芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

「陸王」の最終回の撮影終了 ギリギリになった裏に竹内涼真のトラブルか

「陸王」の最終回の撮影終了 ギリギリになった裏に竹内涼真のトラブルか

クリスマスイブは役所広司と共に

片岡千恵蔵主演の「赤穂浪士」(1961年・東映)は、「忠臣蔵」の映画化作品だ。吉良上野介がイビり、浅野内匠頭が切腹し、大石内蔵助が討ち入りを果たして、上映時間は2時間30分となる。

***

討ち入りは12月14日。そして24日に最終回を迎えるテレビドラマ「陸王」(TBS系列)は、関連番組を合わせると放送時間が5時間半を超える。クリスマスイブは“陸王ジャック”というわけで、TBSも思い切ったものだ。

Yahoo!のテレビ欄によると、少なくとも関東地方では午後2時から4時半までの2時間半、「今夜、ついに最終回!『陸王』が皆んなの未来を救う!『陸王』SPダイジェスト!」が放送される。まさに“駆け足”でドラマを「おさらい」するわけだ。

「陸王」の最終回の撮影終了 ギリギリになった裏に竹内涼真のトラブルか 役所広司

午後7時から9時までは「【今夜、ついに最終回!!】緊急特別ドラマ企画『陸王』〜最終章〜」。こちらはダイジェストだけでなく「特別企画番組」だという。要するに「21時から最終回!」という番組CMの一種なのだろう。

そして満を持して、午後9時から本当のドラマが始まる。終了は午後10時19分。番組欄は「日曜劇場『陸王』最終回【『陸王』がこはぜ屋、茂木、皆の未来を救う!走れ!陸王!】と紹介している。昼過ぎから夜まで合計放送時間は6時間に近い。赤穂浪士が2回、討ち入りを果たしても5時間。まだお釣りがくる長さだ。

竹内涼真のトラブル

番組表を作る編成も大変だっただろうが、更に地獄の様相を呈していたのが撮影現場だった。撮影終了を意味する「クランクアップ」は、何と12月22日だったという。

日刊スポーツの記事「役所広司『チーム陸王』に万感、最終回2日前に撮了」(12月23日・電子版)には、福沢諭吉の玄孫としても知られる福澤克雄監督(53)が《「明後日、放送なのに、まだ撮っている……普通、こんなことはございません」と、苦笑しつつ、現状を漏らした》とある。

記事では、これまでに何度も放送時間の拡大が重なり、それだけ撮影も長期化してスケジュールが遅れたと解説しているが、それだけではないという。関係者が明かす。

「撮影スケジュールがタイトだったのは事実です。ただ、竹内涼真(24)くんのトラブルが原因で、遂に12月22日まで伸びてしまいました。走るシーンで足にマメができてしまったんです。おまけに破れて化膿するなど、相当に悪化してしまいました」

こはぜ屋のシューズは大丈夫か――戯言はおいておく。竹内のオフィシャルブログに「クランクアップ前の2人」との投稿がある。「陸王」の撮影が終了するという内容だが、日付は12月23日午前10時10分となっている。

これほどの激務となると、下手をすると現場の雰囲気が悪くなったかもしれない。だが、現実は正反対だったという。高視聴率の影響もあろう。それに主演の役所広司(61)の気配りも大きかったとの声もある。先の関係者が言う。

「役所さんがスタッフジャンパーを差し入れてくれたんです。決して珍しいことではないんですが、『TEAMRIKUOH』のロゴ入りで、200人分を用意して頂きました。もちろん嬉しかったです。やる気も出ましたよ。強いて難を言えば、こういう差し入れは1話とか2話ぐらいの放映タイミングで配ってもらうことが多いんですが、今回は7話とか8話ぐらいにずれ込んでしまいました」

大石内蔵助と同じ“成功”を味わう25日

ジャンパーはユニクロ製で、それをカスタマイズしたものらしい。1着が2000円〜3000円で、合計すると40万円とか60万円という具合だ。主演に相応しい出費と見るかは意見が割れそうだが、あまり高級品をもらっても困るに違いない。スタッフにとってはちょうどいい額だろう。

この“慣行”だが、同じTBSのドラマ「ALIFE〜愛しき人〜」では、主演の木村拓哉(45)が、60着のスタッフジャンパーを差し入れたとも報じられた。数は役所の方が多いが、木村は撮影開始前に準備していたそうだ。

ドラマ「陸王」の打ち上げは最終回が放送された翌日、25日に予定されているという。17日に放送された第9話でも視聴率は15.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。失速は極めて考えにくい。スタッフもキャストも“宿願”を果たした大石内蔵助に似た心境になるのは間違いないようだ。

週刊新潮WEB取材班

2017年12月24日掲載

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

ビートたけしや斉藤由貴も太鼓判 広瀬すずの女優としてのすごさ

ビートたけしや斉藤由貴も太鼓判 広瀬すずの女優としてのすごさ

ビートたけし本紙客員編集長(71)が審査委員長を務める「第27回東京スポーツ映画大賞」の助演女優賞に、「三度目の殺人」で母子役を演じた広瀬すず(19)と斉藤由貴(51)の2人が輝いた。 同時開催の「ビートたけしのエンターテインメント賞」では、話題の人物やお笑い芸人が数多く表彰されるため、...
寺島進が「バイプレイヤーズ」続編に出演しない理由 乗り気ではなかった?

