芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

文藝春秋

「文藝春秋」と一緒に検索されているワード

  • 文藝春秋 採用,
  • 文藝春秋 発売日,
  • 文藝春秋 新刊,
  • 文藝春秋 読み方,
  • 文藝春秋 アクセス,
  • 文藝春秋 文庫,
  • 文藝春秋 社長,
  • 文藝春秋 年収,
  • 文藝春秋 バックナンバー,
  • 文藝春秋,
  • 文藝春秋 発売日,
  • 文藝春秋社,
  • 文藝春秋 新刊,
  • 文藝春秋books,
  • 文藝春秋 number,
  • 文藝春秋自費出版,
  • 文藝春秋 役員

「文藝春秋」に関する芸能ニュース

久代萌美アナがワイドナショーの東野幸治に感謝 絶対に助け舟出してくれる

久代萌美アナがワイドナショーの東野幸治に感謝 絶対に助け舟出してくれる
2015年から始まった『さんまのお笑い向上委員会』で司会・明石家さんまのアシスタントを務める久代アナ。芸人同士のアドリブ合戦が続く同番組の進行は難しそうだが、そこにはさんまの温かいサポートがあるのだと話してくれた。(全3回の2回目#1、#3も公開中) 【写真】久代アナの写真(全8枚)を見る フジテ...

物議を醸した松本人志の発言に同調 古市憲寿氏に批判の声も

物議を醸した松本人志の発言に同調 古市憲寿氏に批判の声も
1月16日、第160回芥川賞(日本文学振興会主催)の選考会が開かれ、上田岳弘(たかひろ)氏(39)の「ニムロッド」(群像12月号)と町屋良平氏(36)の「1R1分34秒」(新潮11月号)がダブル受賞した。過去には芸人の又吉直樹(38)が受賞するなど、毎回多くの注目を集める芥川賞。6名の候補者の中でもとりわけ...

紅白にも出場した純烈 友井雄亮が元交際相手の女性にDVか

紅白にも出場した純烈 友井雄亮が元交際相手の女性にDVか
2018年大晦日のNHK「紅白歌合戦」に初出場したムード歌謡グループ「純烈」。そのメンバーの1人、友井雄亮(38)が同棲していた女性に対し、凄惨なDVに及んでいたことがわかった。友井がDVの顛末と謝罪の意を記した「誓約書」を、週刊文春が入手した。 【動画】「何の証拠があるんですか」――友井を直撃 左か...

「ずっと憂鬱でした」清原和博と1年間話し続けた記者の『告白』

「ずっと憂鬱でした」清原和博と1年間話し続けた記者の『告白』
覚醒剤取締法違反で清原和博氏が逮捕されてから2年。栄光と転落、挫折と屈辱、薬物依存、そして鬱病との戦いの日々――その半生を綴った『清原和博告白』は昨年7月の発売から話題を呼び、スポーツノンフィクションの本として異例の累計11万部を記録している。 【写真】清原和博の撮り下ろし写真(8枚)を見る 同...

「遠慮せずにワガママを」大泉洋が筋ジストロフィー患者を演じたわけ

「遠慮せずにワガママを」大泉洋が筋ジストロフィー患者を演じたわけ
「タイトルに惹かれて、届いた脚本を読んでみると、とても面白かったんです。 障害のある人の映画って、ひとつのイメージがありますよね。苦労はあるけど頑張っている、それを涙ながらに綴っているような。正直なところ、そういう映画なら僕は出たいとは思わなかった」 【画像】劇中で筋ジストロフィー患者の...

M-1を巡る上沼恵美子への暴言騒動 触れられない問題の根本

M-1を巡る上沼恵美子への暴言騒動 触れられない問題の根本
いや悔しいです。何が悔しいって、あのM-1の騒動です。まーもー説明する必要もないでしょうが、前年覇者であるとろサーモン久保田と、今年本戦7位だったスーパーマラドーナ武智がM-1終了後に居酒屋で突如はじめたインスタライブ。上沼恵美子(とは言ってないけど明らかに)の審査に対する批判を「オバハン」「...

NHKで森友事件を取材していた記者 上層部の意向で報道が縮小した経緯明かす

NHKで森友事件を取材していた記者 上層部の意向で報道が縮小した経緯明かす
名誉校長だった昭恵夫人©共同通信社 安倍昭恵首相夫人が名誉校長を務める小学校に対し、国有地が格安で払い下げられた森友事件。メディアが取材合戦を繰り広げる中、NHKは報道姿勢が消極的で、安倍政権への忖度が取り沙汰されてきた。 【写真】首相答弁が改ざんを生んだ このほど、NHKで森友事件を取材し...

