芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

彼女

「彼女」と一緒に検索されているワード

  • 彼女 プレゼント,
  • 彼女、お借りします,
  • 彼女作り方,
  • 彼女 誕生日,
  • 彼女がその名を知らない鳥たち,
  • 彼女はまだ恋を知らない,
  • 彼女できない,
  • 彼女 英語,
  • 彼女 欲しい,
  • 彼女は綺麗だった,
  • 彼女 誕生日プレゼント,
  • 彼女がその名を知らない鳥たち,
  • 彼女の作り方,
  • 彼女は綺麗だった 日本語字幕,
  • 彼女お借りします,
  • 彼女はキレイだった,
  • 彼女は綺麗だった あらすじ

「彼女」に関連する芸能人

更年奇的な彼女

更年奇的な彼女

『更年奇的な彼女』は、2014年の中国映画。 『猟奇的な彼女』、『僕の彼女はサイボーグ』に続く、クァク・ジェヨン監督の「アジアの彼女三部作」の最終作。

更年奇的な彼女の詳細情報

先輩と彼女

先輩と彼女

『先輩と彼女』は、南波あつこによる漫画。2004年から2005年の間、講談社『別冊...

先輩と彼女の詳細情報

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる

『俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる』は、裕時悠示による日本のライトノベル作品。イラストはるろおが担当している。SBクリエイティブ・GA文庫刊。2016年6月の時点で累計180万部を突破している。略称は「俺修羅」。

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎるの詳細情報

冴えない彼女の育てかた

冴えない彼女の育てかた

『冴えない彼女の育てかた』は、丸戸史明による日本のライトノベル。イラストは深崎暮人が担当している。略称は『さえかの』。単行本はKADOKAWA 富士見書房より、富士見ファンタジア文庫の書き下ろしの長編として2012年7月から既刊12冊が刊行されている。

冴えない彼女の育てかたの詳細情報

「彼女」に関する芸能人の結果は他5件見つかりましたが全てを表示することはできませんでした。条件を絞って再度検索してください。

「彼女」に関する芸能ニュース

演劇のために彼女と別れた遠藤賢一の過去「恋愛禁止」の厳しい規則

演劇のために彼女と別れた遠藤賢一の過去「恋愛禁止」の厳しい規則
俳優の滝藤賢一が、7月8日放送の『ボクらの時代』(フジテレビ系)に出演し、10年間所属していた「無名塾」について語っていた。 番組で滝藤は「10年もいましたからね、いろいろありました。正直ツラかったことしかないですよ。朝5時に(稽古場に)行って、10キロ走って自分たちで自主稽古して」と振り返る。 ...

女優の生田悦子さんが逝去、71歳 「白い巨塔」などで活躍

女優の生田悦子さんが逝去、71歳 「白い巨塔」などで活躍
テレビドラマ『白い巨塔』やバラエティー番組『欽ドン!良い子悪い子普通の子』(ともにフジテレビ系)などに出演した女優・生田悦子さんが、7月15日に亡くなっていたことがわかった。享年71。 関係者によると、15日の午前中に自宅で倒れ、病院に救急搬送されたものの、帰らぬ人となった。死因は虚血性心不全...

長濱ねるの「ほぼすっぴん」に驚きの声 「これは強すぎる」

長濱ねるの「ほぼすっぴん」に驚きの声 「これは強すぎる」
人気アイドルグループ・欅坂46のメンバー全員がモデルとして登場するファッションマガジン『KEYAKI』(小学館・8月6日発売)から、2018年上半期写真集女王の長濱ねる(19)の“ほぼすっぴん”カットが解禁された。 【その他の特典】人気メンバーのキュートなぷすとカード 今回公開されたのは、起きたばかりの...

絶対零度第2話、衝撃の結末が話題 視聴者から「怖すぎる」の声

絶対零度第2話、衝撃の結末が話題 視聴者から「怖すぎる」の声
俳優の沢村一樹が主演を務めるドラマ『絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜』(フジテレビ系/毎週月曜21時)の第2話が16日に放送され、ラストに訪れた驚がくのシーンに視聴者は騒然とした。 【写真】本田翼、シースルードレスで観客を魅了 今回の危険人物は、料理人の藤井早紀(黒谷友香)。早紀は、有名料理店の...

椎名林檎も楽曲提供希望 杉咲花の声は「心を射抜かれてしまう」

椎名林檎も楽曲提供希望 杉咲花の声は「心を射抜かれてしまう」
杉咲花が、16日放送の『しゃべくり007』(日本テレビ系)に出演。彼女の声に癒される人が続出した。 この日のプロフィール紹介の中で「ささやくような声が魅力的」と評された杉咲。また椎名林檎が、今後楽曲提供したい人の名前を聞かれた際、彼女の名前を挙げたというエピソードも披露された。椎名が「曲を書...

稲垣吾郎が新宿2丁目で男性とキス?映画打ち上げで見せた開放感

稲垣吾郎が新宿2丁目で男性とキス?映画打ち上げで見せた開放感
ゲイタウンとして名高い東京・新宿2丁目――。7月11日、この街のとあるクラブで、元SMAPの稲垣吾郎(44)が撮影監督として名高いクリストファー・ドイル(66)からキスされたというのだ。 *** とはいっても、2人だけで店にいたわけではない。二階堂ふみ(23)やヴィジュアリストの手塚眞(56)の姿もあったと...

