芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

大下容子アナや西山喜久恵アナ…ベテラン女性アナ重用の背景

大下容子アナや西山喜久恵アナ…ベテラン女性アナ重用の背景

若手の女子アナがもてはやされる時代はそろそろ終わりか――このところ、40才を超えるベテラン女性アナウンサーの活躍が目立っている。彼女たちが起用されるのには、明確な理由があった。コラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんが解説する。

***
この秋、「女子アナ」というより、敬意を込めて「女性アナウンサー」と呼びたくなるベテラン女性アナウンサーが大活躍しています。

朝ドラ『わろてんか』(NHK)では小野文惠アナ(49歳)、昼ドラ『トットちゃん!』(テレビ朝日系)では大下容子アナ(47歳)をナレーターに起用。ほぼ毎日放送される帯ドラマは局の看板番組であり、大下アナは『徹子の部屋』(テレビ朝日系)にも出演しました。

さらに豊田順子アナ(51歳)は、『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)でブルゾンちえみさんのネタをアレンジして披露したほか、『ヒルナンデス』(日本テレビ系)にリポーターとして出演。ともに爆笑を誘いました。西山喜久恵アナ(48歳)も秋から『みんなのニュース』(フジテレビ系)に芸能・スポーツキャスターとしてレギュラー出演しはじめています。

4人とも各局の管理職にあたるポジション。なぜ今、ベテラン女性アナウンサーの起用が続いているのでしょうか。

◆SMAP解散騒動でベテラン再評価が加速

「番組の内容を正確に伝え、出演者を引き立てる」アナウンス技術に関しては、あらためて説明する必要はないでしょう。後輩アナウンサーの指導役を務めるほどの技術が番組に安定感をもたらしています。

それ以上に大きいのは、「視聴者がベテラン女性アナウンサーを求めている」こと。2014年にスポーツ界で起きたレジェンドブーム以降、テレビ視聴者の間にも「ベテラン女性アナウンサーを見直そう」という傾向が見られるようになりました。なかでも大きかったのは、昨年からのSMAP解散騒動。大下アナと西山アナがSMAPに関わる仕事やコメントで支持を集めたことを覚えている人は多いのではないでしょうか。

また、今年3月には小野アナが『ガッテン!』(NHK)の放送内容に誤りがあったとして迅速に謝罪して事を収め、「やはりベテランは違う」と評価されました。通常の安定感に加え、ピンチに強いことも彼女たちの強みと言えるでしょう。私が聞いたところによると、各局に「ベテランをもっと使ってほしい」という声が届いているそうです。

昨年末の『好きな女性アナウンサーランキング』(オリコン)では、1位から順に水卜麻美アナ(30歳)、加藤綾子アナ(32歳)、夏目三久アナ(33歳)、有働由美子アナ(48歳)、大江麻理子アナ(38歳)、赤江珠緒アナ(42歳)、田中みな実アナ(30歳)、竹内由恵アナ(31歳)、大下容子アナ(47歳)、桑子真帆アナ(30歳)と、全員が30歳以上でした。

毎年、各大学のミスコン受賞者や元タレントなどの美人が入社しているにも関わらず、もう何年も若手のスター女子アナが誕生していないのです。これは「若手アナウンサーたちに問題があるというよりも、ベテランアナウンサーのほうが求められている」からではないでしょうか。

◆視聴者の高齢化と「昭和」企画の増加

もう1つ忘れてはならないのは、テレビ視聴者の高齢化。近年、テレビ局は視聴率獲得に不可欠なリアルタイム視聴をうながすために、ネットや録画での試聴が多い若年層ではなく、中高年層をメインターゲットに据えた番組を増やしています。朝ドラや昼ドラの時代設定に加えて、情報番組やバラエティー番組でも昭和の文化やニュースを扱う企画が増えたため、ベテラン女性アナウンサーは適役なのでしょう。

中高年層が女性アナウンサーに求めるのは、若さや美しさではなく、安心感や人間性。タレントのようなオーラを醸し出す「女子アナ」ではなく、会社員という立場をわきまえた親しみの持てる「女性アナウンサー」なのです。

