芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

NHK紅白歌合戦の司会は2年連続で有村架純?菅野美穂と期待の声も

NHK紅白歌合戦の司会は2年連続で有村架純?菅野美穂と期待の声も (全3枚)

今年も残り3カ月。大みそかのNHK紅白歌合戦が、何かと話題に上がる季節がやってきた。注目の司会は、紅組は連続テレビ小説「ひよっこ」でヒロインを演じた有村架純(24)が2年連続で当確となりそうだ。

昨年は、初司会ながら、白組司会の嵐の相葉雅紀(34)を、しっかりフォローしながら大役を務めあげた有村。

「ひよっこ」は初回19・5%と大台を割るスタートを切り、中盤まで視聴率は伸び悩んだが、7月中旬以降は20%超えをキープするV字回復。半年間の平均視聴率は20・4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録した。「結果的には視聴率でも前作の『ぺっぴんさん』を上回り、国民的なヒロインに成長した有村は、大みそかの顔としては申し分ありません。主題歌『若い広場』を歌った桑田佳祐も当確とみられており、近年恒例のワンコーナーが展開される見込みです」と音楽関係者は見通す。

現在『土曜スタジオパーク』や『シブヤノオト』にレギュラー出演しているお笑いタレント、渡辺直美(29)の名前が一部メディアで取り沙汰されたが、「紅白の司会はタイムスケジュールが尋常でないだけに、台湾とのハーフである渡辺には実は日本語に一抹の不安がある。また司会は出演者より目立ちすぎてもいけないこともあり少し厳しいだろう」と放送関係者は指摘する。

さらには昨年の朝ドラ「とと姉ちゃん」でヒロインを演じた高畑充希(25)の名前も挙がる。「星野源が司会を務めた『おげんさんといっしょ』ではヅラをかぶって父親役を演じるなどバラエティー力も高い。昨年も候補に挙がったが、有村に譲っただけに、今年に期待する声も多い」と前出の放送関係者。

さらにこんな名前も。「菅野美穂です。『べっぴんさん』『ひよっこ』と連続出演し、自身も『走らんか!』でヒロイン出身。子育てもありますが、ネームバリューは十分です」とテレビ誌編集者。

一方、白組司会には相葉に変わり、嵐の櫻井翔(35)や大野智(36)が濃厚と見られている。ただ、前出のテレビ誌編集者は「菅野美穂と、大河ドラマ『真田丸』で主役を演じた夫の堺雅人がコンビで出れば話題性は抜群なんですがね」と期待する。

さあどうなる。

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

山本彩が全国ツアー初日公演でNMB48卒業を発表 会場は悲鳴や絶叫

山本彩が全国ツアー初日公演でNMB48卒業を発表 会場は悲鳴や絶叫

アイドルグループNMB48のエース・山本彩(25)が30日、東京・中野サンプラザで行われた全国ツアー『NMB48LIVETOUR2018inSummer』初日公演でグループからの卒業を発表し、会場はファンの悲鳴や絶叫で騒然となった。 【写真】涙ながらに卒業への決意を語る山本彩 アンコール終盤、山本が「最後の曲に行く前に...
安室奈美恵のプライベートな食生活に驚き「好感度上がるわ」

安室奈美恵のプライベートな食生活に驚き「好感度上がるわ」

29日に放送された日本テレビ系『世界の果てまでイッテQ!』に安室奈美恵が出演し、大ファンだというイモトアヤコが安室へ様々な質問をした。 【写真】小室哲哉、安室奈美恵との2ショット公開に「25年間で、初めてのツーショットかも」 その中でイモトが「好きな食べ物は?」と質問すると、安室は「お肉」「焼...
安室奈美恵が紅白で流した涙 内村光良の「ありがとう」に感動

安室奈美恵が紅白で流した涙 内村光良の「ありがとう」に感動

【安室奈美恵/モデルプレス=7月29日】歌手・安室奈美恵の大ファンであるイモトアヤコが29日放送の日本テレビ系バラエティ番組『世界の果てまでイッテQ!』(毎週日曜よる7時58分〜)にて、安室が年末の「第68回NHK紅白歌合戦」で涙を流した理由を明かした。 イモトアヤコの発言が「ファン心理を代弁しすぎ...
「祭りの太鼓が聞こえてくると血が騒ぐ」秋川雅史はお祭り好き

