芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

失敗しなかった「ドクターX」25・3%で有終の美

失敗しなかった「ドクターX」25・3%で有終の美

米倉涼子(42)主演のテレビ朝日系ドラマ「ドクターX〜外科医・大門未知子〜」(木曜午後9時)の14日最終回の視聴率が25・3%(関東地区)だったことが、15日、ビデオリサーチの調べでわかった。

未知子の、生死の行方が注目されていたが、東帝大で手術を受けた未知子がドラマのラストで、同医学部外科医局退局後に留学したキューバ・クバナカン医科大学の教壇に立ち、手術室に入るところで、今回の第5シリーズは終了した。

米倉演じる「私失敗しないので」が決めぜりふの天才外科医・大門未知子の人気シリーズ第5弾。初回は20・9%、第2話は19・6%、第3話は19・0%、第4話は19・1%、第5話は20・8%、第6話は20・7%、第7話は20・1%、第8話は20・6%、第9話は21・2%と、前評判通りの高視聴率で独走した。

最終回は、未知子(米倉涼子)が倒れた頃、日本医師倶楽部の内神田景信会長(草刈正雄)が食道がんを患い、東帝大学病院で手術を受けることに。内神田の病状は深刻で未知子以外の医者ではオペは不可能。だが内神田は未知子の執刀を拒否する。そこへ腹腔(ふくくう)鏡の魔術師といわれる外科医の加地秀樹(勝村政信)が出現。ある条件と引き換えに執刀医に名乗りを上げる。未知子はオペは自分以外では無理と主張するが絶体絶命の危機に陥る、という内容だった。未知子の余命が3カ月だと判明したり、名物キャラ加地が登場するなど、見どころ満載の最終回となった。

ツイッター上では「生きていて良かった!」などと歓喜の声が殺到。また「続編は、いつ見られるのか?」、「キューバ編が見たい」と、早くも続編を望む声も多数、あった。「ドクターX−」終了後、すぐに放送が始まった「報道ステーション」冒頭でも、小川彩佳アナウンサーが「再開が待ち遠しいですね」と続編に期待した。

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

「ドクターX」の最終回が予定調和と指摘 中園ミホ氏の不在が原因?

「ドクターX」の最終回が予定調和と指摘 中園ミホ氏の不在が原因?

米倉涼子がフリーランスの天才外科医を演じるドラマ『ドクターX〜外科医・大門未知子』(テレビ朝日系)第5期も今回でラスト。平均視聴率25.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録し、有終の美を飾りました。 前回の終了間際、ショッピング中に昏倒してしまった大門未知子(米倉)。検査したところ、余命...
「ドクターX」の最終回で新たな名言「私、患者でも失敗しないので」

「ドクターX」の最終回で新たな名言「私、患者でも失敗しないので」

米倉涼子(42)主演のテレビ朝日系ドラマ「ドクターX〜外科医・大門未知子〜」(木曜午後9時)が14日、最終回を迎えた。 ステージ3の後腹膜肉腫で余命3カ月であることが判明した未知子の、生死の行方が注目されていたが、東帝大で手術を受けた未知子がドラマのラストで、同医学部外科医局退局後に留学...
「ドクターX」のストーリーが不自然と指摘 新人女優のプロモビデオ?

「ドクターX」のストーリーが不自然と指摘 新人女優のプロモビデオ?

芸能事務所・オスカープロモーションの稼ぎ頭・米倉涼子が、フリーランスの天才外科医を演じるドラマ『ドクターX〜外科医・大門未知子』(テレビ朝日系)第5期の第9話が7日に放送され、平均視聴率21.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。前回より0.6ポイントアップとなりました。 今回の患者は、プリ...
別ドラマを挟んだあとに放送か「ドクターX」続編めぐる攻防戦

別ドラマを挟んだあとに放送か「ドクターX」続編めぐる攻防戦

連載スタッフは見た!週刊「テレビのウラ側」InsidestoryofTelevision 『ドクターX』は第1シリーズが’12年にスタート。米倉が演じるフリーランスの天才外科医・大門未知子の名セリフ、「私、失敗しないので」は流行語に 第5シリーズのラストが最終回を思わせる描き方だったことから、続編の有無が取り沙汰さ...
「検索すればすぐに分かります」米倉涼子が抱えるO脚の悩み

「検索すればすぐに分かります」米倉涼子が抱えるO脚の悩み

女優の米倉涼子(42)が20日、「日経ヘルス創刊20周年記念ビューティーミューズ大賞」を受賞し、都内で行われたトークショーに登場した。 抜群のプロポーションを褒められると「コンプレックスはたくさんあります。足は、膝から下がO脚で。ネットで検索すればすぐに分かります」と悩みを告白。テレビ...
視聴率が苦戦している「西郷どん」脚本の粗さを指摘する声も

視聴率が苦戦している「西郷どん」脚本の粗さを指摘する声も

NHKの大河ドラマ『西郷どん』の視聴率が苦戦している。 「1月7日放送の初回15.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下、同)の滑り出しから、14〜15%をキープしていたものの、4月に入ってからは下降線をたどり、29日にはついに11.1%とワーストを記録。5月6日放送は12.0%まで数字を戻したものの、依然とし...
9頭身美女の田中道子は、浜松から家出同然で女優に

9頭身美女の田中道子は、浜松から家出同然で女優に

あの9頭身美女は、家出同然で浜松市から上京していた。田中道子(28)。2016年にテレビ朝日系「ドクターX」でデビューし、最近はNHK大河「西郷どん」に出演した注目女優だ。建築士として静岡で生きるはずが、23歳で芸能事務所入り。猛反対した父との関係、深い静岡愛、将来を日刊スポーツに語っ...
事務所が現場復帰を求めている? 育児中の上戸彩がドラマ出演の事情

事務所が現場復帰を求めている? 育児中の上戸彩がドラマ出演の事情

女優の上戸彩(32)が31日、日本橋三井ホールで行われた「アートアクアリウム2018」の発表会に登場した。 同展の広報大使として3年目を迎える上戸は、薄青の京友禅の着物で現れ「またまた私ですみません。涼しげなブルーで夏が来る感じがします」とコメント。金魚を美しく展示し、インスタ映えでもブ...
優香が女優業を本格化 「因縁の対決」が復活の構図

優香が女優業を本格化 「因縁の対決」が復活の構図

20年の時を経て、“因縁の対決”が復活の構図である。女優業を本格化させる癒し系の租・優香(37)を待ち構えるは、あの黄色い軍団――。 *** 1997年のグラビアアイドル・優香の登場は革命的だった、と振り返るのは、さるベテラン芸能記者である。 「AKB48がヒットしたことで、それに続けと各芸能事務所がつぎ...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net