芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

水ト麻美アナに心配の声も 女子アナはもはや「ブラック職場」に?

水ト麻美アナに心配の声も 女子アナはもはや「ブラック職場」に?

民放各局がかつてない「女子アナ人材不足」に見舞われている。中堅・若手の退社が相次ぎ、一部の「主力アナ」に仕事が集中、フル稼働で悲鳴をあげているのだ。テレビ朝日社員が明かす。

「まさに雪崩を打つように、女子アナたちが辞めているんです。『マツコ&有吉の怒り新党』を任されていた中堅・青山愛アナ(29)が7月に退社、宇佐美佑果アナ(29)も年内で辞めてしまう。どちらも理由は海外留学。そのため“待遇に不満だったのか”なんて噂も出ています。

おかげで現場は明らかに人員不足。大下容子アナ(47)や下平さやかアナ(44)など大ベテランや、安定感のある竹内由恵アナ(31)や小川彩佳アナ(32)など中堅どころがカバーしている状況です」

エース級アナがフリー転身で局を辞める例は昔からあったが、最近はそれ以外の理由で退社する女子アナが、テレ朝以外でも明らかに増えているのだ。

たとえばTBSでは、昨年にエース格の久保田智子アナ(40)が「ニューヨークで働く夫と一緒に生活する」と局を去った。今年4月には佐藤渚アナ(30)が、夫であるJリーグ浦和の柏木陽介のサポートを理由に辞めている。日テレでも小熊美香アナ(31)が妊娠・出産を機に12月中の退社を発表した。民放ディレクターがいう。

「女子アナは1000倍以上の“狭き門”の入社試験をくぐり抜け、年収は30歳を前に1000万円を超える。その仕事を自分から手放すケースはほぼなかったし、結婚・妊娠しても会社に残る人が多かった。それが最近ではアッサリ辞めてしまう。女子アナはステータスから“激務のブラック職場”に成り下がってしまったのかもしれない」

10月29日には、TBSのエース格・吉田明世アナ(29)が、『サンデー・ジャポン』の生放送中にろれつが回らなくなり、途中退席するというアクシデントが発生した。貧血による体調不良が原因だった。平日は朝の情報番組『ビビット』でMCを務め、日曜は『サンジャポ』の生放送、他にもバラエティやラジオの収録を多数抱える激務ぶりが原因との指摘は少なくない。

過去にはフジテレビ時代にカトパン(加藤綾子・32)が過労で倒れたこともあった。日テレの社員がいう。

「同じことはウチでも起こりうる。一番の心配はミトちゃんこと水ト麻美アナ(30)の過重労働です。

あまりの“ミトちゃん頼み”に、1年ほど前に上層部が“仕事をセーブさせろ”と指令を出したが、今年の『24時間テレビ』もフル稼働し、『スッキリ』のMCになるなどすっかりなし崩し状態。あまり目立たないが、杉野真実アナ(27)も“何でもこなせる”と報道を中心にフル回転で、パンクしてしまわないか心配です」

一方、「人員的には十分なはずなのに、なぜか仕事が一部に偏ってしまう」と話すのはフジテレビ社員だ。

「一時は40人以上も在籍していたウチのアナウンス部は、最近積極的に“リストラ”を進めている。昨年、細貝沙羅アナ(31)は人事部に異動になったし、7月に中村仁美アナ(38)がフリーに転じたのも、営業部門への異動がきっかけだった。

それほどアナウンサーの人数は多いのですが、なぜか出演は椿原慶子アナ(32)、ショーパン(生野陽子アナ・33)、山崎夕貴アナ(30)ばかりに集中している。宮澤智アナ(27)や永島優美アナ(25)など次世代の女子アナもいるが、上層部は安定感のあるベテランを使いたがる。使わなければ若手だって育たないのに……」

※週刊ポスト2017年12月1日号

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

「報ステ」に復帰で徳永有美に集まる批判 著作家が感じた疑問

「報ステ」に復帰で徳永有美に集まる批判 著作家が感じた疑問

10月から『報道ステーション』(テレビ朝日系)のキャスターを務めるフリーアナウンサーの徳永有美。テレ朝のアナウンサーだった彼女は社内結婚していたが、2003年に内村光良との不倫が報じられ、担当番組を軒並み降板。その2年後に内村と結婚し、テレ朝を退社した。以降、2児の母親として、そして妻として夫...
男女キャスターの間に確執が生まれる謎 局内には男性優位の意識か

