芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

千鳥・ノブの評価が業界関係者の間で急上昇 争奪戦が開始か

千鳥・ノブの評価が業界関係者の間で急上昇 争奪戦が開始か

お笑いコンビ「千鳥」のノブ(37)の評価が、テレビ局関係者の間で急上昇している。「芸人司会者」として、ポジションを築いている有吉弘行(43)、「フットボールアワー」の後藤輝基(43)に次ぐ“第3の男”として、キー局で争奪戦が始まりそうだ。

ノブは相方の大悟(37)とともに「岡山弁漫才」で関西でブレーク。漫才日本一を決める「M―1グランプリ」でも決勝進出4回を誇り、2012年に東京進出したが、なかなか全国区でのブレークには至らなかった。

それでも「ここ最近、千鳥の評価が急上昇しています。個性の強い大悟の評価も高いが、それよりも『ノブの司会者としての実力がめきめきと上がっている』という声があちこちから聞こえますよ」とあるディレクターは明かす。

関東進出してから初の冠番組は東京キー局でなく、テレビ埼玉の「いろはに千鳥」というロケ番組だけで「そんなにキー局の“色”がついていない。有吉や後藤に比べて、お買い得という点でもノブは注目されている」(前出ディレクター)という。

ノブの実力が急上昇した理由について、お笑い事務所関係者は「お得意の『クセが強い!』というツッコミフレーズを意識的に出さないようにして、ほかのツッコミフレーズを考えている。それで視点も広がって、収録の場全体を落ち着いて見られるようになったのかもしれません。東京の収録スタイルに慣れてきた感じ」と指摘。あえて、自分に縛りをかけることでレベルアップした。

このお笑い関係者は「大悟も志村さんにお笑いの才能を認められて、よく飲みに連れて行ってもらっている。ノブと大悟が両方とも上り調子なので、年末ぐらいから一気にトップに駆け上がる可能性もある」という。ノブが名司会者の道を歩きそうだ。

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

渡辺直美、自身の英文ミスへの指摘に「ふざけんな!って」

渡辺直美、自身の英文ミスへの指摘に「ふざけんな!って」

ローラや水原希子らの面々を抑え、我が国の“インスタ女王”に君臨するのが、渡辺直美(30)である。日本を飛び越えワールドワイドな活躍を見せる人気者ゆえの苦労か。思わずこぼれた「ふざけんなよ」――。 *** 10月15日現在、渡辺のInstagramフォロワー数は約830万人。今年7月には、あのTIME誌が選ぶ「ネット...
菊地亜美が挙式・披露宴 スピーチで上京当時の思いを語り号泣

菊地亜美が挙式・披露宴 スピーチで上京当時の思いを語り号泣

元アイドリング!!!でタレントの菊地亜美(28)が14日、大阪市内で2月に結婚した5歳年上の一般男性と挙式・披露宴を行った。 元モーニング娘。の矢口真里(35)や小島瑠璃子(24)、とにかく明るい安村(36)、大川藍(25)ら約160人が出席。平成ノブシコブシの吉村崇(38)が乾杯のあ...
「世間がアホくさすぎる」坂口杏里さんが芸能界復帰への批判に反論

「世間がアホくさすぎる」坂口杏里さんが芸能界復帰への批判に反論

「ANRI」の芸名でセクシー女優としても活躍した元タレントの坂口杏里さん(27)が、芸能界復帰への思いを明かしたことで厳しい意見を浴び、「夢や目標を見る事はいけないことなんですか?」と反論した。 坂口さんは16年10月にタレントからセクシー女優に転身し、17年9月に芸能界引退を表明したが、5日に東京・...
元タレントの坂口杏里さん「芸能界に戻りたい」とSNSで訴える

元タレントの坂口杏里さん「芸能界に戻りたい」とSNSで訴える

「ANRI」の芸名で16年10月にセクシー女優としてデビューし、17年9月に芸能界引退を表明した元タレントの坂口杏里さん(27)が9日までにインスタグラムを更新。「芸能界に戻りたい」と訴えた。 坂口さんは今月5日、「平成ノブシコブシ」の徳井健太が都内で開いたトークライブに急きょ出演。そ...
スタッフ受けが抜群の広瀬アリス「出し惜しみをしない」

