芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

アンガールズ田中卓志の番組関係者からの評判「責任感が強いんですよ」

アンガールズ田中卓志の番組関係者からの評判「責任感が強いんですよ」 古舘プロジェクト所属の鮫肌文殊、山名宏和、樋口卓治という3人の現役バリバリの放送作家が、日々の仕事の中で見聞きした今旬なタレントから裏方まで、TV業界の偉人、怪人、変人の皆さんを毎回1人ピックアップ。勝手に称えまくって表彰していきます。第35回は山名宏和が担当します。

田中卓志様

今回、勝手に表彰させて頂くのは、アンガールズの田中卓志さんである。

最近、田中さんはNo.1づいている。「抱かれたくない男ランキング」1位。「業界スタッフが選ぶ仕事をしてみたら良い人だったランキング」1位(※)。褒められたりけなされたり。両極端である。

この評価、セミレギュラーとして出演中の『世界の何だコレ!?ミステリー』(フジテレビ系水曜夜7時57分)ではどうなのだろうか。田中さんは「田中隊長」の呼び名で視聴者が投稿してきたミステリーの調査を行っている。

山の中だろうが狭い洞窟だろうが、どんな場所でもグレーのスーツに身を包み、少ない髪を乱しながら、必死の形相で調査する田中隊長は、待ち受けるミステリーへの期待を3割増しにしてくれるありがたい存在である。

そんな田中さんのロケの様子をスタッフに聞いてみた。

「どんな場所でも必ず先頭で行かせるんですよ」

たとえば洞窟ロケの場合、普通スタッフがタレントの前を行く。安全の確認とタレントの顔を撮るためである。しかし、『何だコレ!?ミステリー』の場合、田中さんが先頭を行き、スタッフがその後に続く。事前に下見もしない。ぶっつけ本番。だから万が一、洞窟の奥に死体でもあろうものならば、それを最初に見つけるのは田中さんなのだ。

そんな無茶なロケ、嫌がる芸人はけっこういる。だが、田中さんはネタとして不平不満は言うものの、ちゃんと引き受けてくれる。

「解明しようという責任感が強いんですよ」

素晴らしい!出演者の鑑(かがみ)である。

と感心していたら、別のスタッフが、

「あの人おかしいんですよ。捨てるものがないから」

おかしいというのはバラエティー番組においては褒め言葉だが、この場合、やはりどこかけなしている。

褒められたりけなされたり。ここでも両極端だ。

田中隊長のロケ終わりには必ず近くの温泉やスーパー銭湯に寄るという。汗まみれ泥まみれになってしまうからだ。

「田中さんが銭湯に入ると出待ちの人がスゴいんですよ」

風呂上がりの人々が湯冷めも気にせず出待ちする。なかなか人気者である。

「待っているのは、おじいちゃんおばあちゃんばっかりなんですけどね」

だからキャーキャーという歓声はあがらない。一緒に写真を撮りたいという人もいない。「田中くん田中くん」と寄ってきて握手を求めるだけだ。田舎のお年寄りから見れば、都会で頑張っている頼りない近所の子、そんなふうに見えるのかもしれない。

「あんなに敷居の低い芸能人は見たことないですよ」

またしても持ち上げられたりけなされたり。

一連の話を聞いて僕が思い浮かんだのはクセのあるチーズだ。見た目も臭いも最悪だけど、食べてみると実はおいしいチーズ。そこで田中卓志さんには今回「ブルーチーズ芸人賞」を勝手に差し上げ、勝手に表彰します。

と、ここで終わると、けなしている分量の方が多い気がする。なので、最後にもう1つエピソードを紹介しよう。

田中隊長のロケ直前、担当ディレクターが突然、鼠径部(そけいぶ)が腫れるという病になった。どう見ても悪いことをした報いだと思うが、本人は絶対に違うと言い張るので信じることにするが、とにかく鼠径部が尋常なく腫れ上がった。歩くのもままならない状態で、普通ならば他の人に代わってもらうところだが、人手不足のため、足をひきずりながらロケに向かった。

