芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

博多大吉 M-1で酷評のマヂカルラブリーに言及「あまりにもハマらなすぎた」

博多大吉 M-1で酷評のマヂカルラブリーに言及「あまりにもハマらなすぎた」

12月6日放送の『たまむすび』(TBSラジオ)ラジオクラウド配信にて、M-1グランプリで審査員を務めた博多華丸・大吉の大吉が、上沼恵美子に酷評され話題となったコンビ・マヂカルラブリーについて語っていた。

「準決勝では1位、2位を争うウケで、来てるはず」と認めながらも、決勝と準決勝では空気が違うことを指摘。

「ラジオでも言ったけど、コンテストの準決勝に来てくれるお笑いマニアのお客さんと、会場に来てくれる本番の会場にいるお客さんって、まったく種類が違うし、空気感が違うから。
だから……かわいそうって言ったらあれやけど、こういうこともあるよ」

7人の審査員から80点台をつけられ、最下位に沈んだとはいえ、独特のネタをやり通したことは評価していた。

「それこそ彼らのポリシーだから。いいことだと思うし、勝ち上がってきたのはすごいと思うけど、やっぱりあまりにもハマらなすぎたね。ハマらないからこそ、粗が見えるのよ。ボケの子の動きが面白かったとか、舞台度胸とか90あってもいいかなって、一瞬思ったけど」

さらに、審査員の上沼から「よう決勝残ったな」などと酷評されたことについては、「最後、上沼恵美子さんに絡んでもらえて、よかったやん。アレがなかったら、芸人としてはもう終わってるよ、マヂカルラブリー」と、おいしかったと指摘する大吉。

「愛がないと、ノーコメントでしょ。僕、もし振られてたとしたら、褒めてたと思うもん。『いいとこあったよ』とか、変に言っちゃってたと思う。だから、振られなくてよかった。危ない、危ない。大セーフ」

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

売れっ子でもギャラ1万円?吉本興業のブラック企業的な側面

売れっ子でもギャラ1万円?吉本興業のブラック企業的な側面

藤本敏史も千秋も告白 吉本興業のギャラが安いという話は、それこそ80年代からテレビで公然と語られてきた。特に近年は伝聞を伝えるという曖昧な内容ではなく、本人や妻といった当事者が赤裸々に真相を明かすことが増えているようだ。 *** 最新のトピックで言えば、6月2日に「メレンゲの気持ち」(日本テレ...
「8年で28人マネ交代」事務所社長が語る広瀬香美の「ワガママ」ぶり

「8年で28人マネ交代」事務所社長が語る広瀬香美の「ワガママ」ぶり

シンガー・ソングライターの広瀬香美(52)がSNS上で所属事務所「オフィスサーティー」とのマネジメント契約を終了したと発表したことを受け、芸名の広瀬名義での活動禁止などを求めた同社社長、平野ヨーイチ氏(63)が1日、都内で会見した。 平野氏によると、今年2月28日に広瀬から事務所の代表...
花田虎上が母・藤田紀子との関係悪化「我慢してたが、裏切られた」

花田虎上が母・藤田紀子との関係悪化「我慢してたが、裏切られた」

元横綱若乃花でタレントの花田虎上(47)が1日、カンテレの「快傑えみちゃんねる」に出演し、母親でタレントの藤田紀子(70)との関係が悪化したと明かした。今は距離を置いているという。弟の貴乃花(45)は長く母親と絶縁状態にあり、兄弟そろって母親との関係が険悪となった。 MCの上沼恵美子が...
島田紳助さんの復帰計画 明石家さんまが計画も意見相違で頓挫

島田紳助さんの復帰計画 明石家さんまが計画も意見相違で頓挫

明石家さんま(62)が27日、MBSで放送された「明石家さんまが語り継ぎたいレジェンド芸人20人」に出演。2011年8月に暴力団との交際を理由に芸能界を引退した島田紳助さん(62)の復帰計画を吉本と練っていたが、紳助さんと吉本の意見の違いで頓挫(とんざ)したことを明かした。 紳助さんに...
兄弟お笑いコンビ「ミキ」兄の昴生が一般女性との入籍を発表

