芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

脚本

「脚本」と一緒に検索されているワード

  • 脚本家,
  • 脚本芸人,
  • 脚本とは,
  • 脚本 書き方,
  • 脚本家とは
  • 脚本 英語,
  • 脚本家になるには,
  • 脚本 無料公開,
  • 脚本募集,
  • 脚本,
  • 脚本 書き方,
  • 脚本家,
  • 脚本 テンプレート word,
  • 脚本家になるには,
  • 脚本とは,
  • 脚本家 有名,
  • 脚本家とは

「脚本」に関連する芸能人

松岡清治 (脚本家)

松岡清治 (脚本家)

松岡 清治(まつおか せいじ)は日本の男性脚本家。元シンエイ動画所属(文芸部長)。池田一朗の薫陶を受け、同じ...

松岡清治 (脚本家)の詳細情報

山田信夫 (脚本家)

山田信夫 (脚本家)

山田 信夫(やまだ のぶお、1932年7月11日 - 1998年2月2日)は、日本の脚本家。

山田信夫 (脚本家)の詳細情報

笠原和夫 (脚本家)

笠原和夫 (脚本家)

笠原 和夫 (かさはら かずお、1927年5月8日 - 2002年12月12日) は、日本の脚本家。東京府日本橋出身。日本大学中退。

笠原和夫 (脚本家)の詳細情報

松本稔 (脚本家)

松本稔 (脚本家)

松本稔(まつもと みのる、1965年 - )は、日本の脚本家。埼玉県出身。日本脚本家連盟会員。

松本稔 (脚本家)の詳細情報

「脚本」に関する芸能人の結果は他15件見つかりましたが全てを表示することはできませんでした。条件を絞って再度検索してください。

「脚本」に関する芸能ニュース

「ちむどんどん」房子のコック姿&技術にネット絶賛「オーナー無双」暢子は愛に“告白”「好きだけど…」

「ちむどんどん」房子のコック姿&技術にネット絶賛「オーナー無双」暢子は愛に“告白”「好きだけど…」
女優の黒島結菜(25)がヒロインを務めるNHK連続テレビ小説「ちむどんどん」(月〜土曜前8・00、土曜は1週間振り返り)は5日、第62話が放送された。 <※以下、ネタバレ有> 朝ドラ通算106作目。タイトルは沖縄のことばで「チム(肝=心)が高鳴る様子」「胸がドキドキする」という意味。映画「パッチギ!」「...

大河ドラマで描いた「頼朝の最期」 三谷幸喜さんが明かした秘話

大河ドラマで描いた「頼朝の最期」 三谷幸喜さんが明かした秘話
哀れな姿だった。武家政権の礎を築いた源頼朝。その死に至るシーンが6月26日放送のNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(第25回)で描かれた。同じ源氏一門の木曽義仲を討ち、有力家臣の上総広常を権謀術数の限りを尽くして殺し、平家滅亡の最大の功労者である実弟の義経も滅ぼした。粛清を重ね権力を手にした男が...

ピン芸人・永野さん「日本を代表する『気持ち悪い笑いの映画』を作りたい」

ピン芸人・永野さん「日本を代表する『気持ち悪い笑いの映画』を作りたい」
(全2枚) 【死ぬまでにやりたいこれだけのこと】 ゆりやんレトリィバァNetflixドラマで「ダンプ松本」に!プロレス雑誌編集長も唸った役者魂永野さん(ピン芸人) 芸能人にファンが多いカルトな芸風が人気の永野さん。酒席での会話から俳優の斎藤工と映画を作ることになり、今は自分で画策中。死ぬまでの目標は...

大泉洋が三谷幸喜氏へ感謝 源頼朝役を演じ「とっても幸せだなと」

大泉洋が三谷幸喜氏へ感謝 源頼朝役を演じ「とっても幸せだなと」
俳優の小栗旬が北条義時役で主演を務める、大河ドラマ『鎌倉殿の13人』(毎週日曜後8:00NHK総合ほか)。源頼朝を演じた大泉洋からコメントが到着した。 【写真】号泣必至!首桶になった弟・義経…頼朝と”涙の再会”を果たすシーン『鎌倉殿の13人』は61作目の大河ドラマ。脚本は、2004年の『新選組!』、2016年...

芸能ニュース舞台裏 水谷豊、映画監督としては評価イマイチ? 映画評論家からは「原稿にまとめる自信がない」との皮肉も

芸能ニュース舞台裏 水谷豊、映画監督としては評価イマイチ? 映画評論家からは「原稿にまとめる自信がない」との皮肉も
俳優の水谷豊(69)の代表作として思い浮かぶのは、テレビ朝日系のドラマシリーズ「相棒」。 10月から放送される新シーズンで、新しい相棒として初代相棒の亀山薫を演じた寺脇康文(60)が戻ってくることが発表された。 「『相棒』人気には誰も異論はないでしょう。水谷の代表作ですし、ドラマを立ち上...

キンコン西野が2週間超の婚前旅行か 恋人と交際10年も結婚しないワケ

キンコン西野が2週間超の婚前旅行か 恋人と交際10年も結婚しないワケ
「6月24日、キングコングの西野亮廣さん(42)が女性と一緒にNYから帰ってきていました。女性のほうがテキパキと前を歩き、西野さんがあとについて行っているように見えましたね」(空港に居合わせた旅行客) 脚本・監督を務めた絵本『えんとつ町のプぺル』が20年末に映画化し、170万人を動員する大ヒットを記...

