芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

日本の芸能界のセクハラ事情 松坂慶子も深作欣二監督と連泊の過去?

日本の芸能界のセクハラ事情 松坂慶子も深作欣二監督と連泊の過去?

日本にも芸能界「セクハラ白書」(1)

いま、この地球上に76億を超える人間が存在しているのは、言ってみれば性欲の賜物。そして、性欲のあるところにセクハラは付きものである。

太平洋の彼方、米西海岸のハリウッドでは、ハーヴェイ・ワインスタイン(65)なる大物映画プロデューサーが、積年のセクハラの責任を問われ、追放されてしまった。アンジェリーナ・ジョリーをはじめ、30人を超える女優に枕営業を強いてきたんだそうだが、この手の「セクハラ大魔王」とは、最近新たに出現した人種ではない。むしろ古典的な存在といえるだろう。

プッチーニが作曲したオペラ「トスカ」では、ヒロインのトスカを欲する警視総監スカルピアが、彼女の恋人を拷問にかけ、「助けたければ俺の女になれ」と迫る。結局、応じたふりをしたトスカに刺し殺されてしまうのだが、こんな例は古今のドラマにごまんと見つかる。「不倫は文化」になぞらえるなら「セクハラも文化」で、むろん、わが国も例外ではない。

日本の芸能界のセクハラ事情 松坂慶子も深作欣二監督と連泊の過去? 松坂慶子

「二号を女優にしたんだ」

もっとも、「セクシャル・ハラスメント」が新語・流行語大賞の新語部門で金賞を受賞したのは、1989年。この言葉、意外と歴史がない。だが、どうやら「性的嫌がらせ」という概念が存在しなかった時代こそ、性欲はいっそう奔放に炸裂していたようだ。

「大手映画会社のプロデューサーが女優をホテルに誘ったとか、口を利いてやって愛人にしたとか、そんな話はゴロゴロあったと思いますよ。これからの女優を妾にしたとかね。いわゆる“目をかける”です」

そう語るのは映画監督の井筒和幸氏(64)。63年に日活ニューフェイスに選ばれ、翌年デビューした西尾三枝子(70)も、

「ハリウッドの話には、驚かないですね。私の時代にもよくあったことです」

と言って、続ける。

「映画に出るためにプロデューサーさんと、という噂はよく聞いたし、私も主役になれたのが早かったので、監督やプロデューサーに取り入っているんじゃないの、と同期の子に疑われました。昔は監督やプロデューサーの力が絶対でしたから。お尻を触られるなんてしょっちゅう。監督さんに胸をモギュなんてことも。日活の女優さんで、社長に何千万もするクルマを買ってもらっている人もいました」

映画会社の社長で、女優との関係で名高いのは、新東宝の社長時代に「女優を二号にしたんじゃない。二号を女優にしたんだ」と豪語した大藏貢氏(1899〜1978)。その女優は高倉みゆき(83)だった。長男で大蔵映画社長の滿彦氏(85)が述懐するには、

「映画業界にいると男女関係もいろいろありますから、私たち家族もそんなに気にしていませんでした。他社のお偉いさんから“君のお父さんもすごいね。あんなこと、俺も言ってみたいもんだ”なんて言われました。でも、高倉さんを家に連れてきたこともないし、おふくろも親父のことは、男の甲斐性くらいに思ってたんじゃないでしょうかね」

元東映プロデューサーの日下部五朗氏(83)も、大藏氏について、

「自社の女優に片っ端から手を出すと言われていました。ただ、当時の映画会社の社長なんて、会社は自分の巾着くらいに考えていましたからね」

と述べたあと、こんな話を披露する。

「当時、新東宝の“ハンサム・タワーズ”に選ばれた菅原文太が、大藏社長の奥さんに何回か誘われたと言っていました。夫の女遊びに頭に来ていたんでしょう」

深作監督のエピソード

もっとも、大藏夫人は口先だけの気晴らしだったのかもしれないが、もう少し日下部氏の話を続ける。

「深作欣二や五社英雄が映画を撮れば、女優さんのほうから近寄っていきました。大部屋の女優さんはいい役が欲しいし、松坂慶子なんか深作監督を尊敬していたから。ただ、用心していた人も多い。たしか昭和36〜37年ごろ、京都撮影所の入口を入ってすぐの黒板に、ある女優さんが書いた告発状が貼られましてね。私は誰々と関係を持った、と暴露されていたんです」

