芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

交通事故を起こした土田晃之 普段の辛口コメントが仇となり批判が噴出?

交通事故を起こした土田晃之 普段の辛口コメントが仇となり批判が噴出?

お笑いタレントの土田晃之の評判がダダ下がりだ。13日にクルマで衝突事故を起こした土田だが、この事故をキッカケに猛バッシングが起きている。

「運転中にUターンしようとして、対向車と衝突事故を起こしたことから、ネット上ではかつて組んでいたコンビの『U-turn』に引っかけて、『体を張ったギャグかよ』などと茶化す声もありますが、日ごろは他人の不祥事に対して厳しいコメントを連発している土田に対して、『自分はどうなんだ?』という厳しい批判が相次いでいます」(芸能記者)

最近の土田といえばお笑いタレントとしてよりも、最近はレギュラー出演する『バイキング』(フジテレビ系)などで連発する辛口のコメントでお馴染み。事故を起こした13日に出演した同番組でも、覚せい剤取締法違反で逮捕された清水良太郎容疑者について「29歳にもなって本当にクソ野郎」などと罵っていた。

「これまでにも、現場や視聴者からは『偉そう』『何様なんだ』といった声が相次いでいました。特に現場からの評判は最悪です。3月まで出演していた『直撃LIVEグッディ!』(フジテレビ系)では、歌手の森進一へフジテレビが強引な突撃取材を行った同番組スタッフに対し、『本当にクソみたいだね』と批判。また、『ノンストップ』(同)について『クソみたいなVTR作りやがって』などと、自身のラジオ番組でキレる始末。こうした相次ぐ番組やスタッフへの批判に、現場では土田を起用したくない雰囲気が醸成されつつあります。今回の事故に、心の中でガッツポーズをしているTVマンも多いのでは(笑)」(同)

辛口コメントもさることながら、お笑いタレントとしての評価も芳しくない。ハライチの澤部佑とコンビでMCを務める欅坂46の冠番組『欅って、書けない?』(テレビ東京系)では、土田のトークがつまらなすぎて欅坂メンバーの魅力を引き出せていないとの声がもっぱら。

「番組内で昔のプロレスラーなどのたとえやボケを連発するのですが、若い世代のメンバーたちは何のことかわからず置いてけぼりにされ、微妙な空気が漂うことがあります。我々からすると、あんなどうでもいいボケはカットすればいいのに、なぜ番組スタッフは拾ってオンエアに乗せるのか不思議に思いますよ。同じ坂道グループの乃木坂46の冠番組『乃木坂工事中』(同)で絶妙なMCぶりを見せるバナナマンに比べて、トーク力や笑いのセンスで数段劣ります。『アメトーーク!』(テレビ朝日系)などで“デキるひな壇芸人”を自認してきた土田ですが、底が見えた感じです。まあ、本人もそれを自覚しているからこそ、ことさら過激な物言いで注目を集め、お笑いタレントから辛口コメンテーターへの転向を図ろうとしているのかもしれませんね」(同)

20日放送の『バイキング』では当然、司会の坂上忍から今回の事故についてコメントを求められるはず。その際、“他人に厳しく自分に甘い”というイメージを視聴者に与えてしまうようでは、お笑いもダメ、コメンテーターもダメということになりかねない。

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

ニュース番組に出演する芸能人 厚みも信頼感もないと放送Pが苦言

ニュース番組に出演する芸能人 厚みも信頼感もないと放送Pが苦言

杉江義浩(ジャーナリスト、放送プロデューサー) 最近はテレビのワイドショーや報道番組に、ジャニーズをはじめ、たくさんの芸能人が出ています。番組に出演させるのはいいけれど、ニュースを扱う場合に、彼ら芸能人の立ち位置を間違えると、番組自体が大変なことになってしまいます。さらに言えば番組自体と...
中山秀征と今田耕司の確執 番組への考え方から10数年「共演NG」

中山秀征と今田耕司の確執 番組への考え方から10数年「共演NG」

タレントの中山秀征(51)が11日放送の関西テレビ「おかべろ」(土曜後2・27)に出演。お笑いタレントの今田耕司との10数年にわたった確執の真相と、和解までの経緯について明かした。 1993年に放送された深夜番組「殿様のフェロモン」(フジテレビ系)でダブルMCを務めた2人。しかし、スタ...
「俺はもう終わっている」明石家さんまの「死後硬直」発言の真意

「俺はもう終わっている」明石家さんまの「死後硬直」発言の真意

お笑いタレントの明石家さんま(63)が、11日に放送されたMBSラジオの番組『ヤングタウン土曜日』(毎週土曜22:00〜)で、今は“死後硬直”状態だと別のラジオ番組で発言したことについて真意を語った。 さんまは、5日に放送されたTOKYOFM『木村拓哉FLOWsupportedbyGYAO!』にゲスト出演した際、芸能界を引退すると...
「死後硬直が続いている」明石家さんまが還暦で引退しなかった理由

「死後硬直が続いている」明石家さんまが還暦で引退しなかった理由

俳優の木村拓哉(45)がパーソナリティーを務めるTOKYOFMの新番組「木村拓哉FLOW」(日曜前11・30)が5日スタートした。木村は「皆さんこんにちは、木村拓哉です」と第一声。続けて「『FLOW』とは、サーフィンにまつわる単語で“しなやかに波に乗る”というような意味」と番組名の由来を...
二世タレント100人のギャラを徹底調査 勝ち組代表格は?

