芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

アンガールズ田中卓志の番組関係者からの評判「責任感が強いんですよ」

アンガールズ田中卓志の番組関係者からの評判「責任感が強いんですよ」 古舘プロジェクト所属の鮫肌文殊、山名宏和、樋口卓治という3人の現役バリバリの放送作家が、日々の仕事の中で見聞きした今旬なタレントから裏方まで、TV業界の偉人、怪人、変人の皆さんを毎回1人ピックアップ。勝手に称えまくって表彰していきます。第35回は山名宏和が担当します。

田中卓志様

今回、勝手に表彰させて頂くのは、アンガールズの田中卓志さんである。

最近、田中さんはNo.1づいている。「抱かれたくない男ランキング」1位。「業界スタッフが選ぶ仕事をしてみたら良い人だったランキング」1位(※)。褒められたりけなされたり。両極端である。

この評価、セミレギュラーとして出演中の『世界の何だコレ!?ミステリー』(フジテレビ系水曜夜7時57分)ではどうなのだろうか。田中さんは「田中隊長」の呼び名で視聴者が投稿してきたミステリーの調査を行っている。

山の中だろうが狭い洞窟だろうが、どんな場所でもグレーのスーツに身を包み、少ない髪を乱しながら、必死の形相で調査する田中隊長は、待ち受けるミステリーへの期待を3割増しにしてくれるありがたい存在である。

そんな田中さんのロケの様子をスタッフに聞いてみた。

「どんな場所でも必ず先頭で行かせるんですよ」

たとえば洞窟ロケの場合、普通スタッフがタレントの前を行く。安全の確認とタレントの顔を撮るためである。しかし、『何だコレ!?ミステリー』の場合、田中さんが先頭を行き、スタッフがその後に続く。事前に下見もしない。ぶっつけ本番。だから万が一、洞窟の奥に死体でもあろうものならば、それを最初に見つけるのは田中さんなのだ。

そんな無茶なロケ、嫌がる芸人はけっこういる。だが、田中さんはネタとして不平不満は言うものの、ちゃんと引き受けてくれる。

「解明しようという責任感が強いんですよ」

素晴らしい!出演者の鑑(かがみ)である。

と感心していたら、別のスタッフが、

「あの人おかしいんですよ。捨てるものがないから」

おかしいというのはバラエティー番組においては褒め言葉だが、この場合、やはりどこかけなしている。

褒められたりけなされたり。ここでも両極端だ。

田中隊長のロケ終わりには必ず近くの温泉やスーパー銭湯に寄るという。汗まみれ泥まみれになってしまうからだ。

「田中さんが銭湯に入ると出待ちの人がスゴいんですよ」

風呂上がりの人々が湯冷めも気にせず出待ちする。なかなか人気者である。

「待っているのは、おじいちゃんおばあちゃんばっかりなんですけどね」

だからキャーキャーという歓声はあがらない。一緒に写真を撮りたいという人もいない。「田中くん田中くん」と寄ってきて握手を求めるだけだ。田舎のお年寄りから見れば、都会で頑張っている頼りない近所の子、そんなふうに見えるのかもしれない。

「あんなに敷居の低い芸能人は見たことないですよ」

またしても持ち上げられたりけなされたり。

一連の話を聞いて僕が思い浮かんだのはクセのあるチーズだ。見た目も臭いも最悪だけど、食べてみると実はおいしいチーズ。そこで田中卓志さんには今回「ブルーチーズ芸人賞」を勝手に差し上げ、勝手に表彰します。

と、ここで終わると、けなしている分量の方が多い気がする。なので、最後にもう1つエピソードを紹介しよう。

田中隊長のロケ直前、担当ディレクターが突然、鼠径部(そけいぶ)が腫れるという病になった。どう見ても悪いことをした報いだと思うが、本人は絶対に違うと言い張るので信じることにするが、とにかく鼠径部が尋常なく腫れ上がった。歩くのもままならない状態で、普通ならば他の人に代わってもらうところだが、人手不足のため、足をひきずりながらロケに向かった。

ロケ現場に着くと、腫れはさらに酷くなってきた。痛い。熱も出てきた。しかし、田中さんとカメラマンと3人のロケ。ここで帰るわけにはいかないと顔面蒼白で準備をしていると、田中さんがきっぱりと言った。

「ここは俺にまかせろ」

そこまで言ってくれるならとディレクターは病院に向かい、田中さんも宣言通り完璧にロケをこなしたという。

「あの時の隊長はホント、カッコよかったですよ」

よし、褒めて終わったぞ。

※編集部注:「抱かれたくない男ランキング」は『週刊女性』2017年8月1日号より、「業界スタッフが選ぶ仕事をしてみたら良い人だったランキング」は2017年10月19日放送の『深夜でロンドンハーツ』(テレビ朝日系)より。

<プロフィール>
山名宏和(やまな・ひろかず)
古舘プロジェクト所属。『行列のできる法律相談所』『ダウンタウンDX』『世界何だコレ!?ミステリー』といったバラエティー番組から、『ガイアの夜明け』『未来世紀ジパング』といった経済番組まで、よく言えば幅広く、よく言わなければ節操なく、放送作家として活動中。

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

結婚祝いに松本人志など豪華メンバー よゐこ濱口優の人たらしぶり

結婚祝いに松本人志など豪華メンバー よゐこ濱口優の人たらしぶり

11日、よゐこの濱口優がInstagramを更新。自身の結婚を祝ってくれた、芸人仲間との写真を公開した。 濱口は、「結婚のお祝いに飲み会をして頂きました!!!」と報告。プライベートの時間を使って会を開いてもらったことに、感謝の言葉を述べている。 写真はハッシュタグで、「松本人志と愉快な他事務所の仲...
田中卓志、元広島の黒田博樹氏と気づかず無礼働く 「ウザいな」

