芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

朝日新聞

「朝日新聞」と一緒に検索されているワード

  • 朝日新聞社,
  • 朝日新聞ニュース速報,
  • 朝日新聞 高校野球,
  • 朝日新聞出版,
  • 朝日新聞 購読,
  • 朝日新聞社説,
  • 朝日新聞 メタタグ,
  • 朝日新聞 慰安婦,
  • 朝日新聞 社旗,
  • 朝日新聞,
  • 朝日新聞デジタル,
  • 朝日新聞ニュース,
  • 朝日新聞出版,
  • 朝日新聞ニュース速報,
  • 朝日新聞社,
  • 朝日新聞 高校野球,
  • 朝日新聞 社説

「朝日新聞」に関する芸能ニュース

渡辺直美、自身の英文ミスへの指摘に「ふざけんな!って」

渡辺直美、自身の英文ミスへの指摘に「ふざけんな!って」
ローラや水原希子らの面々を抑え、我が国の“インスタ女王”に君臨するのが、渡辺直美(30)である。日本を飛び越えワールドワイドな活躍を見せる人気者ゆえの苦労か。思わずこぼれた「ふざけんなよ」――。 *** 10月15日現在、渡辺のInstagramフォロワー数は約830万人。今年7月には、あのTIME誌が選ぶ「ネット...

小泉今日子と豊原功補が同棲状態に「キョンキョンらしさがない」と指摘

小泉今日子と豊原功補が同棲状態に「キョンキョンらしさがない」と指摘
季節外れの真夏日となった10月7日のお昼12時過ぎ。東京・渋谷の目抜き通りから一本入った裏道に白い高級外車が停車した。助手席に乗っていた男性を降ろすと、再び発進…と思ったら、150m先の劇場に駐車。運転席から現れたのは、大きなサングラスをかけた小泉今日子(52才)だった。「時間差」をわざわざ演出す...

浜尾朱美さんが57歳で死去 10年以上前から乳がんで闘病生活

浜尾朱美さんが57歳で死去 10年以上前から乳がんで闘病生活
久々にその名を聞けば、訃報……。かつてTBSの看板番組でキャスターを務めていた浜尾朱美さん。享年57。番組卒業からというもの、姿を目にする機会はほとんどなかった。実は10年以上前から、闘病生活を送っていたという。しかも、彼女を襲った病魔は、またしても乳がん。 「NEWS23」の前身「筑紫哲也ニュース23...

親方の一門所属ルール 情報番組の弁護士らが一斉に反論

親方の一門所属ルール 情報番組の弁護士らが一斉に反論
貴乃花親方が25日、日本相撲協会に退職届を提出したことを受け、テレビ情報番組に出演している弁護士たちが、相撲協会が決めた「全親方は5つある一門に必ず入らなければならない」というルールに一斉に異論を噴出させた。 貴乃花親方は25日現在、所属する一門が決まっていないが、日本相撲協会では全親...

樹木希林さん「二次使用はご自由に」留守電に流れたメッセージの意味 たった1枚に込められた若者への思い

樹木希林さん「二次使用はご自由に」留守電に流れたメッセージの意味 たった1枚に込められた若者への思い
「二次使用はどうぞご自由に」。7月中旬、樹木希林さんの事務所に電話をすると、樹木さん本人の声でこんな留守電が流れました。最初はその留守電の意味を深くは考えず、要件を書いたファクスを送りました。学校に行くことや、生きることがつらい若者へのメッセージを届ける企画「#withyou~きみとともに~」でお...

樹木希林さんと内田裕也の結婚 40年以上別居も「あの世で同居」

樹木希林さんと内田裕也の結婚 40年以上別居も「あの世で同居」
「俺も彼女も普通の人とは結婚できない。その2人が出会えたことを神様に感謝したい」――女優・樹木希林さんとの結婚にあたって、歌手・内田裕也さんが吐いた「名言」だ。 樹木さんと内田さんが結婚したのは、1973年のことである。内田さんの友人だった故・かまやつひろしさんと、樹木さんがドラマで共演したの...

安室奈美恵へファンが感謝の思い 新聞紙面広告「愛を忘れません」

安室奈美恵へファンが感謝の思い 新聞紙面広告「愛を忘れません」
歌手・安室奈美恵(40)が引退する16日、ファンが感謝の思いを伝える新聞紙面広告が掲載された。広告料を支援で募ったクラウドファンディング企画で、全国紙では朝日新聞、地元紙の沖縄タイムスではカラー広告で展開。感謝のメッセージを送った。 「安室奈美恵916運動〜25年間の感謝を伝える全国プ...

