芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

古市憲寿氏の発言でスタジオが一瞬凍り付く?「M-1が好きな人が苦手」

古市憲寿氏の発言でスタジオが一瞬凍り付く?「M-1が好きな人が苦手」 10日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)で、コメンテーターの古市憲寿が『M-1』(テレビ朝日系)について独自の見解を示し、一部から共感の声があがっている。

番組には、『M-1』優勝のとろサーモンと準優勝の和牛が出演。松本人志、ハイヒール・リンゴらと他局の番組でありながら、裏話などについてトークを繰り広げた。

その中で、MCの東野幸治が古市に対し、「古市さんは『M-1』のほうはご覧になっていないけども、やっぱり…」と水を向ける。松本が「なんで見―へんねん、古市さん」と少々キレ気味に話しかけると、古市は「『M-1』が好きな一派っているじゃないですか。『M-1』が悪いんじゃなくて『M-1』が好きな人が苦手」とバッサリ。

続けて、「とろサーモンが10何年前からずっとこうだとか、とろサーモンの後半のスピード感が凄いとか、まるでスポーツを語るように、今回の大会を語っていて、ちょっとついていけないなと思って…」とコメントし、吉本所属が多いスタジオが一瞬凍りつく。

ここで、松本と同期で仲の良いハイヒール・リンゴが助け舟。「ある種『M-1』ってお笑いの格闘技だと思う。女性が入りにくい」と割り込み、東野が「絶賛でございますけども」と古市の発言をスルー。とろサーモンの「裏話」へと話を移した。

空気の読めない発言で炎上することが多い古市だが、今回の発言も賛否両論。『M-1』ファンからは「ふざけるな」「お前がおかしいだけだ」と批判があがったが、「なんかわかる」「俺も自称評論家は嫌い」「大会を崇拝しすぎて気持ち悪い」など、賛同の声も多かった。

「『M-1』は引退した島田紳助氏が企画したもので、松本も第1回から関わっている。『M-1』そのものを否定したわけではありませんが、ファンをけなされて、松本しては面白くなかったでしょう。番組では、ハイヒール・リンゴに向かって『大阪が嫌い』とも発言している。それが彼のウリで、そこを松本も気に入ったのだとは思うのですが、流石に今回はやりすぎた感がある。今後、古市が『ワイドナショー』出演NGになる可能性もゼロではないかもしれません。共感の声もあったので、コメントとしては優秀なのでしょうが、やはり、長い物には巻かれないと芸能界で生きていくのは厳しい」(芸能関係者)

空気の読めない発言がウリの古市だが、少々、やりすぎてしまったのかもしれない。

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

「ガキの使い」は30年目に突入 向上心を持ち続けるダウンタウン

「ガキの使い」は30年目に突入 向上心を持ち続けるダウンタウン

1990年代からゴールデン帯に冠番組を持ち続け、お笑い界のトップに君臨しているダウンタウン。1989年10月開始の『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』(日本テレビ系)はいよいよ30年目に突入、1993年10月開始の『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)とあわせて長寿番組になっている。その他にも、突飛な...
低迷期を乗り越えたダウンタウン、松本人志が失敗を重ねて達した境地

低迷期を乗り越えたダウンタウン、松本人志が失敗を重ねて達した境地

日本テレビ系「ダウンタウンDX」1000回突破記念会見会見に出席した、ダウンタウンの松本人志(左)と浜田雅功=2016年9月8日(写真:日刊スポーツ) NHKでのコント番組、映画監督への挑戦など、30年以上続く芸歴の中で大きな失敗を何度も経験しているダウンタウンの松本人志。しかし、現在も多くのレギュラー...
「普通の漫才とは違う」ナイツ塙の「M-1論」が話題に

「普通の漫才とは違う」ナイツ塙の「M-1論」が話題に

集英社新書プラスのインタビュー記事『関東芸人はなぜM-1で勝てないのか?』にナイツ・塙宣之が登場。彼の独自の見解がネット上で話題となっている。 過去に『M-1グランプリ』で優勝した芸人は、関西圏が多く関西以外は少ない(3例)。この結果のもと筆者は、同大会で3度決勝に立ち、漫才協会の副会長も務める...
落語家の桂三度「世界のナベアツ」をテレビで10年ぶりに復活

落語家の桂三度「世界のナベアツ」をテレビで10年ぶりに復活

落語家の桂三度が、一夜限り(?)の「世界のナベアツ」をテレビで10年ぶりに復活させる。17日放送のテレビ朝日系バラエティー『金曜★ロンドンハーツ』(毎週金曜後9:00)の企画「子供に大ウケ-1グランプリ団体戦絶対に笑わせなきゃいけない戦い」に出演。ピン芸人時代の懐かしい持ちネタを子供たちの前で披...
デヴィ夫人が古市憲寿氏コメントに激怒報道 あえて好感度を下げようとしている?

