芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

中居正広は? 斎藤工は? ′17年CMギャラ1位はこの人

中居正広は? 斎藤工は? ′17年CMギャラ1位はこの人
 
「伊勢谷友介(41)や浅野忠信(44)、役所広司(61)など、映画俳優がここにきて次々とテレビドラマに主演している背景には、映画ではなくテレビに出て好感度を上げることがCM出演のオファーを得る“近道”だという、昨今の“CM出演事情”があるんですよ。CMの仕事はギャラがよく、ひと昔前は高倉健さんのように、気に入った映画だけ出て、あとはCMで稼ぐというやり方が通用しました。でも、いまは大物映画俳優でも、CMに出るためにはテレビに出て好感度を上げることが必須。彼らにとっても、CM出演料はそれだけ芸能生活の“生命線”になっているんです」(広告代理店関係者)
 
'17年のCM起用社数ランキングが12月6日にニホンモニターから発表された。それによると、'17年の男性部門1位は遠藤憲一(56)の12社。2位が相葉雅紀(35)と錦織圭(27)の11社、3位が二宮和也(34)と松本潤(34)の10社と続く。
 
「1位が遠藤憲一と聞いて意外と思われる人もいるでしょうが、これは知名度の割にCM出演料が安いため」(前出・広告代理店関係者)
 
ではその「安い」という額は実際いくらなのか。今回、本誌では広告業界関係者の協力を得て、人気男性タレントたちの“CM出演料”を徹底調査した。その結果をまとめたのが、次の一覧表だ。
 
【明石家さんま】年間契約:1億8,000円/1クール:1億円
【タモリ】年間契約:1億8,000円/1クール:1億円
【イチロー】年間契約:1億8,000円/1クール:8,000万円
【浜田雅功か松本人志】年間契約:1億5,000円/1クール:8,000万円
【中居正広】年間契約:1億2,000円/1クール:7,000万円
【錦織圭】年間契約:1億2,000円/1クール:6,000万円
【羽生結弦】年間契約:1億円/1クール:6,500万円
【内村光良】年間契約:9,000万円/1クール:4,000万円
【櫻井翔】年間契約:9,000万円/1クール:3,500万円
【菅田将暉】年間契約:9,000万円/1クール:3,000万円
【阿部寛】年間契約:8,000万円/1クール:3,500万円
【松田翔太】年間契約:5,000万円/1クール:2,500万円
【西島秀俊】年間契約:5,000万円/1クール:2,500万円
【遠藤憲一】年間契約:4,500万円/1クール:1,500万円
【DAIGO】年間契約:4,000万円/1クール:1,800万円
【竹内涼真】年間契約:4,000万円/1クール:1,500万円
【山粼賢人】年間契約:4,000万円/1クール:1,200万円
【斎藤工】年間契約:3,500万円/1クール:1,200万円
【マツコ・デラックス】年間契約:3,500万円/1クール:1,500万円
【松坂桃李】年間契約:3,000万円/1クール:1,000万円
 
年間契約の場合、遠藤が4,500万円で上位陣と比べるとたしかに“リーズナブル”なお値段。出演オファーが殺到するのもうなずける。CM出演料トップはタモリ(72)と明石家さんま(62)が総合1位、続いてイチロー(44)だ。
 
「タモリさんは、『笑っていいとも!』(フジテレビ系)が終了して露出度が減り“タモリロス”が叫ばれて以来、プレミア感が増しています。高年齢のためスキャンダルでのCM降板の恐れが少ないのも魅力ですよね」(別の広告代理店関係者・以下同)
 
