芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

ジョニー・デップ起用でファン反発、原作者が擁護

ジョニー・デップ起用でファン反発、原作者が擁護

人気ファンタジー映画「ハリー・ポッター」シリーズのスピンオフ「ファンタスティック・ビースト」に出演する俳優ジョニー・デップ(54)を巡って一部ファンが反発していることに対し、同シリーズの原作者J・K・ローリングがデップ起用を擁護した。「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」(16年)に闇の魔法使いグリンデルバルド役で出演したデップは、来秋公開予定のシリーズ第2弾「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」にも同役で出演することになっているが、離婚などプライベートな問題を重要視したファンが「作品にふさわしくない」として降板を求める声が上がっていた。

これに対し、ローリングは自身のウエブサイトで、キャスティングをやり直すことも考えたことを明かした上で、「離婚はプライベートなことで尊重されるべき。製作者と私はオリジナルのキャストでやっていくことに満足しており、ジョニーが大きな役を演じることを喜んでいる」とコメント。配役の維持は適切であるとの見解を示した。

デップは昨年、女優アンバー・ハードから家庭内暴力(DV)を理由に離婚を申請され、和解金を巡る泥沼の離婚裁判の末に今年初めに離婚が成立したが、その過程で度重なるDVやアルコール依存症疑惑などが浮上し、かなりのイメージダウンになったと言われている。(ロサンゼルス=千歳香奈子)

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

「ボヘミアン・ラプソディ」映画字幕から見える人気の理由 観終わってからわかる「クイーン」の奥深さ

「ボヘミアン・ラプソディ」映画字幕から見える人気の理由 観終わってからわかる「クイーン」の奥深さ

映画「ボヘミアン・ラプソディ」は、冬休みシーズンに入っても観客動員力は衰えず、2018年の12月末までに、累積動員500万人、累積興行収入70億円を突破する見通しです。世代を超えて人々を熱狂させるQueen(クイーン)。映画で描かれている当時を体験した人たちは、何に魅せられているのでしょうか?史実との...
公開から2週間以降も興行収入伸ばす Queenブームが覆した映画の常識

公開から2週間以降も興行収入伸ばす Queenブームが覆した映画の常識

「Queen」(クイーン)を描いた映画「ボヘミアン・ラプソディ」の人気が止まりません。公開2週目に起きた「異変」は配給会社が「異常な数字」と驚く現象にまで広がっています。「ロックオヤジ」だけでなく20代の若者にも「自分語り」や「感動の共有」をさせる魅力。いつのまにか「家族で見る映画」になった裏...
映画「ボヘミアン・ラプソディ」世代超え「尋常でない好反応」

映画「ボヘミアン・ラプソディ」世代超え「尋常でない好反応」

イギリスのロックバンド「Queen」(クイーン)の軌跡を描いた映画「ボヘミアン・ラプソディ」が、世代を超えてヒットしています。週末の興行収入は異例の右肩上がりで、東京の熱が全国に広がってきています。2回、3回と目的を変えて複数回見に行く人たちが続出しています。背景を探っていくと、クイーンファン...
舞台版「ハリー・ポッター」ラドクリフは「観に行かない」と断言

舞台版「ハリー・ポッター」ラドクリフは「観に行かない」と断言

映画『ハリー・ポッター』シリーズで10年にわたり主役を演じたダニエル・ラドクリフ(29)。7作目『ハリー・ポッターと死の秘宝』から19年後が舞台の『ハリー・ポッターと呪いの子』が現在、ニューヨークのブロードウェイで上演されているが、ダニエルは「観に行かない」と断言し、その理由を語った。 【この...
ピコ太郎が海外で評価された理由 誰にでも理解できる英語で構成

ピコ太郎が海外で評価された理由 誰にでも理解できる英語で構成

古坂大魔王がプロデュースする「ピコ太郎」。彼はなぜ日本だけじゃなく、世界でも評価されたのか?(写真:JunSato/getty) 平成も今日で終わる。この31年間、人気番組の終了や大物タレントの引退など、お笑い業界にもさまざまな変化があった。「PPAP」が世界的に注目を集めたピコ太郎の登場も、その1つ。 彼...
事務所の元経理に有罪判決 デヴィ夫人は「お金残ってないの不自然」

