芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

竹内涼真が出身大学を濁す発言 立正大学のOBが「失礼」と怒り

竹内涼真が出身大学を濁す発言 立正大学のOBが「失礼」と怒り

堂々と言えばよかったのに……。

10月7日に放送されたバラエティ番組『オールスター感謝祭’17』(TBS系)に出演した俳優の竹内涼真が、今田耕司の“よけいな質問”によってバッシングを受けるハメになってしまった。

竹内はこの秋から始まるドラマ『陸王』(同)のメンバーとして「天才東大生を倒せ!早押しクイズレース」に登場。同企画には、早稲田大学出身のにゃんこスター・アンゴラ村長や、明治大学出身の阿佐ヶ谷姉妹・渡辺江里子ら高学歴芸能人が多数参加していたことから、レース直前にMCの今田が竹内に出身大学を聞くひと幕があった。

「今田が竹内に『大学はすごいとこ出てんの?』と聞いたところ、彼は『あんまり良いとこじゃないんで、言えないです』と苦笑いを浮かべて口を濁した。竹内は立正大学出身なのですが、この発言をテレビで観ていた在学生やOBからは『失礼!』『自分の出た大学に誇りを持て』『堂々と言えよ』と怒りのコメントがネット上で連打されました」(芸能ライター)

竹内が卒業した立正大学地球環境科学部・地理学科の偏差値は、東進ハイスクールによると「48」となっている。周りが高学歴芸能人ばかりだったため、竹内は自分はそのカテゴリーとは違うと思ってあえて口にしなかったのかもしれないが、大学に関係する視聴者たちは、彼の発言を聞き流すことができなかったようだ。

「芸能界には竹内のほかにも山崎邦正こと月亭方正、車だん吉、石原軍団の徳重聡などが立正大学OBとして名を連ねています。山崎は心理学に興味を持ったことから32歳で立正大学心理学部に入学。徳重は静岡の強豪・静岡市立高校からスポーツ推薦で入学しています。高校時代は東京ヴェルディユースに所属していた竹内も、徳重同様サッカー推薦で進学。プロをあきらめたのを機にオーディションを受けて芸能界入りしています。竹内ファンなら、彼が学生時代、サッカーに打ち込んでいたことは知っていますし、堂々と答えたほうが男らしかったですね」(女性誌記者)

最近はジャニーズなどイケメン俳優にも高偏差値の大学出身者が増えているため、今田も勘違いしたのかもしれないが、スポーツ推薦なのに“東大を倒す”メンバーに加えられた竹内こそ、一番の被害者だった!?

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

実は大学院進学している有名人 伊勢谷友介や石田ひかりなど

実は大学院進学している有名人 伊勢谷友介や石田ひかりなど

経歴を調べてみると、意外と偏差値の高い高校、大学卒の芸能人って増えてきてますよね。お笑い芸人やタレントでも大学院卒の高学歴ということも多くなってきています。たしかに、クイズ番組や情報番組のコメンテーターなど、それなりの肩書があれば説得力もあり、仕事も増えそうですよね。そこで今回は、大学...
「泣きながら街を彷徨い」上田まりえが意味深投稿 相次ぐ心配の声

「泣きながら街を彷徨い」上田まりえが意味深投稿 相次ぐ心配の声

フリーアナウンサーの上田まりえ(31)が12日、自身のインスタグラムを更新。「うまくいっていないことが多すぎて、泣きながら街を彷徨いました」と吐露した。 上田は「うまくいっていないことが多すぎて、泣きながら街を彷徨いました。泣き止んだ頃には笑顔が戻り、歩き疲れてお腹もグー。日付は変わっ...
野村周平は炎上、竹内涼真は好感度爆上がり ポーランド戦への反応で明暗

野村周平は炎上、竹内涼真は好感度爆上がり ポーランド戦への反応で明暗

28日行われたサッカー・ロシアワールドカップの対ポーランド戦の番組平均視聴率が44.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが分かった。 まさに日本中が注目していたこの一戦。日本は相手に1点を決められ、試合には敗北したものの、同時刻行われていたセネガル・コロンビア戦でコロンビアがセネガルに...
華のある女子アナがいない?不倫報道で降板した田中萌アナに復帰説

華のある女子アナがいない?不倫報道で降板した田中萌アナに復帰説

不倫で「グッド!モーニング」(テレビ朝日系)を降板した田中萌アナ(26)がゴールデンでいよいよ復帰!の声に、テレ朝の女子アナ不足説。 *** 一昨年(2016年)12月、田中アナは、既婚で同じ「グッド!モーニング」のサブキャスター加藤泰平アナとの不倫を報じられた。当時、不倫報道に熱心だった、いわ...
松井珠理奈と宮脇咲良 韓国「PRODUCE48」では立場逆転

松井珠理奈と宮脇咲良 韓国「PRODUCE48」では立場逆転

6月16日に行われた「第10回AKB総選挙」では、松井珠理奈(21)がトップに輝き、須田亜香里(26)、宮脇咲良(20)がこれに続く結果となった。だがお隣の国・韓国での評価は、“宮脇>松井”の異変が起きていて……。 *** 先の総選挙で箝口令が敷かれた松井と宮脇の“確執”については、週刊新潮WEB取材班が報じた...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net