ロケ現場に着くと、腫れはさらに酷くなってきた。痛い。熱も出てきた。しかし、田中さんとカメラマンと3人のロケ。ここで帰るわけにはいかないと顔面蒼白で準備をしていると、田中さんがきっぱりと言った。

「ここは俺にまかせろ」

そこまで言ってくれるならとディレクターは病院に向かい、田中さんも宣言通り完璧にロケをこなしたという。

「あの時の隊長はホント、カッコよかったですよ」

よし、褒めて終わったぞ。

※編集部注:「抱かれたくない男ランキング」は『週刊女性』2017年8月1日号より、「業界スタッフが選ぶ仕事をしてみたら良い人だったランキング」は2017年10月19日放送の『深夜でロンドンハーツ』(テレビ朝日系)より。

<プロフィール>
山名宏和(やまな・ひろかず)
古舘プロジェクト所属。『行列のできる法律相談所』『ダウンタウンDX』『世界何だコレ!?ミステリー』といったバラエティー番組から、『ガイアの夜明け』『未来世紀ジパング』といった経済番組まで、よく言えば幅広く、よく言わなければ節操なく、放送作家として活動中。

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

先輩らのつまずきを教訓に アンガールズが語る芸人として生き残る術

先輩らのつまずきを教訓に アンガールズが語る芸人として生き残る術

お笑いコンビのアンガールズが、8月22日放送の『アッパレやってまーす!』(MBSラジオ)に出演した。 番組で司会のケンドーコバヤシは、アンガールズがコント番組で売れ出した時期について「正直、テレビ局とか事務所に持ち上げられた時期もあったのでは?キモカワイイとか」と指摘する。 これに田中卓志は「...
「新アンガールズ」はいい迷惑?田中卓志がボクシング騒動で本音

「新アンガールズ」はいい迷惑?田中卓志がボクシング騒動で本音

お笑いコンビのアンガールズの田中卓志が3日、フジテレビ系「バイキング」で、日本大学・田中英寿理事長と、日本ボクシング連盟の山根明会長がネット上で「新アンガールズ」と呼ばれていることに「いい迷惑ですよ」と本音をもらした。 番組では冒頭から、山根会長が2日にフジテレビに対し電話で取材に応じ...
山根会長&田中理事長で新アンガールズ?ネットでは「本家かわいそう」

山根会長&田中理事長で新アンガールズ?ネットでは「本家かわいそう」

日本ボクシング連盟会長の山根明氏と、日大の田中英寿理事長との2ショット写真がネットなどで拡散されいるが、この2人の名字にちなみ、ネットでは「新アンガールズ」の呼び名が浸透しつつある。 日本ボクシング連盟の山根会長に対する批判が日に日に高まる中、日大のドン、田中理事長とがっちり握手する写...
結婚祝いに松本人志など豪華メンバー よゐこ濱口優の人たらしぶり

結婚祝いに松本人志など豪華メンバー よゐこ濱口優の人たらしぶり

11日、よゐこの濱口優がInstagramを更新。自身の結婚を祝ってくれた、芸人仲間との写真を公開した。 濱口は、「結婚のお祝いに飲み会をして頂きました!!!」と報告。プライベートの時間を使って会を開いてもらったことに、感謝の言葉を述べている。 写真はハッシュタグで、「松本人志と愉快な他事務所の仲...
山崎夕貴アナのオンエア外での大活躍 失われない「製作側感」

山崎夕貴アナのオンエア外での大活躍 失われない「製作側感」

古舘プロジェクト所属の鮫肌文殊、山名宏和、樋口卓治という3人の現役バリバリの放送作家が、日々の仕事の中で見聞きした今旬なタレントから裏方まで、TV業界の偉人、怪人、変人の皆さんを毎回1人ピックアップ。勝手に称えまくって表彰していきます。第56回は山名宏和が担当します。山崎夕貴様 今回、勝手に表...
陣内智則は「腕ある芸人」と高評価 空気を読んで的確に立ち回り

