芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

日経エンタテインメント

「日経エンタテインメント」と一緒に検索されているワード

  • 日経エンタテインメント スターダストプラネットspecial,
  • 日経エンタテインメント aaa,
  • 日経エンタテインメント 9月号,
  • 日経エンタテインメント 6月号,
  • 日経エンタテインメント 7月号,
  • 日経エンタテインメント タレントパワーランキング,
  • 日経エンタテインメント 8月号,
  • 日経エンタテインメント バックナンバー,
  • 日経エンタテインメント 電子版,
  • 日経エンタテインメント,
  • 日経エンタテインメント 好きな芸人ランキング,
  • 日経エンタテインメント 好きな芸人,
  • 日経エンタテインメント jポップ巨人列伝,
  • 日経エンタテインメントランキング

「日経エンタテインメント」に関する芸能ニュース

竹内涼真の人気が衰えない理由は「バンドワゴン効果」だった?

竹内涼真の人気が衰えない理由は「バンドワゴン効果」だった?
臨床心理士・経営心理コンサルタントの岡村美奈さんが、気になった著名人やトピックスをピックアップ。記者会見などでの表情や仕草から、その人物の深層心理を推察する「今週の顔」。今回は、人気急上昇中の竹内涼真さんを分析。 *** 8月5日の日曜日、福岡県北九州市の小倉競馬場に4万196人が詰めかけた。...

伊達みきおのカロリーゼロ理論が人気 健康ブームへのアンチテーゼか

伊達みきおのカロリーゼロ理論が人気 健康ブームへのアンチテーゼか
お笑いコンビ・サンドウィッチマン伊達みきおの持ちネタ「カロリーゼロ理論」がじわじわと人気を集めている。番組内で披露する度にSNS等でも話題になり、この夏はまさかの楽曲化にまで発展する事態に。受け入れられる背景を考えると、本人にその意図はなくとも、近年の“健康ブーム”へのアンチテーゼとして機能...

昨今の一発屋芸人はベテランばかり?芸とキャラクターの違い

昨今の一発屋芸人はベテランばかり?芸とキャラクターの違い
(全2枚) 「一発屋芸人」で思い浮かぶのは、ダンディ坂野(51才)、テツandトモ、小島よしお(37才)、ムーディ勝山(38才)ら、中堅からベテランの芸人ばかり。以前と比べると、一発屋芸人と呼ばれる人たちはあまり生まれていない。いったいなぜか?突き詰めると、そこから意外な真相が見えてきた。上智大学文...

洞窟から災害関連まで 専門家がTV出演に至るまでの裏側

洞窟から災害関連まで 専門家がTV出演に至るまでの裏側
タイ北部チェンライの洞窟で遭難した少年ら13人全員が10日夜、救出された。このニュースで連日、各局のワイドショーや情報番組に識者として登場していたのが、洞窟探検家の吉田勝次氏だ。また、西日本を襲った豪雨関連のニュースでも、災害に関する多くの識者が出演した。こうした「専門家」はどうやってテレ...

サンドウィッチマンの若手時代 見た目が原因でNHKに出演できず

サンドウィッチマンの若手時代 見た目が原因でNHKに出演できず
お笑いコンビ「サンドウィッチマン」伊達みきお(43)と富澤たけし(44)が10日放送の日本テレビ「踊る踊る踊る!さんま御殿この夏超アツい美女&最強おバカ軍団暴走祭」(後7・56)に出演。若手時代に見た目が原因でNHKの番組に主演できなかった過去を明かした。 人は見た目で判断される、とい...

石橋貴明、嫌いな芸人2年連続首位も求める声 40〜50代からの支持熱く

石橋貴明、嫌いな芸人2年連続首位も求める声 40〜50代からの支持熱く
2日、トークバラエティ番組『石橋貴明のたいむとんねる』(フジテレビ系)が3週間ぶりに放送された。W杯ロシア大会の試合や映画『昼顔』の放送と重なり、同番組は2週連続でお休みだったのだ。久しぶりの放送に、視聴者からは「待ってました!」「貴さんやっと見れた。幸せ」「やっぱり面白い」といった声が多く...

サンドウィッチマン 震災復興のため続ける寄付は累計4億円

サンドウィッチマン 震災復興のため続ける寄付は累計4億円
2月12日に放送された「ビビット」(TBS系)にサンドウィッチマンが出演。ふるさと東北の震災復興に4億円を寄付していることが明らかにされた。 去年7月、「日経エンタテインメント!」の「好きな芸人ランキング」で2位に選ばれるなど好感度が高いサンド。現在はテレビ10本、ラジオ4本のレギュラー番組のほか...

若手から慕われる内村光良 南原清隆から「白い悪魔」と称されていた過去

若手から慕われる内村光良 南原清隆から「白い悪魔」と称されていた過去
コラム【今週グサッときた名言珍言】 「(若手のネタを)見てるうちに作ってみたいなって」(内村光良/日本テレビ「UWASAのネタ」1月6日放送) 約9年ぶりにテレビの前でネタを披露した内村光良(53)。実はそのネタは昨年10月に開催された単独ライブ「内村文化祭’17秋空」用に作ったものだ。こ...

「好きなアーティスト」で3位に転落した嵐 ファンが熱愛報道が一因と指摘

「好きなアーティスト」で3位に転落した嵐 ファンが熱愛報道が一因と指摘
毎年、オリコンが調査を行っている恒例企画「音楽ファン2万人が選ぶ“好きなアーティストランキング”」。先頃、2017年版の順位が発表されたが、昨年の同ランキングで7年連続の総合首位を獲得していた嵐が3位に“転落”し、ファンに衝撃が走っている。 このランキングは、8月31日〜9月21日にかけてOMR(オリコン・...

格安の予算かつ高視聴率 他局も注目する「池の水ぜんぶ抜く」の魅力

格安の予算かつ高視聴率 他局も注目する「池の水ぜんぶ抜く」の魅力
テレ東がNHKを破る“ジャイアントキリング” かなりの数のテレビ局職員や、広告代理店の関係者が、11月26日、午後7時54分からの2時間番組を注目している――かもしれない。 *** この日、テレビ東京の「日曜ビッグバラエティ」が、人気シリーズ「池の水ぜんぶ抜く」第5弾を放送する。タイトルは「緊急SOS!史上...

橋本環奈、『銀魂』オーディションに数秒で合格「めちゃくちゃ早かった」

橋本環奈、『銀魂』オーディションに数秒で合格「めちゃくちゃ早かった」
女優の橋本環奈が3日、都内で情報誌『日経エンタテインメント!』(日経BP社)が選出する「ヒットメーカー・オブ・ザ・イヤー2017」の表彰式に参加。橋本はプレゼンターとして、映画『銀魂』『斉木楠雄のΨ難』などを手掛け受賞者となった映画監督・福田雄一氏に賞状を手渡し、福田組への出演が決まった経緯につい...

とんねるずの石橋貴明「嫌いな芸人」連覇 好感度下げている要因は

とんねるずの石橋貴明「嫌いな芸人」連覇 好感度下げている要因は
2日発売の「日経エンタテインメント!」(日経BP社)が、恒例の「一番嫌いなお笑い芸人ランキング」を発表。昨年に引き続き、とんねるずの石橋貴明が連覇した。 前回、江頭2:50を抑えて首位になってしまった石橋だが、今年も2位の江頭と大差をつけ、1位に。相方の木梨憲武は圏外ながら、コンビ名のとんねるず...

「日経エンタテインメント」に関するネット上の評判

http://scoopire.net