芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

目玉不足のNHK紅白 安室、桑田より「仕掛け」必要との指摘

目玉不足のNHK紅白 安室、桑田より「仕掛け」必要との指摘

今年の出場歌手が発表された『第68回NHK紅白歌合戦』。10組の歌手が初出場するが、「目玉不足」と指摘されるほど話題性に乏しい。識者は今年の出場歌手をどう見るのか。コラムニストのペリー荻野さんが指摘する。

***
そんなわけで発表された「紅白歌合戦」の出場者。例によって、「安室奈美恵は出るのか」「朝ドラ『ひよっこ』の主題歌を歌った桑田佳祐は」と誰が出るかよりも、出るか出ないかわからないアーティストのことが話題になるという展開で、昨年のSMAPに続き、ギリギリまで引っ張られることになっている。

私はこの夏、このコラムで出場予想を勝手にして、丘みどりと元ヒーロー俳優を中心した『スーパー銭湯のアイドル』の歌謡グループ「純烈」と丘みどりが有力ではと書いた。丘みどりは、予想通り今年見事に初出場が実現。『ミヤネ屋』などでは、丘のことは「元アイドルという異色の経歴」という程度の紹介だったが、実際は、芸能界に憧れた母の期待を背負い、ミニスカブーツで演歌を歌ったり、下積みをしてきた苦労人である。

「紅白」には、初出場のステージで感極まって涙じんわりの「苦労人枠」は必須。三山ひろし、市川由紀乃と続いたこの枠は確実に弾き継がれることとなった。初出場組の会見映像を観ていたら、結成30周年のエレファントカシマシ宮本浩次も目を細めて「どうすればいいんでしょうかね」「全力であの…」と言葉がなかなかまとまらないほどの興奮ぶり。丘みどりに対抗する白組の「苦労人枠」は、竹原ピストルでも三浦大知でもなく、エレカシではないかという気がしてきた。

一方、純烈は初出場ならず。個人的には残念である。結成以来、「夢は紅白、親孝行」を前面に打ち出し、楽曲はオリコンチャート演歌・歌謡ランキングで1位を獲得したこともある。どう考えても話題性のある彼らが選ばれなかったのは、今年の出場選考の謎のひとつだと思う。

深読みすれば、『紅白出場』の目標があるからこそ、夢を追いかける彼らを応援したくなるというもの。さらに黄色い風呂桶を手にしたダンサーとともに持ち歌『愛でしばりたい』を歌い踊る彼らのような、にぎやかな「お祭り枠」は、2020年をにらんだ「五輪枠」にとっておかれたという可能性もあったりして?

さまざまな謎を感じる今年の「紅白」だが、やはり最大の謎は、大河ドラマ『おんな城主直虎』で1年間頑張ってきた柴咲コウも菅田将暉も話題になっていないことだ。特に菅田は、今年一番多忙な俳優として、「移動にヘリを使った」と『嵐にしやがれ』でも話題にもなるほどの大活躍。auのCMでの鬼ちゃん姿でも歌った楽曲『見たこともない景色』も話題になっている。紅白出場もアリだったのでは?

思えば、昨年の紅白ではAIが『みんながみんな英雄』、桐谷健太が『海の声〜みんなの海の声バージョン〜』を歌い、三太郎CM楽曲が揃った。今年も『やってみよう』のWANIMA初出場で三太郎シリーズが続く。そのため菅田はあえて登場せずとなったのか。ならば、いっそ、WANIMA応援のため、菅田がヘリで駆けつけるくらいの仕掛けがあってもいい。

意外に地味で「どうなるんだ」と心配になるようなはじけキャラ不在の今年の紅白。安室も桑田も大事だが、年に一度の「仕掛け」も重要だ。

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

丘みどりの紅白出場に疑惑 制作サイドとバーニングの「癒着」強く?

丘みどりの紅白出場に疑惑 制作サイドとバーニングの「癒着」強く?

