芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

日本中

「日本中」と一緒に検索されているワード

  • 日本中央競馬会,
  • 日本中国,
  • 日本中毒情報センター,
  • 日本中央住販,
  • 日本中央タクシー,
  • 日本中 英語,
  • 日本中医薬研究会,
  • 日本中毒学会,
  • 日本中医学院,
  • 日本中央競馬会,
  • 日本中央競馬会ホームページ,
  • 日本中央バス,
  • 日本中毒情報センター,
  • 日本中央競馬,
  • 日本中央住販,
  • 日本中毒学会,
  • 日本中央バス 高速バス

「日本中」に関する芸能ニュース

クロちゃんが謎の「あかねさん」に求愛?「逃げて」とツッコミ

クロちゃんが謎の「あかねさん」に求愛?「逃げて」とツッコミ
安田大サーカスのクロちゃんが15日、ツイッターに鉄アレイを持ってジムでトレーニングしている写真を掲載。「あかねさん」なる女性に向けて、明日にでも強くなった自分を見せに行くと投稿した。 クロちゃんは「拝啓あかねさん明日にでもお伺いしますつらい修行に耐えたこのオレ少し見せたい強さに一層磨きか...

紅白離れに一役買った米津玄師 見せつけた歌手としての実力

紅白離れに一役買った米津玄師 見せつけた歌手としての実力
「第69回紅白歌合戦」は、サザンオールスターズ、松任谷由実、米津玄師などオールスターたちが集結し、最高瞬間視聴率45・5%を記録した。10〜20代の若者を中心に問題になっている“紅白離れ”に一役買ったのが「米津玄師」だろう。 当初「目玉なし」とうわさされた今回の紅白。「Lemon」が大ヒッ...

伝説のギャル雑誌「egg」で活躍 今井華が語った「暗黒時代」

伝説のギャル雑誌「egg」で活躍 今井華が語った「暗黒時代」
1990年代後半から2000年代にかけて、ギャルのバイブルとして渋谷ファッションシーンをけん引した伝説のギャル雑誌『egg』。その読者モデルとしても活躍したタレント・今井華は、人気TV番組『テラスハウス』に出演しブレイク。その後も“バイブスギャル”としてバラエティ番組で活躍した。そんな、ポジティブギャ...

永野芽郁の争奪戦 フジは「ギャラは好きに書いて」と白紙契約書?

永野芽郁の争奪戦 フジは「ギャラは好きに書いて」と白紙契約書?
2019年は文字通り“めい一色”に日本中が染まりそうな勢いだ。 テレビ界でポスト“広瀬すず”と評判になっているのが、NHK朝の連続テレビ小説「半分、青い。」でいきなりスターダムに躍り出た女優の永野芽郁(19)だ。 各テレビ局や映画配給会社は鬼も逃げ出す“仁義なき争奪戦”を展開しているという。す...

さくらももこさんの公式ブログ「さくらの好きな大晦日です」

さくらももこさんの公式ブログ「さくらの好きな大晦日です」
今年8月15日に乳がんのため死去した国民的漫画「ちびまる子ちゃん」の作者・さくらももこさん(享年53)の公式ブログが31日に更新され、ファンに感謝の言葉がつづられた。 「今年もお世話になりました!」のタイトルで更新。「さくらの好きな大晦日です。今年は本当にお世話になりました!沢山の応援、...

平成を代表するグループ・SMAP 偉大な功績をCMから振り返る

平成を代表するグループ・SMAP 偉大な功績をCMから振り返る
今月13日に平成30年の各年の「タレントCM起用社ランキング」(ニホンモニター調べ)が発表され、男性部門は所ジョージが7度の1位を獲得し“平成のトップCMタレント”に輝いた。しかし、所が最後に1位になった平成11年から入れ替わるように日本のCM界を席巻したのが、平成を代表するスーパーグループ・SMAPだった...

歌広場淳がイケメンを推す理由

歌広場淳がイケメンを推す理由
2018年も残りわずか。今年もさまざまな「イケメン」が、私たちの「癒し」となり「肥し」になってくれた。 イケメンの魅力は十人十色。推しのイケメンがいるだけで、世界はまるで別の色に変わる。イケメンは、私たちの日常を鮮やかに塗り替えるポスターカラーなのだ。 そこで今回は、イケメンについて聞くな...