「老化」は「進化」小泉今日子が語る今後の目標や夢

「老化」は「進化」小泉今日子が語る今後の目標や夢
女優の小泉今日子(56)が2日放送のTOKYOFM「SUBARUWonderfulJourney〜土曜日のエウレカ〜」(土曜後5・00)にゲスト出演。「今後の目標や夢」について語る場面があった。 芸能活動40周年を迎えた小泉。9月からは昭和を代表する脚本家である向田邦子氏の代表作「阿修羅のごとく」の舞台出演が控えている。若く...

大塚紗英 6月いっぱいで所属事務所退所「円満な形で退所させていただいた」

大塚紗英 6月いっぱいで所属事務所退所「円満な形で退所させていただいた」
シンガーソングライターで声優の大塚紗英(26)が1日、自身のツイッターで、6月いっぱいでエースクルー・エンタテインメントを退所したことを報告した。 大塚は「ご報告」として直筆サイン入りの文書を発表。「私、大塚紗英は、2022年6月30日をもちまして株式会社エースクルー・エンタテインメントを円満な形...

長澤まさみ「鎌倉殿の13人」にサプライズ出演か 意外な役柄に?

長澤まさみ「鎌倉殿の13人」にサプライズ出演か 意外な役柄に?
俳優の小栗旬(39)が北条義時役で主演を務める、NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』。放映から半年を過ぎた本作にナレーションを務める女優の長澤まさみ(35)がサプライズ出演することが、「文春オンライン」の取材でわかった。 【画像】急遽、出演が決まった長澤まさみ「役柄は…」『鎌倉殿の13人』は61作目の大...

Twitterで話題になった「舞妓の実態」告発 花街扱った作品にも非難相次ぐ

Twitterで話題になった「舞妓の実態」告発 花街扱った作品にも非難相次ぐ
2007年、柴咲コウは『舞妓haaaan!!!』のイベントで舞妓らと登壇した 「芸妓や舞妓の方々が適切な環境のもとで、芸妓や舞妓としてご活動いただくことが重要であると考えております」 後藤茂之厚生労働大臣までもが6月28日の記者会見でこう言及したのは、6月26日に「元・舞妓」を名乗る女性のツイートが発端だ。...

春ドラマの最終回に視聴者から不満が続出したワケ 既視感への指摘も

春ドラマの最終回に視聴者から不満が続出したワケ 既視感への指摘も
4月クールで最も好調だったのはTBSの日曜劇場「マイファミリー」でした(画像:マイファミリー公式サイトより) 4月クールの民放の連続ドラマ、通称“春ドラマ”は残すところ2作。6月30日に「やんごとなき一族」(フジテレビ系)、7月3日に「金田一少年の事件簿」(日本テレビ系)が最終回を迎え、フィニッシュ...

綾瀬はるか 人気に陰り?ドラマ、映画の相次ぐ不調で囁かれているコト

綾瀬はるか 人気に陰り?ドラマ、映画の相次ぐ不調で囁かれているコト
「視聴率の女王」「失敗作なし」と言われた綾瀬はるか(37)に大異変が起きている。6月20日、彼女が初めて月9で主演を務めた「元彼の遺言状」(フジテレビ)の最終回は、視聴率8・1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、世帯:以下同)で終わった。長谷川博己(45)と映画初共演を果たした「はい、泳げません」...

「ちむどんどん」社長は我那覇じゃなかった!まさかのナイツ塙 3度目の朝ドラ出演に喜び「やったー」

「ちむどんどん」社長は我那覇じゃなかった!まさかのナイツ塙 3度目の朝ドラ出演に喜び「やったー」
女優の黒島結菜(25)がヒロインを務めるNHK連続テレビ小説「ちむどんどん」(月〜土曜前8・00、土曜は1週間振り返り)は6月30日、第59話が放送され、お笑いコンビ「ナイツ」の塙宣之(44)が初登場。ヒロインの兄・賢秀(竜星涼)が片思いしている多田直美(安野澄)が勤める会社の社長・樋口役。社長はかつ...

SixTONES森本慎太郎、錦鯉・長谷川雅紀役「頭つるつるじゃないけど大丈夫かな」 相方は渡辺大知

SixTONES森本慎太郎、錦鯉・長谷川雅紀役「頭つるつるじゃないけど大丈夫かな」 相方は渡辺大知
人気グループ・SixTONESの森本慎太郎と俳優の渡辺大知が、7月19日から日本テレビ系『ZIP!』内で放送される『ZIP!朝ドラマ「泳げ!ニシキゴイ」』(月〜金前7:53頃)でお笑いコンビ・錦鯉役に決定した。錦鯉の半生を描くホームコメディーで、森本が長谷川雅紀を、渡辺が渡辺隆を演じる。 【写真】面影ある?...

芦田愛菜の主演映画をレビューした評論家に嫌悪感も「気色悪い」

芦田愛菜の主演映画をレビューした評論家に嫌悪感も「気色悪い」
芦田愛菜が主演を務める映画『メタモルフォーゼの縁側』が、6月17日に公開した。 【写真】評論家の炎上したレビュー映画は漫画家・鶴谷香央理氏による同題作品を実写化したもので、書店でアルバイトをしている17歳の女子高生・佐山うらら(芦田)と、75歳で一人暮らしをしている老婦人・市野井雪(宮本信子)...
http://scoopire.net