芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

フジテレビの救世主は女子アナ?期待される久慈暁子アナ

フジテレビの救世主は女子アナ?期待される久慈暁子アナ

いつの時代も脚光を浴びるテレビ各局の女性アナウンサーたちだが、どのようにして今日のような地位を確立していったのか。

1980年代は、フジテレビ入社2年目で『プロ野球ニュース』を担当、月9ドラマ『同・級・生』にもレギュラー出演した中井美穂アナが女子アナの「タレント化」を決定づけた。その後もフジテレビに有賀さつきアナ、河野景子アナ、八木亜希子アナの“花の三人組”が入社するなど、その流れは加速する。

そして、2000年代に突入し、女子アナはテレビ番組の視聴率を支える存在に成長する。女子アナウォッチャーの丸山大次郎氏が解説する。

「特筆すべきは2002年から当時共同テレビに所属していた滝川クリステルアナを起用したフジの『ニュースJAPAN』。滝クリ最大の魅力である斜め45度のカメラアングルをプッシュすることで男性視聴者を獲得しました。

また、2011年に始まった日テレの『ヒルナンデス!!』で水卜麻美アナが大食い&いじられキャラを定着させたのも大きい。彼女はそれまで知性派志向だった日テレの女子アナイメージをも変え、女子アナ=いじられるという構図を生み出し、番組全体を盛り上げる役割を担った。フジの山崎夕貴アナも同じジャンルです」(以下同)

一方で、若手アナの知名度を一挙に高める番組も登場した。

「2000年に当時フジの新人だった千野志麻アナによる冠番組『チノパン』にはじまり、2001年入社の高島彩アナ司会の『アヤパン』などの『○○パン』シリーズはフジのイチ押し新人アナの個性がそのまま放送に反映され、視聴者に認知される構成でアイドルアナ育成に一役買っていました。

また、フジの中野美奈子アナが下ネタを連発することで人気を集めた音楽番組『音箱登竜門』なども印象的でした。このほか、テレ東の大橋未歩アナが女性の過激な性問題をテーマに取り上げた『極嬢ヂカラ』、女子アナ同士が熾烈なバトルを繰り広げたTBS『女子アナの罰』なども女子アナ主役の番組といえます」

しかし、なぜ男たちはこうも女子アナに魅了されるのか。

「1991年にフジに入社した中村江里子アナのように家柄の良い女性や、元TBSの青木裕子アナやテレ朝の竹内由恵アナら『ミス慶應』などに代表される容姿端麗でハイスペックな女性が毎年入社してくるため非常に新陳代謝が良く、『新人を楽しむ』文化が根付いたことが大きい。あくまで会社員というポジションも、身近な魅力を生み出しているのでしょう」

では今後、丸山氏が期待する女子アナは誰か。

「ダントツでフジの久慈暁子アナですね。アイドルにも劣らないルックスに、芸能活動で培った対応力は久々にアイドルアナの王道。視聴率低迷が叫ばれるフジの救世主は、やっぱり女子アナなのではないでしょうか」

■取材・文/河合桃子、写真/ロケットパンチ

※週刊ポスト2017年10月27日号

関連芸能ニュース

元アナでフラワースタイリストの前田有紀さん テレ朝内から惜しむ声も

元アナでフラワースタイリストの前田有紀さん テレ朝内から惜しむ声も

テレビ朝日の元アナウンサーで、フラワースタイリストの前田有紀さん(37)が19日、東京ドームで行われた「世界らん展日本大賞2018」に出席した。人気アナの座を捨て異業種に転身した異色の存在。いまだテレ朝内からは「もったいない」との惜しむ声も多いが…。 前田さんはテレ朝時代に情報番組やバラ...
平昌五輪の取材「女子アナ1人」で臨むテレ東に男性視聴者から不満の声も

平昌五輪の取材「女子アナ1人」で臨むテレ東に男性視聴者から不満の声も

平昌五輪では、送り込まれた女子アナたちも「過酷な戦い」を強いられている。民放では、カトパンこと加藤綾子(32)が古巣・フジテレビのメインキャスターを務める。 「本人の思い入れが強いのはフィギュアスケート取材でしょう。昨年8月にカナダで練習中の羽生結弦選手の取材に向かったときは、“カトパンなら...
極寒でも求められる「女子アナ感」上村彩子アナの平昌での過酷取材