桑名正博さんのニセ息子が全国各地でやりたい放題 遺族は憤り

桑名正博さんのニセ息子が全国各地でやりたい放題 遺族は憤り
(全2枚) とんでもない食わせ者なのか。2012年に死去した歌手、桑名正博さん(享年59)の長男を名乗る男が全国各地で出没し、騒動になっている。男は各地でラジオ出演したり、飲食店で歌声を披露しおひねりを受け取ったりとやりたい放題で、桑名さんの遺族も「ニセモノ」だと憤っているのだ。 14日、フ...

デヴィ夫人が一般人を痛感した瞬間 飛行機を降りたときにじゅうたんなく

デヴィ夫人が一般人を痛感した瞬間 飛行機を降りたときにじゅうたんなく
創刊60周年の節目の年を迎えた『女性自身』。60年にわたる歴史のなかで、華やかに誌面を飾ってくれたスターや、女性の新しい生き方を提示してくれた有名人を再訪。“『女性自身』と私”の思い出を語ってもらいました! 「私が大統領夫人になったと実感したのは、外国で飛行機を降りると、空港に赤いじゅうたんが...

ファンの気持ち代弁?オリックスが霜降り明星に早すぎオファー

ファンの気持ち代弁?オリックスが霜降り明星に早すぎオファー
日本中を沸かせた若手漫才師による頂上決戦「M―1グランプリ2018」は、1本目のネタから勢いを見せた霜降り明星が大会最年少で優勝しました。王者になった直後から、仕事のスケジュールがびっしり埋まると言われる栄冠。ツイッターには2人の優勝を祝う声が集まり、早くも1年後に向けた「オファー」もあ...

「酒は徐々にやめればいい」外出する吉澤ひとみ被告に「うかつ」

「酒は徐々にやめればいい」外出する吉澤ひとみ被告に「うかつ」
それでも芸能界に戻ってくる!?東京・中野区の路上で9月に、酒気帯び運転のうえひき逃げをしたとして、自動車運転処罰法違反(過失傷害)と道交法違反(ひき逃げ、酒気帯び運転)の罪に問われた元「モーニング娘。」メンバー、吉澤ひとみ被告(33)の初公判(佐藤卓生裁判官)が29日、東京地裁で開かれ...

「鈍感力はすごい」 古市憲寿氏が婚約延期の小室圭さんに驚き

「鈍感力はすごい」 古市憲寿氏が婚約延期の小室圭さんに驚き
社会学者の古市憲寿氏が30日、フジテレビ系「とくダネ!」で、秋篠宮眞子内親王との婚約が延期となっている小室圭さんについて「鈍感力はすごい」と驚きの声を上げた。 番組では秋篠宮殿下の誕生日会見について特集。現在延期している眞子様のご婚約について、秋篠宮殿下は現状では婚約にあたる納采の儀は行...

「気配りの人」だった西城秀樹さん とんねるずへの配慮で共演せず

「気配りの人」だった西城秀樹さん とんねるずへの配慮で共演せず
(全2枚) 今年5月に63才という若さで2018年5月16日に亡くなった西城秀樹さん。それから半年、妻の美紀さん(46)は『蒼い空へ夫・西城秀樹との18年』(小学館刊)を上梓、「秀樹さんの頑張ってきた日々の記録が、どなたかのお役に立てれば本当にうれしいです」と秀樹の知られざる秘話を明かしている。 秀樹は戦...

岩崎恭子氏の不倫・離婚騒動 知名度に反して話題になった要因

岩崎恭子氏の不倫・離婚騒動 知名度に反して話題になった要因
'92年バルセロナオリンピックの水泳金メダリスト・岩崎恭子氏の“不倫・離婚騒動”が話題になっているのが、ちょっと意外だ。 競泳女子200m平泳ぎに出場し、史上最年少(14歳6日)での金メダル獲得。今もその記録は破られていない。また、日本選手として五輪でのメダル獲得では最年少記録でもあり、レース直後に...

三冠王の記録途絶えた日テレ ニュース弱く阿部祐二氏頼みの実情

三冠王の記録途絶えた日テレ ニュース弱く阿部祐二氏頼みの実情
2018年10月の月間全日視聴率(関東世帯、6時〜24時)でテレビ朝日が単独トップとなった。これにより、日本テレビが2013年12月以来続けてきた、全日帯、ゴールデン帯(19〜22時)、プライム帯(19〜23時)のすべてでの視聴率トップを意味する「三冠王」の記録が途切れた。三冠王が途切れたことに「やっぱり来た...

「日本中」に関するネット上の評判

http://scoopire.net