芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

東ちづるが語る自身の高校時代 忘れられない母の辛らつな言葉

東ちづるが語る自身の高校時代 忘れられない母の辛らつな言葉
 
「いま思えば、白血病の彼の淡々とした姿に、私自身の生きづらさがリンクしたんだと思います。彼も、本当の自分を後回しにしているように見えた。まわりに、とくに親にね、迷惑をかけないように頑張っているというか」
 
そう当時を振り返るのは、女優の東ちづるさん(57)。「お嫁さんにしたい」ともてはやされていた25年前。東さんが、たまたま自宅で情報番組を見ていると、画面に17歳の高校生が現れた。
 
「彼は白血病でした。私の故郷、広島の因島の男のコで、余命幾ばくもないかも、と」(東さん・以下同)
 
気になったのは、取材を受けている少年の、あまりにも淡々とした様子だった。
 
「なぜかすごく引っかかったんです。死を見つめているはずなのに、泣くでも怒るでもない。彼はどうして出演をOKしたんだろう。だって、全国ネットで自分の病気を公表するんですよ」
 
少年の本当の気持ちが知りたくて、「居ても立ってもいられなくなった」。連絡先を調べ、彼の自宅に電話。そんな衝動は初めてだった。
 
「じつは、あのころの私は、周囲の期待どおりに振る舞いながら、ひとりになると、わけのわからない焦燥感に押しつぶされそうだったんです。『生きていて何の意味があるんだろう』とか」
 
――東さんは、1960年、広島県因島市(現・尾道市)に生まれた。造船関係の仕事をしていた父25歳、会社員の母21歳という若い共働き両親の初めての子どもだ。
 
「母は、子育て本を読みあさって、それはもう一生懸命に私を育ててくれた」
 
“女のたしなみ”として常に薄化粧をし、家族にも素顔を見せないしっかり者の母親である。幼い東さんは毎晩、本の読み聞かせをしてもらい、小学校に上がるころには、自分から2歳年下の妹に読み聞かせをした。
 
「母から『1番がいいのよ』『優しい子がいいのよ』『ちゃんとしなさい』と教えられて、子どもってやっぱり親に褒められたいですから、応えちゃうんですよ。そうしたら『いい子ね。つぎも頑張ろうね』って言われて、また頑張って」
 
教師たちからも一目置かれ、もちろん成績はずっとトップクラスだった。当時の東さんは、周囲の期待を感じてなんとなく教師を目指していた。しかし広島大学の教育学部を受験して失敗。その通知を受け取ったときの母親の言葉が忘れられない。
 
「母は、ボソッと自分自身につぶやくように言ったんです。『18年間の期待を裏切ったわねえ』って。それはとてもリアルで」
 
周囲からは浪人を強くすすめられたが、母親の言葉に何かが吹っ切れたのだろう。東さんは大阪の関西外国語短大に滑りこみ、都会の一人暮らしとキャンパスライフを謳歌。卒業後は、大阪ソニーに入社したが、スキーのインストラクターになろうと4年で退社。
 
ところが、飛び入り参加したオーディションに合格し芸能界入り。関西の番組リポーターとして飛び回る。そして’87年、27歳のときに『金子信雄の楽しい夕食』(朝日放送)で全国ネットにデビュー。2年後には『THEWEEK』(フジテレビ)の司会に抜擢されて上京し、複数のレギュラーを持つ売れっ子となった。
 
「とにかく忙しくて、本当の自分がどういう人間かなんてこともわからない。でも、例の『お嫁さんにしたい』と言われたころから、素の自分とのギャップを感じはじめたんです。私、違うって」
 
白血病の少年に連絡を取ろうとしたのは、32歳のそんなときだった。
 
《ちづるさん、どうか協力してください。骨髄バンクのことを多くの人に知ってもらいたいんです。啓発のためのポスターを作ってください》
 
少年の家に電話をしたとき、電話口に出た父親とは、さしたる話もできなかったが、その後、彼の妹から分厚い手紙が届いたのである。
 
「読んで、最初は無理だと思ったんです。私はノーギャラでいいけど、ポスターを作るには多くのスタッフの力やお金が必要です。でも、『お兄ちゃんに死んでほしくない。治療法はあるんです』という文面に動かされて」
 