大島由香里が小塚崇彦氏と離婚決意 原因は夜遊びとモラハラか

大島由香里が小塚崇彦氏と離婚決意 原因は夜遊びとモラハラか
離婚に向けての別居が報じられた、元フィギュアスケート選手の小塚崇彦(29)と元フジテレビアナウンサーの大島由香里(34)。別居の理由は「多忙によるすれちがい」とされていたが、実際は小塚の止まらない夜遊びと大島に対する“モラハラ”が原因であることが「週刊文春」の取材で分かった。 【動画】記者が小...

「Love-tune」とジャニーズの契約書問題 待遇一変し仕事が激減か

「Love-tune」とジャニーズの契約書問題 待遇一変し仕事が激減か
11月30日、ファンクラブ会員向けサイト「ジャニーズジュニア情報局」で、ジャニーズJr.内の人気ユニット「Love-tune」のメンバー7人が事務所を退所することが発表されたが、その退所に関連して、メンバーと事務所が取り交わす契約書をめぐる齟齬があったことがわかった。12月1日(土)に放送されたインターネ...

文藝春秋で働いていた勝谷誠彦さん 恐るべき新人だったと評価

文藝春秋で働いていた勝谷誠彦さん 恐るべき新人だったと評価
突然の訃報だった。コラムニストとして活躍した勝谷誠彦氏が11月28日、肝不全のため亡くなった。57歳だった。勝谷氏のひとつ先輩にあたり、文藝春秋でともに編集者として働いたノンフィクション作家の柳澤健氏が、死を悼み、思い出を綴る。 【写真】「灘高校1979年卒の神童」だった勝谷誠彦さん ◆◆◆ 初めて会...

「実刑なら控訴する」三田佳子次男 裁判直前の「レクリエーション動画」

「実刑なら控訴する」三田佳子次男 裁判直前の「レクリエーション動画」
9月10日、覚せい剤取締法違反で逮捕された女優・三田佳子(77)の次男・高橋祐也被告(38)。高橋被告の初公判は11月29日(木)午前11時から、東京地裁・第429号法廷で開かれるが、実は、高橋被告は裁判が始まる前、国内のとある南の島の更生施設で過ごしていたことが「週刊文春デジタル」の取材により明らか...

「イッテQ」ヤラセ疑惑をライバル局の制作スタッフはどう見たか 最大の罪は?

「イッテQ」ヤラセ疑惑をライバル局の制作スタッフはどう見たか 最大の罪は?
(全2枚) くるくる回る”ボール“の怪 とりあえず、急激な人気低下は免れたようだ。「世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ系列:日曜午後7時58分〜午後8時54分)のヤラセ疑惑を週刊文春が報じたが、視聴率に大きな変化は生じなかった。 *** そもそもの発端は、11月8日に遡る。この日に発売された週刊文春(...

「シャブ山シャブ子」を信じてはいけない

「シャブ山シャブ子」を信じてはいけない
テレビドラマ『相棒』に登場した薬物依存症の女性キャラクター「シャブ山シャブ子」が話題を集めている。迫真の演技という評価も多いが、国立精神・神経医療研究センターの松本俊彦医師は「啓発運動が繰り返してきた間違ったイメージを再現しており、本物の薬物依存症者とは異なる。差別を助長する恐れがある...

「世界の果てまでイッテQ!」にやらせ疑惑「橋祭り」は存在しないか

「世界の果てまでイッテQ!」にやらせ疑惑「橋祭り」は存在しないか
2007年に放送を開始した日本テレビの看板番組「世界の果てまでイッテQ!」。番組きっての人気企画である「世界で一番盛り上がるのは何祭り?」にやらせの疑いがあることが「週刊文春」の取材でわかった。 【動画】やらせ疑惑について宮川大輔を直撃 宮川大輔©文藝春秋 同企画は、芸人の宮川大輔(46)...

剛力彩芽が舞台の囲み取材に難色 寿引退説も飛び交う

剛力彩芽が舞台の囲み取材に難色 寿引退説も飛び交う
「剛力引退説」の報道が増加 彼氏の株価が低迷なら、彼女の商品価値は壊滅的----お騒がせカップルの近況をまとめれば、こんな感じだろう。ZOZOの前澤友作社長(42)と剛力彩芽(26)のことだ。 *** まずZOZOの株価だ。7月18日に4875円の年初来高値を記録したが、その後は下落。10月30日に2481円の年初来安...

「文藝春秋」に関するネット上の評判

http://scoopire.net