芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

東野幸治「ごっつええ感じ」のアウトなネタを熱弁「板尾さんに生コンが…」

東野幸治「ごっつええ感じ」のアウトなネタを熱弁「板尾さんに生コンが…」 お笑いコンビ「ダウンタウン」の松本人志(54)が出演するフジテレビ「ワイドナショー」(日曜前10・00)が1日に放送され、昔の人気バラエティーのむちゃくちゃぶりについてのトークに花を咲かせる場面があった。

番組では「今では信じられない!昭和の常識ランキング」が発表されたことを紹介。昭和の頃は至るところでたばこを吸え、テレビでもたばこを吸うシーンがあり、女性の裸も地上波でオンエアすることもあったことなどを扱った。松本は「エッチなテレビを見ているのをおかんにバレたくないから、段ボールをメガフォンみたいにして見ていた。近すぎて涙が止まらなかった。音は絞って…それでも、おっぱいとか見たかった」と子供の頃の思いを吐露し、笑わせた。

そんな中、「南海キャンディーズ」の山里亮太(40)が「テレビ番組は昔はもうめちゃくちゃしてらっしゃったじゃないですか、皆さんが出てた時。今はいろいろキビしくて…」と指摘。これを受け、話はかつての人気バラエティー「ダウンタウンのごっつええ感じ」(1991年12月〜97年11月)に話が及んだ。

同番組にも出演していた番組MCの東野幸治(50)は当時、自身が演じたキャラクター「パイマン」について熱弁。「コギャルの松本さんに育てられたパイマンってキャラクターで、しゃべれないんですけど、いろんなものにパイを投げつけるんです。ワニとか象とか、オラウータンとかに投げつけていた」と説明しながらも思い出し笑い。これには、進行の同局の佐々木恭子アナウンサー(44)が「いろんな観点から今はアウトですよね」と冷静に指摘。それでも、東野は「懐かしのごっつのええ感じをやったら、絶対このキャラクター(は出てくる)」。これには松本も「そうやね」と同意した。

さらに、東野は「(番組で)一番面白かったのが…マスクをした板尾(創路)さんが何をされているんでしょうか?っていう(企画)。箱みたいなところに入ってギー!って音がして、セメントが流れてくるんです。生コンクリートが流れてきてて、何をやっているんでしょうか?ってやっていた」。山里から「それはもうマフィアの遊び方」と指摘され、今では考えられない企画に一同爆笑となった。

まさに、今では考えられないようなことが多かった時代だけに、松本は「昭和は平和ですよね…」としみじみとまとめていた。

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

ダウンタウンととんねるず 共演のキーマンとなる人物は

ダウンタウンととんねるず 共演のキーマンとなる人物は

12月10日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)において、ダウンタウンの松本人志が『とんねるずのみなさんのおかげでした』(同)の放送終了に言及した。不仲説について問われると、「共演もアリだが、浜田さんが“出ず嫌い王”だから」と述べ、「みなおか」の名物企画「食わず嫌い王決定戦」にかけたコメント...
古市憲寿氏の発言でスタジオが一瞬凍り付く?「M-1が好きな人が苦手」

古市憲寿氏の発言でスタジオが一瞬凍り付く?「M-1が好きな人が苦手」

10日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)で、コメンテーターの古市憲寿が『M-1』(テレビ朝日系)について独自の見解を示し、一部から共感の声があがっている。 番組には、『M-1』優勝のとろサーモンと準優勝の和牛が出演。松本人志、ハイヒール・リンゴらと他局の番組でありながら、裏話などについてトー...
松本人志がM-1で「うれしかった」出来事 ファイナリストたちも同意

松本人志がM-1で「うれしかった」出来事 ファイナリストたちも同意

10日放送の「ワイドナショー」(フジテレビ系)で、松本人志が、漫才コンテスト番組「M-1グランプリ2017」(テレビ朝日系)での「うれしかった」出来事を明かした。 番組では、同コンテストで優勝したお笑いコンビ・とろサーモンと2位のお笑いコンビ・和牛が、スタジオにゲスト出演して決勝戦の舞台裏などを...
松本人志がとろサーモン久保田かずのぶの作戦にダメ出し「最低やで!」

松本人志がとろサーモン久保田かずのぶの作戦にダメ出し「最低やで!」

  ダウンタウンの松本人志(54)が12月10日放送の「ワイドナショー」(フジテレビ系)に出演。「M-1グランプリ2017」で優勝した、とろサーモン(久保田かずのぶ・38、村田秀亮・38)についてコメントした。   この日の放送ではとろサーモンをゲストに迎え、「M-1グランプリ2017」を振り返った。司会...
脚本家・早坂暁さん死去 「夢千代日記」などを手掛ける

脚本家・早坂暁さん死去 「夢千代日記」などを手掛ける

NHK「花へんろ」「夢千代日記」「天下御免」などテレビ初期から数々の名作ドラマを手掛けた脚本家の早坂暁(はやさか・あきら、本名富田祥資=とみた・よしすけ)さんが16日午後2時ごろ、腹部大動脈瘤(りゅう)破裂のため都内の病院で死去した。88歳。愛媛県出身。葬儀は家族のみの密葬で営まれる予...
矢作兼がオードリー・春日俊彰の挑戦を案ずる「限度を越えてる」

矢作兼がオードリー・春日俊彰の挑戦を案ずる「限度を越えてる」

14日深夜放送のラジオ番組「おぎやはぎのメガネびいき」(TBSラジオ)で、おぎやはぎの矢作兼が、オードリー・春日俊彰の無謀ともいえる挑戦を案じた。 番組では、春日が全日本エアロビクスコンテスト全国大会の男子シングル部門でメダルを獲得したことを伝えた。 矢作は、春日が仕事の合間に週4日以上の猛...
須藤凜々花が死を覚悟した瞬間 男性ファン8人に囲まれ「死んだ」

須藤凜々花が死を覚悟した瞬間 男性ファン8人に囲まれ「死んだ」

元NMB48の須藤凜々花(21)が14日に日本テレビ系で放送された「ダウンタウンDX」(後10・00)に出演し、グループに在籍していたころに男性ファン8人に囲まれ、「ああ、死んだ」と死を意識したことを明かした。 須藤はNMBに在籍していたころ、オフの日に大阪から新幹線に乗って東京にいる...
元NMB48の須藤凜々花 男性ファンの待ち伏せに恐怖感じた経験

元NMB48の須藤凜々花 男性ファンの待ち伏せに恐怖感じた経験

14日放送の「ダウンタウンDX」(日本テレビ系)で、元NMB48の須藤凜々花が、男性ファンの待ち伏せに恐怖したことを語った。 番組後半「芸能界!女のマジ話しランキング!」のコーナーで須藤は、NMB48のメンバーだったころに遭遇した、ある恐怖体験を語った。 須藤は、大阪から東京にいる彼氏にこっそりと会...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net