芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

日本の芸能界のセクハラ事情 松坂慶子も深作欣二監督と連泊の過去?

日本の芸能界のセクハラ事情 松坂慶子も深作欣二監督と連泊の過去?

日本にも芸能界「セクハラ白書」(1)

いま、この地球上に76億を超える人間が存在しているのは、言ってみれば性欲の賜物。そして、性欲のあるところにセクハラは付きものである。

太平洋の彼方、米西海岸のハリウッドでは、ハーヴェイ・ワインスタイン(65)なる大物映画プロデューサーが、積年のセクハラの責任を問われ、追放されてしまった。アンジェリーナ・ジョリーをはじめ、30人を超える女優に枕営業を強いてきたんだそうだが、この手の「セクハラ大魔王」とは、最近新たに出現した人種ではない。むしろ古典的な存在といえるだろう。

プッチーニが作曲したオペラ「トスカ」では、ヒロインのトスカを欲する警視総監スカルピアが、彼女の恋人を拷問にかけ、「助けたければ俺の女になれ」と迫る。結局、応じたふりをしたトスカに刺し殺されてしまうのだが、こんな例は古今のドラマにごまんと見つかる。「不倫は文化」になぞらえるなら「セクハラも文化」で、むろん、わが国も例外ではない。

日本の芸能界のセクハラ事情 松坂慶子も深作欣二監督と連泊の過去? 松坂慶子

「二号を女優にしたんだ」

もっとも、「セクシャル・ハラスメント」が新語・流行語大賞の新語部門で金賞を受賞したのは、1989年。この言葉、意外と歴史がない。だが、どうやら「性的嫌がらせ」という概念が存在しなかった時代こそ、性欲はいっそう奔放に炸裂していたようだ。

「大手映画会社のプロデューサーが女優をホテルに誘ったとか、口を利いてやって愛人にしたとか、そんな話はゴロゴロあったと思いますよ。これからの女優を妾にしたとかね。いわゆる“目をかける”です」

そう語るのは映画監督の井筒和幸氏(64)。63年に日活ニューフェイスに選ばれ、翌年デビューした西尾三枝子(70)も、

「ハリウッドの話には、驚かないですね。私の時代にもよくあったことです」

と言って、続ける。

「映画に出るためにプロデューサーさんと、という噂はよく聞いたし、私も主役になれたのが早かったので、監督やプロデューサーに取り入っているんじゃないの、と同期の子に疑われました。昔は監督やプロデューサーの力が絶対でしたから。お尻を触られるなんてしょっちゅう。監督さんに胸をモギュなんてことも。日活の女優さんで、社長に何千万もするクルマを買ってもらっている人もいました」

映画会社の社長で、女優との関係で名高いのは、新東宝の社長時代に「女優を二号にしたんじゃない。二号を女優にしたんだ」と豪語した大藏貢氏(1899〜1978)。その女優は高倉みゆき(83)だった。長男で大蔵映画社長の滿彦氏(85)が述懐するには、

「映画業界にいると男女関係もいろいろありますから、私たち家族もそんなに気にしていませんでした。他社のお偉いさんから“君のお父さんもすごいね。あんなこと、俺も言ってみたいもんだ”なんて言われました。でも、高倉さんを家に連れてきたこともないし、おふくろも親父のことは、男の甲斐性くらいに思ってたんじゃないでしょうかね」

元東映プロデューサーの日下部五朗氏(83)も、大藏氏について、

「自社の女優に片っ端から手を出すと言われていました。ただ、当時の映画会社の社長なんて、会社は自分の巾着くらいに考えていましたからね」

と述べたあと、こんな話を披露する。

「当時、新東宝の“ハンサム・タワーズ”に選ばれた菅原文太が、大藏社長の奥さんに何回か誘われたと言っていました。夫の女遊びに頭に来ていたんでしょう」

深作監督のエピソード

もっとも、大藏夫人は口先だけの気晴らしだったのかもしれないが、もう少し日下部氏の話を続ける。

「深作欣二や五社英雄が映画を撮れば、女優さんのほうから近寄っていきました。大部屋の女優さんはいい役が欲しいし、松坂慶子なんか深作監督を尊敬していたから。ただ、用心していた人も多い。たしか昭和36〜37年ごろ、京都撮影所の入口を入ってすぐの黒板に、ある女優さんが書いた告発状が貼られましてね。私は誰々と関係を持った、と暴露されていたんです」

深作監督(1930〜2003)については、こんな話もある。語るのは元松竹の社員である。

「深作が東映から松竹に真田広之を連れてきて、松竹の看板女優の松坂慶子を使って『道頓堀川』を撮ったときのこと。松坂は自分が、二人を迎える潤滑油になろうとしていたんですが、現場に4日遅れて入ると、深作さんも真田もすでに打ち解けていました。それを見た松坂がすねて、現場の雰囲気が悪くなっちゃったので、製作スタッフが“このままじゃ映画作れないから、作さん、一度松坂とちゃんと話してよ”と、新宿のホテルに2泊分、部屋を用意した。結局、そのまま二人で部屋にしけこんじゃったんですよ」

(2)へつづく

***

「週刊新潮」2017年11月9日神帰月増大号掲載

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

カメ止め・上田監督、自宅住所覚えられず 映画以外は興味なし、外食も常に同じメニュー

カメ止め・上田監督、自宅住所覚えられず 映画以外は興味なし、外食も常に同じメニュー

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/5/e/5e89d_50_ca56cbd2_27be1e26-m.jpg 「カメラを止めるな」でブレイクした映画監督の上田慎一郎氏が15日に放送されたフジテレビ系「アウト×デラックス」に出演。映画以外のことしか考えていない日常のため、自宅住所も覚えていないという驚きの生活を明か...
高畑裕太がチラシ配りなど営業活動 復帰舞台のチケットあまり売れず