楽曲名つなぎ合わせて感謝文に ダイドーが企画した安室奈美恵の広告

楽曲名つなぎ合わせて感謝文に ダイドーが企画した安室奈美恵の広告
16日で引退する歌手の安室奈美恵さん。そんな彼女に対する感謝の気持ちを込めた全面広告が先日、新聞に掲載されました。20年以上前に安室さんをCM起用したことがあるダイドードリンコが企画したものです。楽曲タイトルをつなぎ合わせて感謝文にしたこの広告について、担当者に話を聞きました。 【画像】話題の...

「考えを言語化できない」中学時代に劣等感を持っていたSuperfly

「考えを言語化できない」中学時代に劣等感を持っていたSuperfly
【#withyou〜きみとともに〜】 「Superfly」として活動する歌手、越智志帆さん(34)は、今年のNHK全国学校音楽コンクール中学校の部の課題曲として「Gifts」を書きました。10代の頃は「劣等感を意識していた」という越智さん。「自分が中学生の時にそばにあってほしかったこと」を思いながら作ったそうです。...

「命を絶つことだけはやめようと」全身がんの樹木希林がメッセージ

「命を絶つことだけはやめようと」全身がんの樹木希林がメッセージ
【#withyou〜きみとともに〜】 役者の樹木希林さん(75)が、生きづらさを抱える人たちに、直筆でメッセージを寄せてくれました。2013年の日本アカデミー賞授賞式で、全身がんであることを公表した樹木さん。以降も、治療を続けながら、精力的に役者業を続けていらっしゃいます。そんな樹木さんから編集部に届...

カラテカ矢部太郎の「大家さんと僕」休載へ「週刊新潮」で発表

カラテカ矢部太郎の「大家さんと僕」休載へ「週刊新潮」で発表
『週刊新潮』で連載されている、お笑いコンビ・カラテカの矢部太郎(41)によるコミックエッセイ『大家さんと僕』が休載に入ることがわかった。きょう30日発売の同誌で発表された。矢部は23日、自身のツイッターを更新し、主人公である「大家さん」が亡くなったことを報告していた。 【画像】エピソードにほ...

いじめを受けた悔しさを漫画で…蛭子能収が語るひとりぼっちの哲学

いじめを受けた悔しさを漫画で…蛭子能収が語るひとりぼっちの哲学
【#withyou〜きみとともに〜】 中学時代にいじめを受けていた漫画家・蛭子能収さん。「友達は無理につくらなくてもいい」と話します。つらい学校生活を経て、編み出した蛭子流「友達論」。学校や人付き合いに悩む10代に向けて、語ってくれました。(朝日新聞記者・小池寛木) 【画像】学校がしんどかったあの...

「楽しかったのは1学期だけ」キンタロー。が中学時代を語る

「楽しかったのは1学期だけ」キンタロー。が中学時代を語る
【#withyou〜きみとともに〜】 社交ダンスやアイドルのものまねなど、テレビ番組では華やかな衣装に身を包み、明るい笑顔で生き生きと踊る姿が印象的な、芸人の「キンタロー。」さん。でも、中学時代には学校を休むこともあり「楽しかったのは1年生の1学期だけだった」といいます。その時、救ったのは「小さ...

マツコ・デラックスがスポーツ界の問題指摘「限界が来てる」

マツコ・デラックスがスポーツ界の問題指摘「限界が来てる」
日本体操協会は8月15日、女子体操の宮川紗江選手に対し、指導する速見佑斗コーチが繰り返し殴るなどの暴力行為を行っていたとし、速水コーチを無期限の登録抹消処分にしたと発表した。だが、宮川選手は「私は速見コーチに対して、パワハラされたと感じていません」と被害を否定。問題はますます複雑化していき...

裏口入学を報じられた太田光 怒りのあまり出た「生身」

裏口入学を報じられた太田光 怒りのあまり出た「生身」
■事の発端は『週刊新潮』の「裏口入学報道」 「爆笑問題の太田光はバカかリコウか」 なぜかテレビのワイドショーやニュースは扱わないが、これは日本の学校関係者や教育者が口角泡を飛ばして議論をしている「大問題」である。 事の発端は『週刊新潮』(8/16・23号、以下『新潮』)の「『爆笑問題太田光』を日...

「朝日新聞」に関するネット上の評判

http://scoopire.net