芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

板尾創路の不倫騒動 一転し認めた裏に菅田将暉サイドからの激怒?

板尾創路の不倫騒動 一転し認めた裏に菅田将暉サイドからの激怒?

当初の沈黙を翻した謎

写真週刊誌「FLASH」(光文社)が報じた、タレント板尾創路(54)と、グラビアアイドル豊田瀬里奈(27)の不倫記事。板尾が会見で不倫を認めた映像をご記憶の方も多いだろう。

***

だが記事中では、「FLASH」側が取材するも本人は無言を貫き、吉本興業も期日内に回答をしなかったとの記述がある。文中のポイントを引用させてもらおう。まず、不倫の内容だ。

《イタリアンでの食事のあとはカラオケ店へと向かった。妻帯者が女性と密室で2人きりというのもいかがなものかと思ったが、1時間後に店を後にすると、向かった先は冒頭のラブホテル街。ホテルから出てきたのは深夜3時半で、じつに3時間以上の「ご休憩」だった》

「FLASH」の取材に対する板尾側の対応は以下の通りだ。

板尾創路の不倫騒動 一転し認めた裏に菅田将暉サイドからの激怒? 菅田将暉

《板尾に声をかけた。

――豊田瀬里菜奈さんをご存じですよね?

「……」

悟ったように前を見据えたまま、何を聞いても終始無言を貫いたのだった。板尾が所属する吉本興業に問い合わせたが、期日までに回答はなかった》

だが、先に見た通り、板尾は一転して会見に応じ、不倫を暗に肯定。ネット上では豊田に対するバッシングこそ激しかったものの、本格的に世論が沸騰することはなかった。板尾側の“危機管理”が成功したかに見えるが、そう判断するのは表面的に過ぎるようだ。水面下では関係者の激しい暗闘が繰り広げられていたという。

バトルの背景は、お笑いコンビ・ピースの又吉直樹(37)が執筆した小説『火花』(文藝春秋)の原作映画を板尾が監督したことにある。事情に詳しい関係者が打ち明ける。

「『FLASH』が不倫を報じてからも、板尾さんたちは方針を変えるつもりはなかったんです。黙ってやり過ごし、うやむやになるのを狙っていた。ところが、それに激怒したのが、映画『火花』にW主演の1人である菅田将暉さんのサイドです。実は『FLASH』の発売日だった11月20日に板尾さんが出席しない映画PRイベントが予定されていたため、『菅田に火の粉がかかるじゃないか!』と猛反発したんです」

時系列が雄弁に物語る「真実」

時系列を整理してみよう。

●11月18日:「FLASH」の公式ウェブサイト「SmartFLASH」が板尾、豊田の2人が渋谷のラブホテルで3時間休憩したと報じる。

●11月19日:スポーツ紙などが「FLASH」の電子版記事を報道。「スポーツ報知」の取材に吉本は「今は話せることはありません」と取材拒否。だが板尾は、渋谷で公演中の舞台「THEBAMBISHOW〜2NDSTAGE〜」に出演後、取材に応じ、不倫を案に認める。

●11月20日:「FLASH」発売。映画「火花」主演の菅田将暉(24)と桐谷健太(37)が特別試写会に出席。板尾は舞台出演のため欠席。豊田はツイッターを更新し「被害者ぶるつもりもないので自分自身の行動は本当に悪かった」、「決まっていたお仕事は全て白紙になりました」などと発言して炎上。

●11月23日:映画「火花」の初日舞台あいさつが行われ、菅田、桐谷、板尾らが出席。不倫問題については触れず。

確かに時系列も、先述の関係者の証言を裏付ける。板尾の舞台出演によって欠席が決まっていた11月20日の特別試写会で、菅田には「火の粉をかぶる」危険性があったというわけだ。

板尾と吉本興業は、記事のために「FLASH」がコメントを求めた時点でも、18日に電子版で第一報を報じた時点でも、19日のスポーツ紙の取材の時点でも、沈黙を貫こうとしていたことは一目瞭然だろう。

男を下げた板尾

関係者が暗闘を繰り広げた原因となった映画「火花」だが、興行通信社の調べによると、公開初日と2日目の土日2日間で、動員は約8万2400人、興行収入は約1億1100万円。ランキングでは3位に入ったが、既にメディア上では「健闘説」と「爆死説」が交錯している。