男性5位の中居正広(45)は、年間契約で1億2,000万円。
 
「MCを務めるレギュラー番組も多く、お茶の間の知名度は群を抜いています。SMAPは解散しましたが、中居さんのタレントとしての価値はまったく下がっていません」
 
2月に平昌五輪を控える羽生結弦(23)は、年間契約1億円。
 
「男性フィギュアスケート界で現在、知名度ナンバーワン。はやりの塩顔系男子として、とくに20〜50代女性からの好感度は抜群です」
 
映画にドラマに引っ張りだこの菅田将暉(24)は、年間契約9,000万円。
 
「バラエティ番組に出演しても話が面白いと評判です。'18年は、さらにCMオファーが増えると見ています」
 
3年前、ドラマ『昼顔』(フジテレビ系)でブレークした斎藤工(36)は、'17年、7社のCMに出演。年間契約で3,500万円と割安な出演料なことが好感されているようだ。
 
「二枚目なのにお笑い企画もOKな部分が好感度につながっていますね。だから、もしスキャンダルがあってもダメージが少ないタイプです。そうすると企業側も安心感があるので、ますますオファーを出しやすくなりますね」

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

「実力派俳優」の定義とは? 薄れゆく顔面至上主義と“ごり押し”キャスティング

「実力派俳優」の定義とは? 薄れゆく顔面至上主義と“ごり押し”キャスティング

枕詞に「実力派」とつく魔訶不思議な職業は、俳優くらいではないだろうか。それは、“実力派ではない人たち”がいるからこそ成り立っていた言葉である。いわゆる「大根役者」が対義語に当たるのかもしれないが、これまで日本の芸能界では、演技力が乏しくても、ビジュアルさえ良ければメイン抜擢されるケースが...
さまぁ〜ず・大竹一樹「皿洗い」で妻に不満「俺だけが怒られる」

さまぁ〜ず・大竹一樹「皿洗い」で妻に不満「俺だけが怒られる」

お笑いコンビ「さまぁ〜ず」の大竹一樹(54)が11日放送のテレビ東京系「紙とさまぁ〜ず」(火曜25・35)に出演。妻への不満を口にする場面があった。 同番組は、アンケート(紙)を投げ、その回答(紙)をもとにゲスト本人不在という全く新しい形式でトークを繰り広げていく内容。今回のゲストは、俳優の遠藤...
窪田正孝 続編に意欲も「やる場合は早めにお願いします」製作陣にリクエスト

窪田正孝 続編に意欲も「やる場合は早めにお願いします」製作陣にリクエスト

俳優の窪田正孝(33)が10日、都内で主演映画「ラジエーションハウス」(監督鈴木雅之)の公開後舞台あいさつに出席した。2シーズン放送されたフジテレビの月9ドラマの映画化。早くもさらなる続編を望む声が上がっており、自身も意欲を示す。ただ原作のキャラクターと自分の年齢に差が生まれてしまうことを危...
本田翼、舞台あいさつで質問にパス宣言 オチ弱めのトーク披露で猛省「ごめん!」

本田翼、舞台あいさつで質問にパス宣言 オチ弱めのトーク披露で猛省「ごめん!」

俳優の本田翼、広瀬アリスが29日、都内で行われた映画『劇場版ラジエーションハウス』の公開初日舞台あいさつに参加した。 【写真】本田翼、窪田正孝らと“ダッシュ”で入場した広瀬アリスシーズン1、シーズン2を経て、足掛け3年で公開となった劇場版。完結編とも呼ぶべき作品で、イベントでは逆に新しく始めた...
「笑っていいとも!」で人気者に「ゲージツ家」のクマさんの現在

「笑っていいとも!」で人気者に「ゲージツ家」のクマさんの現在

「クマさんの話は、とにかく面白いんですよ」コピーライターの糸井重里さん、イラストレーターの南伸坊さん、俳優の麿赤兒さんら著名人が口をそろえ、そのひょうきんな口ぶりをまねてみせる。新宿の飲み屋から業界に噂が広がり、いつしか「クマさん」の愛称でお茶の間の人気者になった篠原勝之さん。テレビか...
有吉弘行が20年ぶりにファスティングに挑戦「あのときほどの苦しみはない」

