芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

Amazonプライムの新番組「戦闘車」識者が酷評「残念で仕方がない」

Amazonプライムの新番組「戦闘車」識者が酷評「残念で仕方がない」

地上波テレビで繰り返し広告CMが放送されていたAmazonプライム・ビデオの新番組『戦闘車』。甲冑姿のダウンタウン・浜田雅功と、千原ジュニアが叫ぶビジュアルが印象に残っている人も多いだろう。イラストレーター、コラムニストのヨシムラヒロム氏が、ネット番組だからこそ期待されることと、テレビ的な番組構成について考えた。

***
約1年前、Amazonプライム・ビデオの会員になった。いや、無料体験30日の解約を忘れた結果、なっていた。これが正確。

当初、夢中になったのが「ドキュメンタル」松本人志が主催する芸人達のにらめっこ大会だ。そして、今さっきまで見ていたのが『戦闘車』。

松本から遅れること1年、相方の浜田雅功が遂にAmazonデビューした作品。

『戦闘車』は、読んで字のごとく”車が戦う”番組。浜田率いる浜田軍8名、千原ジュニア率いる8名がカーバトルを繰り広げる。

出演者全員が命懸けで様々な試合に挑むデンジャーテイメント(デンジャー×エンターテイメント)。

こんなキャッチコピーを謳われれば、期待も上がる。放送前からAmazonプライム・ビデオのページには、甲冑をまとった浜田とジュニアのバナー広告。他の動画をみるたびに流れる『戦闘車』のCM。

タレントが運転する車と車がぶつかり合う、地上波では絶対に不可能な絵面。配信日を指折り数えていた。

10月6日、第1話「集結」が公開された。そこで分かったのが甲冑をまとった理由、単純に戦闘するわけではない。下記の舞台設定で戦うのだ。

平成二十九年、富士の裾野に豪華絢爛、艶やかで煌びやかな城が一夜にして築かれた。その要塞を守るのは潤沢な資金でかき集められた南蛮渡来の戦闘車8台。そんな常勝軍団を率いるのは若き武将・千原ジュニア!一方、千原城築城の噂をききつけた、ナニワのドスケベ大将浜田雅功率いる浜田軍は、千原城を落とすため純国産車を中心とした戦闘車を率いて進軍を開始(原文ママ)。

よーするに、浜田軍の国産車VSジュニア軍の外国車という構図。時折、甲冑をまとった浜田とジュニアのコントがはいる。

この2つが見ていてキツかった。

全5話で4競技を行う、そのたびに使用する車の説明がはいる。1度なら良いが、しかし毎度となるとたまらない。ナレーションの文言は同じなので、すでに知ったカー情報を何度も聞くハメに。

「メルセデス・ベンツS320。Sクラスはベンツのフラッシグモデルで誰もが憧れる最高のラグジュアリーカー」

コチラは早く勝負が見たいのに、上記の解説でイチイチ中断。よって番組のリズムが崩れる。亀田興毅の世界戦並みに試合が始まらない。

そして、甲冑をまとう戦国的な舞台設定の意味のなさよ。あくまでも番組のスパイスであるトリッキーな設定が「戦闘車」では全面に出過ぎ。これまたイチうるさい。

千原「この城は何人たりとも崩せまい!」
浜田「その城、落としに行くぞ!」

と、2人が繰り広げるコントもおざなり。視聴者が気まずくなるクオリティの低さに辟易。そして、演者の2人が萎えていることが画面を通してわかる。

“国産車と外国車が戦う”優れたコンセプトは、2つのマイナス要素によって相殺。結果『戦闘車』は並の番組に仕上がった。

「マッドマックス怒りのデス・ロード」の興奮とは言わないが、新たなカーバラエティのあり方を提示する可能性は十分あった。それだけに残念で仕方がない。

Amazonプライム・ビデオは、新たな試みができる楽園。『戦闘車』でもカーゲームでは過激な展開を見せた。しかし、演出という部分では従来のテレビの方法論まんま。

“戦闘する車”という純な部分で勝負できない、制作者のビビリが垣間見えた。

そして、終わり方も最悪だ。

第1話、メンバー紹介。
第2話、チキンレース。
第3話、障害物レース。
第4話、助走をつけてのジャンプ。

を経て、最終第5話でおこなうのは勝ち抜き車相撲。ここでジュニア軍の武藤敬司が操るアメリカ車「リンカーンナビゲーター」が大活躍。304馬力というハイパワーで、浜田軍の日本車を三タテ。

勝てないと見た浜田軍は「ウチの残りの車2台VSリンカーン、勝ったチームの勝利としませんか?」とジュニア軍に提案(もちろん土下座くだり有)

ジュニアはその条件を受け入れ、最後の戦いへと移った。というか、移らざるえなかったのだろう。

理由は2つある。日が落ちたことによって、暗くなり撮影が難しくなった。タイムスケジュールの甘さからくる問題。

そして、浜田のイラつき。「1秒でもはよ帰りたいわ!」といった感情が、疲れ顔から伝わる。

結局、最終決戦はテレビ的な予定調和で終わった。昭和のクイズ番組「最終問題は1万点」から全く進歩していない。

2VS1の変則マッチ、勝利したのは浜田軍で。浜田雅功の高笑いで『戦闘車』はFin。

見る前「最終決戦は浜田VSジュニアの大将同士のバトルなんだろうなぁ」と期待していたが、そうではなかった。

『戦闘車』で結局2人がやったことは、司会とぬるいコント。これじゃ、いつもと同じ。

シーズン2があるとすれば、テレビ的な予定調和とまずは戦闘してほしい。

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

最新シリーズの「あいのり」ベッキーのスタジオコメントに苦言

最新シリーズの「あいのり」ベッキーのスタジオコメントに苦言

異国を旅しながら恋をする様子をあたたかく見守る番組だった『あいのり』が、バイオレンスに満ちた過激紀行へと変貌していたことに衝撃を受けた、イラストレーターでコラムニストのヨシムラヒロム氏。異常だと思いつつも目が離せない『あいのり』最新シリーズの視聴を続けると、スタジオでコメントするベッキ...
田代まさし「10年ぶりのバラエティ」がめちゃくちゃ面白かった