寺島進が「バイプレイヤーズ」続編に出演しない理由 乗り気ではなかった?

昨年、テレビ東京系の深夜枠で放送されたドラマ『バイプレイヤーズ〜もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら〜』の続編である『バイプレイヤーズ〜もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら〜』が、2月7日からプライムタイム(毎週水曜21時54分〜)で放送される。 おなじみの名脇役6人を揃えて話題...
山崎賢人の「トドメの接吻」視聴率は7.4%でワースト記録を更新

山崎賢人の「トドメの接吻」視聴率は7.4%でワースト記録を更新

若手俳優・山崎賢人の連ドラ初主演作『トドメの接吻』(日本テレビ系/日曜午後10時30分〜)の初回が7日、30分拡大で放送され、視聴率は7.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と爆死スタートとなった。 日テレの同ドラマ枠は、2015年4月期より放送開始し、2ケタで好発進する作品も少なくなかったが、...
2018年も活躍しそうな「年男」俳優たち 24歳組では山崎賢人や中島健人など

2018年も活躍しそうな「年男」俳優たち 24歳組では山崎賢人や中島健人など

生まれ年が、その年の干支にあたる男性を指す「年男」。年男とは、お正月に各家に幸せをもたらす年神様のご加護を多く受け取ることができ、縁起がよいとされている。そこで、2018年にさらなる躍進が期待できる、戌年の彼らをピックアップしてご紹介しよう。 【関連】写真で見る2018年「年男」の注目俳優陣 2...
藤吉久美子が不倫疑惑で謝罪 会見での涙に違和感も、同情買うため?

藤吉久美子が不倫疑惑で謝罪 会見での涙に違和感も、同情買うため?

旧暦ではあるが12月14日と言えば、赤穂浪士が討ち入りを果たした日。 年も押し迫ったこの日、芸能人3人が記者会見を行った。赤穂浪士のように恨みを晴らせた松居一代、号泣釈明の藤吉久美子、そしてその夫の太川陽介。三者三様の会見であったが、松居の会見が強烈すぎて、ほかの会見が霞んでしまったのは否め...
テレ朝が「相棒」の再放送をやめられない訳 視聴率が本放送を上回ることも

テレ朝が「相棒」の再放送をやめられない訳 視聴率が本放送を上回ることも

テレビ朝日失速――。2017年の年間視聴率は日本テレビが4年連続の三冠王であることは報じられているが、かつてその日テレとトップ争いを演じたテレ朝が徐々に失速。いまやTBSに追い抜かれようとしている。 *** 年間視聴率3冠といえば、その昔はフジテレビだった。そもそも全日帯(6時〜24時)、ゴールデン帯...
ルックスだけの俳優が使われる時代は終わり?実力派が活躍する流れに

ルックスだけの俳優が使われる時代は終わり?実力派が活躍する流れに

「顔だけの時代は終わりました」 ドキッとする言葉を芸能事務所のベテランマネジャーが真顔で言った。 どういうことなのか? 「昔はルックスの良い若いタレントは、多少演技ができなくても出演依頼が来ていたんですが、今は演技ができないとオファーが来なくなります。引っ張りだこになっているのは、みん...
松岡修造の映り込みが話題に 宇野昌磨の背後で圧倒的な存在感

松岡修造の映り込みが話題に 宇野昌磨の背後で圧倒的な存在感

「平昌五輪・フィギュアスケート男子・SP」(16日、江陵アイスアリーナ) 3位発進の宇野昌磨(20)=トヨタ自動車=のライブインタビューの背後に、スポーツキャスターの松岡修造が映り込む映像が放送され、ネットで話題を呼んだ。 宇野は4回転ジャンプ2本を成功させるなど上々の演技で104・1...
「恋人にしたい男性有名人ランキング」相葉雅紀が3年連続で首位に

「恋人にしたい男性有名人ランキング」相葉雅紀が3年連続で首位に

2月14日は『バレンタインデー』。女性がどんな男性にチョコレートを渡したくなるのかも気になる日だけに、ORICONNEWSでは今回で11回目となる恒例の『第11回恋人にしたい男性有名人ランキング』を発表。その結果、国民的アイドルグループ・嵐の【相葉雅紀】が3年連続で首位を獲得。2位には同じく嵐の盟友の【松...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net