高畑裕太がチラシ配りなど営業活動 復帰舞台のチケットあまり売れず

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/8/1/8161f_1399_9007e19e_ab0a9352-m.jpg 高畑淳子(64)の長男で俳優の高畑裕太(25)が、16日から東京・下北沢で上演される舞台「さよなら西湖クン」でついに芸能活動を再開する。高畑の気合は相当なもので、自らチラシ配りをするなど営業活動にも精を...
山本裕典、解雇された当時の心境 女性問題に「なんで悪いの?」

山本裕典、解雇された当時の心境 女性問題に「なんで悪いの?」

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/e/0/e06f8_50_d87f324d_2dec0f1d-m.jpg 2年間の活動休止を経て今年3月から芸能活動を再開した俳優の山本裕典が15日、フジテレビ系「ノンストップ!」の独占インタビューに応じ、事務所を解雇された当時の心境を語った。山本は17年3月に、女性問題が週刊...
セクハラまがいの芸風、結婚予定の女性は18歳 芸人に厳しい声

セクハラまがいの芸風、結婚予定の女性は18歳 芸人に厳しい声

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/4/8/4812b_249_20190814027-m.jpg 8月13日に放送されたバラエティ番組「ウチのガヤがすみません!」(日本テレビ系)に、お笑いトリオ・たまゆら学園の植木おでん(25歳)が出演。セクハラまがいの芸風などが物議を醸している。 この日、植木は相方の美女芸人...
佐藤仁美が「テニプリ」俳優・細貝圭と結婚へ 17年8月に舞台で共演

佐藤仁美が「テニプリ」俳優・細貝圭と結婚へ 17年8月に舞台で共演

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/2/8/286c4_929_spnldpc-20190819-0002-002-p-0-m.jpg 女優の佐藤仁美(39)が、俳優の細貝圭(34)と結婚することが18日、分かった。交際約1年でのゴールイン。2人とも誕生日が10月10日で、佐藤が5歳年上。早ければ、佐藤が40歳を迎える今年の誕生日にも婚姻届...
速水もこみち&平山あや結婚 自宅デート重ね育んだ10年愛

速水もこみち&平山あや結婚 自宅デート重ね育んだ10年愛

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/4/9/49ad2_929_spnldpc-20190809-0075-001-p-0-m.jpg 俳優の速水もこみち(34)と女優の平山あや(35)が8日、結婚した。双方の所属事務所が発表。代理人が同日、都内の区役所に婚姻届を提出した。知人は「距離が離れた時期もあったようですが、交際期間は10年...
速水もこみち&平山あやが結婚を発表「温かく見守っていただけたら」

速水もこみち&平山あやが結婚を発表「温かく見守っていただけたら」

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/6/d/6d056_760_2141911_20190808_122427_size640wh_3833-m.jpg 俳優の速水もこみち(34)と女優の平山あや(35)が8日結婚した。同日、連名で所属事務所を通じて発表した。すでに同居しており、挙式・披露宴は未定。 【写真】平山あや、肩出しウエディングド...
浜辺美波が実写化作品に強い理由 透明感があり、何にでもはまれる?

浜辺美波が実写化作品に強い理由 透明感があり、何にでもはまれる?

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/a/7/a7183_1589_9f8635be_bb9741d1-m.jpg 今「期待の若手女優を選ぶなら?」という質問をしたとき、必ず名前が挙がるのが浜辺美波さんでしょう。特に、今年春以降の活躍は目覚ましいものがあります。 ドラマでは「大奥最終章」(フジテレビ系)や「世にも奇妙...
千鳥の番組に差し替え テレ朝が雨上がり決死隊からシフトか

千鳥の番組に差し替え テレ朝が雨上がり決死隊からシフトか

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/1/2/1223c_1399_d9159cb5_64072aa6-m.jpg 闇営業問題から始まった一連の吉本興業お家騒動の“震源地”の一角である「雨上がり決死隊」宮迫博之(49)がMCを務めていた「アメトーーク!」(木曜午後11時20分、テレビ朝日系)は様々な対応に追われているが...
【エンタがビタミン♪】ブルゾンちえみがまた「痩せた」と評判 女優業も好調「何目指してんの?」の声

【エンタがビタミン♪】ブルゾンちえみがまた「痩せた」と評判 女優業も好調「何目指してんの?」の声

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/b/6/b6121_196_6253b2a5_0cb7f872-m.jpg 2017年にキャリアウーマンネタで人気を集め、『ユーキャン新語・流行語大賞2017』で「35億」がトップ10を受賞するほど大ブレイクしたブルゾンちえみ(28)。ファッションデザイナー・コシノジュンコ氏をリスペクトして...
武田真治 めちゃイケ終了に本音

武田真治 めちゃイケ終了に本音

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/9/3/9359e685e7f669f993412caaa53fb628.jpg 武田真治にとって、2018年は激動の1年だった。 3月に、バラエティ番組『めちゃ×2イケてるッ!』が終了。前身番組を含めると22年半にわたって出演しており、芸能人生の大半を占めると言っても過言ではない番組だった...
「ナカイの窓」がたった1つの言葉でトラブルに?終了にも影響か

「ナカイの窓」がたった1つの言葉でトラブルに?終了にも影響か

中居正広(46才)が司会を務めていた『ナカイの窓』(日本テレビ系)が今年3月で終了すると発表された時、どうしてこんな人気番組が、といぶかる声も大きかった。突然の終了の裏にあったのは、たった1つの言葉を巡った騒動だった。 【スクープ写真】『ナカイの窓』打ち上げでもトラブル?警察官に対応する中居...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net