田中卓志、元広島の黒田博樹氏と気づかず無礼働く 「ウザいな」

アンガールズ田中卓志(42)が、プロ野球広島OBで元メジャーリーガーの黒田博樹氏(43)から飛行機内で話しかけられるも当人だと気づかず、無礼な振る舞いをしてしまったというエピソードを明かした。 田中は11日放送のラジオ番組「アッパレやってまーす!」に出演。羽田−広島便で黒田氏と隣の席にな...
小嶋陽菜が小木博明の自宅でW杯を観戦「誰と来てたかは言えない」

小嶋陽菜が小木博明の自宅でW杯を観戦「誰と来てたかは言えない」

おぎやはぎの小木博明(46)が、サッカーワールドカップの日本戦のたびに元AKB48の小嶋陽菜(30)らが自宅に集まって観戦していることを明かし、小嶋が熱愛を報じられたIT社長を連れてきていることもほのめかした。 おぎやはぎの2人は28日深夜放送のラジオ番組「おぎやはぎのメガネびいき」で、...
交際宣言をしたケンドーコバヤシ ネットに上がるファンの悲痛な叫び

交際宣言をしたケンドーコバヤシ ネットに上がるファンの悲痛な叫び

ケンドーコバヤシ(45)が交際宣言。波紋を呼んでいる。 6月6日、「アッパレやってまーす!」(MBSラジオ)に出演したケンコバ。自身よりも先に彼女を作ってはならないという「地獄契約」を交わしている共演者のアンガールズ・田中卓志(42)に「報告せなアカンことがある」と切り出し、「地獄契約、解除です...
陣内智則は「腕ある芸人」と高評価 空気を読んで的確に立ち回り

陣内智則は「腕ある芸人」と高評価 空気を読んで的確に立ち回り

古舘プロジェクト所属の鮫肌文殊、山名宏和、樋口卓治という3人の現役バリバリの放送作家が、日々の仕事の中で見聞きした今旬なタレントから裏方まで、TV業界の偉人、怪人、変人の皆さんを毎回1人ピックアップ。勝手に称えまくって表彰していきます。第44回は山名宏和が担当します。陣内智則様 今回、勝手に表...
ももクロを卒業した有安杏果 放送作家が感心したハプニング対応力

ももクロを卒業した有安杏果 放送作家が感心したハプニング対応力

古舘プロジェクト所属の鮫肌文殊、山名宏和、樋口卓治という3人の現役バリバリの放送作家が、日々の仕事の中で見聞きした今旬なタレントから裏方まで、TV業界の偉人、怪人、変人の皆さんを毎回1人ピックアップ。勝手に称えまくって表彰していきます。第41回は山名宏和が担当します。有安杏果様 今回、勝手に表...
川田裕美はなぜ売れっ子なのか 現場スタッフが証言する長所とは

川田裕美はなぜ売れっ子なのか 現場スタッフが証言する長所とは

古舘プロジェクト所属の鮫肌文殊、山名宏和、樋口卓治という3人の現役バリバリの放送作家が、日々の仕事の中で見聞きした今旬なタレントから裏方まで、TV業界の偉人、怪人、変人の皆さんを毎回1人ピックアップ。勝手に称えまくって表彰していきます。第38回は山名宏和が担当します。川田裕美様 2018年最初に、...
田中真弓の「レイトン」出演決定 同一の声優が3番組に渡り登場

田中真弓の「レイトン」出演決定 同一の声優が3番組に渡り登場

声優の田中真弓が、フジテレビで17日に放送されるテレビアニメ『レイトンミステリー探偵社〜カトリーのナゾトキファイル〜』『ゲゲゲの鬼太郎』『ワンピース』に、それぞれ連続して出演することが決定した。同一の声優が3番組に渡って出演するのは、同局の日曜朝のアニメ枠“アドベンチャーサンデー”初となる。...
鈴木京香と深津絵里は共演NG?堤真一めぐるウワサで業界が配慮か

鈴木京香と深津絵里は共演NG?堤真一めぐるウワサで業界が配慮か

波瑠×鈴木京香演じる“最強の凸凹女刑事バディ”で話題の「未解決の女警視庁文書捜査官」(テレビ朝日系)が、これまでの放送5話までが平均視聴率2桁をキープしている(ビデオリサーチ調べ関東地区)。“文字”を糸口に未解決事件を捜査していく新感覚の爽快ミステリーは、今クール人気テレビドラマのひとつである。 ...
テレビから「消えた」ふなっしー 営業で荒稼ぎしている?

テレビから「消えた」ふなっしー 営業で荒稼ぎしている?

一部メディア「終焉説」の真偽 ふなっしーは消えた。ふなっしーは終わった。もう誰も、ふなっしーのことなど興味がない……。こんな記事が、ネット上で散見される。リアリティを感じる人も、少なくないのだろう。 *** 例えばニフティニュースには「『ゆるキャラグランプリ』終了予定と判明ふなっしーは凋落、...
脚本・三谷幸喜シリーズ化に意欲!「日本のサスペンスは人が死にすぎる気がしていた」

脚本・三谷幸喜シリーズ化に意欲!「日本のサスペンスは人が死にすぎる気がしていた」

(全2枚) アガサ・クリスティー原作×三谷幸喜脚本×野村萬斎主演による3年ぶりのスペシャルドラマ第2弾。クリスティー作品の大ファンで、前作『オリエント急行殺人事件』で好評を博した三谷が語った原作の魅力と三谷流ドラマの見どころとは─。 この記事のすべての写真を見る 豪華キャストが出演 『真田丸』メン...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net