陣内智則は「腕ある芸人」と高評価 空気を読んで的確に立ち回り

古舘プロジェクト所属の鮫肌文殊、山名宏和、樋口卓治という3人の現役バリバリの放送作家が、日々の仕事の中で見聞きした今旬なタレントから裏方まで、TV業界の偉人、怪人、変人の皆さんを毎回1人ピックアップ。勝手に称えまくって表彰していきます。第44回は山名宏和が担当します。陣内智則様 今回、勝手に表...
ももクロを卒業した有安杏果 放送作家が感心したハプニング対応力

ももクロを卒業した有安杏果 放送作家が感心したハプニング対応力

古舘プロジェクト所属の鮫肌文殊、山名宏和、樋口卓治という3人の現役バリバリの放送作家が、日々の仕事の中で見聞きした今旬なタレントから裏方まで、TV業界の偉人、怪人、変人の皆さんを毎回1人ピックアップ。勝手に称えまくって表彰していきます。第41回は山名宏和が担当します。有安杏果様 今回、勝手に表...
川田裕美はなぜ売れっ子なのか 現場スタッフが証言する長所とは

川田裕美はなぜ売れっ子なのか 現場スタッフが証言する長所とは

古舘プロジェクト所属の鮫肌文殊、山名宏和、樋口卓治という3人の現役バリバリの放送作家が、日々の仕事の中で見聞きした今旬なタレントから裏方まで、TV業界の偉人、怪人、変人の皆さんを毎回1人ピックアップ。勝手に称えまくって表彰していきます。第38回は山名宏和が担当します。川田裕美様 2018年最初に、...
今井翼がジャニーズ事務所を退社「これ以上迷惑をかけられない」

今井翼がジャニーズ事務所を退社「これ以上迷惑をかけられない」

滝沢秀明(36)と今井翼(36)のデュオ、「タッキー&翼」が12日、解散を発表した。今年3月にメニエール病を再発し療養中の今井は、「責任とけじめ」をつける形で近くジャニーズ事務所から退所する。引退はしない意向だ。 2人は12日、都内で取材に応じた。滝沢がタッキー&翼の解散の経緯を明かすと、今井は神...
「作ったやつは誰だと思ったら親だった」ACのCM巡り漫画家に衝撃

「作ったやつは誰だと思ったら親だった」ACのCM巡り漫画家に衝撃

漫画家の根本尚さんがツイッターを更新し、ACジャパンのCM「あいさつの魔法」が自身の親が制作に関わった作品であると明かした。 CM内のフレーズ「ポポポポーン」が流行語になるなど今でもその存在が知られる作品のエピソードに衝撃が広がっている。 「私の親だった」 2018年9月10日、根本さんはツイッターで...
木村拓哉「検察側の罪人」にファン怒り 二宮和也の引き立て役?

木村拓哉「検察側の罪人」にファン怒り 二宮和也の引き立て役?

ジャニーズに忠節を尽くしたのに……? 関係者だけでなく、SMAPファンも安堵の声を漏らしたか――。興行通信社は8月27日、最新の映画興行ランキング(25日・土曜〜26日・日曜)を発表した。そして1位が、あの「検察側の罪人」だったのだ。 *** 雫井脩介(49)のミステリー小説(文春文庫)が原作。これを「クラ...
米津玄師のヒット曲「Lemon」を白戸家新CMに起用

米津玄師のヒット曲「Lemon」を白戸家新CMに起用

シンガー・ソングライター米津玄師のヒット曲「Lemon」が、ソフトバンクの人気テレビCMシリーズの最新作「白戸家ミステリートレイン」に起用されたことが明らかになった。 【動画】1億5000万再生突破「Lemon」MV 新CMは、白戸家メンバーが家族旅行で乗車した超豪華寝台列車内で、次々と不可解な事件に遭遇。...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net