芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

日本の芸能界のセクハラ事情 松坂慶子も深作欣二監督と連泊の過去?

日本の芸能界のセクハラ事情 松坂慶子も深作欣二監督と連泊の過去?

日本にも芸能界「セクハラ白書」(1)

いま、この地球上に76億を超える人間が存在しているのは、言ってみれば性欲の賜物。そして、性欲のあるところにセクハラは付きものである。

太平洋の彼方、米西海岸のハリウッドでは、ハーヴェイ・ワインスタイン(65)なる大物映画プロデューサーが、積年のセクハラの責任を問われ、追放されてしまった。アンジェリーナ・ジョリーをはじめ、30人を超える女優に枕営業を強いてきたんだそうだが、この手の「セクハラ大魔王」とは、最近新たに出現した人種ではない。むしろ古典的な存在といえるだろう。

プッチーニが作曲したオペラ「トスカ」では、ヒロインのトスカを欲する警視総監スカルピアが、彼女の恋人を拷問にかけ、「助けたければ俺の女になれ」と迫る。結局、応じたふりをしたトスカに刺し殺されてしまうのだが、こんな例は古今のドラマにごまんと見つかる。「不倫は文化」になぞらえるなら「セクハラも文化」で、むろん、わが国も例外ではない。

日本の芸能界のセクハラ事情 松坂慶子も深作欣二監督と連泊の過去? 松坂慶子

「二号を女優にしたんだ」

もっとも、「セクシャル・ハラスメント」が新語・流行語大賞の新語部門で金賞を受賞したのは、1989年。この言葉、意外と歴史がない。だが、どうやら「性的嫌がらせ」という概念が存在しなかった時代こそ、性欲はいっそう奔放に炸裂していたようだ。

「大手映画会社のプロデューサーが女優をホテルに誘ったとか、口を利いてやって愛人にしたとか、そんな話はゴロゴロあったと思いますよ。これからの女優を妾にしたとかね。いわゆる“目をかける”です」

そう語るのは映画監督の井筒和幸氏(64)。63年に日活ニューフェイスに選ばれ、翌年デビューした西尾三枝子(70)も、

「ハリウッドの話には、驚かないですね。私の時代にもよくあったことです」

と言って、続ける。

「映画に出るためにプロデューサーさんと、という噂はよく聞いたし、私も主役になれたのが早かったので、監督やプロデューサーに取り入っているんじゃないの、と同期の子に疑われました。昔は監督やプロデューサーの力が絶対でしたから。お尻を触られるなんてしょっちゅう。監督さんに胸をモギュなんてことも。日活の女優さんで、社長に何千万もするクルマを買ってもらっている人もいました」

映画会社の社長で、女優との関係で名高いのは、新東宝の社長時代に「女優を二号にしたんじゃない。二号を女優にしたんだ」と豪語した大藏貢氏(1899〜1978)。その女優は高倉みゆき(83)だった。長男で大蔵映画社長の滿彦氏(85)が述懐するには、

「映画業界にいると男女関係もいろいろありますから、私たち家族もそんなに気にしていませんでした。他社のお偉いさんから“君のお父さんもすごいね。あんなこと、俺も言ってみたいもんだ”なんて言われました。でも、高倉さんを家に連れてきたこともないし、おふくろも親父のことは、男の甲斐性くらいに思ってたんじゃないでしょうかね」

元東映プロデューサーの日下部五朗氏(83)も、大藏氏について、

「自社の女優に片っ端から手を出すと言われていました。ただ、当時の映画会社の社長なんて、会社は自分の巾着くらいに考えていましたからね」

と述べたあと、こんな話を披露する。

「当時、新東宝の“ハンサム・タワーズ”に選ばれた菅原文太が、大藏社長の奥さんに何回か誘われたと言っていました。夫の女遊びに頭に来ていたんでしょう」

深作監督のエピソード

もっとも、大藏夫人は口先だけの気晴らしだったのかもしれないが、もう少し日下部氏の話を続ける。

「深作欣二や五社英雄が映画を撮れば、女優さんのほうから近寄っていきました。大部屋の女優さんはいい役が欲しいし、松坂慶子なんか深作監督を尊敬していたから。ただ、用心していた人も多い。たしか昭和36〜37年ごろ、京都撮影所の入口を入ってすぐの黒板に、ある女優さんが書いた告発状が貼られましてね。私は誰々と関係を持った、と暴露されていたんです」

深作監督(1930〜2003)については、こんな話もある。語るのは元松竹の社員である。

「深作が東映から松竹に真田広之を連れてきて、松竹の看板女優の松坂慶子を使って『道頓堀川』を撮ったときのこと。松坂は自分が、二人を迎える潤滑油になろうとしていたんですが、現場に4日遅れて入ると、深作さんも真田もすでに打ち解けていました。それを見た松坂がすねて、現場の雰囲気が悪くなっちゃったので、製作スタッフが“このままじゃ映画作れないから、作さん、一度松坂とちゃんと話してよ”と、新宿のホテルに2泊分、部屋を用意した。結局、そのまま二人で部屋にしけこんじゃったんですよ」

(2)へつづく

***

「週刊新潮」2017年11月9日神帰月増大号掲載

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

太田光に生放送でイジられたせいや「あの人、やっぱおかしい」

太田光に生放送でイジられたせいや「あの人、やっぱおかしい」

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/5/f/5f6e0_60_0f32979e_2786d6d2-m.jpg お笑いコンビ「霜降り明星」のせいやと粗品が3日深夜放送のニッポン放送「霜降り明星のオールナイトニッポンZERO」(金曜・深夜3時)に生出演した。 せいやはテレビ会議アプリ「Zoom」を使った一般女性との飲...
「名指しされかわいそう」坂上忍の夜の街発言に批判の声が続出