市川海老蔵親子のW襲名 2019年4月が濃厚も絡み合う大人の事情

市川海老蔵親子のW襲名 2019年4月が濃厚も絡み合う大人の事情
「勸玄くんが出てくると、客席はワーッと盛り上がりましたよ。悲しい別れの場面でもヤンヤの喝采でしたね(笑)」(観客のひとり) 【写真】勸玄くんをバックアップする家族たち 東京の歌舞伎座で行われている『七月大歌舞伎』。市川海老蔵が座頭を務める今公演では、昼の部と夜の部両方で息子・勸玄くんと共...

週刊文春が報じた小室哲哉の「嘘」元専属運転手も証言

週刊文春が報じた小室哲哉の「嘘」元専属運転手も証言
今年1月、週刊文春が小室哲哉氏の不倫を報じたところ、小室氏は記者会見で、「介護疲れ」を明かし、引退を宣言。世間は「文春潰せ」と報道を非難した。それから半年。週刊文春は小室発言の嘘を暴く記事を繰り出した。元「週刊現代」編集長の元木昌彦氏は「自分がついた嘘について、あの時『文春潰せ』と応援し...

華原朋美、Instagramで意味深発言 過去には結婚の夢を語っていた

華原朋美、Instagramで意味深発言 過去には結婚の夢を語っていた
華原朋美(43)が7月15日、自身のInstagramを更新。ファンへの感謝の言葉とともに、意味深なメッセージを綴っている。 華原は「ありがとうって思うの……今まで歌が大好きで華原朋美を支えてくださる沢山のスタッフの皆さまやファンの皆様に支えていただいてもらい応援してもらって……」と感謝の気持ちを表現。い...

大橋未歩が六本木で見せた「神対応」声かけに終始笑顔で対応

大橋未歩が六本木で見せた「神対応」声かけに終始笑顔で対応
六本木駅近くの路上で女性と挨拶する大橋アナ。人混みの中、急に声を掛けられたが、終始笑顔で対応した「いつもテレビで観てますっ!」 梅雨明け前の蒸し暑いある日、六本木(港区)の路上でOL風の女性が直立不動になっていた。女性は慌てて名刺を差し出す。 「ありがとうございます♡」 と笑顔で名刺...

「真木よう子」と「沢尻エリカ」 明暗分かれた“お騒がせ女優”主演映画

「真木よう子」と「沢尻エリカ」 明暗分かれた“お騒がせ女優”主演映画
「お騒がせ女優」2人の全面対決である。奇しくも同じ6月22日に封切られた2つの映画で、真木よう子と沢尻エリカが主演を務めているのだ。私生活で抱えている瘤(こぶ)が個々の作品にも投影されているというが、さて観客のジャッジや如何に。 まずは真木よう子。昨年、メインキャストとして出演したドラマ「セ...

悪徳芸能「スカウト商法」中高年女性まで標的にするその手口

悪徳芸能「スカウト商法」中高年女性まで標的にするその手口
モデルやタレントになりたい憧れにつけこんで、金銭的、精神的、身体的に搾取することを繰り返し、仕事にしている人たちがいる。これまで、そういった人たちが狙ってきたのは主に若い女性たちだったが、まず性別不問になり、さらに対象年齢が広がって中高年もターゲットにされている。ライターの森鷹久氏が、...

「おでこと口の中を見る」つんく♂がアイドルの素質見抜くポイント

「おでこと口の中を見る」つんく♂がアイドルの素質見抜くポイント
【インタビュー】「おでこと口の中を見れば適性が分かる――」つんく♂が明かすアイドルオーディションの裏側 1992年にロックバンド・シャ乱Qのボーカリストとしてデビューし、モーニング娘。およびハロー!プロジェクトの総合プロデュースを務めた音楽プロデューサー・つんく♂。今でも新しい楽曲が発表されるた...

通学中でも圧倒的な存在感 木村拓哉&工藤静香の次女Koki,

通学中でも圧倒的な存在感 木村拓哉&工藤静香の次女Koki,
6月中旬の夕暮れどき。学生が溢れる街中で、15歳の少女は輝いていた。父親を彷彿とさせる端整な顔立ちに、頭ひとつ飛び出した母親譲りのスレンダーな体躯ーー。 通学中なのに圧倒的な存在感を放つ彼女こそ、5月に鮮烈なデビューを果たした新人モデル・Koki,(コウキ)だ。 表紙を飾った「ELLEJAPON7月号」が発...

テレビで見かけないもう中学生 ミュージカルの舞台で活躍中

テレビで見かけないもう中学生 ミュージカルの舞台で活躍中
段ボールにイラストを描いた自作の大道具や小道具を使用し、雑学などを交え、甲高い声でコントを繰り広げるお笑い芸人・もう中学生(以下、もう中)。つい数年前までテレビ出演が多かったはずだが、なぜここ最近見かけなくなったのだろうか。 もう中と言えば、『エンタの神様』(日本テレビ系)や『爆笑レッドカ...

「彼女」に関するネット上の評判

http://scoopire.net