スタッフ受けが抜群の広瀬アリス「出し惜しみをしない」

 女優とモデル、2つの姿で戦う美女たちが増えている。広瀬アリス(23)もその1人だ。残暑が続く9月中旬、カメラの前に立つ広瀬を都心で発見した。 半袖シャツや半ズボンというスタッフに囲まれながら、一人秋らしい服装でカメラの前に立つ。この日はファッション撮影の仕事中だったのだ。 どんな天候の...
貴乃花引退で夫人にテレビ業界が注目「無限の可能性があります」

貴乃花引退で夫人にテレビ業界が注目「無限の可能性があります」

(全2枚) おかみさん“卒業”でラブコール殺到 貴乃花親方(46)の退職問題により、花田景子夫人(53)の注目度が一気に増している。民放キー局の関係者は「景子さん争奪戦の幕が開きました」と興奮を隠そうとしない。 *** マスコミの熱い視線は、スポーツ紙の報道からも伺える。各紙は9月30日、景子夫人が主...
多くの撮影で使用される創価大学 校舎のレイアウトが使いやすい

多くの撮影で使用される創価大学 校舎のレイアウトが使いやすい

NMB48の新曲「僕だって泣いちゃうよ」のミュージックビデオが9月25日にYouTubeで公開された。10月1日現在の再生回数は127万回と悪くないペースで、ファン目線では、卒業を発表している山本彩(25)の最後の楽曲というのが注目ポイントだとか。もっとも、別の視点からも、このMVは注目されていて……。 *** “...
吉澤ひとみ被告の「保釈の瞬間」を逃したTV局 無念そうなアナも

吉澤ひとみ被告の「保釈の瞬間」を逃したTV局 無念そうなアナも

吉澤ひとみ被告の保釈。民放キー局各局は、「その時」をとらえようと、吉澤被告が出てくる予定の警察署の職員用通用口とみられるドアやその周辺のアップを何度も生放送した。中には保釈の1時間30分以上前から、幾度となく署前の「LIVE」中継を流す局もあった。 そして、その瞬間が訪れた。吉澤被告がドアから...
元「世界のナベアツ」の桂三度がNHK新人落語大賞「やっとスタート」

元「世界のナベアツ」の桂三度がNHK新人落語大賞「やっとスタート」

NHK新人落語大賞が22日、都内で行われ、世界のナベアツとして人気を博し、落語家に転身した桂三度が大賞に輝いた。 三度は90年代に山下しげのりとのコンビ・ジャリズムとして人気を得たが、解散(後に再結成したが三度の落語家転身にともない再び解散)。渡辺あつむとして個人で放送作家やタレントとし...
転機を迎えても前向きに つんく♂の生き方に対して感動の声続々

転機を迎えても前向きに つんく♂の生き方に対して感動の声続々

最近、後藤真希のプチブレーク、吉澤ひとみ被告の芸能界引退などモーニング娘。の元メンバーの動きか慌ただしいが、実はこの人も、今、ある転機を迎えていた。 「人気プロデューサー・つんく♂が18日放送の『直撃!シンソウ坂上』(フジテレビ系)に出演。久々に近況を明かしたのですが、実は彼は今、家族でハワ...
のんが元所属先のレプロに謝罪 仕事の行き詰まりが理由か

のんが元所属先のレプロに謝罪 仕事の行き詰まりが理由か

所属事務所との独立騒動で芸名を「能年玲奈」から改名した女優のん(25)が、元所属先のレプロエンタテインメントに騒動の謝罪をした上で、再びマネジメントをしてくれるよう依頼していたことが18日、分かった。 レプロによると、今月上旬にのん自ら都内の事務所を訪問。「過去についての謝罪と、マネジ...
結果が伴わない吉岡里帆 主演女優から転落の危機か

結果が伴わない吉岡里帆 主演女優から転落の危機か

「オープニング土日の2日間で興行収入は5000万円に届かず、もちろん、トップ10圏外。映画会社がこれらの数字を公表していないことからも分かるように、上映館数200超の規模だけに大惨敗といえるでしょう」(映画興行関係者) 先週12日に公開されたばかりの映画「音量を上げろタコ!なに歌ってんの...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net