芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

大下容子アナや西山喜久恵アナ…ベテラン女性アナ重用の背景

大下容子アナや西山喜久恵アナ…ベテラン女性アナ重用の背景

若手の女子アナがもてはやされる時代はそろそろ終わりか――このところ、40才を超えるベテラン女性アナウンサーの活躍が目立っている。彼女たちが起用されるのには、明確な理由があった。コラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんが解説する。

***
この秋、「女子アナ」というより、敬意を込めて「女性アナウンサー」と呼びたくなるベテラン女性アナウンサーが大活躍しています。

朝ドラ『わろてんか』(NHK)では小野文惠アナ(49歳)、昼ドラ『トットちゃん!』(テレビ朝日系)では大下容子アナ(47歳)をナレーターに起用。ほぼ毎日放送される帯ドラマは局の看板番組であり、大下アナは『徹子の部屋』(テレビ朝日系)にも出演しました。

さらに豊田順子アナ(51歳)は、『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)でブルゾンちえみさんのネタをアレンジして披露したほか、『ヒルナンデス』(日本テレビ系)にリポーターとして出演。ともに爆笑を誘いました。西山喜久恵アナ(48歳)も秋から『みんなのニュース』(フジテレビ系)に芸能・スポーツキャスターとしてレギュラー出演しはじめています。

4人とも各局の管理職にあたるポジション。なぜ今、ベテラン女性アナウンサーの起用が続いているのでしょうか。

◆SMAP解散騒動でベテラン再評価が加速

「番組の内容を正確に伝え、出演者を引き立てる」アナウンス技術に関しては、あらためて説明する必要はないでしょう。後輩アナウンサーの指導役を務めるほどの技術が番組に安定感をもたらしています。

それ以上に大きいのは、「視聴者がベテラン女性アナウンサーを求めている」こと。2014年にスポーツ界で起きたレジェンドブーム以降、テレビ視聴者の間にも「ベテラン女性アナウンサーを見直そう」という傾向が見られるようになりました。なかでも大きかったのは、昨年からのSMAP解散騒動。大下アナと西山アナがSMAPに関わる仕事やコメントで支持を集めたことを覚えている人は多いのではないでしょうか。

また、今年3月には小野アナが『ガッテン!』(NHK)の放送内容に誤りがあったとして迅速に謝罪して事を収め、「やはりベテランは違う」と評価されました。通常の安定感に加え、ピンチに強いことも彼女たちの強みと言えるでしょう。私が聞いたところによると、各局に「ベテランをもっと使ってほしい」という声が届いているそうです。

昨年末の『好きな女性アナウンサーランキング』(オリコン)では、1位から順に水卜麻美アナ(30歳)、加藤綾子アナ(32歳)、夏目三久アナ(33歳)、有働由美子アナ(48歳)、大江麻理子アナ(38歳)、赤江珠緒アナ(42歳)、田中みな実アナ(30歳)、竹内由恵アナ(31歳)、大下容子アナ(47歳)、桑子真帆アナ(30歳)と、全員が30歳以上でした。

毎年、各大学のミスコン受賞者や元タレントなどの美人が入社しているにも関わらず、もう何年も若手のスター女子アナが誕生していないのです。これは「若手アナウンサーたちに問題があるというよりも、ベテランアナウンサーのほうが求められている」からではないでしょうか。

◆視聴者の高齢化と「昭和」企画の増加

もう1つ忘れてはならないのは、テレビ視聴者の高齢化。近年、テレビ局は視聴率獲得に不可欠なリアルタイム視聴をうながすために、ネットや録画での試聴が多い若年層ではなく、中高年層をメインターゲットに据えた番組を増やしています。朝ドラや昼ドラの時代設定に加えて、情報番組やバラエティー番組でも昭和の文化やニュースを扱う企画が増えたため、ベテラン女性アナウンサーは適役なのでしょう。