東さんは仕事で親交のあるカメラマンなどクリエーターたちに声をかけた。すると、一流のプロたちが二つ返事で快諾してくれたのである。
 
「そのうえ、撮影スタジオ代や印刷代なども、みんなでカンパし合って、ポスターが完成したんですよ。この経験で私は、お金がなくても、利益や利潤につながらなくても、人は誰かのために動いてくれるということを知りました」
 
それはまさに、いまの東さんの活動の原点だった。以来25年、東さんが関わってきたボランティア活動・社会活動は多岐にわたる。「あしなが育英会」。障害者アーティストを応援する団体。3.11後は被災地支援に力を注ぎ、「世界自閉症啓発デー」では、国連が定めた癒しの色・ブルーで渋谷や原宿の街を染めるという一大イベントも仕掛けた。国内だけでなく、戦争で傷ついた子どもたちのリハビリを行う「ドイツ国際平和村」の支援もしている。
 
それにしても、なぜボランティアを続けるのだろう。ニコッと東さんは笑った。
 
「最初は『救いたい』とか「癒したい」と思っていたんです。でも、“上から目線”の自分の態度が気持ち悪くなってきて。続けていくうちに、『私が癒されてるんだ』と気づくんです。あるがままのみなさんと一緒にいると、私も素でいられる。居心地がいい。ということは、この活動を求めているのは私なんだ、と。そうしていくうちに、『私、なんかつまらない優等生をやってたな』と自分を振り返れるようになったんです。もっと言いたいこと言って、弾けるような子ども時代を送りたかったとか、大人の目を気にしてたな、とか……」
 
ボランティア活動のきっかけになった“白血病の高校生”と、東さんは対面を果たしている。訪ねてきてくれた彼は、幸い薬物療法が効いて健康を取り戻していた。「東さんは、たくさんの白血病患者の命の恩人です」。彼の言葉に、東さんもまた心からの感謝をこう口にしたという。
 
「あなたこそ、私の人生の恩人なんですよ」

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

山口達也から被害受けた女子高生に持論 中条きよしの発言に賛否

山口達也から被害受けた女子高生に持論 中条きよしの発言に賛否

「高校生2人もいたらさ、蹴飛ばしてでも逃げられる。行かなきゃいいじゃない」俳優の中条きよしさん(72)が、TOKIOの山口達也メンバー(46)が自宅マンションで女子高生に無理矢理キスをするなどした問題で、そんな持論を述べた。山口メンバーの誘いに、女子高生がやすやすと乗らなければよかったという。 坂...
大みそかの日テレ「ガキの使い」民放首位17・3%

大みそかの日テレ「ガキの使い」民放首位17・3%

12月31日のNHK紅白歌合戦の裏番組の最高は、8年連続で、日本テレビ系「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」の特番「絶対に笑ってはいけない24時」の第1部(午後6時30分)は17・3%だった。 番組は大みそかから年をまたいで午前0時半まで約6時間にわたって放送。第2部(午後9時)も...
消えゆく2時間ドラマ 主演のギャラは500万円でコスパも原因か

消えゆく2時間ドラマ 主演のギャラは500万円でコスパも原因か

断崖絶壁に追い込まれ犯行を自供する犯人、時刻表をめくりアリバイ崩し、コイツ怪しいと思ったら殺されるというベタさ。誰もが一度は見たことがある2時間ドラマが、まさに崖っぷちに立たされている。 1977年からスタートし、今年で丸40年にわたって放送されてきた、2時間ドラマの代名詞である『土曜ワイド劇場...
綾瀬はるか 引退覚悟で挑んだ「世界の中心で、愛をさけぶ」

