芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

大下容子アナや西山喜久恵アナ…ベテラン女性アナ重用の背景

大下容子アナや西山喜久恵アナ…ベテラン女性アナ重用の背景

若手の女子アナがもてはやされる時代はそろそろ終わりか――このところ、40才を超えるベテラン女性アナウンサーの活躍が目立っている。彼女たちが起用されるのには、明確な理由があった。コラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんが解説する。

***
この秋、「女子アナ」というより、敬意を込めて「女性アナウンサー」と呼びたくなるベテラン女性アナウンサーが大活躍しています。

朝ドラ『わろてんか』(NHK)では小野文惠アナ(49歳)、昼ドラ『トットちゃん!』(テレビ朝日系)では大下容子アナ(47歳)をナレーターに起用。ほぼ毎日放送される帯ドラマは局の看板番組であり、大下アナは『徹子の部屋』(テレビ朝日系)にも出演しました。

さらに豊田順子アナ(51歳)は、『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)でブルゾンちえみさんのネタをアレンジして披露したほか、『ヒルナンデス』(日本テレビ系)にリポーターとして出演。ともに爆笑を誘いました。西山喜久恵アナ(48歳)も秋から『みんなのニュース』(フジテレビ系)に芸能・スポーツキャスターとしてレギュラー出演しはじめています。

4人とも各局の管理職にあたるポジション。なぜ今、ベテラン女性アナウンサーの起用が続いているのでしょうか。

◆SMAP解散騒動でベテラン再評価が加速

「番組の内容を正確に伝え、出演者を引き立てる」アナウンス技術に関しては、あらためて説明する必要はないでしょう。後輩アナウンサーの指導役を務めるほどの技術が番組に安定感をもたらしています。

それ以上に大きいのは、「視聴者がベテラン女性アナウンサーを求めている」こと。2014年にスポーツ界で起きたレジェンドブーム以降、テレビ視聴者の間にも「ベテラン女性アナウンサーを見直そう」という傾向が見られるようになりました。なかでも大きかったのは、昨年からのSMAP解散騒動。大下アナと西山アナがSMAPに関わる仕事やコメントで支持を集めたことを覚えている人は多いのではないでしょうか。

また、今年3月には小野アナが『ガッテン!』(NHK)の放送内容に誤りがあったとして迅速に謝罪して事を収め、「やはりベテランは違う」と評価されました。通常の安定感に加え、ピンチに強いことも彼女たちの強みと言えるでしょう。私が聞いたところによると、各局に「ベテランをもっと使ってほしい」という声が届いているそうです。

昨年末の『好きな女性アナウンサーランキング』(オリコン)では、1位から順に水卜麻美アナ(30歳)、加藤綾子アナ(32歳)、夏目三久アナ(33歳)、有働由美子アナ(48歳)、大江麻理子アナ(38歳)、赤江珠緒アナ(42歳)、田中みな実アナ(30歳)、竹内由恵アナ(31歳)、大下容子アナ(47歳)、桑子真帆アナ(30歳)と、全員が30歳以上でした。

毎年、各大学のミスコン受賞者や元タレントなどの美人が入社しているにも関わらず、もう何年も若手のスター女子アナが誕生していないのです。これは「若手アナウンサーたちに問題があるというよりも、ベテランアナウンサーのほうが求められている」からではないでしょうか。

◆視聴者の高齢化と「昭和」企画の増加

もう1つ忘れてはならないのは、テレビ視聴者の高齢化。近年、テレビ局は視聴率獲得に不可欠なリアルタイム視聴をうながすために、ネットや録画での試聴が多い若年層ではなく、中高年層をメインターゲットに据えた番組を増やしています。朝ドラや昼ドラの時代設定に加えて、情報番組やバラエティー番組でも昭和の文化やニュースを扱う企画が増えたため、ベテラン女性アナウンサーは適役なのでしょう。

