芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

博多大吉 M-1最終決戦でとろサーモンに投票した理由「つかみが早かった」

博多大吉 M-1最終決戦でとろサーモンに投票した理由「つかみが早かった」 3日放送の「M-1グランプリ2017」(テレビ朝日系)で、博多華丸・大吉の博多大吉が、最終決戦でとろサーモンに投票した唯一の理由を明かした。

番組では、総エントリー4094組の中から10組が決勝に進出。最終決戦はとろサーモン、和牛、ミキの3組で争われ、とろサーモンが13代王者になった。

最終決戦で3組の漫才が終わった直後、審査員として出演した大吉は「ひと組だけ一カ所だけ優れているのがいたので、そこに決めました」と、心に決めたコンビがいるとコメント。MCの今田耕司から「自分の中で1組だけ優れてた?」と問われるも、大吉は「1カ所だけ優れてた」と強調した。

その後、行われたファイナルジャッジでは、大吉はとろサーモンに投票。結果、とろサーモンが4票、和牛が3票を獲得し、とろサーモンの優勝が決まった。

今田から「1組だけ優れてた」発言の真意について聞かれると、大吉は「つかみが1番早かったんです。2本とも通じて、つかみのスピードがピカイチだったんで」と、とろサーモンを評価した理由を明かしていた。

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

爆笑問題がミキと共演 M-1騒動をネタに「上沼さん大丈夫?」

爆笑問題がミキと共演 M-1騒動をネタに「上沼さん大丈夫?」

お笑いコンビの爆笑問題、ナイツ、ミキが14日、東京・銀座の時事通信ホールで行われたお笑いライブ『タイタンライブ』12月公演に出演。とろサーモン・久保田かずのぶ、スーパーマラドーナ・武智が、『M-1グランプリ2018』審査員を務めた上沼恵美子へSNS上で暴言を吐いた騒動をさっそくネタにした。 【画像】...
ミキ昴生が上沼恵美子をネタに「バックが強いですから」

ミキ昴生が上沼恵美子をネタに「バックが強いですから」

爆笑問題ら芸能事務所タイタン所属の芸人とゲストがネタを披露する「タイタンライブ」が14日、都内で開催されお笑いコンビのミキが出演した。M−1グランプリの審査員・上沼恵美子(63)をめぐる騒動をネタにした。 コントの冒頭でミキの亜生(30)が「他事務所のライブに出させてもらえてうれしいですね」とす...
M-1王者・霜降り明星の本当の実力 トークやロケもできる

M-1王者・霜降り明星の本当の実力 トークやロケもできる

とろサーモン久保田と、スーパーマラドーナ武智が、インスタライブ上で発した『M-1グランプリ2018』審査員の上沼恵美子を批判する発言が大きな問題となり、現在もメディアを賑わせている。 「この騒動があまりにも大きくなり、肝心の王者である『霜降り明星』の影が薄くなってしまったことが気の毒ですね」 と...
上沼恵美子への暴言騒動 和解にキングコング梶原が仲介か

上沼恵美子への暴言騒動 和解にキングコング梶原が仲介か

直接謝罪はネットで!?お笑いコンビ「とろサーモン」の久保田かずのぶ(39)と「スーパーマラドーナ」の武智正剛(40)が、「M-1グランプリ2018」で審査員を務めた上沼恵美子(63)に“暴言”を吐いた問題は表面上は沈静化したように見える。だが、このままでは久保田も武智も仕事ができないのが実...
上沼恵美子への暴言を叱る先輩芸人たちの「深慮遠謀」に学ぶ

上沼恵美子への暴言を叱る先輩芸人たちの「深慮遠謀」に学ぶ

トラブルは期せず起きてしまうもの、おさめ方こそがその後の評価を分ける。大人力について日々研究するコラムニストの石原壮一郎氏が指摘する。 *** 「M‐1グランプリ2018」での上沼恵美子の審査っぷりは、例年どおりの辛らつさでインパクト抜群でした。ただ、視聴者にとっては楽しい審査でしたが、バッサリ...
暴言騒動の武智 M-1決勝前日に「礼儀の大切さ」を力説していた