田代まさし「10年ぶりのバラエティ」がめちゃくちゃ面白かった

11月20日、久しぶりに『志村けんのバカ殿様』(フジテレビ系)が放送された。殿と家来、腰元たちによるコントで知られているが、1986年から2001年まで、殿にツッコミを入れる側用人として田代まさしが出演、人気者だった。姿が消えたのは、度重なる逮捕と懲役によって元タレントとなったからだが、今回のバカ...
YouTuber草なぎ剛の動画の再生数が減少 10万再生いかないことも

YouTuber草なぎ剛の動画の再生数が減少 10万再生いかないことも

芸能人がYouTubeデビューしても、成功することはあまりない。テレビなどでおなじみの魅力が、なぜか激減するからだ。元SMAPの草なぎ剛が昨年、YouTuberデビューした。以後、投稿されている動画は120本超。有名YouTuberとコラボするなど話題を振りまいてきた。イラストレーターでコラムニストのヨシムラヒロム...
旅番組で全くボケないピース又吉直樹に疑問 芸人という職業を放棄か

旅番組で全くボケないピース又吉直樹に疑問 芸人という職業を放棄か

芸人が街歩きや旅をテーマとした番組に出演する場合、そこに期待されるのはやはり「面白い」ことだろう。イラストレーターでコラムニストのヨシムラヒロム氏が、Amazonプライム・ビデオで公開されている又吉直樹による旅番組は、はたして芸人としてなのか芥川賞作家としてなのか、を考えた。 *** 最近「Ama...
元NHKの登坂淳一アナ「有働さんばっかり、うらやましいぞ〜」

元NHKの登坂淳一アナ「有働さんばっかり、うらやましいぞ〜」

元NHKの登坂淳一アナウンサー(47)が20日放送のTBS系「世界くらべてみたらSP」(後8・00)に出演、米国テキサス州での日帰り戦車ツアーに参加、弾けた姿を見せた。 登坂アナは昨年1月にNHKを退局。フジテレビで4月2日からスタートする夕方の報道番組「プライムニュース」のメインキャ...
「体がビックリしてもうて」千原ジュニアが明かす結婚直後の突発性難聴

「体がビックリしてもうて」千原ジュニアが明かす結婚直後の突発性難聴

タレント・千原ジュニア(44)が9日放送のTBS系「サワコの朝」(土曜、前7・30)に出演。2015年9月に結婚した1カ月後に、ストレスが原因とみられる突発性難聴を患ったことを明かした。 ジュニアは結婚までを「僕、25年くらい、四半世紀ひとりで暮らしてきて、同棲も何もしたことなかったんで...
アイドルと付き合える確率は「4049分の1」で甲子園優勝と同じ?

アイドルと付き合える確率は「4049分の1」で甲子園優勝と同じ?

「セイバーメトリクス」の第一人者でユニークな統計学全般の研究も行っている江戸川大学客員教授の鳥越規央氏(49)が、「アイドルと付き合える確率」は「夏の甲子園で優勝する確率」と同じであると明かした。 27日にAbemaTVで放送された『Abema的ニュースショー』に出演した鳥越氏はこの日、厚生労働省による...
路上ライブをしていた女性からCD購入し踏み潰す「僕の中での正義感」

路上ライブをしていた女性からCD購入し踏み潰す「僕の中での正義感」

路上ライブをしていた女性からCDを購入し、目の前で踏み潰すという動画をツイッターに投稿した男性が22日放送のTBS系「ビビット」(月〜金曜・前8時)にVTR出演し、インタビューに答えた。 動画では男性がCDを1枚購入し、お礼を言う女性の目の前でCDを投げ捨て、そのまま踏み割るというもの...
ナイナイ矢部がダウンタウンの不仲説に言及「特別な思いはない」

ナイナイ矢部がダウンタウンの不仲説に言及「特別な思いはない」

お笑い芸人のダウンタウンの浜田雅功とナインティナインの矢部浩之ら総勢21名が出演する「AmazonPrimeOriginal『戦闘車』シーズン2」が9日から全5話を一挙配信スタートする。同日に都内にて開催された「配信記念記者発表会」には浜田・矢部を筆頭に番組出演者8名が出席した。そこでかつて噂されたダウンタウン...
浜田雅功がAmazon番組に出演 TVができなかったバラエティーに自信

浜田雅功がAmazon番組に出演 TVができなかったバラエティーに自信

ダウンタウンの浜田雅功が、10月6日よりAmazonプライム・ビデオで配信されるバラエティー「戦闘車」でAmazonオリジナル番組に初出演することが明らかになった。 本作は、“デンジャーテイメント(デンジャー×エンターテイメント)”と銘打ち、18名の芸能人が、浜田雅功が率いる浜田軍と千原ジュニアが率いるジュ...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net