芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

フジテレビの救世主は女子アナ?期待される久慈暁子アナ

フジテレビの救世主は女子アナ?期待される久慈暁子アナ

いつの時代も脚光を浴びるテレビ各局の女性アナウンサーたちだが、どのようにして今日のような地位を確立していったのか。

1980年代は、フジテレビ入社2年目で『プロ野球ニュース』を担当、月9ドラマ『同・級・生』にもレギュラー出演した中井美穂アナが女子アナの「タレント化」を決定づけた。その後もフジテレビに有賀さつきアナ、河野景子アナ、八木亜希子アナの“花の三人組”が入社するなど、その流れは加速する。

そして、2000年代に突入し、女子アナはテレビ番組の視聴率を支える存在に成長する。女子アナウォッチャーの丸山大次郎氏が解説する。

「特筆すべきは2002年から当時共同テレビに所属していた滝川クリステルアナを起用したフジの『ニュースJAPAN』。滝クリ最大の魅力である斜め45度のカメラアングルをプッシュすることで男性視聴者を獲得しました。

また、2011年に始まった日テレの『ヒルナンデス!!』で水卜麻美アナが大食い&いじられキャラを定着させたのも大きい。彼女はそれまで知性派志向だった日テレの女子アナイメージをも変え、女子アナ=いじられるという構図を生み出し、番組全体を盛り上げる役割を担った。フジの山崎夕貴アナも同じジャンルです」(以下同)

一方で、若手アナの知名度を一挙に高める番組も登場した。

「2000年に当時フジの新人だった千野志麻アナによる冠番組『チノパン』にはじまり、2001年入社の高島彩アナ司会の『アヤパン』などの『○○パン』シリーズはフジのイチ押し新人アナの個性がそのまま放送に反映され、視聴者に認知される構成でアイドルアナ育成に一役買っていました。

また、フジの中野美奈子アナが下ネタを連発することで人気を集めた音楽番組『音箱登竜門』なども印象的でした。このほか、テレ東の大橋未歩アナが女性の過激な性問題をテーマに取り上げた『極嬢ヂカラ』、女子アナ同士が熾烈なバトルを繰り広げたTBS『女子アナの罰』なども女子アナ主役の番組といえます」

しかし、なぜ男たちはこうも女子アナに魅了されるのか。

「1991年にフジに入社した中村江里子アナのように家柄の良い女性や、元TBSの青木裕子アナやテレ朝の竹内由恵アナら『ミス慶應』などに代表される容姿端麗でハイスペックな女性が毎年入社してくるため非常に新陳代謝が良く、『新人を楽しむ』文化が根付いたことが大きい。あくまで会社員というポジションも、身近な魅力を生み出しているのでしょう」

では今後、丸山氏が期待する女子アナは誰か。

「ダントツでフジの久慈暁子アナですね。アイドルにも劣らないルックスに、芸能活動で培った対応力は久々にアイドルアナの王道。視聴率低迷が叫ばれるフジの救世主は、やっぱり女子アナなのではないでしょうか」

■取材・文/河合桃子、写真/ロケットパンチ

※週刊ポスト2017年10月27日号

関連芸能ニュース

山口達也氏のわいせつ事件 キャバ嬢が遭遇した3年前の「予兆」

山口達也氏のわいせつ事件 キャバ嬢が遭遇した3年前の「予兆」

(全2枚) 強制わいせつで書類送検 朝の情報番組の出演を終え自宅マンションへ。手にしているのはコンビニで購入した弁当だ その日、『TOKIO』の山口達也(46)は『ZIP!』(日本テレビ系)の出演を終えると、ジャニーズ事務所の送迎車に乗り込み、都心にそびえたつ高級タワーマンション近くに送り届けられた。 黒...
番組中に指カンチョーも 実は壮絶な人生を送っていた寺田理恵子

番組中に指カンチョーも 実は壮絶な人生を送っていた寺田理恵子

(全6枚) 『オレたちひょうきん族』の「ひょうきんベストテン」サブ司会をつとめ、アイドル女子アナの先駆けとして人気を博した寺田理恵子さん。天性の明るさとさわやかな笑顔が印象的だが、実は壮絶な人生を送っていた。 1980年代 ◆寺田理恵子、『オレたちひょうきん族』で泣かされて… -寺田さんというと、...
不倫報道の田中萌アナがネットのニュース番組に 地上波も近い?

