芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

「陸王」の最終回の撮影終了 ギリギリになった裏に竹内涼真のトラブルか

「陸王」の最終回の撮影終了 ギリギリになった裏に竹内涼真のトラブルか

クリスマスイブは役所広司と共に

片岡千恵蔵主演の「赤穂浪士」(1961年・東映)は、「忠臣蔵」の映画化作品だ。吉良上野介がイビり、浅野内匠頭が切腹し、大石内蔵助が討ち入りを果たして、上映時間は2時間30分となる。

***

討ち入りは12月14日。そして24日に最終回を迎えるテレビドラマ「陸王」(TBS系列)は、関連番組を合わせると放送時間が5時間半を超える。クリスマスイブは“陸王ジャック”というわけで、TBSも思い切ったものだ。

Yahoo!のテレビ欄によると、少なくとも関東地方では午後2時から4時半までの2時間半、「今夜、ついに最終回!『陸王』が皆んなの未来を救う!『陸王』SPダイジェスト!」が放送される。まさに“駆け足”でドラマを「おさらい」するわけだ。

「陸王」の最終回の撮影終了 ギリギリになった裏に竹内涼真のトラブルか 役所広司

午後7時から9時までは「【今夜、ついに最終回!!】緊急特別ドラマ企画『陸王』〜最終章〜」。こちらはダイジェストだけでなく「特別企画番組」だという。要するに「21時から最終回!」という番組CMの一種なのだろう。

そして満を持して、午後9時から本当のドラマが始まる。終了は午後10時19分。番組欄は「日曜劇場『陸王』最終回【『陸王』がこはぜ屋、茂木、皆の未来を救う!走れ!陸王!】と紹介している。昼過ぎから夜まで合計放送時間は6時間に近い。赤穂浪士が2回、討ち入りを果たしても5時間。まだお釣りがくる長さだ。

竹内涼真のトラブル

番組表を作る編成も大変だっただろうが、更に地獄の様相を呈していたのが撮影現場だった。撮影終了を意味する「クランクアップ」は、何と12月22日だったという。

日刊スポーツの記事「役所広司『チーム陸王』に万感、最終回2日前に撮了」(12月23日・電子版)には、福沢諭吉の玄孫としても知られる福澤克雄監督(53)が《「明後日、放送なのに、まだ撮っている……普通、こんなことはございません」と、苦笑しつつ、現状を漏らした》とある。

記事では、これまでに何度も放送時間の拡大が重なり、それだけ撮影も長期化してスケジュールが遅れたと解説しているが、それだけではないという。関係者が明かす。

「撮影スケジュールがタイトだったのは事実です。ただ、竹内涼真(24)くんのトラブルが原因で、遂に12月22日まで伸びてしまいました。走るシーンで足にマメができてしまったんです。おまけに破れて化膿するなど、相当に悪化してしまいました」

こはぜ屋のシューズは大丈夫か――戯言はおいておく。竹内のオフィシャルブログに「クランクアップ前の2人」との投稿がある。「陸王」の撮影が終了するという内容だが、日付は12月23日午前10時10分となっている。

これほどの激務となると、下手をすると現場の雰囲気が悪くなったかもしれない。だが、現実は正反対だったという。高視聴率の影響もあろう。それに主演の役所広司(61)の気配りも大きかったとの声もある。先の関係者が言う。

「役所さんがスタッフジャンパーを差し入れてくれたんです。決して珍しいことではないんですが、『TEAMRIKUOH』のロゴ入りで、200人分を用意して頂きました。もちろん嬉しかったです。やる気も出ましたよ。強いて難を言えば、こういう差し入れは1話とか2話ぐらいの放映タイミングで配ってもらうことが多いんですが、今回は7話とか8話ぐらいにずれ込んでしまいました」

大石内蔵助と同じ“成功”を味わう25日

ジャンパーはユニクロ製で、それをカスタマイズしたものらしい。1着が2000円〜3000円で、合計すると40万円とか60万円という具合だ。主演に相応しい出費と見るかは意見が割れそうだが、あまり高級品をもらっても困るに違いない。スタッフにとってはちょうどいい額だろう。

この“慣行”だが、同じTBSのドラマ「ALIFE〜愛しき人〜」では、主演の木村拓哉(45)が、60着のスタッフジャンパーを差し入れたとも報じられた。数は役所の方が多いが、木村は撮影開始前に準備していたそうだ。

ドラマ「陸王」の打ち上げは最終回が放送された翌日、25日に予定されているという。17日に放送された第9話でも視聴率は15.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。失速は極めて考えにくい。スタッフもキャストも“宿願”を果たした大石内蔵助に似た心境になるのは間違いないようだ。