深作監督(1930〜2003)については、こんな話もある。語るのは元松竹の社員である。

「深作が東映から松竹に真田広之を連れてきて、松竹の看板女優の松坂慶子を使って『道頓堀川』を撮ったときのこと。松坂は自分が、二人を迎える潤滑油になろうとしていたんですが、現場に4日遅れて入ると、深作さんも真田もすでに打ち解けていました。それを見た松坂がすねて、現場の雰囲気が悪くなっちゃったので、製作スタッフが“このままじゃ映画作れないから、作さん、一度松坂とちゃんと話してよ”と、新宿のホテルに2泊分、部屋を用意した。結局、そのまま二人で部屋にしけこんじゃったんですよ」

(2)へつづく

***

「週刊新潮」2017年11月9日神帰月増大号掲載

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

オードリー若林“結婚への最大のハードル”を語る「何曜日の何時に…」

オードリー若林“結婚への最大のハードル”を語る「何曜日の何時に…」

6月4日放送、フジテレビ系『セブンルール』に出演したオードリー・若林正恭が自身の結婚について語った。 【別の記事】オードリー若林、セクハラに対する複雑な心境を吐露「どえらい気を使って…」 番組では、婚活コーディネーターとして活躍する女性が取り上げられ、スタジオで結婚についてのトークが展開され...
橋本梨菜、水ダウ企画での泥酔クロちゃんに言及「怖かったあ」

橋本梨菜、水ダウ企画での泥酔クロちゃんに言及「怖かったあ」

グラビアアイドルの橋本梨菜(25歳)が5月30日、自身のInstagramで、前日放送のバラエティ番組「水曜日のダウンタウン」企画で共演した安田大サーカス・クロちゃん(42歳)について、「怖かったあ」と感想をつづっている。 この日の「水曜日のダウンタウン」では、「起きたときVRの世界だったらめちゃくちゃ...
オードリー若林“田舎暮らし出来ない理由”を明かす「嫌われたら…」

オードリー若林“田舎暮らし出来ない理由”を明かす「嫌われたら…」

5月28日に放送されたフジテレビ系『セブンルール』に出演したオードリー・若林正恭が、自身の持つ田舎暮らしへの不安について語った。 【別の記事】オードリー若林、セクハラに対する複雑な心境を吐露「どえらい気を使って…」 番組では、長野県伊那市の人里から離れた山間にある豆腐工房の女性店長が取り上げ...
祭壇がある家で宗教勧誘 「家ついて行ってイイですか?」の放送できぬ内容

祭壇がある家で宗教勧誘 「家ついて行ってイイですか?」の放送できぬ内容

通行人に声をかけて帰宅に同行し、その人の住居でインタビューを敢行するテレビ東京のバラエティー番組「家、ついて行ってイイですか?」。 近年、「やらせ」問題など過剰な演出に反感を持つ視聴者が多いなか、成り行き任せの結末による予想外の感動や驚きが支持されている。台本無しの番組にはハプニングがつ...
小島瑠璃子のボブ風ヘアアレンジSHOTに絶賛「なんだ、女神か」

小島瑠璃子のボブ風ヘアアレンジSHOTに絶賛「なんだ、女神か」

バラエティーに引っ張りだこのタレント・小島瑠璃子が、6月4日に自身のInstagramを更新。ロングヘアーでおなじみの彼女が“ボブ風”のオフショットを披露し、ファンから大きな反響が上がっている。 【写真を見る】本当に切ったの…!?似合い過ぎる“奇跡のボブ風カット”/※画像は小島瑠璃子(ruriko_kojima)公式Insta...
ローラが築地で「高級すっぽん」デート 相手はベンチャー企業社長