大みそか『第68回NHK紅白歌合戦』の出場歌手が今月16日に発表された。 出場するのは昨年と同じ紅白各23組ずつの計46組で、そのうち初出場は昨年と同数の10組だった。 「デビュー30周年のエレファントカシマシ、20周年の三浦大知、10周年のHey!Say!JUMPら“周年組”は、それなりに出る理由がある。韓国勢としては...
第68回紅白歌合戦への出場歌手 ネットではTWICEの選考に疑問

第68回紅白歌合戦への出場歌手 ネットではTWICEの選考に疑問

11月16日に発表された、大晦日恒例のNHK紅白歌合戦出場歌手。選考について、毎年のようにネットで議論となりますが、2014年より我がガジェット通信では「選考に疑問符の人は?」という1000人アンケートを行っております。 昨年の記事: 白組は三代目JSB紅組は大竹しのぶさんが1位に「2016紅白出場歌手選考に疑...
紅白歌合戦 AAA、香西かおりらの名前が出場リストから消えた理由

紅白歌合戦 AAA、香西かおりらの名前が出場リストから消えた理由

おおみそかの「第68回NHK紅白歌合戦」の出場歌手が16日発表され、紅白の公式サイトに出場歌手が掲載された。 出場歌手は紅白合わせて46組で、初出場は紅組が4組、白組が6組の計10組となった。 初出場組の顔触れは、紅組が演歌歌手の丘みどり、いずれも人気ガールズグループのSHISHAMO、TWICE、LittleGleeMon...
「水戸黄門」篠田麻里子の入浴シーン 由美かおるらとの決定的な違いを指摘

「水戸黄門」篠田麻里子の入浴シーン 由美かおるらとの決定的な違いを指摘

6年ぶりに復活した国民的時代劇『水戸黄門』(BS-TBS・毎週水曜19時〜)。同作でおなじみとなっているのが、くノ一の入浴シーンだ。由美かおるが演じてきたことで知られるが、今作で挑戦したのは篠田麻里子(31才)。どんな入浴シーンを演じたのか?時代劇研究家でコラムニストのペリー荻野さんが、由美らとの...
船越英一郎 松居一代との離婚騒動後に「復活」できた理由とは

船越英一郎 松居一代との離婚騒動後に「復活」できた理由とは

ワイドショーを騒がせた松居一代による離婚騒動から4か月。その渦中にあった船越英一郎が、“復活”しつつある。主演ドラマがスタート、司会を務める『ごごナマ』では余裕の表情を見せることも。船越の“今”についてコラムニストのペリー荻野さんが綴る。 *** 先日、NHKBSで新番組『赤ひげ』がスタートした。...
あなそれ 他の不倫ドラマとの違いは行動への後悔のなさ

あなそれ 他の不倫ドラマとの違いは行動への後悔のなさ

昨今のゲス不倫騒動もあって、初回から注目を集めている波瑠主演の不倫ドラマ『あなたのことはそれほど』(TBS系)。毎回、衝撃的な展開がSNSなどで話題を呼んでいるが、他の不倫ドラマとの違いはどこにあるのか?コラムニストのペリー荻野さんが解説する。 *** そんなわけで、盛り上がってきた『あなたの...
第9回 男性が選ぶ“なりたい顔”ランキング 竹内涼真が初登場&歴代最年少で1位に

第9回 男性が選ぶ“なりたい顔”ランキング 竹内涼真が初登場&歴代最年少で1位に

昨今のさっぱりとした顔立ちの“塩顔”イケメンブームなど、時代によって“いい男”の定義は変わっていくもの。そんななかORICONNEWSでは、年末恒例企画『第9回男性が選ぶ“なりたい顔”ランキング』を発表。今年、見事首位を獲得したのは、同ランキング初登場となる【竹内涼真】。過去、福山雅治の5連覇による殿堂...
『2017 ブレイク俳優ランキング』1位は竹内涼真 上期首位の高橋一生を抜く

『2017 ブレイク俳優ランキング』1位は竹内涼真 上期首位の高橋一生を抜く

いよいよ12月に入り、この1年を振り返る時期となった。今年も数々の名作ドラマや映画が人々の心に潤いをもたらしてくれたが、ORICONNEWSでは先日の女優部門に続き『2017ブレイク俳優ランキング』を発表。首位に輝いたのは、人気ドラマに次々と出演して、瑞々しい演技を残した【竹内涼真】だった。 【ランキ...
M-1優勝のとろサーモン 久保田かずのぶの素顔はイメージと全く違う?

M-1優勝のとろサーモン 久保田かずのぶの素顔はイメージと全く違う?

年に一度の漫才の祭典、『M-1グランプリ2017』(ABC・テレビ朝日系)が12月3日に放送され、「とろサーモン」が第13代目の王者に輝いた。とろサーモンといえば、過去にはNHK上方漫才コンテスト最優秀賞をはじめ、いくつものショーレースを総なめにしたお笑い界の実力派。デビュー当初から“すかし漫才”などの多...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net