一方、ベテラン女性アナウンサー本人は、「後輩たちの道しるべにならなければ」という使命を抱えています。かつては「女子アナ30歳定年説」なんて言葉もありましたが、会社員である彼女たちは、「人事異動でアナウンス部から他部署に行かなければならない」という不安を抱えているもの。全国的に顔と名前を知られたタレントのような立ち位置であるにも関わらず、いきなり「OLになれ」と言われるリスクを抱えているのです。

そんな若手アナウンサーにとって、厳しい状況をくぐり抜けた上に、結婚・出産を経てなおアナウンサーであり続けるベテラン女性アナウンサーたちの姿は希望の星。「30代になったらアナウンサーの仕事がなくなる」「異動させられる」のではなく、「40代、50代になっても、女性アナウンサーとしてこれだけのことができるよ」という実績を作っているのです。

◆テレビの古き良き時代を思わせる存在

この秋までも、大下アナは『ワイドスクランブル』(テレビ朝日系)、小野アナは『ガッテン!』『鶴瓶の家族に乾杯』(NHK)、豊田アナは『NNNストレイトニュース』(日本テレビ系)、西山アナは『めざましテレビ』『めざましどようび』(フジテレビ系)にレギュラー出演していました。

彼女たちは好感度が高い上に、情報番組やバラエティー番組での対応力もあるだけに、今後も制作現場からの出演要請は続くことが予想されます。ただし、そこは管理職。若手女性アナウンサーたちの育成場所を奪うようなことはせず、むしろ力強く後押しするでしょう。

そんなバランス感覚や人間性の豊かさがあるからこそ、視聴者は彼女たちに「古き良き時代の女性アナウンサー」という面影を重ね、信頼を寄せ続けるのです。

【木村隆志】
コラムニスト、芸能・テレビ・ドラマ解説者。雑誌やウェブに月20本前後のコラムを提供するほか、『新・週刊フジテレビ批評』『TBSレビュー』などの批評番組に出演。タレント専門インタビュアーや人間関係コンサルタントとしても活動している。著書に『トップ・インタビュアーの「聴き技」84』『話しかけなくていい!会話術』『独身40男の歩き方』など。

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

我が家杉山がブルゾンちえみを泣かせる 酒癖の悪さで坪倉と口論

我が家杉山がブルゾンちえみを泣かせる 酒癖の悪さで坪倉と口論

ナイツの塙宣之が、10月18日放送の『高田文夫のラジオビバリー昼ズ』(ニッポン放送)で、我が家の杉山裕之が泥酔して、ブルゾンちえみを泣くまで説教していたと暴露した。 「我が家の杉山君が、物すごい酒癖悪いんですよ。この前、営業でブルゾンちえみが説教をされて泣いちゃったんです」 さらに、ブルゾン...
有吉弘行に見るブレイクネタを捨てる勇気 芸人は断捨離は必要か

有吉弘行に見るブレイクネタを捨てる勇気 芸人は断捨離は必要か

先日、平野ノラがワコールの下着モデルに起用され、その変貌ぶりが話題となった。昨今、平野は代名詞たる“バブルスタイル”をあえて封印し、積極的なキャラ転換を打ち出することで高評価を得ている。一方で、TV露出が減った“一発屋芸人”たちが地道な営業活動で奮闘し、高収入を得ていることもTVなどで度々取り...
『24時間テレビ』みやぞんがゴール直前に「謎の逆走」の真相

『24時間テレビ』みやぞんがゴール直前に「謎の逆走」の真相

夏の風物詩である『24時間テレビ』(日本テレビ系)の目玉企画といえば、毎年、人気タレントがランナーを務める「チャリティーマラソン」。8月25〜26日に放送された今年は、お笑いコンビ「ANZEN漫才」のみやぞん(33)が史上初のトライアスロンに挑戦。水泳・自転車・マラソンの3種目で総距離160km超という過...
トライアスロンを完走したみやぞん 実はお腹を壊していた

トライアスロンを完走したみやぞん 実はお腹を壊していた

「24時間テレビ」(日本テレビ系)で番組史上初のトライアスロン形式に挑戦し、26日(2018年8月)午後8時45分、161.55キロを見事完走したお笑い芸人のみやぞんさん(33)。 100キロのランを走っていた26日の最高気温は36度。サーモカメラで路面温度を測ってみると、なんと57度もあった。過酷な暑さの中、膝や...
一部では批判の声も出ている「半分、青い。」高視聴率を保つ理由