二世タレント100人のギャラを徹底調査 勝ち組代表格は?

「覚せい剤取締法違反容疑で逮捕された清水良太郎容疑者(29)のバラエティ出演料は10万円だった。今年初めの“裏カジノ通い”発覚と今回の逮捕で、地上波への復帰は絶望的。父・清水アキラ(63)とのものまね営業で食っていくしかない」(民放スタッフ) 何かと注目される二世タレント。本誌は100人のギャラ(...
宮根誠司 父親が逮捕された浅野忠信を擁護「謝らなくてもいいんじゃ」

宮根誠司 父親が逮捕された浅野忠信を擁護「謝らなくてもいいんじゃ」

5日放送の「情報ライブミヤネ屋」(日本テレビ系)で、MCの宮根誠司が、父親が逮捕された俳優・浅野忠信を擁護した。 オープニングでは、浅野の父親で所属事務所の社長である佐藤幸久容疑者が、覚せい剤取締法違反の疑いで逮捕された話題を取り上げた。 この話題で宮根は、タレントの清水良太郎被告が同容疑...
紅蘭が同棲相手の覚せい剤使用による逮捕歴を告白 坂上忍は渋い顔

紅蘭が同棲相手の覚せい剤使用による逮捕歴を告白 坂上忍は渋い顔

2日放送の『バイキング』(フジテレビ)では、同棲中の交際相手が覚せい剤使用で逮捕・服役した過去を明かした紅蘭について特集。スタジオが激論を繰り広げた。 紅蘭は、1日発売の「週刊新潮」で同棲と、交際相手の覚せい剤での逮捕歴を告白。番組では連日、覚せい剤使用で勾留中のタレント・清水アキラの長男...
松嶋尚美 良太郎被告の保釈を認めなかった清水アキラの決断を称賛

松嶋尚美 良太郎被告の保釈を認めなかった清水アキラの決断を称賛

1日放送の「バイキング」(フジテレビ系)で、松嶋尚美が、清水アキラが息子である清水良太郎被告にみせた対応に感激していた。 番組では、アキラが10月31日に良太郎被告に面会した話題を、VTRを交えながら伝えていた。良太郎被告は10月27日に覚せい剤取締法違反(使用)の罪で起訴され、警察署に勾留されてい...
ASKAの「築24年4億円」の自宅 買い手が見つからないまま1年以上

ASKAの「築24年4億円」の自宅 買い手が見つからないまま1年以上

「今年の11月5日から、東京国際フォーラムでの公演を皮切りに、全国8都市10公演の全国ツアーを開催します。オーケストラとの共演となりますが、自身のソロ曲やCHAGEandASKA時代の曲も歌いますよ」(スポーツ紙記者) 【写真】豪華すぎる自宅の一部、地下の音楽スタジオほか 7月21日に、ASKAが5年ぶりに全国ツ...
逮捕から9年 酒井法子は築40年以上の古屋で息子とつつましい生活

逮捕から9年 酒井法子は築40年以上の古屋で息子とつつましい生活

すそに大きなフリルがあしらわれた黒いミニワンピは膝上丈で、足元は10cmヒール。アラフィフには若々しいファッションを違和感なく着こなしているのは、酒井法子(47才)だ。7月18日、華やかな出で立ちで向かう先は、都内の住宅街の一角にある築40年以上の年季の入った古屋。外壁には雑草が張り付き、日光で所...
田代まさし氏のマーシーズが復刻「薬やろうと思うくらい大変」

田代まさし氏のマーシーズが復刻「薬やろうと思うくらい大変」

覚せい剤取締法違反などで4度の逮捕、2度の服役生活を送り、現在は民間の薬物依存リハビリ施設『ダルク』のスタッフ、貿易関係の事業を手がける株式会社GRの広報としても勤務している田代まさし氏。今回は、徐々に音楽活動を再開している様子の田代氏を直撃した。タレント活動をしていた印象も強い彼だが、も...
出所4年で芸能活動を実施の田代まさし氏 「少し早いかなとも思った」

出所4年で芸能活動を実施の田代まさし氏 「少し早いかなとも思った」

元タレントの田代まさし氏(61)が、アイドルグループのミュージックビデオに出演したことを報告した。 田代氏は25日、ツイッターで「ご報告です!ご縁がありまして、この度地下アイドルグループのTHEBANANAMONKEYSのMVに出ました」と報告した。 覚せい剤取締法違反の刑期を終え14年...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net