「FLASH」の記事には《映画製作関係者》が、板尾が周囲に注意を呼び掛けていたことが紹介されている。

《「『公開まで人を殴ったらアカン、物を盗ったらアカン、不倫したらアカン』と言っていたが……」》

絶句も当然の言行不一致だ。しかも、あべこべに自身の報道対応が菅田サイドから「アカン」とダメ出しされたのだから、板尾が男を下げたのは間違いないようだ。

週刊新潮WEB取材班

2017年12月6日掲載

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

いまや芸人が市場独占 悪役俳優が「絶滅」の危機か

いまや芸人が市場独占 悪役俳優が「絶滅」の危機か

ドラマでは悪役を専門とする役者はあまり見なくなり、今やその市場を独占しているのがお笑い芸人だ。コラムニストのペリー荻野さんがその事情について解説する。 *** 先日放送されたNHKBSプレミアム『たけしのこれがホントのニッポン芸能史』は悪役特集。Vシネマのレジェンド、小沢仁志が例の怖い顔としゃ...
名倉潤や岡村隆史、松本人志など 意外と多い芸人の休養・謹慎事情

名倉潤や岡村隆史、松本人志など 意外と多い芸人の休養・謹慎事情

ネプチューンの名倉潤が9日、所属事務所を通じて休養することを発表。6月末に頚椎椎間板ヘルニアの手術を行い、継続的な内服の必要があるため10日から約2週間仕事を休む。トリオとしても個人としても多数番組を抱える名倉だが、こうした人気芸人が休養に入ることは珍しくないという。 「ナインティナインの岡...
放送ギリギリ?板尾創路が語る「エキセントリック少年ボウイ」の裏側

放送ギリギリ?板尾創路が語る「エキセントリック少年ボウイ」の裏側

25日深夜に放送の『板尾壇(談)』(テレビ埼玉)で、壇蜜が板尾創路に質問攻め。ダウンタウンを中心に結成された「エキセントリック少年ボウイオールスターズ」などについて、濃密なトークが繰り広げられた。 『板尾壇(談)』は、板尾創路と壇蜜がダラダラと思いつくままに、時に雑誌をパラパラとめくりながら進...
ナイツ塙宣之がドラマ「捜査一課長」に出演 「大根」ぶりが話題に

ナイツ塙宣之がドラマ「捜査一課長」に出演 「大根」ぶりが話題に

お笑い芸人が役者デビュー――。いまどき珍しくない現象、というよりも、低迷するドラマのスパイス、そして広告塔として、重要視されているという。4月期のドラマを見回してみよう。 *** 民放プロデューサーが語る。 「お笑いの人って、コントでも別人を演じていますし、そこでデフォルメすることはあっても...
インパルス板倉俊之が堤下敦の近況語る「元気そうと聞いている」

インパルス板倉俊之が堤下敦の近況語る「元気そうと聞いている」

お笑いコンビ「インパルス」板倉俊之(40)が12日、大阪市内で行われた「道頓堀ZAZABOX×eスポーツ」の開催発表会見に登場した。 インドネシア・ジャカルタで行われたアジア大会の公開競技として行われ、サッカーゲーム「ウイニングイレブン2018」で日本人選手が金メダルを獲得するなど話題沸...
「普通の漫才とは違う」ナイツ塙の「M-1論」が話題に

「普通の漫才とは違う」ナイツ塙の「M-1論」が話題に

集英社新書プラスのインタビュー記事『関東芸人はなぜM-1で勝てないのか?』にナイツ・塙宣之が登場。彼の独自の見解がネット上で話題となっている。 過去に『M-1グランプリ』で優勝した芸人は、関西圏が多く関西以外は少ない(3例)。この結果のもと筆者は、同大会で3度決勝に立ち、漫才協会の副会長も務める...
「福岡の女帝」になっている中澤裕子 芸能人からも羨望の的

「福岡の女帝」になっている中澤裕子 芸能人からも羨望の的

先ごろ、元モーニング娘。の中澤裕子が『ザ・パワーマップ!』(日本テレビ系)で、“福岡の女帝”になっていると話題になった。番組MCのチュートリアル・徳井義実が「これは完成系!」と絶賛すれば、井森美幸も「最強、われわれの目標」と語ったように、地方ローカル局に軸足を移し、そこに君臨するという生き...
松本人志の実家の表札を盗んだ「地下芸人」 チャンス大城の生活に密着

松本人志の実家の表札を盗んだ「地下芸人」 チャンス大城の生活に密着

【連載・地下1回】皆さんは「地下芸人」という存在を知っているだろうか?地下アイドルや地下格闘技という言葉があるように、お笑い界にもそんな言葉がある。彼らは、メディアに媚びることなく、ごく限られたテリトリーで、自作のネタを発信し続ける生き物だ。そんな地下芸人たちの生態を探るべく、企画した『...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net