デヴィ夫人が古市憲寿氏コメントに激怒報道 あえて好感度を下げようとしている?

17日、デヴィ夫人がブログを更新。社会学者の古市憲寿氏が『とくダネ!』(フジテレビ系)にて、彼女が代表を務めるNPO「アースエイドソサエティ」主催のチャリティーパーティー『ザグランドインペリアルチャリティバンケット』の出演者に対し、「やっぱり、何らかの問題を起こした人じゃないと参加できないんで...
緊迫…小倉キャスターと「銀杏くさい」古市氏が紅葉談義で衝突「ネットで書き立ててください!」

緊迫…小倉キャスターと「銀杏くさい」古市氏が紅葉談義で衝突「ネットで書き立ててください!」

18日放送のフジテレビ系「とくダネ!」(月〜金曜・前8時)のエンディングトークで小倉智昭キャスター(71)が関東地方の紅葉について話題にした。 小倉氏が「富士山の近辺だとか日光だとかも始まってるんですかね?」と話を向けると、コメンテーターで社会学者の古市憲寿氏(34)が「紅葉よりも銀杏...
古市憲寿氏、カイヤら出席の晩さん会に「問題起こした人じゃないと…」

古市憲寿氏、カイヤら出席の晩さん会に「問題起こした人じゃないと…」

社会学者の古市憲寿氏(33)が15日放送のフジテレビ系「とくダネ!」(月〜金曜・前8時)に生出演。夫で俳優の川崎麻世(55)に離婚訴訟を起こされているタレント・カイヤ(56)が出席した13日夜に行われた「第21回ザグランドインペリアル慈善晩さん会」についてコメントした。 晩さん会にはデ...
古市憲寿氏 ショーンK氏の努力を称賛「負い目があるのか一番頑張った」

古市憲寿氏 ショーンK氏の努力を称賛「負い目があるのか一番頑張った」

社会学者の古市憲寿氏が14日、カンテレの「お笑いワイドショーマルコポロリ!」に出演し、かつて経歴詐称問題が話題となったショーンKことショーン・マクアードル川上氏とワイドショーで共演していたことを振り返って「負い目があるのか一番頑張っていた」と述べた。MCの東野幸治らが「もう許したって」...
三又又三 自身の借金にまつわる話に「タブー視せず言ってほしい」

三又又三 自身の借金にまつわる話に「タブー視せず言ってほしい」

お笑いタレントの三又又三(51)が18日深夜放送のニッポン放送「岡村隆史のオールナイトニッポン」(木曜深夜1・00)に出演。自身の借金トラブルにまつわる話について、“タブー視”せず「逆に言って欲しい」とリクエストする場面があった。 パーソナリティーを務める「ナインティナイン」の岡村隆史(...
芸能界「干される」原因は 当事者の圧力と周囲の忖度の2つに大別か

芸能界「干される」原因は 当事者の圧力と周囲の忖度の2つに大別か

オリエンタルラジオ・中田敦彦の動きが注目されている。中田は3月末で『ビビット』(TBS系)のコメンテーターを降板、9月末には6年間、コンビでレビュラーを務めてきた『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)を2人そろって卒業。こうした相次ぐ降板から、中田が業界から「干された疑惑」が一部で報じられた。そも...
チームプレイに切り替える リーガルVはドクターXより長続き?

チームプレイに切り替える リーガルVはドクターXより長続き?

いよいよ始まった米倉涼子(43)の新ドラマ「リーガルV〜元弁護士・小鳥遊翔子〜」(テレビ朝日系)。放送前から前シリーズの「ドクターX〜外科医・大門未知子〜」を弁護士版にしただけ、との声もあったが、どっこいこの2つは似ているようで全然違うというのはコラムニストの林操氏。どこがどう違うのか、ご覧...
高須克弥氏 賛否を呼ぶ松本人志の「死んだら負け」発言を支持

高須克弥氏 賛否を呼ぶ松本人志の「死んだら負け」発言を支持

ダウンタウンの松本人志(55)がアイドルが自殺した問題で「死んだら負け」と発言し、賛否を呼んでいることを受け、美容外科「高須クリニック」の高須克弥院長(73)は発言の真意を代弁した。 物議をかもしているのは14日に放送されたフジテレビ系「ワイドナショー」での発言。愛媛県を拠点に活動する農業アイ...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net