綾瀬はるか 引退覚悟で挑んだ「世界の中心で、愛をさけぶ」

女優、綾瀬はるか(33)が7日、TBS系「サワコの朝」(土曜前7・30)に出演。2004年に同局系で放送されていた連続ドラマ「世界の中心で、愛をさけぶ」の裏話を明かした。 同作で、ヒロイン・廣瀬亜紀役を演じた綾瀬。白血病により短い生涯を終える役どころのため、剃髪する必要があったが「剃って...
視聴者がドラマで再共演して欲しい「黄金カップル」ランキング

視聴者がドラマで再共演して欲しい「黄金カップル」ランキング

織田裕二と鈴木保奈美が、10月スタートの月9ドラマで共演する予定であることが話題となっている。2人は伝説のドラマ『東京ラブストーリー』以来、27年ぶりの再共演となる。 ずっと期待されつつも実現しなかった『東京ラブストーリー』の続編。だが、くしくも黄金コンビがこの秋放送の月9ドラマで演じるのは、...
「downy」青木裕さんが急逝 骨髄肉腫白血病のため、48歳だった

「downy」青木裕さんが急逝 骨髄肉腫白血病のため、48歳だった

青木裕(downy)が、3月19日に逝去したことがわかった。48歳だった。 【もっと大きな画像を見る】 死因は急性骨髄肉腫白血病。3月19日の14:50に亡くなった。葬儀は遺族の意志により、近親者のみで執り行なうという。 青木裕は昨年末から体調不良を訴えており、今年1月には骨髄肉腫を患っていることを発表。...
千昌夫が外国人妻がいない間に極秘交際か 年上女性と半同棲報道

千昌夫が外国人妻がいない間に極秘交際か 年上女性と半同棲報道

  2月12日、東京・六本木のテレビ朝日に1台の軽自動車が止まった。運転席にいたのは、歌手の千昌夫(70)。助手席には、同世代とおぼしき女性の姿があった。   「その女性はAさん。20年以上前から千さんの専属スタイリスト。千さんよりも年上ですが、当時から『2人は付き合っている』と言われていた...
「お母さんが選んだことなら」勝間和代氏の同性愛に娘たちの反応

「お母さんが選んだことなら」勝間和代氏の同性愛に娘たちの反応

5月中旬のある夜、都内高級住宅地に建つマンションの玄関先。スポーティーな自転車を操って帰宅したのは経済評論家の勝間和代さん(49才)。早大大学院でMBAを取得し、世界一のコンサル会社マッキンゼー勤務など華々しいキャリアを誇る彼女は、大学生の時に出産した長女をはじめとする3人の娘の母親であり、2...
安住紳一郎アナが生放送のラジオで嗚咽 故・川田亜子さんへの後悔

安住紳一郎アナが生放送のラジオで嗚咽 故・川田亜子さんへの後悔

何度も声を詰まらせ、嗚咽 さる放送関係者は視聴中、「放送事故が起きたのか!?」と息を呑んだという。異変はTBSの安住紳一郎アナウンサー(44)の冠番組「安住紳一郎の日曜天国」(TBSラジオ/毎週日曜)で起きた。 *** 5月27日の日曜、番組はいつものように午前10時にオンエア。初放送は2005年4月だから、...
「ダウンタウン売れるな」と嫉妬も 松本人志の「初代相方」の現在

「ダウンタウン売れるな」と嫉妬も 松本人志の「初代相方」の現在

もし、あの時ああしていれば、もっと華々しい人生が…。誰もが一度は感じるであろう後悔や嫉妬。この人はどうたったのでしょうか。あの松本人志さんがダウンタウンとしてデビューする前に、漫才コンビを一緒に組んでいた男性がいます。その「元相方」に、35歳の記者が人生相談を兼ねて話を聞きました。(朝日新...
「僕は駄目です」東国原英夫氏がたけし軍団と森昌行社長の仲介役を拒否

「僕は駄目です」東国原英夫氏がたけし軍団と森昌行社長の仲介役を拒否

タレント、東国原英夫(60)が6日、フジテレビ系「バイキング」(月〜金曜前11・55)に生出演。かつて所属していた「たけし軍団」のメンバーが、師匠でもあるタレントのビートたけし(71)に対するオフィス北野・森昌行社長(65)の“裏切り行為”について声明文を発表したことに言及した。 番組MC...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net