中高年層が女性アナウンサーに求めるのは、若さや美しさではなく、安心感や人間性。タレントのようなオーラを醸し出す「女子アナ」ではなく、会社員という立場をわきまえた親しみの持てる「女性アナウンサー」なのです。

一方、ベテラン女性アナウンサー本人は、「後輩たちの道しるべにならなければ」という使命を抱えています。かつては「女子アナ30歳定年説」なんて言葉もありましたが、会社員である彼女たちは、「人事異動でアナウンス部から他部署に行かなければならない」という不安を抱えているもの。全国的に顔と名前を知られたタレントのような立ち位置であるにも関わらず、いきなり「OLになれ」と言われるリスクを抱えているのです。

そんな若手アナウンサーにとって、厳しい状況をくぐり抜けた上に、結婚・出産を経てなおアナウンサーであり続けるベテラン女性アナウンサーたちの姿は希望の星。「30代になったらアナウンサーの仕事がなくなる」「異動させられる」のではなく、「40代、50代になっても、女性アナウンサーとしてこれだけのことができるよ」という実績を作っているのです。

◆テレビの古き良き時代を思わせる存在

この秋までも、大下アナは『ワイドスクランブル』(テレビ朝日系)、小野アナは『ガッテン!』『鶴瓶の家族に乾杯』(NHK)、豊田アナは『NNNストレイトニュース』(日本テレビ系)、西山アナは『めざましテレビ』『めざましどようび』(フジテレビ系)にレギュラー出演していました。

彼女たちは好感度が高い上に、情報番組やバラエティー番組での対応力もあるだけに、今後も制作現場からの出演要請は続くことが予想されます。ただし、そこは管理職。若手女性アナウンサーたちの育成場所を奪うようなことはせず、むしろ力強く後押しするでしょう。

そんなバランス感覚や人間性の豊かさがあるからこそ、視聴者は彼女たちに「古き良き時代の女性アナウンサー」という面影を重ね、信頼を寄せ続けるのです。

【木村隆志】
コラムニスト、芸能・テレビ・ドラマ解説者。雑誌やウェブに月20本前後のコラムを提供するほか、『新・週刊フジテレビ批評』『TBSレビュー』などの批評番組に出演。タレント専門インタビュアーや人間関係コンサルタントとしても活動している。著書に『トップ・インタビュアーの「聴き技」84』『話しかけなくていい!会話術』『独身40男の歩き方』など。

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

渡辺直美、2017年に最も格を上げた芸人か 業界内でも高評価

渡辺直美、2017年に最も格を上げた芸人か 業界内でも高評価

今年、最も“格”を上げたお笑い芸人といえば、渡辺直美であろう。7月クールのTBS系連続ドラマ『カンナさーん!』では主演に抜擢、CM出演も多く、NHKでは『シブヤノオト』『NAOMIの部屋』(ともに不定期放送)という2つの番組のMCを務めている。 「いわゆる“ひな壇芸人”から抜け出し、メインを張れる芸人に格上...
にゃんこスター テレビ局関係者から厳しい声「あと2カ月で消える」

にゃんこスター テレビ局関係者から厳しい声「あと2カ月で消える」

10月放送の『キングオブコント2017』(TBS系)準優勝をきっかけに、一気にゴールデン番組の常連コンビとなった“にゃんこスター”。しかし、注目を浴び始めてわずか1カ月足らずで、テレビ局関係者から「“賞味期限”は2カ月を切った」といった厳しい声が聞こえてきた。 同大会の優勝コンビは、かまいたちだったも...
米歌手オースティン・マホーン、紅白出場へ ブルゾンと“生コラボ”

米歌手オースティン・マホーン、紅白出場へ ブルゾンと“生コラボ”

ブルゾンちえみ(27)がネタのBGMで使用する「ダーティ・ワーク」が大ヒットした米歌手オースティン・マホーン(21)が、大みそかの「第68回NHK紅白歌合戦」(後7・15)に、白組から出演することが12日、分かった。会場のNHKホールでブルゾンと“生合体”する。NHKは今週、司会者や出場...
友近が手違いで「女芸人No.1決定戦」を欠場 現場はお通夜状態?

