芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

篠田麻里子が水戸黄門で入浴シーン「温泉レポート?」と失望も

篠田麻里子が水戸黄門で入浴シーン「温泉レポート?」と失望も

元AKB48の篠田麻里子が、6年ぶりにBS-TBSで復活した時代劇『水戸黄門』11月8日放送の第6話から、くノ一役で出演することがわかった。由美かおるが演じた「かげろうお銀」を継ぐような役どころで、“お色気担当”として、お約束の入浴シーンにも挑戦している。

篠田は「(入浴は)特別なシーンでしたが、撮影を忘れるぐらい良いお湯でした」と語っているが、先ごろ公開された番宣用の入浴カットを見た黄門ファンの評判はイマイチ。「イメージじゃない!」「ノーサンキュー」「脱げばいいってもんじゃない」「由美かおる様をなめるな」といった拒否反応が、ネット上にあふれかえっている状況だ。

『水戸黄門』のくノ一といえば、1986年〜2010年まで由美がレギュラー出演し、入浴シーンが通算200回以上放送される番組の“名物”となっていた。テレビ誌ライターが言う。

「終盤に印籠を出すところと並んで、瞬間的に視聴率がアップするほど注目度の高いシーンでした。03年にはフィギュアまで発売されたほどです。そんな由美に比べて、168センチの長身に加え、31歳という年齢のわりに子どもっぽい篠田の見た目は、正直、時代劇にはそぐわない。由美には老若男女問わず思わず見とれてしまう魔性の色気があり、時代劇ならではの空気感も漂っていました。対して、篠田の入浴姿はただの温泉リポートにしか見えず、普通にお風呂でくつろいでいる雰囲気で、番組のグレードがBSに格下げされた感がアリアリです」

さらに別のテレビ誌ライターは「そもそも由美には“正統後継者”がいたはずなのに……」と言って、こう続ける。

「10年放送の第41部を最後に降板した由美ですが、実質的後継者としては、第42部から雛形あきこが別のキャラクターとして出演していました。しかし、翌年に番組自体が終了したことで、雛形が出演したのは1年ほど。番組スタッフからは“黒歴史”扱いされてしまったようです。もっとも、その雛形にしても小池栄子にオファーして断られてお鉢が回ってきたもので、そんな事情を知っているコアなファンからは、『篠田ではなく小池がよかったのに』という声も聞こえてきます」

AKB卒業後は人気が急激に失速した感のある篠田だが、はたして時代劇に活路を見いだすことができるのだろうか。

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

「水戸黄門」篠田麻里子の入浴シーン 由美かおるらとの決定的な違いを指摘

「水戸黄門」篠田麻里子の入浴シーン 由美かおるらとの決定的な違いを指摘

6年ぶりに復活した国民的時代劇『水戸黄門』(BS-TBS・毎週水曜19時〜)。同作でおなじみとなっているのが、くノ一の入浴シーンだ。由美かおるが演じてきたことで知られるが、今作で挑戦したのは篠田麻里子(31才)。どんな入浴シーンを演じたのか?時代劇研究家でコラムニストのペリー荻野さんが、由美らとの...
久本雅美のモテモテ時代 元同居人が暴露「プロサーファーと交際」

久本雅美のモテモテ時代 元同居人が暴露「プロサーファーと交際」

9日に放送されたTBS系「ビビット」(月〜金、朝8時)の中で、久本雅美の恋愛エピソードが、かつての同居男性から赤裸々暴露された。 先週から新たに始まった密着ドキュメント「私が結婚しないワケ」。第一弾は女優・由美かおる(66歳)に直撃し、今回第二弾として59歳の久本雅美が選ばれた。 そんな彼女の若...
「水戸黄門」入浴シーンの秘話 由美かおるが明かす

「水戸黄門」入浴シーンの秘話 由美かおるが明かす

女優の由美かおる(66)が12日放送のTBS系「サワコの朝」(土曜前7・30)に出演。レギュラー出演していた人気時代劇「水戸黄門」シリーズでの入浴シーンの裏話を明かした。 35歳の時から23年間、同ドラマに女忍者役として出演。お色気たっぷりの役どころだったが、自身は色気というより「竹を...
AKB卒業生たちの現在 前田敦子は密着番組で好感度アップ

AKB卒業生たちの現在 前田敦子は密着番組で好感度アップ

5日放送「セブンルール」(フジテレビ系)で元AKB48の前田敦子(26)に密着。3カ月間にわたって彼女に密着し、「せっかく密着してもらうんだったらウソの自分はいらない」と飾らない姿は視聴者の共感を呼んだ。 現在、月9「民衆の敵〜世の中、おかしくないですか!?」(フジ系)に出演、元グラドル...
篠原涼子 主演ドラマの役柄のミスマッチで米倉涼子と明暗か

篠原涼子 主演ドラマの役柄のミスマッチで米倉涼子と明暗か

ドラマは視聴率で成績が出るシビアな世界。秋ドラマも最終的な採点段階に入った。主演女優で見ると、今年も毎週20%を超える数字を記録し続ける米倉涼子(42)の「ドクターX」の独り勝ちは確実。現代版「水戸黄門」と呼ばれ、医療界の勧善懲悪ドラマはすっかり茶の間に定着した。 ワンパターンでも黄門様...
ドラマにおける“決め台詞”の再評価 SNSの盛り上がりもカギに

ドラマにおける“決め台詞”の再評価 SNSの盛り上がりもカギに

今期ドラマで盤石の強さを誇っているのは、言わずと知れた『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』(テレビ朝日系)。劇中に毎回登場する主人公の大門(米倉涼子)が放つ「私失敗しないので」や、名医紹介人の神原(岸部一徳)が「メロンです。請求書です」など、“決め台詞”も人気の要因のひとつ。『水戸黄門』を...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net