ローラが築地で「高級すっぽん」デート 相手はベンチャー企業社長

(全7枚) 築地→西麻布スリットスカートから見えるセクシーな足元 西麻布の会員制ラウンジで飲んだ後、A氏(右)の運転手つきベンツに戻るローラは、セレブなオーラに包まれていた漆黒のSUVが東京・築地のスッポン料理屋の前に停まった。グルメサイトの評価はほぼ満点。おひとりさま3万円はくだらない紹介制の高...
いいとも青年隊の工藤兄弟の現在 体遊び教室を開き兄弟で芸能時代より稼ぐ

いいとも青年隊の工藤兄弟の現在 体遊び教室を開き兄弟で芸能時代より稼ぐ

1990年代、「笑っていいとも!」(フジテレビ系)の8代目いいとも青年隊として、お茶の間に歌とダンスを披露した工藤兄弟。兄の順一郎さん(47=写真右)、弟の光一郎さん(47=同左)の双子コンビは、その後もバラエティー番組などで活動した。08年に芸能界から退いたが、今どうしているのか。 サ...
ローラ ベンチャー社長と築地で「高級スッポン」デート

ローラ ベンチャー社長と築地で「高級スッポン」デート

築地から、西麻布のバーへ深夜密会のお相手は? 夜10時前、高級スッポン店から出てきた二人は、店先で待っていたベンツで西麻布へ 漆黒のSUVが東京・築地のスッポン料理屋の前に停まった。グルメサイトの評価はほぼ満点。おひとりさま3万円はくだらない紹介制の高級店だ。 後部座席のドアが開き、見るからに高...
「ナカイの窓」がたった1つの言葉でトラブルに?終了にも影響か

「ナカイの窓」がたった1つの言葉でトラブルに?終了にも影響か

中居正広(46才)が司会を務めていた『ナカイの窓』(日本テレビ系)が今年3月で終了すると発表された時、どうしてこんな人気番組が、といぶかる声も大きかった。突然の終了の裏にあったのは、たった1つの言葉を巡った騒動だった。 【スクープ写真】『ナカイの窓』打ち上げでもトラブル?警察官に対応する中居...
おっさんは3人から5人へ!「劇場版 おっさんずラブ―」に沢村一樹と志尊淳が出演決定!

おっさんは3人から5人へ!「劇場版 おっさんずラブ―」に沢村一樹と志尊淳が出演決定!

8月23日(金)に全国東宝系にて公開の「劇場版おっさんずラブ〜LOVEorDEAD〜」に、沢村一樹と志尊淳が出演することが明らかになった。 【写真を見る】劇場版撮影中の、田中圭、林遣都らのお泊りショット!を金子大地がインスタに投稿 モテない独身ダメ男・春田創一(田中圭)と、誰もが憧れる理想の上司・黒澤武蔵...
安達祐実の初恋相手を母親が横取り「きょうから彼がお父さんよ」

安達祐実の初恋相手を母親が横取り「きょうから彼がお父さんよ」

女優の安達祐実(37)が30日放送の日本テレビ「嵐にしやがれ」(土曜後9・00)に出演、子役時代のお小遣い制などのエピソードを語った。 2歳でデビューし、今年で芸能生活35年を迎えた安達。子役時代のギャラは母親の安達有里(61)が「管理していた」が、知らないうちに、自宅がリフォームされていたり、ヴ...
おっさんずラブ続編も「キャスト未定」でネットざわつく 「そんな試練いらない」

おっさんずラブ続編も「キャスト未定」でネットざわつく 「そんな試練いらない」

テレビ朝日が昨年大ヒットしたテレビ朝日系ドラマ「おっさんずラブ」の続編を19年度中に放送すると発表したが、「主演、キャストなどは未定」とされていることから、ファンがネットでざわついている。 テレビ朝日は22日に「おっさんずラブ」の続編放送を発表。同ドラマは昨年6月に最終回を迎えたが、田中...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net