芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

好調「池の水ぜんぶ抜く」2回連続大河超え テレ東社長「この追い風を生かしたい」

好調「池の水ぜんぶ抜く」2回連続大河超え テレ東社長「この追い風を生かしたい」

テレビ東京の定例社長会見が30日、東京・六本木の同局で行われた。

小孫茂社長(66)は26日に放送された「緊急SOS!史上最大の池に異常発生!怪物10000匹!?池の水ぜんぶ抜く大作戦5」(日曜・後7時54分)の平均視聴率が同番組最高の12・8%記録。同時間帯のライバル・NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」(日曜・後8時)を2回連続で上回るなど好調なことについて、「今年度のバラエティーで最高(の視聴率)。日曜特番では5年ぶりの水準。この追い風を生かしながら、着実に進んでいきたい」と笑顔を見せた。

同局では、来年1月2日の正月特番として「緊急SOS!池の水ぜんぶ抜きましておめでとう2018〜恐怖怪物が出た!出た!出た!3時間スペシャル」(後5時55分)を放送する。

また、正月特番については同社長は「初の3時間の特番ですが、池の水を抜くというコンセプトに返って、爽快感のある番組に仕上がっています」と自信を見せた。

同社長は番組の人気の秘密を「最初は『誰がこんなこと考えたんだ?』と思った企画でしたが、誰もが笑顔になる番組。これからも丁寧さと『なんで池の水、抜くんだ?』という原点を忘れなければ、今後も人気を保てるのではと思います」と分析した。

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

石原さとみの熱愛報道 事務所が前田裕二氏側の関係者に不信感か

石原さとみの熱愛報道 事務所が前田裕二氏側の関係者に不信感か

5月初旬に発覚した女優石原さとみ(31)とIT企業「SHOWROOM」の前田裕二社長(30)との熱愛をめぐって、不穏な空気が漂っている。「週刊文春」が2人の沖縄県・石垣島、竹富島への極秘旅行をスクープした経緯をめぐり、石原側の関係者が前田氏側のリークを疑い、その後の交際に関する前田氏側...
番組辞退の登坂淳一 ショーンK氏の降板騒動を生かせなかったフジテレビ

番組辞退の登坂淳一 ショーンK氏の降板騒動を生かせなかったフジテレビ

フジテレビの定例社長会見が26日、東京・新宿の京王プラザホテルで開かれた。 宮内正喜社長(73)は4月スタートのニュース番組のメインキャスターに決まっていた元NHKの登坂淳一アナウンサー(46)がセクハラ疑惑報道を理由に突然、出演辞退したことについて、「信頼される報道番組を提供したいと...
“育ての親”平社長 安室引退に理解「あいつの美学なんだろう」

“育ての親”平社長 安室引退に理解「あいつの美学なんだろう」

◇安室奈美恵引退発表 安室の育ての親で、彼女がデビュー時から23年間所属した「ライジングプロ・ホールディングス」の平哲夫社長(71)はこの日、引退の一報を所属レコード会社からの連絡で知ったという。 開口一番「あいつの美学なんだろうね」と説明。最後は独立という形で、公私ともに離れ離れの関係...
IT企業を立ち上げた柴咲コウ 約1年ぶりに本格的な演技に挑む

IT企業を立ち上げた柴咲コウ 約1年ぶりに本格的な演技に挑む

ちょっぴり疲れたお母さん……に見えたのは、あの大河女優だった。柴咲コウ(37)は、神奈川県内のとある商店街でドラマの撮影に臨んでいた。 子役の手を引き商店街に立ち尽くす柴咲。シリアスなシーンなのだろう、たたずまいには真剣さが滲んでいた。 2017年放送のNHK大河ドラマ『おんな城主直虎』の撮影を終え...
女が住居侵入と強盗致傷で逮捕 若手女優の母の犯行にホリプロ当惑

女が住居侵入と強盗致傷で逮捕 若手女優の母の犯行にホリプロ当惑

政治家の秘書といえば、近頃は国税庁への口利きに一役買ったと取り沙汰されたりして、センセイの悪事の片棒を担ぐといったイメージである。が、在職時に強盗となると前代未聞。逮捕された男を雇っていた議員たちは、さぞや衝撃を受けたに違いないが、犯人が捕まったことで、なぜか大手芸能プロが当惑していた...
基本的にオファーは断らず ブレークしても「信念」曲げない高橋一生

基本的にオファーは断らず ブレークしても「信念」曲げない高橋一生

俳優の高橋一生(37)が10月スタートのフジテレビ系ドラマ「僕らは奇跡でできている」(火曜午後9時)に主演することを、一部スポーツ紙が報じた。 記事によると、同ドラマはオリジナル脚本。高橋演じる主人公は、生き物の不思議に目がない大学講師。気になることを徹底的に調べるいっぽう、周囲からは変人扱...
「西郷どん」視聴率 異例の「西高東低」に関係者も驚き

「西郷どん」視聴率 異例の「西高東低」に関係者も驚き

俳優の鈴木亮平(35)が主演を務めるNHK大河ドラマ「西郷(せご)どん」(日曜後8・00)。視聴率が“西高東低”の不思議な現象が起きている。 大河ドラマ57作目。直木賞作家・林真理子氏(64)の小説「西郷どん!」(KADOKAWA)を原作に、幕末から明治維新のヒーロー・西郷隆盛(鈴木)の...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net