事務所の元経理に有罪判決 デヴィ夫人は「お金残ってないの不自然」

タレントのデヴィ夫人(79)が代表を務める芸能事務所「オフィス・デヴィ・スカルノ」の運営費を着服したとして、業務上横領罪に問われた同事務所の元経理担当辻村秀一郎被告(61)に対し、東京地裁は5日、懲役4年(求刑4年6月)の実刑判決を言い渡した。 法廷で傍聴したデヴィ夫人は閉廷後に取材に応...
Koki,「親の七光り」との批判は的外れか 「海外では当たり前」

Koki,「親の七光り」との批判は的外れか 「海外では当たり前」

10月15日、忙しい月曜の朝、多くの人が新聞の“ある面”に目をとめた。モデルのKoki,(15才)の写真が掲載された全面広告が、全国74紙もの新聞をジャックした。 広告は、日本新聞協会がこの日から始まる「新聞週間」の全国キャンペーンのために実施したもの。風に髪をなびかせまっすぐに前を見つめたKoki,がメ...
小嶋陽菜と宮本拓氏の熱愛報道 麻布十番の商店街で寄り添って歩く

小嶋陽菜と宮本拓氏の熱愛報道 麻布十番の商店街で寄り添って歩く

(全5枚) 目撃!ハリコミ24 麻布十番21時45分 周囲に見られてもまるで気にせず。二人はそのまま六本木ヒルズのモールへ 6月に本誌が報じた元『AKB48』の小嶋陽菜(30)と、DMMグループ子会社『ピックアップ』社長の宮本拓氏(26)との熱愛。二人の仲は現在も♡♡継続中だ。 本誌が二人のデート風景をま...
みやぞん「足は折れても心は折れない」サッカー対決で見事な動き

みやぞん「足は折れても心は折れない」サッカー対決で見事な動き

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/6/a/6a332_1399_5a8cdb81_a60657c1-m.jpg お笑いコンビ「ANZEN漫才」(みやぞん=34、あらぽん=33)、元サッカー女子日本代表の丸山桂里奈(36)が19日、都内で行われた日本最大級のオンライン総合旅行サービス「エアトリ」PRイベントに出席し...
覚醒剤で14回めの逮捕「和製コマネチ」岡崎聡子の転落人生

覚醒剤で14回めの逮捕「和製コマネチ」岡崎聡子の転落人生

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/c/7/c7c18_1581_6e6b62ae825ca133100711cfa2f77daa.jpg 1987年の本誌取材で笑顔を 6月19日、体操の元五輪代表だった岡崎聡子被告(58)が、4月下旬に覚せい剤取締法違反容疑で逮捕されていたことがわかった。 FNNなどの報道によると、「物をなくした」と東京・...
大原麗子さん、森進一の子供を妊娠し中絶していた…孤独死の真相に迫る

大原麗子さん、森進一の子供を妊娠し中絶していた…孤独死の真相に迫る

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/4/c/4cbad_782_20ba4fc0_8e0e360e-m.jpg 6月20日放送の『直撃!シンソウ坂上』(フジテレビ系、毎週木曜21:00〜)は、今から10年前に逝去した女優・大原麗子さんの孤独死の真相に迫る。 同番組は、世間を騒がせた「人・事件」などの“今”を、MCの坂上忍が追跡...
和田アキ子が整形を検討 まぶた手術後の「見た目」に不満

和田アキ子が整形を検討 まぶた手術後の「見た目」に不満

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/7/b/7b785_50_bd1662b2_eb797b74-m.jpg 歌手の和田アキ子が18日深夜放送のテレビ東京系「巷の噺」に出演。昨年11月に眼瞼下垂でまぶたを手術したことについて触れ、「今年いっぱいこれだったら、来年、整形しようと思って」と手術後の“見た目”に不満をのぞ...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net