一部では批判の声も出ている「半分、青い。」高視聴率を保つ理由

永野芽郁(18)演じるヒロイン鈴愛が高度成長期から平成までを生き抜く、NHKの連続テレビ小説『半分、青い。』。目まぐるしい展開に一部では「ついていけない」と批判の声も出ているが、それでも連日、20%超えの高視聴率なのはなぜなのか。コラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんが解説する。 *** 「エ...
三浦&桐谷、吉田&内山…なぜ再び増えた? 大物俳優カップル

三浦&桐谷、吉田&内山…なぜ再び増えた? 大物俳優カップル

(全2枚) 芸能ニュースを騒がせる熱愛ネタ。昔は男女ともに人気俳優という組み合わせがワイドショーやスポーツ新聞の芸能面を飾ることが多かった。近年、その組み合わせが減っていたが…。最近になって、大物俳優同士のカップルが再び増えているという。コラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんがその背景につ...
「おっさんずラブ」LGBT関連の苦情がほぼないのはなぜ?

「おっさんずラブ」LGBT関連の苦情がほぼないのはなぜ?

おじさん同士の恋愛を描いたラブコメディドラマ『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)が好評だ。とくに女性から高い支持を集めているという。コラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんがその理由について解説する。 *** ネットのSNSから雑誌の識者コラムまで、各所で「今期No.1」という声を聞く『おっさんず...
「みなおか」終了後多くの番組で活躍の木梨憲武 「自由」な芸風に再注目

「みなおか」終了後多くの番組で活躍の木梨憲武 「自由」な芸風に再注目

とんねるず・木梨憲武(56)が勢いを見せている。『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)が3月で終了し、その後の活動が注目されていたが、多くのバラエティーや情報番組にゲスト出演する活躍ぶり。コラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんがノリさんの今と今後について解説する。 *** ...
アキラ100%が正月特番のトラウマで冷や汗 裸ネタ封印の可能性も

アキラ100%が正月特番のトラウマで冷や汗 裸ネタ封印の可能性も

裸ネタ芸人のアキラ100%(44)が20日、大阪市内のMBSで行われた笑いと音楽を融合した賞レース「歌ネタ王決定戦2018」(9月19日後8・00からオンエア)決勝進出者発表会見に参加。正月特番でやらかした“ポロリ”以来となる、生放送でのネタ披露になることについて「冷や汗が止まらない」と...
吉本坂46、第五次オーディション合格者80人を発表 最終審査の詳細明らかに

吉本坂46、第五次オーディション合格者80人を発表 最終審査の詳細明らかに

【吉本坂46/モデルプレス=8月7日】6日、秋元康氏がプロデュースするアイドルユニット「吉本坂46」の第五次オーディション合格者が発表された。 吉本坂46有力候補?自称「吉本の菜々緒」古川モカ、圧巻美ボディ&壮絶過去のギャップがすごい【注目の人物】 ◆第五次オーディション 第五次では「ダンス審査...
椿鬼奴が「徹子の部屋」で出した史上最速記録「思い出しても涙出そうに」

椿鬼奴が「徹子の部屋」で出した史上最速記録「思い出しても涙出そうに」

25日深夜放送の「LOVEMUSIC」(フジテレビ系)に、お笑い芸人の椿鬼奴がゲスト出演。40年以上続く長寿トーク番組「徹子の部屋」(テレビ朝日系)の、史上最速記録を出していたことを明かした。 この日、椿がトークゲストとして出演し思い出深い楽曲について語っていた。そこで椿は、ミュージシャン・福山雅治...
三浦大知が満島ひかりと18年ぶりにライブで共演 Folder曲を熱唱

三浦大知が満島ひかりと18年ぶりにライブで共演 Folder曲を熱唱

歌手・三浦大知(30)が15日、東京・日本武道館で自身最大規模の全国ツアー最終公演『DAICHIMIURABESTHITTOURin日本武道館』を開催した。昨年8月に迎えたデビュー20周年を締めくくる公演のサプライズゲストとして、1997年〜2000年まで活動したダンス&ボーカルグループ・Folder時代の盟友で女優の満島ひかり(...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net