極寒でも求められる「女子アナ感」上村彩子アナの平昌での過酷取材

スキー・ジャンプ女子の高梨沙羅(21)が銅メダルを獲得した2月12日。ジャンプ台のある平昌の会場の気温はマイナス13℃まで冷え込んだ。韓国語で「カルバラム(刀の風)」と称される、身を切るような冷たい風が容赦なく吹きつけ、マイナス20℃を超える日もある。 そんな極寒の会場で、吹きさらしのスタンドにはT...
高須院長が女子アナの顔を分析 水卜麻美アナは「基本的な愛され顔」

高須院長が女子アナの顔を分析 水卜麻美アナは「基本的な愛され顔」

朝の顔として全国のお茶の間に笑顔を届けてきた有働由美子アナ(48)が、3月いっぱいでNHK『あさイチ』を卒業することが発表され、惜しむ声が多数上がっている。 また、フジテレビで報道系アナウンサーとして人気の秋元優里アナ(34)は『週刊文春』で不倫疑惑を報道され、出演を見合わせていた報道番組を3月...
久慈暁子アナが「クジパン」の愛称獲得も…フジのエース争いに異変か

久慈暁子アナが「クジパン」の愛称獲得も…フジのエース争いに異変か

10月の番組改編を目前に控え、各局の女子アナたちの動きが慌ただしくなってきた。フジテレビでは、9月いっぱいでの打ち切りが決まった『ユアタイム』の後番組キャスターに椿原慶子アナ(31)が起用される。 「椿原はずっと同期で現在フリーのカトパン(加藤綾子・32)の陰に隠れてきましたが、報道一筋で、実...
木村拓哉&山口智子 ドラマ「BG」現場でロンバケの名シーン再現か

木村拓哉&山口智子 ドラマ「BG」現場でロンバケの名シーン再現か

「1月に放送が始まる前から、大物女優が木村さんの元妻役として出演するといわれていました。業界の噂では『HERO』や『ラブジェネレーション』、『ロングバケーション』(いずれもフジテレビ系)で共演した松たか子さん(40才)じゃないかと。でも、まさか、そうきたか、と驚きました」(スポーツ紙記者) 木...
大杉漣さんの訃報に笠井信輔アナ「バイプレイヤーズそのもの、最終回」

大杉漣さんの訃報に笠井信輔アナ「バイプレイヤーズそのもの、最終回」

22日放送のフジテレビ系「とくダネ!」(月〜金曜・前8時)で映画「ソナチネ」「HANA―BI」などに出演し、ドラマやバラエティーでも親しまれた俳優の大杉漣(おおすぎ・れん、本名・大杉孝=おおすぎ・たかし)さんの訃報を特集した。 大杉さんは、20日、千葉県内で行われた出演中の同局系連続ドラ...
テレ朝が「相棒」の再放送をやめられない訳 視聴率が本放送を上回ることも

テレ朝が「相棒」の再放送をやめられない訳 視聴率が本放送を上回ることも

テレビ朝日失速――。2017年の年間視聴率は日本テレビが4年連続の三冠王であることは報じられているが、かつてその日テレとトップ争いを演じたテレ朝が徐々に失速。いまやTBSに追い抜かれようとしている。 *** 年間視聴率3冠といえば、その昔はフジテレビだった。そもそも全日帯(6時〜24時)、ゴールデン帯...
江頭2:50が「みなおか」で業界ルールを破る?フライング発表に疑問の声も

江頭2:50が「みなおか」で業界ルールを破る?フライング発表に疑問の声も

タレント・芸人の江頭2:50が2月15日放送の『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)に出演し、収録中に発した一言が話題になっている。 この日の『みなさんのおかげでした』は無駄な特技を披露する人気コーナー『ムダ・ベストテン』の最終回である『ムダ・ベストテンFINAL』。江頭は1位として登...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net