男女キャスターの間に確執が生まれる謎 局内には男性優位の意識か

テレビ朝日では『報道ステーション』の小川彩佳アナ×富川悠太アナ、『ニュースステーション』時代の久米宏×小宮悦子アナ、フジテレビでは『とくダネ!』の小倉智昭×中野美奈子アナなど、過去に様々な「男女キャスターの確執」が取り沙汰されてきた。 なぜ男女キャスターの間にはかくも大きな“溝”ができるのか...
元テレビ東京アナの家森幸子さん 今はスターバックスでバイト中

元テレビ東京アナの家森幸子さん 今はスターバックスでバイト中

女子アナの結婚相手といえば、誰もが思いつくのが「野球選手」。『スポーツTODAYワイド』などスポーツニュースで活躍していた元テレビ東京・家森幸子アナは、2002年、当時中日の関川浩一選手(49)と結婚して退社、名古屋に引っ越した。 「たまたま共通の知人がいて、食事会で会ったのがきっかけでした。主人...
宇垣美里アナが品田亮太アナのイスを隠す 闇キャラらしいイタズラ?

宇垣美里アナが品田亮太アナのイスを隠す 闇キャラらしいイタズラ?

サンデージャポン公式ツイッターより TBSの宇垣美里アナウンサー(27)が、8月19日に放送された情報番組『サンデー・ジャポン』にVTR出演。アニメ『美少女戦士セーラームーン』のコスプレ姿で、流行している「シリシリダンス」を踊りながら、「月に代わっておしおきよ!」とノリノリで決め台詞を披露した。 宇...
TBSの佐藤渚アナが4月末で退社へ 「中途半端な自分を許せなかった」

TBSの佐藤渚アナが4月末で退社へ 「中途半端な自分を許せなかった」

Jリーグ浦和の柏木陽介選手(29)と昨年3月3日に結婚したTBSの佐藤渚アナウンサー(29)が4月30日をもって同局を退社する。9日、自身のブログで報告した。 【写真】旦那様は…Jリーグ浦和の柏木陽介選手 「昨年の結婚後、仕事と家庭を両立できるようスケジュールなど様々なご配慮をいただきながら、この1年仕...
自ら表舞台を去る芸能人が増加、隠し切れない精神的な消耗も

自ら表舞台を去る芸能人が増加、隠し切れない精神的な消耗も

9月13日に滝沢秀明さんが年内での引退を発表、16日には安室奈美恵さんがこの日限りで引退。「トップクラスの芸能人が相次いで引退」という事態が起き、各メディアはこの話題で持ち切りです。 しかし、表舞台を去る芸能人は2人だけではありません。8月にはフリーアナウンサー・小林麻耶さんが引退、6月には女優...
街ブラや旅番組では「パクリ」横行か 業界での情報共有に原因?

街ブラや旅番組では「パクリ」横行か 業界での情報共有に原因?

連載スタッフは見た!週刊「テレビのウラ側」InsidestoryofTelevision 映画『カメラを止めるな!』の関係者たち。左から3人目が渦中の上田監督。その右隣が主演の濱津隆之だ。全国拡大上映が決まった際の舞台挨拶から低予算ながら興行収入19億円を突破した映画『カメラを止めるな!』の盗作疑惑が浮上してい...
ジャニーズ退所も?近藤真彦や東山紀之、どうなるベテラン勢

ジャニーズ退所も?近藤真彦や東山紀之、どうなるベテラン勢

今年いっぱいで芸能活動を引退し、来年からジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長(86)の後継者として後進の育成や、プロデュース業務に専念することを明らかにした滝沢秀明(36)。並み居る大先輩たちを飛び越えての“後継指名”だが、いったい何があったのか。 12日、ジャニーズ事務所が発表した。昨年...
「普通の漫才とは違う」ナイツ塙の「M-1論」が話題に

「普通の漫才とは違う」ナイツ塙の「M-1論」が話題に

集英社新書プラスのインタビュー記事『関東芸人はなぜM-1で勝てないのか?』にナイツ・塙宣之が登場。彼の独自の見解がネット上で話題となっている。 過去に『M-1グランプリ』で優勝した芸人は、関西圏が多く関西以外は少ない(3例)。この結果のもと筆者は、同大会で3度決勝に立ち、漫才協会の副会長も務める...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net