「名指しされかわいそう」坂上忍の夜の街発言に批判の声が続出

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/7/1/718fd_188_720f7f83_584d684e-m.jpg 2日放送の『バイキング』(フジテレビ系)でのMC・坂上忍のある一言が、またも物議を醸している。 1日には67人が感染するなど、東京のいわゆる「夜の街」での感染拡大が続いている。さらに、神奈川県横浜市では、先月30...
スキャンダルで消えるママタレ Cocomiらの注目で工藤静香に光か

スキャンダルで消えるママタレ Cocomiらの注目で工藤静香に光か

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/4/3/43671_1462_b4dbffc0_74924d43-m.jpg ママタレのブームが終わりつつある。その象徴が、木下優樹菜や小倉優子の凋落(ちょうらく)だろう。だが、その前にまず、“ママタレ”とは何なのかという話から入ってみたい。 【写真多数】佐々木希に杏、小倉優子のプ...
「ハニトラ説」主張するせいやに指摘 Zoom規約違反は目をつむる?

「ハニトラ説」主張するせいやに指摘 Zoom規約違反は目をつむる?

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/d/d/dd8ad_28_de8ec13d_c40a4b57-m.jpg 「霜降り明星」のせいや(27)が女性ファンとのZoomで自慰行為をしていたことが18日「文春オンライン」で報じられ、翌日の子供向けバラエティー番組「おはスタ」(テレビ東京系)の出演を欠席。突然公の場から消...
新垣結衣の貴重な私服姿が話題に「身長169cmが映える」

新垣結衣の貴重な私服姿が話題に「身長169cmが映える」

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/f/8/f89a0_759_efa8a18d_ff5499e8-m.jpg 5月中旬の都内某所で、書類を両手に抱えてグレーのキャップを目深に被り、小顔をマスクですっぽり埋めた細身の長身女性が現れた。人気女優の新垣結衣(32才)である。ひざ下まである黒のロングカーディガンにベージュの...
夏目三久がスタイル抜群の私服姿で都内歩く「モデルも務まるほど」

夏目三久がスタイル抜群の私服姿で都内歩く「モデルも務まるほど」

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/e/4/e408e_759_68b2ce4a_e102e2f6-m.jpg すっかり都内にも日常生活が戻ってきた6月上旬の昼下がり、軽快に闊歩するスタイル抜群の8頭身の女性がいた。もはや、流行り廃りで語られる格ではない、フリーアナウンサーの夏目三久(35才)である。 【写真】タイトな...
出演数減少の小島瑠璃子が示す芸能界の恐ろしさ 代わる存在も多く

出演数減少の小島瑠璃子が示す芸能界の恐ろしさ 代わる存在も多く

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/b/f/bf1aa_1523_bc661035_0f10e538-m.jpg 4月からスタートした「土曜はナニする!?」(フジテレビ/関西テレビ制作)という番組をご存知だろうか。山里亮太と元テレ朝の宇賀なつみアナをMCに据え、朝8時半〜9時55分に放送されている情報番組だ。これが意外(失...
新山千春、17年ぶりグラビア 健康的なイメージそのままに上品な艶まとう

新山千春、17年ぶりグラビア 健康的なイメージそのままに上品な艶まとう

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/d/0/d0c67_760_2161045_20200427_224722_size640wh_6631-m.jpg タレントの新山千春(39)が、28日発売の写真週刊誌『FLASH』(光文社)で、17年ぶりのグラビアに挑戦した。以前の健康的なイメージはそのままに、温かく上品な艶をまとった姿を披露した。 【写...
「家なき子」や「Stand Up!!」も 現在は再放送が難しいとされるドラマ

「家なき子」や「Stand Up!!」も 現在は再放送が難しいとされるドラマ

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/5/4/54cf7_759_cb3d782e_b9765e1a-m.jpg 新型コロナウイルスの影響でストップしていた撮影が再開され、延期となっていた新ドラマの放送が徐々に始まっている。その間、テレビ各局は苦肉の策で過去の名作を再放送していたが、これが予想を超えるスマッシュヒッ...
清廉性求めるテレビで“未経験”芸人の需要拡大、渡部の不倫で加速する禁忌

清廉性求めるテレビで“未経験”芸人の需要拡大、渡部の不倫で加速する禁忌

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/c/6/c6ed3_760_2165230_20200623_171806_size640wh_1716-m.jpg アンジャッシュ・渡部建の不倫報道が、大きな波紋を呼んだ芸能界。芸人の異性スキャンダルは、“芸の肥やし”と受け取られていた時代もあったが、現在ではそうもいかず、渡部のように番組やCMなどへ...
堺雅人主演のTBS日曜劇場「半沢直樹」初回7月19日に決定

堺雅人主演のTBS日曜劇場「半沢直樹」初回7月19日に決定

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/5/2/5265b_929_spnldpc-20200621-0232-011-p-0-m.jpg 4月19日にスタートする予定だったものの、新型コロナウイルスの影響のため放送延期となっていた俳優・堺雅人(46)主演のTBS日曜劇場「半沢直樹」(日曜後9・00)の初回放送日が7月19日に決まったことが21...
小島よしおYouTube配信「おっぱっぴー小学校」小学生向け授業が大好評「ネタを作っている時より楽しい」

小島よしおYouTube配信「おっぱっぴー小学校」小学生向け授業が大好評「ネタを作っている時より楽しい」

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/e/9/e94e7_60_3ec28c5a_e82f85a8-m.jpg お笑いタレントの小島よしお(39)に、テレビ会議アプリ「Zoom」で取材。休校措置後にYouTubeで配信を始めた小学生向けの授業動画が「すごい分かりやすい」と、全国の小学生や親から大好評を博している。自...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net