兄弟お笑いコンビ「ミキ」兄の昴生が一般女性との入籍を発表

(全4枚) 兄弟お笑いコンビ「ミキ」の兄、昴生(32)が7日夜、一般女性と1日に入籍したことを発表し、大阪市内で報告会見を行った。女性とは交際9年目で、弟で相方の亜生(29)とコンビを組むように勧めたキーパーソンであることを明かし、昴生は「ここからは『三人四脚』で力を合わせていきたい」と話していた...
漫才コンビ「まえだまえだ」の現在 俳優業として活躍中

漫才コンビ「まえだまえだ」の現在 俳優業として活躍中

漫才コンビ「まえだまえだ」の兄・前田航基が現在放送中のドラマ「Missデビル人事の悪魔・椿眞子」に共亜火災の新入社員・南雲役で出演、弟の前田旺志郎も先月放送終了したドラマ「命売ります」にレギュラー出演するなど、成長した二人が俳優として活躍している。 1998年生まれの航基と、2000年生まれの旺志郎...
“無冠の実力派コンビ”千鳥・ノブが自虐「チャンスを逃すから優しいスタッフが仕事をくれる」

“無冠の実力派コンビ”千鳥・ノブが自虐「チャンスを逃すから優しいスタッフが仕事をくれる」

実力がありながらも、なかなかビッグタイトルに縁がない“無冠の実力派”お笑いコンビ・千鳥のノブが「チャンスをすべて逃してきているんで、優しいスタッフさんが『あいつらかわいそうだな…』と仕事を回してくれる」と自虐トークを展開した。 ノブは相方の大悟とともに、4月17日からスタートするAbemaTVの新番...
“賞レース”のグランプリが大成しない理由 そこがスタートなのに“ゴール”と錯覚?

“賞レース”のグランプリが大成しない理由 そこがスタートなのに“ゴール”と錯覚?

現在、女優として大成している多くは、必ずしも『全日本国民的美少女コンテスト』を筆頭とした大規模な賞レースでグランプリを受賞しているワケではない。むしろ、次点や特別審査員枠などから這い上がり、現在の地位まで上り詰めている。逆に言えば、グランプリ受賞者の方がブレイクしにくいというジンクスま...
「キングオブコント2018」でルール変更 ネタ時間や決勝の戦い方など

「キングオブコント2018」でルール変更 ネタ時間や決勝の戦い方など

“コント芸日本一”を決める『キングオブコント2018』の開催発表会が24日、東京・TBSで行われた。11年目となる今回、ネタ披露の時間や準決勝と決勝の戦い方など、ルールが変更されることが発表された。 【写真】前回王者のかまいたち 昨年の第10回大会から新たに準々決勝が追加され、1回戦のみネタ時間が2分、...
「卑怯な者は負ける!」松本人志、卓球「南北合同チーム」に苦言か

「卑怯な者は負ける!」松本人志、卓球「南北合同チーム」に苦言か

「卑怯な者は負ける!」――。「ダウンタウン」の松本人志さんが2018年5月4日夜、ツイッターに投稿したこの言葉に、多くのユーザーは「卓球」を連想した。 世界選手権団体戦で対戦するはずだった韓国と北朝鮮は、急きょ「南北合同チーム」を結成。自動的に次戦に進出し、日本チームと対戦するという異例の事態と...
盲目の漫談家・濱田祐太郎がR-1優勝 頼れる同期の存在

盲目の漫談家・濱田祐太郎がR-1優勝 頼れる同期の存在

「困ったら、とりあえず笑っといてくださいね」。これを枕詞に自身の盲目にまつわるネタを、自虐を交えながらしゃべり倒した漫談家・濱田祐太郎(28)が、毎年恒例の“ひとり芸日本一”を決める『R-1ぐらんぷり2018』の王者に輝いた。サポートの男性の肩を借りながら、優勝会見場に現れた濱田は「ちょっと、まだ...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net