有吉弘行が20年ぶりにファスティングに挑戦「あのときほどの苦しみはない」

お笑いタレントの有吉弘行(47)が27日放送のJFN「有吉弘行のSUNDAYNIGHTDREAMER」(日曜後8・00)に出演。ファスティング(断食)に挑戦したことを明かした。 すでに2日間行い、この日の収録日が最終日だと説明。「食べ物のことしか頭になくて。明日から回復食っていう、固形物じゃないものを食べていく」と...
小栗旬、西村まさ彦を「共演NG」に?12年前のドラマで因縁か

小栗旬、西村まさ彦を「共演NG」に?12年前のドラマで因縁か

鎌倉幕府の第二代執権・北条義時役の小栗旬(39)の熱い演技ぶりで、視聴率は15%前後と、NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』は絶好調だ。 脚本は三谷幸喜氏(60)とあって、大泉洋(48)、山本耕史(45)、梶原善(55)と、三谷作品の常連が続々と登場するが、あの“看板俳優”は一向に登場する気配がない――。 「三...
島田陽子にまた金銭トラブルか 消えた映画製作への出資金1000万円

島田陽子にまた金銭トラブルか 消えた映画製作への出資金1000万円

「調子のいいことを言ってお金だけ出させておいて、いざ行き詰まると逃げ続ける。しまいには、“私は関係ない”です。絶対に許せません」。こう訴えるのは、昭和の大女優・島田陽子(68)と金銭トラブルを抱えるA氏である。彼は島田から映画製作への出資を持ちかけられ知人を紹介。知人に1000万円を出資させてし...
「スッキリ」視聴率にカラクリ?「めざまし8」の猛追で逆転危機か

「スッキリ」視聴率にカラクリ?「めざまし8」の猛追で逆転危機か

日本テレビ系「スッキリ』のMCを務める加藤浩次(52)が正念場を迎えている。 ライバル関係にある「めざまし8」(フジテレビ)に視聴率で追い上げられ、同時間帯2位のポジションを奪われかねないのだ。 「朝帯はテレ朝の『羽鳥慎一モーニングショー』がダントツ一位。2位が『スッキリ』だったが曜日に...
芸能界トップクラスとされる中居正広の番組単価 年収5億円は下らないか

芸能界トップクラスとされる中居正広の番組単価 年収5億円は下らないか

香取慎吾(45)が、都内の一等地に約20億円もの大豪邸を建築中だと、「女性セブン」(4月28日号)が伝えた。記事によれば1年ほど前まではマンションだった場所が取り壊され、その広大な土地に一軒家を建築するとか。何とも夢のある話だ。 キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃9年近い交際「一昨年に結婚...
山本舞香、伊藤健太郎とマイファスHiroとの“三角関係”真相明かすもメディアに封殺されていた

山本舞香、伊藤健太郎とマイファスHiroとの“三角関係”真相明かすもメディアに封殺されていた

「(想像に)お任せします」 【写真】ファン驚愕!復帰後に“ヒゲ面”を公開した伊藤健太郎4月3日に『美少女図鑑AWARD2022』の最終審査と授賞式が行われ、同オーディション出身の山本舞香がシークレットゲストとして登場した。 「『美少女図鑑』は2002年に新潟市の広告代理店がフリーペーパーとして創刊。街でス...
漫画「月曜日のたわわ」の全面広告が賛否両論「炎上」狙いもあった?

漫画「月曜日のたわわ」の全面広告が賛否両論「炎上」狙いもあった?

「不安を吹き飛ばし、元気になってもらうために全面広告を出しました」 【写真】『月曜日のたわわ』誕生のきっかけとなった比村氏の“たわわ”なイラスト『月曜日のたわわ』大炎上してるワケ 漫画『月曜日のたわわ』が大炎上している。 ことの発端は、4月4日、日本経済新聞に掲載された同漫画の単行本発売をPRす...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net