友近が手違いで「女芸人No.1決定戦」を欠場 現場はお通夜状態?

おまえもか!?人気芸人の友近(44)が出場予定だった日本テレビ系「女芸人No.1決定戦THEW」(12月11日放送)を欠場することになった。 同番組はベテラン女芸人の山田邦子(57)が番組サイドとの行き違いを理由に出場を辞退。有名、無名を問わず出場者から一律2000円の参加料を取ることや...
宮藤官九郎の2つのドラマが別のドラマとそっくり?真相は

宮藤官九郎の2つのドラマが別のドラマとそっくり?真相は

クドカンドラマに異変が!?宮藤官九郎が脚本を手掛ける2つのドラマの設定が、別のドラマと設定が「そっくり」と話題を呼んでいる。オリジナリティ溢れる作風で人気のクドカンドラマに何があったのか?コラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんが解説する。 *** 今月1日に、2019年放送の大河ドラマ『いだて...
真木よう子の主演ドラマの苦戦「当たり役」の認識で視聴者とズレ?

真木よう子の主演ドラマの苦戦「当たり役」の認識で視聴者とズレ?

視聴率が低迷したドラマ『セシルのもくろみ』(フジテレビ系)に主演した真木よう子(34)。ファッション誌業界を舞台に、さまざまな立場の女性がぶつかり合う姿が描かれた同作で、真木が演じたのは読者モデルの主婦だ。真木は自ら“当たり役”であると公言していたが、視聴者にとってもそうだったのだろうか。...
賀来賢人の変化を識者が解説  結婚後に「イケメン俳優」から脱皮

賀来賢人の変化を識者が解説 結婚後に「イケメン俳優」から脱皮

さわやかなイケメン俳優としてもてはやされていた役者が、そのイメージを変えて演技派としてのポジションを確立するのはなかなか難しい。しかし、そんな”イメチェン”に成功しているが賀来賢人(28才)だ。最近、演じる役柄が大きく変わっているのだ。賀来の最近の変化についてコラムニストでテレビ解説者の木...
黒柳徹子 外国人男性との秘められた遠距離恋愛を語る

黒柳徹子 外国人男性との秘められた遠距離恋愛を語る

タレントの黒柳徹子(84)が6日放送のテレビ朝日系「徹子の部屋」(月〜金曜・正午)に出演し、外国人男性との“秘められた恋”について語った。 この日は同局系「トットちゃん!」(月〜金曜・後0時30分)の脚本を手がける大石静さん(66)がゲスト。黒柳の半生を描く同ドラマでは、初めて明かされる“...
途切れず大仕事が舞い込む松下奈緒 安心して起用できる理由を指摘

途切れず大仕事が舞い込む松下奈緒 安心して起用できる理由を指摘

  女優の松下奈緒(32)が、10月から放送される黒柳徹子(84)の半生とその家族の物語を描いたテレビ朝日系ドラマ「トットちゃん!」で黒柳の母親役を演じる。   「『徹子の部屋』に続く時間帯で、平日午後12時半から放送されます。同枠のドラマ第1弾『やすらぎの郷』がなかなかの高視聴率だったの...
黒柳徹子が2人!? アンドロイド「totto」誕生

黒柳徹子が2人!? アンドロイド「totto」誕生

日本のテレビ放送黎明期を語る上で欠かせない存在の女優・黒柳徹子のアンドロイド「totto」が誕生した。テレビ朝日と、電通、電通テック、エーラボ、アンドロイド研究の第一人者である大阪大学・石黒浩教授(ATR客員所長)の監修で、共同開発。このほど『徹子の部屋』(テレビ朝日系)の収録の合間にスタジオ...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net