芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

休まず事務所の稼ぎ頭として働く新垣結衣 優等生としての反動は大丈夫?

公開前にして「ヒット確実」をモノにした。新垣結衣(29)と瑛太(34)のダブル主演作「ミックス。」(21日公開、東宝系)の前売り券の売れ行きが絶好調だという。

興収関係者の話。

「前週対比で129%。ミックスはフジテレビと東宝の共同製作ですが、同様に綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すずを起用した『海街diary』(2015年)と比較しても140%強の売れ行きを見せています」

この数字について、映画ジャーナリストの大高宏雄氏は「前売りの動向は選挙と同じ。公開日に向け右肩上がりの伸びを見せるのは作品の勢いそのものを表している。劇場の予告編も観客のリアクションもすこぶる良く、期待が持てる」と分析する。

■所属事務所の貴重な“無傷女優”

卓球の男女混合ダブルスペアで全国制覇を狙い獅子奮迅する姿を描いたロマンチックラブコメディー。コメディエンヌの本領発揮となる作品だが、かくも注目度が高まる理由は人気絶頂のガッキー効果に他ならない。宣伝要員としてメディアにも出まくり、今週のテレビ出演だけでも10本超と引っ張りだこだ。16年10月期クールの「逃げるは恥だが役に立つ」(TBS系)の大ヒット以降、昨年末はNHK紅白にも駆り出され、映画の撮影、連ドラ出演などこの1年、休む間もなく働きづめ。

パンクしないか心配にもなるが、「それでも当面はこのままでしょう。事務所の後輩で期待されていた能年玲奈と清水富美加が立て続けに離脱して以降、新垣に仕事が集中。おまけに、マギーに続き川島海荷まで不倫疑惑が報じられ、いまだに無傷なのは新垣ぐらい。名実ともに事務所の稼ぎ頭。休ませたくても休ませられないというのが現状でしょう」(芸能リポーター)。

15日放送の「ボクらの時代」(フジテレビ系)では、バツイチ再婚で3児の母である広末涼子(37)から、「もうちょっとしたらこっちにおいで。事務所に怒られちゃうかもしれないけど(笑い)」と結婚&出産のススメを受けていたガッキー。

これまでは仕事の忙しさでモチベーションを保ってきたが、「いつかは、そっちにいきたい」と願望もちらり。優等生で責任感の強さは業界でも知られているから、武井咲(23)のように事務所を困らせるようなことはなさそうだが……。

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

「IT」2000年以降ホラー映画の最高興収も 怖さと驚きの共有が要因か

「IT」2000年以降ホラー映画の最高興収も 怖さと驚きの共有が要因か

スティーヴン・キングの小説を原作にするホラー映画『IT/イット“それ”が見えたら、終わり。』が予想外の興行となり、映画界を驚かせている。 【写真】見えてしまった“IT/イット”の顔 ◆2000年以降ホラー映画の最高興収になる可能性 11月3日(金・祝)に封切られると公開3日間で興収2.8億円を超える大ヒッ...
宮崎駿監督が引退撤回?「君の名は。」や「この世界の片隅に」が誘発か

宮崎駿監督が引退撤回?「君の名は。」や「この世界の片隅に」が誘発か

映画業界に限らず、世間の大多数が「やっぱり」と感じたはずだ。アニメ界の巨匠、宮崎駿監督(76)の引退撤回が報じられた件。スタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサー(68)が23日(日本時間24日)、米ロサンゼルスで開かれたイベントで、「(宮崎監督は)今も一生懸命、作っています」と新作長編の...
インパルスの板倉俊之 出版した本の印税は「コンビニ時給より安い」

インパルスの板倉俊之 出版した本の印税は「コンビニ時給より安い」

(全2枚) 芸人ならではのハンデ 諸般の事情もあって、「インパルスの〜」というよりも「小説家の〜」という紹介も増えてきた板倉俊之さん(40)。1月は、『蟻地獄』が文庫化され、さらに先月には4作目となる書下ろしミステリー『月の炎』も刊行されたばかり。過去の作品は玄人筋からも高い評価を得ており、人気...
薬丸裕英は6年前から「別居生活」 毎週、妻に会うためにハワイへ

