芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

議論

「議論」と一緒に検索されているワード

  • 議論 英語,
  • 議論 意味,
  • 議論する 英語,
  • 議論百出,
  • 議論とは,
  • 議論スクラム,
  • 議論 類語,
  • 議論メシ,
  • 議論の余地がある 英語,
  • 議論,
  • 議論とは,
  • 議論 意味,
  • 議論 類語,
  • 議論 英語,
  • 議論する道徳,
  • 議論する 英語,
  • 議論 テーマ

「議論」に関する芸能ニュース

クロちゃん、ドッキリ仕掛け人と交際過去 他は「セクシー女優多い」

クロちゃん、ドッキリ仕掛け人と交際過去 他は「セクシー女優多い」
安田大サーカスのクロちゃん(41)が、自身にドッキリを仕掛けた女性タレントと交際した過去を明かした。 クロちゃんは17日深夜放送のラジオ番組「山里亮太の不毛な議論」にゲスト出演。過去に週刊誌で報じられた女性と交際するきっかけについて話した。 その女性について「あの子はギャルです、完全に。板野...

日村勇紀、離婚回避へ仰天の誓約書?擁護論噴出も妻はブチギレか

日村勇紀、離婚回避へ仰天の誓約書?擁護論噴出も妻はブチギレか
“淫行疑惑”報道から半月余り、お笑いコンビ「バナナマン」の日村勇紀(46)の爆笑マル秘情報をキャッチした!2002年、当時16歳の少女に淫行を働いたとされる騒動は、バッシングが吹いた半面、同情論も出て、もはや騒動はチン静化した様子。だが、今年4月に結婚したばかりの、妻でフリーアナウンサー...

本田翼の実況チャンネルが100万人突破 ゲーム系YouTuberたちが阿鼻叫喚

本田翼の実況チャンネルが100万人突破 ゲーム系YouTuberたちが阿鼻叫喚
(全2枚) モデル/女優の本田翼さんが9月上旬にゲーム実況を行うYouTubeチャンネル「ほんだのばいく」を立ち上げ、同22日に初ライブ配信。かつてない速度で登録者や再生数を伸ばし、大きな話題となった。 【本田翼、ゲーム実況チャンネル100万人突破多くのYouTuberが阿鼻叫喚の画像・動画をすべて見る】 登...

レガシー、ダイバーシティ…古谷経衡氏が横文字の多用に苦言

レガシー、ダイバーシティ…古谷経衡氏が横文字の多用に苦言
9月23日に放送されたAbemaTVの『千原ジュニアのキング・オブ・ディベート』で、文筆家の古谷経衡氏は「政治家はカタカナ言葉を使うな!」と主張した。 「別に正しい日本語を使えとか、文法を正しくしろとか言うつもりは毛頭ありません。なんでカタカナ言葉・横文字がダメかというと、こうした言葉を多用する...

「それは違うだろ!」瑛太が大河で共演の松田翔太に怒号か

「それは違うだろ!」瑛太が大河で共演の松田翔太に怒号か
「もともと慶喜役には疑問を抱いていたみたいです。翔太さんはキャラクター設定について、撮影現場で監督と議論することもありました」(NHK関係者) NHK大河『西郷どん』で“ひー様”こと徳川慶喜役の好演が話題の、松田翔太(33)。しかし意外にも、翔太はこの役を演じることに納得できない部分があったという...

月亭方正が「可朝」を襲名の可能性 八方が本気で検討と明かす

月亭方正が「可朝」を襲名の可能性 八方が本気で検討と明かす
落語家の月亭八光(41)が23日、カンテレ「お笑いワイドショーマルコポロリ!」に出演し、弟弟子の方正(50)が、3月に亡くなった月亭可朝さんの後を継いで「可朝」の名を襲名する可能性があることを明かした。八光の父親で月亭一門の筆頭である八方(70)が本気で検討しているとしている。 番組に...

人生そのものにも迷い 石田ゆり子がInstagramへの批判に心境

人生そのものにも迷い 石田ゆり子がInstagramへの批判に心境
石田ゆり子が、23日放送の『ボクらの時代』(フジテレビ系)に出演。Instagramの理想と現実を語り、ネットからの批判に対する思いを明かした。 約160万人のフォロワーを持つ石田のInstagram。これについて彼女が「遊びなんです」と言うと、この日共演していたフリーアナウンサーの有働由美子から、「100万人...