中高年層が女性アナウンサーに求めるのは、若さや美しさではなく、安心感や人間性。タレントのようなオーラを醸し出す「女子アナ」ではなく、会社員という立場をわきまえた親しみの持てる「女性アナウンサー」なのです。

一方、ベテラン女性アナウンサー本人は、「後輩たちの道しるべにならなければ」という使命を抱えています。かつては「女子アナ30歳定年説」なんて言葉もありましたが、会社員である彼女たちは、「人事異動でアナウンス部から他部署に行かなければならない」という不安を抱えているもの。全国的に顔と名前を知られたタレントのような立ち位置であるにも関わらず、いきなり「OLになれ」と言われるリスクを抱えているのです。

そんな若手アナウンサーにとって、厳しい状況をくぐり抜けた上に、結婚・出産を経てなおアナウンサーであり続けるベテラン女性アナウンサーたちの姿は希望の星。「30代になったらアナウンサーの仕事がなくなる」「異動させられる」のではなく、「40代、50代になっても、女性アナウンサーとしてこれだけのことができるよ」という実績を作っているのです。

◆テレビの古き良き時代を思わせる存在

この秋までも、大下アナは『ワイドスクランブル』(テレビ朝日系)、小野アナは『ガッテン!』『鶴瓶の家族に乾杯』(NHK)、豊田アナは『NNNストレイトニュース』(日本テレビ系)、西山アナは『めざましテレビ』『めざましどようび』(フジテレビ系)にレギュラー出演していました。

彼女たちは好感度が高い上に、情報番組やバラエティー番組での対応力もあるだけに、今後も制作現場からの出演要請は続くことが予想されます。ただし、そこは管理職。若手女性アナウンサーたちの育成場所を奪うようなことはせず、むしろ力強く後押しするでしょう。

そんなバランス感覚や人間性の豊かさがあるからこそ、視聴者は彼女たちに「古き良き時代の女性アナウンサー」という面影を重ね、信頼を寄せ続けるのです。

【木村隆志】
コラムニスト、芸能・テレビ・ドラマ解説者。雑誌やウェブに月20本前後のコラムを提供するほか、『新・週刊フジテレビ批評』『TBSレビュー』などの批評番組に出演。タレント専門インタビュアーや人間関係コンサルタントとしても活動している。著書に『トップ・インタビュアーの「聴き技」84』『話しかけなくていい!会話術』『独身40男の歩き方』など。

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

友近、こだわりの強さで番組内容に口出しか 怖がるスタッフ多数と噂

友近、こだわりの強さで番組内容に口出しか 怖がるスタッフ多数と噂

森三中、渡辺直美、いとうあさこ、イモトアヤコ、尼神インター、ブルゾンちえみ、ゆりやんレトリィバァ……などなど、たくさんの女性芸人が大活躍している現在のテレビ界。そんななか、ある1人の女性芸人が、どうも敬遠されているという。お笑い関係者が明かす。 「今活躍している女性芸人さんたちは、本当にマ...
勝間和代氏が「デブキャラ」に残酷な指摘 内山信二が猛反論

勝間和代氏が「デブキャラ」に残酷な指摘 内山信二が猛反論

9日放送の「バラいろダンディ」(TOKYOMX)で、経済評論家・勝間和代氏の厳しい指摘に、「デブキャラ」が売りの内山信二が動揺を隠せなかった。 番組では、「健康ブームで芸能界のデブキャラ崩壊?」という記事を取り上げた。記事では「デブキャラ」だった安田大サーカス・HIROや、とにかく明るい安村などが...
父娘のお笑いコンビ「完熟フレッシュ」元日放送に出演で注目集める

父娘のお笑いコンビ「完熟フレッシュ」元日放送に出演で注目集める

昨年一気に人気が出た女性芸人ブルゾンちえみ(27)に続き、2018年は実の父娘コンビが大ブレークする予感が漂っている。元芸人で会社員の池田57CRAZY(ごなクレージー、42)と、中学1年の池田レイラ(12)の「完熟フレッシュ」。コンビは、ブルゾンやネプチューン、イモトアヤコ(31)ら...
NHK、紅白でオースティン・マホーンを「冷遇」か 記者が指摘

