん」が異例の特番を放送へ 本編の休止に戸惑いの声も

「西郷どん」が異例の特番を放送へ 本編の休止に戸惑いの声も
NHK大河ドラマ「西郷どん」(日曜午後8時)が4月1日に本編を休止して、特番「〜西郷どんと斉彬密着120日〜」を放送することが25日、分かった。 「西郷どんスペシャル」と銘打った特別編では、制作現場の舞台裏にカメラが入り、西郷隆盛を演じる主演・鈴木亮平(34)と「師」薩摩藩主・島津斉彬役...

「西郷どん」ピース・又吉直樹の怪演が話題に「配役見事」の声

「西郷どん」ピース・又吉直樹の怪演が話題に「配役見事」の声
NHK大河ドラマ「西郷どん」の第12回「運の強き姫君」が25日夜に放送され、十三代将軍・徳川家定役の怪演が話題のピース・又吉直樹が、ネット上の注目を浴びた。 第12話では、大奥で絶大な権力を握る家定の生母本寿院役で泉ピン子が初登場し、その迫力に「渡鬼感がすごい」とも話題に。その本寿院に...

又吉 かつて芸名変更を検討 大学卒業生に独特の表現で激励

又吉 かつて芸名変更を検討 大学卒業生に独特の表現で激励
お笑いコンビ「ピース」の又吉直樹(37)が17日、大阪府東大阪市内で行われた近大の卒業式にゲスト出演。約10年前に芸名の変更を検討していたことを明かした。 2007〜08年ごろ、あまりに人気がなくて「万博やったらさすがに人が(ライブを見に)くるやろう」と思って、「又吉万博博覧会」という...

櫻井翔が一番の親友は妻夫木聡と告白も「今年はまだ会ってない」

櫻井翔が一番の親友は妻夫木聡と告白も「今年はまだ会ってない」
【櫻井翔・妻夫木聡/モデルプレス=3月16日】15日放送のTBS系バラエティ番組「櫻井・有吉THE夜会」(毎週木曜よる10時〜)でMCを務める嵐・櫻井翔が芸能界の親友を明かした。 【さらに写真を見る】嵐・櫻井翔、スーツ姿で爽やか笑顔/13歳の後輩ジャニーズJr.との思い出撮影の裏話を語る ◆櫻井翔の一番の親...

インパルスの板倉俊之 出版した本の印税は「コンビニ時給より安い」

インパルスの板倉俊之 出版した本の印税は「コンビニ時給より安い」
(全2枚) 芸人ならではのハンデ 諸般の事情もあって、「インパルスの〜」というよりも「小説家の〜」という紹介も増えてきた板倉俊之さん(40)。1月は、『蟻地獄』が文庫化され、さらに先月には4作目となる書下ろしミステリー『月の炎』も刊行されたばかり。過去の作品は玄人筋からも高い評価を得ており、人気...

高橋一生との熱愛が報じられた森川葵「ダークホース」的存在の女優?

高橋一生との熱愛が報じられた森川葵「ダークホース」的存在の女優?
このたび『FLASH』が高橋一生との熱愛を報じた森川葵は、95年生まれ、22歳の女優だ。まだあまり知名度は高くないが、さる民放テレビ局の幹部は「今後、森川葵は注目ですよ。ダークホース的存在です」と言う。 鶴瓶も誉める“カメレオン”ぶり 幹部氏は続ける。 「もともとは雑誌『Seventeen』のモデル出身ですが...

旅番組で全くボケないピース又吉直樹に疑問 芸人という職業を放棄か

旅番組で全くボケないピース又吉直樹に疑問 芸人という職業を放棄か
芸人が街歩きや旅をテーマとした番組に出演する場合、そこに期待されるのはやはり「面白い」ことだろう。イラストレーターでコラムニストのヨシムラヒロム氏が、Amazonプライム・ビデオで公開されている又吉直樹による旅番組は、はたして芸人としてなのか芥川賞作家としてなのか、を考えた。 *** 最近「Ama...

NON STYLEの石田明 医師から言われた衝撃的な一言を明かす

NON STYLEの石田明 医師から言われた衝撃的な一言を明かす
お笑いコンビ・NONSTYLEの石田明が23日、ツイッターを更新し、医者から言われた衝撃的な一言として、指でたたくしっぺを「ドクターストップ」と言われたことを明かした。 ツイッターではハッシュタグで「医者に言われた衝撃的な一言」として、多くのユーザーが自身の驚きの体験談を紹介しているが...

米に移住のピース綾部祐二「なんちゃってニューヨーカー」の汚名返上か

米に移住のピース綾部祐二「なんちゃってニューヨーカー」の汚名返上か
いまやテレビ界でお笑いコンビの「ピース」と言えば、又吉直樹(37)の名前が挙がる。処女小説「火花」は第153回芥川賞を受賞し、いまでは“先生”としてNHKを初め各テレビ局に引っ張りだこ。対照的なのが相方の綾部祐二(40)だ。一昨年10月に「アメリカでビッグになる」と会見し、昨年10月に米...

「仮装大賞」史上初の0点はwithB 梅沢富美男は「帰れ!」と一喝

「仮装大賞」史上初の0点はwithB 梅沢富美男は「帰れ!」と一喝
日本テレビ系人気番組『欽ちゃん&香取慎吾の第95回全日本仮装大賞』(後7:00)が3日に放送され、ピン芸人のブルゾンちえみとともに“withB”として活動するお笑いコンビのブリリアンが番組史上初の「0点」を叩き出した。 【写真】揃いのスーツで仲良くポーズを決める慎吾&欽ちゃん 今回の放送で初の0点が出...

千鳥・大悟の遊び方に変化か 売れたことで相手の女性もランクアップ?

千鳥・大悟の遊び方に変化か 売れたことで相手の女性もランクアップ?
 昨年、大ブレークを果たしたお笑いコンビ・千鳥。ボケ担当の大悟に至っては、不倫騒動も巻き起こし、スキャンダル面でも注目の的となった。 「2016年12月には『FRIDAY』(講談社)に美女持ち帰りをスクープされ、さらに翌17年4月には『女性自身』(光文社)に、別の女性宅にお泊まりしている姿を報じら...

セカオワSaoriの「ふたご」が直木賞受賞を逃すも 争奪戦勃発か

セカオワSaoriの「ふたご」が直木賞受賞を逃すも 争奪戦勃発か
「第158回芥川賞・直木賞」の選考会が16日に都内で開かれ、芥川賞に石井遊佳さん(54)の「百年泥」と、若竹千佐子さん(63)の「おらおらでひとりいぐも」の2作品に決まった。人気ロックバンド「SEKAINOOWARI」のSaoriこと、藤崎彩織(31)の処女作「ふたご」が候補となってい...

「又吉直樹」に関するネット上の評判

http://scoopire.net