暴言騒動の武智 M-1決勝前日に「礼儀の大切さ」を力説していた

「M-1グランプリ2018」で審査員を務めた関西お笑い界の“女帝”上沼恵美子(63)に対し「とろサーモン」の久保田かずのぶ(39)とともに暴言を吐いたことが大問題となっている「スーパーマラドーナ」(スーマラ)の武智正剛(40)が、なんとM-1の前日、ラジオに出演し「先輩への礼儀の大切さ」に...
三浦春馬のカマキリを怖がる姿に視聴者悶絶 「可愛すぎでしょ」

三浦春馬のカマキリを怖がる姿に視聴者悶絶 「可愛すぎでしょ」

【三浦春馬/モデルプレス=12月7日】俳優の三浦春馬が、7日放送のNHK「あさイチ」(月〜金、あさ8時15分)のプレミアムトークに生出演。苦手な“カマキリ“を前にしたリアクションが話題となった。 【さらに写真を見る】“丸メガネ”姿の三浦春馬がカッコいい ◆“カマキリ嫌い”三浦春馬がまさかのリアクション ...
ケンドーコバヤシ「泥塗った」久保田かずのぶらの暴言に不快感

ケンドーコバヤシ「泥塗った」久保田かずのぶらの暴言に不快感

お笑い芸人のケンドーコバヤシ(46)が、「M−1グランプリ2018」で審査員を務めた上沼恵美子(63)に対し暴言を吐いた所属事務所の後輩であるとろサーモン久保田かずのぶ(39)とスーパーマラドーナ武智(40)について「(M−1に)すげえ泥塗った」とコメントした。 コバヤシは5日放送のラジオ番組「アッパレや...
とろサーモンの久保田かずのぶ M-1審査員の上沼恵美子を猛烈批判

とろサーモンの久保田かずのぶ M-1審査員の上沼恵美子を猛烈批判

2日に放送された『M-1グランプリ2018』(テレビ朝日系)で審査員を務めた上沼恵美子を、「とろサーモン」の久保田かずのぶが痛烈に批判した。 事の発端となったのは、今回7位で敗退したお笑いコンビ・スーパーマラドーナの武智が『M-1グランプリ』放送後に配信したインスタライブだった。動画に映った2017年チ...
濱田祐太郎が障害者イジりに訴え「イジられるのが嫌な方もいる」

濱田祐太郎が障害者イジりに訴え「イジられるのが嫌な方もいる」

18日放送の「ワイドナショー」(フジテレビ系)で、弱視の漫談家・濱田祐太郎が、障害者イジりについて「嫌な障害者の方もいる」と訴えた。 番組では「R−1ぐらんぷり2018」(同)で優勝した濱田が出演し、ネタを披露。ネタ後のトークでは、優勝を機に仕事が増えたことなどを明かした。 盲学校のあるあるネタ...
テレビ業界「暗黙のルール」の実情 TOKYO MXは裏かぶりOK?

テレビ業界「暗黙のルール」の実情 TOKYO MXは裏かぶりOK?

テレビ業界で暗黙のルールとして浸透しているタレントの“裏かぶりNG”。簡単に言えば、同時刻に局をまたいで重複した出演をタブーとするもので、万が一重複しそうな場合は「出演時間をずらす」「CM中の間だけ出演する」などの調整が行われる。中には「あるアイドルが、TBSでのドラマ出演が終わった瞬間、テレビ...
とろサーモンが創価学会の新たな広告塔に?「週刊新潮」報じる

とろサーモンが創価学会の新たな広告塔に?「週刊新潮」報じる

昨年12月、『M-1グランプリ2017』王者となったとろサーモンが、宗教法人創価学会の新たな広告塔になったと、「週刊新潮」(新潮社)が報じている。 高校時代の同級生だという2人は、卒業後に吉本興業の養成所に入所。その後は、『ABCお笑い新人グランプリ』最優秀新人賞や、『NHK上方漫才コンテスト』最優秀賞...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net