不倫報道の田中萌アナがネットのニュース番組に 地上波も近い?

女子アナに不倫は禁物。 プロデューサーとの不倫の末、2年前から夫の生田竜聖アナ(29)と別居していたフジテレビの秋元優里アナ(34)は、5月2日に離婚を発表した。秋元アナは、現在、提供スポンサーの名前を読む仕事しかしておらず、アナウンス室で完全に干されているという。 テレビ朝日にも2年前の暮れ、...
解禁前にSNSに情報投稿 素人エキストラの撮影参加でトラブル増加か

解禁前にSNSに情報投稿 素人エキストラの撮影参加でトラブル増加か

連載スタッフは見た!週刊「テレビのウラ側」InsidestoryofTelevision第21回 都内でドラマの撮影を行う坂口健太郎。ボランティア・エキストラの増加にともない、不審者が現場に紛れ込む等のトラブルが散見されるようになった特番で人気を博したテレビ東京の『緊急SOS!池の水ぜんぶ抜く大作戦』が、今春から...
久慈暁子アナが「クジパン」の愛称獲得も…フジのエース争いに異変か

久慈暁子アナが「クジパン」の愛称獲得も…フジのエース争いに異変か

10月の番組改編を目前に控え、各局の女子アナたちの動きが慌ただしくなってきた。フジテレビでは、9月いっぱいでの打ち切りが決まった『ユアタイム』の後番組キャスターに椿原慶子アナ(31)が起用される。 「椿原はずっと同期で現在フリーのカトパン(加藤綾子・32)の陰に隠れてきましたが、報道一筋で、実...
古市憲寿氏は「イマジナリーフレンドと話す」毎夜の習慣に驚きの声

古市憲寿氏は「イマジナリーフレンドと話す」毎夜の習慣に驚きの声

就寝前に「イマジナリーフレンドとしゃべっている」――。社会学者の古市憲寿さんが2018年5月20日放送の「ワイドナショー」(フジテレビ系)でそう語り、番組の共演者から驚きの声が続出した。 古市さんは「え?そんなにヤバいことなの?」と戸惑い気味だったが、ネット上には「ふつうにいるよ」など共感の声も...
松本人志が西城秀樹さんを悼む「ギャランドゥを歌ってくれた」

松本人志が西城秀樹さんを悼む「ギャランドゥを歌ってくれた」

ダウンタウンの松本人志が20日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」で、16日に63歳の若さで死去した歌手の西城秀樹さんを悼んだ。 西城さんは松本にとって「一番最初のアイドル」だったという。 番組での共演経験もあり、「僕すごい記憶にあるのは、西城さんが、僕らがまだ若い時に特番に出てもらっ...
「お金もなかったのに…」森三中が品川祐から受けた仕打ち

「お金もなかったのに…」森三中が品川祐から受けた仕打ち

5月19日放送の「さんまのお笑い向上委員会」(フジテレビ系)に、ゲストとして、前回から引き続いて品川庄司と相方の問題で荒んだ日々を過ごすインパルス・板倉俊之が登場。「品川庄司ほど頑張っている芸人はいない!」と豪語する中、森三中が、過去品川から受けたひどい仕打ちを告白した。 嫌われキャラ品川祐...
「ケイスケ・ホンダ」発言 松本人志が本田圭佑の胸中を推察

「ケイスケ・ホンダ」発言 松本人志が本田圭佑の胸中を推察

「ダウンタウン」の松本人志(54)が20日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」(日曜・前10時)で、サッカー日本代表の本田圭佑(31)が出演した14日放送のNHK総合「プロフェッショナル仕事の流儀ラストミッション本田圭佑のすべて」を見た印象を明かした。 松本は「本田圭佑選手のプロフェッ...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net