「祭りの太鼓が聞こえてくると血が騒ぐ」秋川雅史はお祭り好き

テノール歌手の秋川雅史が、7月13日放送の『徹子の部屋』(テレビ朝日系)に出演した。 大のお祭り好きだという秋川は、番組で「愛媛県の西条市で生まれ育ちまして。そこで大きなだんじり祭りがある。物心ついたときからその祭りに参加しているので、祭りの太鼓が聞こえてくると血が騒ぐ」と発言する。 秋川は...
マイペースな有村架純 タクシーを断り5km歩いて帰宅か

マイペースな有村架純 タクシーを断り5km歩いて帰宅か

“朝ドラ特需”で多忙な送るヒロインは、多い。17年上半期の『ひよっこ』でヒロインとなった有村架純(25)も、10月放送のドラマ『中学聖日記』(TBS系)の主演に抜擢された。 「有名になった今も、有村さんは昔と変わりません。食事会の後にタクシーを拾おうとしたのですが、彼女は『歩くので大丈夫です』と言...
竹内涼真の人気が衰えない理由は「バンドワゴン効果」だった?

竹内涼真の人気が衰えない理由は「バンドワゴン効果」だった?

臨床心理士・経営心理コンサルタントの岡村美奈さんが、気になった著名人やトピックスをピックアップ。記者会見などでの表情や仕草から、その人物の深層心理を推察する「今週の顔」。今回は、人気急上昇中の竹内涼真さんを分析。 *** 8月5日の日曜日、福岡県北九州市の小倉競馬場に4万196人が詰めかけた。...
一部では批判の声も出ている「半分、青い。」高視聴率を保つ理由

一部では批判の声も出ている「半分、青い。」高視聴率を保つ理由

永野芽郁(18)演じるヒロイン鈴愛が高度成長期から平成までを生き抜く、NHKの連続テレビ小説『半分、青い。』。目まぐるしい展開に一部では「ついていけない」と批判の声も出ているが、それでも連日、20%超えの高視聴率なのはなぜなのか。コラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんが解説する。 *** 「エ...
石原さとみと峯田和伸のキスシーンに批判も「正直気持ち悪い」

石原さとみと峯田和伸のキスシーンに批判も「正直気持ち悪い」

水曜ドラマ『高嶺の花』の第4話の平均視聴率が9.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが分かった。 石原さとみ主演の本作。華道の家元の令嬢で、婚約破棄に遭った才色兼備の美女・月島もも(石原さとみ)が、自転車屋を営む直人(峯田和伸)と偶然出会い、そこから純愛を育んでいくラブストーリーとなって...
黒船のイメージ壊すのが怖く友達作らなかった リア・ディゾンが当時を語る

黒船のイメージ壊すのが怖く友達作らなかった リア・ディゾンが当時を語る

2006年夏、「グラビア界の黒船」の鳴り物入りで来日し、その美貌とセクシーなグラビアで社会現象を巻き起こしたリア・ディゾンさん(31)。歌手としても活躍し、翌年末のNHK紅白歌合戦にスピード出場を果たすなど、まさに“黒船”級のインパクトだった。しかし、人気絶頂の08年に結婚と妊娠を発表。...
笑いの新たな切り口“文学的大喜利本”が発売! 松本人志の天才的な企画力とは

笑いの新たな切り口“文学的大喜利本”が発売! 松本人志の天才的な企画力とは

ダウンタウンの松本人志が監修した書籍『火星人の殺し方』(文藝春秋)が、8月9日に発売される。「火星人の殺し方」「ゴリラへの詫び状」「日本人はなぜうんこが好きなのか」という3つのお題に吉本若手芸人86人が挑戦するというもので、回答者は原稿用紙一枚程度で返答する。松本曰く「文学的な大喜利」になると...
元SMAP3人組の紅白出場 古巣のジャニーズ事務所は障壁となるか

元SMAP3人組の紅白出場 古巣のジャニーズ事務所は障壁となるか

香取慎吾(41)、草なぎ剛(44)、稲垣吾郎(44)の元SMAP3人が、大みそかのNHK紅白歌合戦に出場する!?まさかの衝撃情報が飛び込んできた。NHKがこの3人を紅白に引っ張り出そうと、水面下で動き始めたというのだ。紅白といえば毎年、3人の古巣であるジャニーズ事務所が大きな影響力を持...
西日本豪雨のなかライブ敢行「ラブライブ!」運営側が「炎上」

西日本豪雨のなかライブ敢行「ラブライブ!」運営側が「炎上」

(全2枚) 普段とは真逆で運営側が炎上 「ラブライブ!シリーズ」と聞いても、「何、それ?」という人も少なくないだろう。だが、メディアミックスの成功例にしてヒット作、社会的にも大きな話題を提供してきた作品なのだ。 *** 9人の少女がアイドル活動に励むというのが基本設定。最初の「ラブライブ!」は2...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net