NHK、紅白でオースティン・マホーンを「冷遇」か 記者が指摘

安室奈美恵の次という大健闘 「2017年に最もブレイクした芸人」という評価は、やはり正しかったか。お笑い芸人のブルゾンちえみ(27)が、紅白歌合戦の瞬間視聴率で第1部トップという数字を叩き出した。 *** 各メディアが報じた通り、2017年の「第68回NHK紅白歌合戦」における最高視聴率は安室奈美恵(40)...
紅白、ガキ使か、それとも孤独のグルメか 注目の大晦日特番

紅白、ガキ使か、それとも孤独のグルメか 注目の大晦日特番

今年もいよいよ年の瀬。今日放送される番組には、超定番のものから、新企画までさまざまな番組がそろった。今年は、どの番組を見てすごしますか?コラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんが注目番組の見どころを解説する。 *** 2107年の大晦日に放送されるテレビ番組は、まさに定番ぞろい。 『第68回紅白...
ドラマ「民衆の敵」で高橋一生が脱ぐシーン「関係ない」との意見も

ドラマ「民衆の敵」で高橋一生が脱ぐシーン「関係ない」との意見も

篠原涼子主演(44才)月9『民衆の敵〜世の中、おかしくないですか!?〜』(フジテレビ系)で高橋一生(37才)が脱ぐシーンが話題を集めている。実は、篠原の作品では、共演男優がやたらと裸を見せるのだ。いったいなぜか?コラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんがその事情をズバリ解説する。 *** 『民衆...
宮藤官九郎の2つのドラマが別のドラマとそっくり?真相は

宮藤官九郎の2つのドラマが別のドラマとそっくり?真相は

クドカンドラマに異変が!?宮藤官九郎が脚本を手掛ける2つのドラマの設定が、別のドラマと設定が「そっくり」と話題を呼んでいる。オリジナリティ溢れる作風で人気のクドカンドラマに何があったのか?コラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんが解説する。 *** 今月1日に、2019年放送の大河ドラマ『いだて...
黒柳徹子と福山雅治の密会4時間「日本食のディナーでした」

黒柳徹子と福山雅治の密会4時間「日本食のディナーでした」

  12月22日に最終回を迎える、黒柳徹子さん(84)の半生を描いたドラマ『トットちゃん!』(テレビ朝日系)。   福山雅治(48)が書き下ろした主題歌『トモエ学園』は「心にしみる名曲」とファンに好評だ。曲名は、舞台となる小学校からとられている。   「昨年9月に福山さんが『徹子の部屋』...
黒柳徹子 死別した恋人との40年間に及ぶ超遠距離恋愛

黒柳徹子 死別した恋人との40年間に及ぶ超遠距離恋愛

黒柳徹子が、12月12日放送の『徹子の部屋』(テレビ朝日系)で、過去の恋愛について語っていた。 この日のゲストは、ドラマ『トットちゃん!』(テレビ朝日系)にて、黒柳のかつての恋人を演じる城田優。 演じるにあたって城田は気になることがあるらしく、「当時、遠距離恋愛されていたときは、どれぐらいの...
母の野際陽子さん役を演じる真瀬樹里 そっくりな顔や声が話題に

母の野際陽子さん役を演じる真瀬樹里 そっくりな顔や声が話題に

黒柳徹子さん(84)の半生を描いたドラマ「トットちゃん!」(テレビ朝日系)で、2017年6月に亡くなった女優の野際陽子さん(享年81)役に、黒柳さんが野際さんの娘で女優の真瀬樹里さん(42)を推薦したことを明かした。 野際さんと60年来の付き合いで親友の黒柳さんも、50代の野際さんに扮した真瀬さんの写...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net