薬丸裕英は6年前から「別居生活」 毎週、妻に会うためにハワイへ

毎週木曜の朝、普段より少し多めの荷物を抱えた薬丸裕英(52才)は、9時28分スタートの情報番組『生活情報マーケットなないろ日和!』(テレビ東京)の出演に間に合うよう余裕をもって自宅を出る。 11時過ぎに収録が終わると、スタジオのある東京・品川からお台場へ直行。11時55分スタートのバラエティー番組...
「紅白」福山雅治の曲紹介時にライブ視聴率が低下 人気低迷が露呈か

「紅白」福山雅治の曲紹介時にライブ視聴率が低下 人気低迷が露呈か

安室奈美恵の歌唱時に48.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)の瞬間最高視聴率を記録したことが話題となった昨年の『第68回NHK紅白歌合戦』だが、発売中の「FLASH」(光文社)が秒単位の視聴率グラフを掲載。福山雅治による中継の“不発ぶり”が浮き彫りになってしまった。 同誌がグラフに起こしたのは、東芝映...
有安杏果の卒業を受け勝負に出たももクロ 4人の今後を握る東京D公演

有安杏果の卒業を受け勝負に出たももクロ 4人の今後を握る東京D公演

アイドルグループ・ももいろクローバーZの有安杏果が21日、千葉・幕張メッセで開催されたラストライブで卒業し、残りのメンバー4人で5月23日に東京ドームで10周年記念ライブを開催することが発表されたことを、各メディアが報じている。 報道をまとめると、同公演は15日に急きょ発表されたにもかかわらず、同...
ベテランカメラマンを戸惑わせた斉藤由貴の魔性「キスするのかと思ったよ」

ベテランカメラマンを戸惑わせた斉藤由貴の魔性「キスするのかと思ったよ」

妖艶―。男心をくすぐる、なまめかしい女性の美しさを現す言葉。そんな二文字にピッタリの存在が視線の5メートル先にいた。 8日、東京・内幸町のイイノホールで行われた「第60回(2017年度)ブルーリボン賞」授賞式。東京映画記者会(報知新聞社など在京7紙)が主催する伝統の映画賞に約80人の取材...
「ブルーリボン賞」の主演女優賞に新垣結衣 新人賞から10年

「ブルーリボン賞」の主演女優賞に新垣結衣 新人賞から10年

東京映画記者会(報知新聞社など在京7紙)が主催する「第60回(2017年度)ブルーリボン賞」が23日、決まった。作品賞は報知映画賞と同じく「あゝ、荒野」(岸善幸監督)で、ユースケ・サンタマリア(46)が助演男優賞に輝き2冠。助演女優賞は「三度目の殺人」(是枝裕和監督)の斉藤由貴(51)...
平祐奈、姉の愛梨以上の逸材だと評判も 舞台挨拶のアドリブが好評

平祐奈、姉の愛梨以上の逸材だと評判も 舞台挨拶のアドリブが好評

  映画「未成年だけどコドモじゃない」の初日舞台挨拶が12月23日行われ、W主演を務める平祐奈(19)とSexyZoneの中島健人(23)が登壇した。   平は初日を迎えて緊張しつつ「うれしいのと同時に緊張して。昨日は、電車は乗り間違えるしシャンプー2回しちゃうし歯磨き粉で顔洗おうとしちゃうし」とコ...
綾瀬はるかが女優として最強?影のある芝居やコメディセンスなど

綾瀬はるかが女優として最強?影のある芝居やコメディセンスなど

いよいよ次回で最終回となる『奥様は、取り扱い注意』(日本テレビ系)。 『GO』(講談社)で直木賞を受賞した小説家・金城一紀が脚本を手掛けている本作は、かつて某国の諜報機関に属しており、今は主婦として暮らしている伊佐山菜美(綾瀬はるか)が、町内で起きる難事件を次々と解決していくというドラマだ...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net