芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

ものまねメイクタレントのざわちん 有村架純風のメイクを披露

ものまねメイクタレントのざわちん 有村架純風のメイクを披露 ものまねメイクタレントのざわちんが22日、女優・有村架純風ものまねメイクを公開した。

「ものまねメイクファンの皆さんお待たせしました」と始めたざわちんは、NHK総合の朝の連続テレビ小説『ひよっこ』のヒロイン・谷田部みね子役を演じた有村のものまねメイクを「まずは仕上がり写真です。ジャン!」と完成後の写真を公開。

続けて「有村架純さん風ものまねメイクは今まで何度かチャレンジしていたので、比較的似せれた方かな!?」とコメント。「秋は清楚に、さわやか『ひよっこ』的有村架純さん風ものまねメイクにチャレンジしてみては」とアピールした。

ざわちんは2015年に初めて有村のものまねメイクを披露。「少しは似せれたかなぁ」とコメント、ファンからも「さすが」「似てます」など話題となっていた。

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

Hey!Say!JUMP岡本圭人が脱退か 今月末にも発表される予定

Hey!Say!JUMP岡本圭人が脱退か 今月末にも発表される予定

ジャニーズ事務所のアイドルグループ、Hey!Say!JUMPの岡本圭人(25)のグループ脱退が決まり、今月末にも発表される予定であることが週刊文春の取材で分かった。 【写真】昨年12月、深夜にタクシーを拾う岡本 2007年9月に結成されたHey!Say!JUMPはメンバー全員が平成生まれ。昨年は紅白歌合戦にも初出場を果た...
ビリギャル本人が北海道で教育現場に「教師」の肩書にはこだわらず

ビリギャル本人が北海道で教育現場に「教師」の肩書にはこだわらず

「おはようございます!みんな、ちゃんと学校に来て偉いね。朝何時に起きてるの?」。こんな問いかけに1人の女子生徒が「5時」と叫ぶ。 「体育会系なの?私もいつも6時には起きているんだよ。厚化粧だからね!」。元ギャルならではの冗談に、教室にはドッと笑いが起こる。 ここは札幌新陽高校・2年8組の教室。...
朝の顔ランキングで桝太一アナ3連覇 「まゆ造」こと高瀬耕造アナが躍進

朝の顔ランキングで桝太一アナ3連覇 「まゆ造」こと高瀬耕造アナが躍進

誰もが清々しい気持ちで1日のスタートを切りたいと願うもの。各テレビ局では朝の情報番組に注力し、そこに登場する司会者やアナウンサーは、まさに“花形”と呼ぶにふさわしい面々を揃えている。そこでORICONNEWSでは、「この顔を見なければ1日が始まらない!」と思う『第4回“朝の顔”ランキング2018』を今年も発...
神木隆之介がラブストーリーに初挑戦 大人の俳優へ天才子役からの脱皮

神木隆之介がラブストーリーに初挑戦 大人の俳優へ天才子役からの脱皮

  俳優の神木隆之介(24)が主演映画「フォルトゥナの瞳」(三木孝浩監督、来年公開)で本格的なラブストーリーに初挑戦すると、一部スポーツ紙が報じた。   同作は作家の百田尚樹氏の同名小説を映画化。「死を目前にした人間が透けて見える」という不思議な能力を持つ青年・木山慎一郎(神木)が、...
NEWS小山慶一郎の「口説きメール」関係持ったという女性が証言

NEWS小山慶一郎の「口説きメール」関係持ったという女性が証言

「NEWS」の小山慶一郎(34)の、2017年末の飲み会での音声がインターネットに流出した。 SEKAINOOWARIの『DragonNight』に合わせ「A子(音源では女性の実名)ターゲット!の・み・ほ・せ!」とイッキ飲みを促す声は小山のものだった。 だがA子さんが未成年だったため、大問題に。報道番組『news every.』...
若さの秘訣は「すべて年齢のせい」に 深田恭子が語った本音

若さの秘訣は「すべて年齢のせい」に 深田恭子が語った本音

TOKIOの長瀬智也が主演する映画『空飛ぶタイヤ』で、献身的に夫を支える1児の母を演じた女優の深田恭子。35歳、将来の人生設計がそろそろ気になるお年ごろ、美しさにますます磨きをかけながら、深田の心は今、どの辺りを泳いでいるのだろうか? 妊活中の夫婦を演じたドラマ「隣の家族は青く見える」のイベント...
是枝監督がこだわる入浴シーンへの思い「風呂の水は血よりも濃い」

是枝監督がこだわる入浴シーンへの思い「風呂の水は血よりも濃い」

是枝裕和監督の作品に必ずと言っていいほど現れる「入浴シーン」。なぜ彼はそのシーンこだわるのか。そこには、「人はどのようにして『家族』になりうるのか」を描いてきた是枝監督の思想が凝縮しているように見える。入浴シーンに注目すれば、是枝作品をより深く味わうことができる。 『そして父になる』の入...
RADWIMPSの「愛国ソング」が物議 論点は「歌わされてないか」

RADWIMPSの「愛国ソング」が物議 論点は「歌わされてないか」

来年で忌野清志郎さんが亡くなってから10年になる。ソロでもバンドでも彼が残した曲は大好きなものが多いのだけれども。何度かの発売禁止騒動があり。「君が代」のカバーなんかもそうだ。音源を買い、ライブでも見たが、なんというか圧巻だった。別に国歌をバカにしているようには見えず。これはこれでクール...
12kg減の佐藤仁美 痩せても仕事はバラエティばかり?

12kg減の佐藤仁美 痩せても仕事はバラエティばかり?

3カ月で12キロ減――ぽっちゃりおばちゃんキャラだった佐藤仁美(38)が、ホリプロタレントスカウトキャラバン・グランプリ当時を思い起こさせる美しさを取り戻した。しかし、なぜか仕事はバラエティが増えている。 *** 赤井英和(58)、香取慎吾(41)、生島ヒロシ(67)、森永卓郎(60)、峯岸みなみ(25)...
永野芽郁、自分の作品は見ないと告白  「うわ、ブッスと見ちゃう」

永野芽郁、自分の作品は見ないと告白 「うわ、ブッスと見ちゃう」

女優の永野芽依(18)が6日、都内で行われたフォトブック「永野芽依in半分、青い。」発売記念イベントに出席した。 NHK連続テレビ小説「半分、青い。」のヒロインに迫った朝ドラ史上初のフォトブック。4月から主人公の鈴愛を演じている永野は300人を前にしたトークで、完成した映像はあまり見た...
ドラマ「この世界の片隅に」主人公のすずは松本穂香に決定との噂

ドラマ「この世界の片隅に」主人公のすずは松本穂香に決定との噂

  「『この世界の片隅に』の連続ドラマ化が発表されましたが、主演女優が誰になるのかが注目されています」と語るのは、テレビ誌関係者だ。   『この世界の片隅に』は太平洋戦争中の広島県呉市を舞台にした作品で、主人公・すずが懸命に生きぬこうとする姿を描いている。   かつて同作が連載さ...

コメント(1)

名前
コメント
※必須
  1. 2017/10/15 16:35 ID:f08b25b3

    0

    通報する

    律儀地位と思います
    地理医費自余よろしくお願いします。

    ▼返信(0)

    good0 good0

    名前
    コメント
    ※必須
http://scoopire.net