芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

板尾創路の不倫騒動 一転し認めた裏に菅田将暉サイドからの激怒?

板尾創路の不倫騒動 一転し認めた裏に菅田将暉サイドからの激怒?

当初の沈黙を翻した謎

写真週刊誌「FLASH」(光文社)が報じた、タレント板尾創路(54)と、グラビアアイドル豊田瀬里奈(27)の不倫記事。板尾が会見で不倫を認めた映像をご記憶の方も多いだろう。

***

だが記事中では、「FLASH」側が取材するも本人は無言を貫き、吉本興業も期日内に回答をしなかったとの記述がある。文中のポイントを引用させてもらおう。まず、不倫の内容だ。

《イタリアンでの食事のあとはカラオケ店へと向かった。妻帯者が女性と密室で2人きりというのもいかがなものかと思ったが、1時間後に店を後にすると、向かった先は冒頭のラブホテル街。ホテルから出てきたのは深夜3時半で、じつに3時間以上の「ご休憩」だった》

「FLASH」の取材に対する板尾側の対応は以下の通りだ。

板尾創路の不倫騒動 一転し認めた裏に菅田将暉サイドからの激怒? 菅田将暉

《板尾に声をかけた。

――豊田瀬里菜奈さんをご存じですよね?

「……」

悟ったように前を見据えたまま、何を聞いても終始無言を貫いたのだった。板尾が所属する吉本興業に問い合わせたが、期日までに回答はなかった》

だが、先に見た通り、板尾は一転して会見に応じ、不倫を暗に肯定。ネット上では豊田に対するバッシングこそ激しかったものの、本格的に世論が沸騰することはなかった。板尾側の“危機管理”が成功したかに見えるが、そう判断するのは表面的に過ぎるようだ。水面下では関係者の激しい暗闘が繰り広げられていたという。

バトルの背景は、お笑いコンビ・ピースの又吉直樹(37)が執筆した小説『火花』(文藝春秋)の原作映画を板尾が監督したことにある。事情に詳しい関係者が打ち明ける。

「『FLASH』が不倫を報じてからも、板尾さんたちは方針を変えるつもりはなかったんです。黙ってやり過ごし、うやむやになるのを狙っていた。ところが、それに激怒したのが、映画『火花』にW主演の1人である菅田将暉さんのサイドです。実は『FLASH』の発売日だった11月20日に板尾さんが出席しない映画PRイベントが予定されていたため、『菅田に火の粉がかかるじゃないか!』と猛反発したんです」

時系列が雄弁に物語る「真実」

時系列を整理してみよう。

●11月18日:「FLASH」の公式ウェブサイト「SmartFLASH」が板尾、豊田の2人が渋谷のラブホテルで3時間休憩したと報じる。

●11月19日:スポーツ紙などが「FLASH」の電子版記事を報道。「スポーツ報知」の取材に吉本は「今は話せることはありません」と取材拒否。だが板尾は、渋谷で公演中の舞台「THEBAMBISHOW〜2NDSTAGE〜」に出演後、取材に応じ、不倫を案に認める。

●11月20日:「FLASH」発売。映画「火花」主演の菅田将暉(24)と桐谷健太(37)が特別試写会に出席。板尾は舞台出演のため欠席。豊田はツイッターを更新し「被害者ぶるつもりもないので自分自身の行動は本当に悪かった」、「決まっていたお仕事は全て白紙になりました」などと発言して炎上。

●11月23日:映画「火花」の初日舞台あいさつが行われ、菅田、桐谷、板尾らが出席。不倫問題については触れず。

確かに時系列も、先述の関係者の証言を裏付ける。板尾の舞台出演によって欠席が決まっていた11月20日の特別試写会で、菅田には「火の粉をかぶる」危険性があったというわけだ。

板尾と吉本興業は、記事のために「FLASH」がコメントを求めた時点でも、18日に電子版で第一報を報じた時点でも、19日のスポーツ紙の取材の時点でも、沈黙を貫こうとしていたことは一目瞭然だろう。

男を下げた板尾

関係者が暗闘を繰り広げた原因となった映画「火花」だが、興行通信社の調べによると、公開初日と2日目の土日2日間で、動員は約8万2400人、興行収入は約1億1100万円。ランキングでは3位に入ったが、既にメディア上では「健闘説」と「爆死説」が交錯している。