週刊新潮WEB取材班

2017年12月24日掲載

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

役所広司、喫煙シーン満載の映画出演に「実は禁煙したばっか。せっかく忘れかけていたのに」

役所広司、喫煙シーン満載の映画出演に「実は禁煙したばっか。せっかく忘れかけていたのに」

5月5日、映画『孤狼の血』(5月12日全国公開)の公開記念トークイベントが都内で行われ、同作の主演を務める役所広司、原作者の柚月裕子氏、白石和彌監督、赤ペン瀧川、映画評論家の秋本鉄次氏が登壇した。 完成した作品を観た感想を聞かれた役所は「冒頭から、監督と東映さんの心意気というのを感じました。...
大杉漣さんの事務所に心配の声 一枚看板を失い経営が厳しくなる可能性

大杉漣さんの事務所に心配の声 一枚看板を失い経営が厳しくなる可能性

2月22日に急死した俳優の大杉漣さん(享年66)は、来る仕事は拒まずで、最後まで超多忙な日々を送っていた。彼が生前、特に気にかけていたのは自ら設立した事務所「ZACCO」のことだったという。 *** 主役だって張れるのに、亡くなる直前まで演じていたのは「バイプレイヤーズ〜もしも名脇役がテレ東朝ドラ...
日本アカデミー賞「三度目の殺人」が最優秀作品賞を獲得 最多6冠

日本アカデミー賞「三度目の殺人」が最優秀作品賞を獲得 最多6冠

(全2枚) 2日、第41回日本アカデミー賞授賞式が都内で行われ、最優秀作品賞は是枝裕和監督の『三度目の殺人』が受賞した。同作は監督賞、助演女優賞、助演男優賞、脚本賞、編集賞でも最優秀賞を受賞しており、今回の日本アカデミー賞で最多となる。 『三度目の殺人』は、勝ちにこだわる弁護士(福山雅治)が、...
役所広司が初の最優秀助演男優賞「またしばらく頑張る」

役所広司が初の最優秀助演男優賞「またしばらく頑張る」

『第41回日本アカデミー賞』の授賞式が2日、都内で開催され、役所広司(62)が映画『三度目の殺人』(是枝裕和監督)で初の最優秀助演男優賞を受賞した。映画の撮影で肉離れをしたといい、少し足を引きずりながら登壇した役所は「この賞をきっかけにまたしばらく頑張っていこうと思います」と喜びを語った。 ...
藤吉久美子が不倫疑惑で謝罪 会見での涙に違和感も、同情買うため?

藤吉久美子が不倫疑惑で謝罪 会見での涙に違和感も、同情買うため?

旧暦ではあるが12月14日と言えば、赤穂浪士が討ち入りを果たした日。 年も押し迫ったこの日、芸能人3人が記者会見を行った。赤穂浪士のように恨みを晴らせた松居一代、号泣釈明の藤吉久美子、そしてその夫の太川陽介。三者三様の会見であったが、松居の会見が強烈すぎて、ほかの会見が霞んでしまったのは否め...
「ブラックペアン」でドラマ史上初の試み 手術支援ロボットが登場

「ブラックペアン」でドラマ史上初の試み 手術支援ロボットが登場

【二宮和也/モデルプレス=5月11日】20日に放送される嵐の二宮和也が主演を務めるTBS系日曜劇場『ブラックペアン』(日曜よる9時〜)の第5話に、ドラマ史上初となる手術支援ロボット・ダビンチが登場する。 【さらに写真を見る】嵐・二宮和也主演「ブラックペアン」、新たな出演者発表 ◆『ブラックペアン』...
半同棲報道許されず?二宮和也の主演ドラマ、微妙な視聴率でスタート

半同棲報道許されず?二宮和也の主演ドラマ、微妙な視聴率でスタート

ジャニーズ事務所の人気グループ・嵐の二宮和也が主演する、TBS系ドラマ「ブラックペアン」の22日に放送された初回の平均視聴率が13・7%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)だったことを、各メディアが報じている。 同ドラマは、ドラマ化もされた「チーム・バチスタの栄光」などで知られる海堂尊氏の同名小説シ...
ドラマ「この世界の片隅に」主人公のすずは松本穂香に決定との噂

ドラマ「この世界の片隅に」主人公のすずは松本穂香に決定との噂

  「『この世界の片隅に』の連続ドラマ化が発表されましたが、主演女優が誰になるのかが注目されています」と語るのは、テレビ誌関係者だ。   『この世界の片隅に』は太平洋戦争中の広島県呉市を舞台にした作品で、主人公・すずが懸命に生きぬこうとする姿を描いている。   かつて同作が連載さ...
加藤綾子の女優デビュー 半沢直樹の演出家が粘り強く説得

加藤綾子の女優デビュー 半沢直樹の演出家が粘り強く説得

最終回に視聴率21・0%を記録した松本潤の主演ドラマ「99・9―刑事専門弁護士―SEASON2」に続き、4月クールのTBS日曜夜9時枠ドラマ「ブラックペアン」(4月22日スタート)では、またも「嵐」の二宮和也が主演を務める。 「99・9」は香川照之、木村文乃、笑福亭鶴瓶といった芸達者が松本...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net