南キャン山里がたまむすびの慰労会に激怒「腹立っちゃってさ」

南キャン山里がたまむすびの慰労会に激怒「腹立っちゃってさ」
お笑いコンビ、南海キャンディーズの山里亮太(41)が20日、TBSラジオ「山里亮太の不毛な議論」(木曜前1・0)に出演。火曜パートナーを務める同局系ラジオ「たまむすび」(月〜金曜後1・0)に対して腹を立てていることを明かした。 「『たまむすび』がさ、慰労会みたいなのをするっつって。なんか...

加藤浩次 東京五輪ボランティア批判に「ウダウダ言ってんじゃねえ」

加藤浩次 東京五輪ボランティア批判に「ウダウダ言ってんじゃねえ」
お笑いタレントの加藤浩次さん(49)が「スッキリ」(日本テレビ系)で、東京五輪のボランティアが無償であることに「ブラックではないか」と一部で批判があがっている問題について、「外野がウダウダ言ってんじゃねえよ」と一喝した。 加藤さんは無償でのボランティア募集を支持し、「お祭りを盛り上げる1つ...

フジテレビ凋落はお台場に移転したせいか 怪しい街の刺激がない?

フジテレビ凋落はお台場に移転したせいか 怪しい街の刺激がない?
(全4枚) 地域再生の成功学(4) 市街地の再生計画と言えば、古くなった建物を取り壊し、最新式のインテリジェントビルを新築するという「ゼネコン仕様」が相場である。しかし、利便性・機能性を追求するほど「どこにでもある無個性な街」が出来上がり、かえって「町の賑わい」が失われるケースが多いという。 ...

成熟の拒否。なぜ「ちびまる子ちゃん」は幅広い世代に受けたのか

成熟の拒否。なぜ「ちびまる子ちゃん」は幅広い世代に受けたのか
53歳という若さで亡くなった、漫画家のさくらももこさん。独特の世界観で描かれた『ちびまる子ちゃん』は国民的人気作品となりましたが、なぜ「9歳のまる子」に大人までもが感情移入できたのでしょうか。米国在住の作家・冷泉彰彦さんが、自身のメルマガ『冷泉彰彦のプリンストン通信』でその秘密を探ります。...

裏口入学を報じられた太田光 怒りのあまり出た「生身」

裏口入学を報じられた太田光 怒りのあまり出た「生身」
■事の発端は『週刊新潮』の「裏口入学報道」 「爆笑問題の太田光はバカかリコウか」 なぜかテレビのワイドショーやニュースは扱わないが、これは日本の学校関係者や教育者が口角泡を飛ばして議論をしている「大問題」である。 事の発端は『週刊新潮』(8/16・23号、以下『新潮』)の「『爆笑問題太田光』を日...

リクライニング巡り議論となった堀江貴文氏の発言 石橋貴明は現場にいた

リクライニング巡り議論となった堀江貴文氏の発言 石橋貴明は現場にいた
20日放送の「石橋貴明のたいむとんねる」(フジテレビ系)で、とんねるず・石橋貴明(56)が実業家の堀江貴文氏(45)と同じ新幹線に乗り合わせたときのエピソードを披露し、番組を盛り上げた。 この日の番組は「子どもの頃に森山直太朗がショックを受けたあの歌」という内容で、シンガー・ソングライタ...

48グループがK-POPに挑戦 番組で露呈したダンスの基礎的な技術力

48グループがK-POPに挑戦 番組で露呈したダンスの基礎的な技術力
「ボイトレなんて、一回もしたことないし」 AKB48グループの39人が挑戦しているK-POPサバイバル番組『PRODUCE48』。 エピソード1〜2では、ランク分けのためのパフォーマンスに日韓の参加者(「練習生」と呼ばれる)が挑んだ。審査するのは、彼女たちを鍛えるK-POP界のトレーナーたちだ。 その結果は、なんとも...

バカリズムが提唱「男性用パンツの窓はいらない」がネットで話題

バカリズムが提唱「男性用パンツの窓はいらない」がネットで話題
15日の『ナカイの窓』(日本テレビ系)は、世の中の無駄な物、いらない物を提案し、番組内で是非を決定する新企画「断捨離の窓」を放送。番組に出演したバカリズムが、“男性用パンツの窓はいらない”と提唱して話題を呼んでいる。 同番組でバカリズムは、用を足すにあたってパンツの窓は使用しないと言う。「(パ...

「議論」に関するネット上の評判

http://scoopire.net