「FLASH」の記事には《映画製作関係者》が、板尾が周囲に注意を呼び掛けていたことが紹介されている。

《「『公開まで人を殴ったらアカン、物を盗ったらアカン、不倫したらアカン』と言っていたが……」》

絶句も当然の言行不一致だ。しかも、あべこべに自身の報道対応が菅田サイドから「アカン」とダメ出しされたのだから、板尾が男を下げたのは間違いないようだ。

週刊新潮WEB取材班

2017年12月6日掲載

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

板尾創路に吉本が驚くべき対応 大入り袋に入った100円が給与から天引き

板尾創路に吉本が驚くべき対応 大入り袋に入った100円が給与から天引き

お笑い芸人の板尾創路が6日、日本テレビ系「スッキリ」で、所属する吉本興業の驚くべき対応を暴露。大入り袋に入った100円が、給与から天引きされていたことを明かし「この会社にいていいのかなと思った」と打ち明けた。 番組では舞台「そして僕は途方に暮れる」の公開リハーサルに登場した板尾や中尾明...
板尾創路と不倫疑惑 グラドルの豊田瀬里奈が騒動後初のブログで謝罪

板尾創路と不倫疑惑 グラドルの豊田瀬里奈が騒動後初のブログで謝罪

お笑い芸人の板尾創路(54)と不倫疑惑を報じられたグラビアアイドル豊田瀬里奈(27)が、報道以来初めてブログを更新し、ファンに謝罪した。 豊田は17日、ブログを更新。「まずは何より、去年はご心配をおかけしてしまい本当にごめんなさい」と謝罪し、「家族にも辛くて恥ずかしい思いをさせてしまった...
タイキックや黒塗りで物議醸す「ガキ使」イジる笑いの終焉か

タイキックや黒塗りで物議醸す「ガキ使」イジる笑いの終焉か

今日は「笑ってはいけない」の話。 年明けから物議を醸しているけれど、人権とか差別とか、そういう話は置いておいて、あれを観て感じた、今の時代に「笑える」と「笑えない」の基準が変わりつつあるんじゃないかという話。 【ガキ使速報】 浜田が着替えたらエディ・マーフィーになりました。#ガキ使pic.twitt...
ムロツヨシ、紅白と「笑ってはいけない」に出演 年末の恒例番組を制覇

ムロツヨシ、紅白と「笑ってはいけない」に出演 年末の恒例番組を制覇

俳優のムロツヨシが、31日放送の日本テレビ系の人気バラエティー番組『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』の大みそか年越しスペシャル『絶対に笑ってはいけない』の鬼ごっこパートに出演。その1時間近く前には、NHK『第68回紅白歌合戦』にもVTR出演を果たしていたことから、大みそか恒例の両番組を“制...
モーニング娘。に憧れるも断念し芸人に ゆりやんレトリィバァが明かす

モーニング娘。に憧れるも断念し芸人に ゆりやんレトリィバァが明かす

女性芸人・ゆりやんレトリィバァが8日、フジテレビ系「ボクらの時代」(日曜、前7・00)に出演し、吉本興業入りを目指したきっかけを明かした。 2013年、吉本の芸人養成所・NSCの大阪校を首席で卒業し、2017年の女性芸人No.1決定戦「THEW」で優勝するなど、吉本所属の女芸人として活...
岡村隆史 ビートたけしから勧誘受けるも「ずっと吉本」と宣言

岡村隆史 ビートたけしから勧誘受けるも「ずっと吉本」と宣言

お笑いコンビ・ナインティナインの岡村隆史が、5日深夜に放送されたニッポン放送のラジオ番組『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』(毎週木曜25:00〜)で、ビートたけしの独立騒動に言及。たけしから新事務所への勧誘を受けるも、「独立しない」「ずっと吉本」と宣言した。 岡村隆史 岡村は「...
高橋名人が16連射の裏側を明かす 連射の数字はだいたいだった

高橋名人が16連射の裏側を明かす 連射の数字はだいたいだった

2月、ゲームファンとゲーム大会の祭典『闘会議2018』にて日本初のプロゲーマー認定大会が実施され、大会の成績優秀者15人にプロライセンスの取得権利が与えられた。将来のeスポーツ“五輪種目化”を見据えた動きが活発化する一方で、ゲームに馴染みのない一般層からは「eスポーツってなに?」「プロゲーマーって...
明石家さんまが「めちゃイケ」最終回についてネタバレ 岡村隆史が言及

明石家さんまが「めちゃイケ」最終回についてネタバレ 岡村隆史が言及

お笑いコンビ・ナインティナインの岡村隆史(47歳)が、3月29日放送のラジオ番組「ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン」(ニッポン放送)に出演。お笑いタレントの明石家さんま(62歳)が自身のラジオ番組で、バラエティ番組「めちゃ×2イケてるッ!」(フジテレビ系)の最終回についてネタバレし...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net