芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

もう見たくない紅白出場歌手ランキング 200人を対象にアンケート調査

もう見たくない紅白出場歌手ランキング 200人を対象にアンケート調査 (全2枚)

普段感じていること、あるいは口には出せないホンネ、はたまた口が裂けても言えない秘密。──匿名という条件のもとに、ぜんぶ白日の下にさらけ出します!男女のセキララなアレコレを、いろんな角度からアナリティクス(分析)!数字はウソをつきませんよ♪

アイドル、大御所…
もう見たくない顔ぶれが続々!

今年も、紅白歌合戦に出場する歌手の顔ぶれが出そろいましたね。なかでも最注目は、12月19日に出場を表明した安室奈美恵!豪華な出場者たちが、年の瀬のお茶の間を賑わせることでしょうが、安室奈美恵のインパクトに正直かすんでしまう人も多くなりそう。

この記事のすべての写真を見る

そういえば、変わらないメンツに食傷気味だという意見も最近は耳にしますよね。古くは小林幸子、最近では和田アキ子のオファー見送りが記憶に新しいところですが、正直「見たくない」と思う歌手もいるハズ。そこでアンケート調査を試みました!(20〜30代の男女200人を対象にアイリサーチ調べ)

■ぶっちゃけもう見たくない紅白出場歌手ランキング
(2017年NHK紅白歌合戦の出場歌手46組から複数回答。※カッコ内の数字は出場回数)
1位AKB48(10)28.0%
2位五木ひろし(47)27.5%
3位市川由紀乃(2)27.0%
4位島津亜矢(4)24.0%
4位丘みどり(初)24.0%
4位天童よしみ(22)24.0%
7位TWICE(初)23.5%
8位水森かおり(15)22.5%
9位E-girls(5)22.0%
9位石川さゆり(40)22.0%
11位三山ひろし(3)21.0%
12位三代目JSoulBrothers(6)20.0%
12位福田こうへい(4)20.0%
14位山内惠介(3)18.0%
14位乃木坂46(3)18.0%

堂々の1位は、AKB48という結果に!並みいるレジェンドを抑えての快挙(?)にファンは肩を落としているかもしれませんが、一部の熱狂的なファンに支えられるアイドルビジネスが、世間からどう見えているかをあらわした結果とも言えそうですね。

そして2位は紅白出場47回を数える、レジェンド中のレジェンド、五木ひろし!今回のアンケート対象者が20〜30代だけに、世代が合わないという見方もできるので、ある種納得ですよね。

上位陣には初出場歌手も。「えっと、誰?」という評価の裏返しなんでしょうね。楽曲のセールスや配信数に頼らずに、老若男女さまざまな世代に向けて出場歌手を選ぶ、紅白ならではの現象ともいえそうです。

「知らない」「見飽きた」「実力がない」。
出場者にガッカリする理由

さて、ではなぜ「見たくない」と感じるのか、それぞれを選んだ人から聞いた理由を見ていきましょう!

【1位AKB48(10)】
「いっぱいいすぎて訳わからないし興味もわかない」(33歳男性・新潟県)
「すでに旬は過ぎていると思うから」(29歳女性・神奈川県)
「日本人の幼児性の象徴だと思うから」(26歳女性・東京都)
「単純に興味がないから(どちらかといえば嫌い)」(38歳女性・神奈川県)

【2位五木ひろし(47)】
「もういいんじゃないかと思う」(29歳男性・大阪府)
「毎回同じで歌も全く売れていないから」(29歳女性・静岡県)
「演歌に興味ない」(26歳女性・滋賀県)

【3位市川由紀乃(2)】
「名前も聞いたことがないから」(37歳女性・東京都)
「顔が思い浮かばないので」(35歳女性・島根県)
「知らない」(38歳女性・千葉県)

【4位島津亜矢(4)】
「演歌はあまり興味がないので」(21歳女性・東京都)
「紅白にふさわしくない気がする」(32歳女性・大阪府)

【4位丘みどり(初)】
「誰だか知らないので」(29歳男性・京都府)
「知らないから」(39歳女性・兵庫県)

【4位天童よしみ(22)】
「演歌にそもそも興味が全く無いし、無駄に派手なだけでつまらないから」(27歳男性・千葉県)
「興味がないため」(31歳女性・愛媛県)
「嫌い」(29歳女性・神奈川県)

【7位TWICE(初)】
「流行っていないし、なぜ呼ぶのかわからないから。選考基準が不明確で、恣意的に思うから」(33歳男性・静岡県)
「ゴリ押ししてるから」(35歳男性・千葉県)

【8位水森かおり(15)】
※コメントなし

【9位E-girls(5)】
「少女時代のパクリみたいな衣装と振り付けだし、可愛くない、曲も売れてないからなぜ出ているのか分からないから」(27歳女性・埼玉県)
「たいしたヒットもないから」(30歳女性・愛知県)
「特に秀でるものがないのに、ゴリ押しされているから」(34歳女性・大阪府)

【9位石川さゆり(40)】
「紅白に出過ぎ。毎年『天城越え』『津軽海峡冬景色』を交互で歌っていてヒット曲の少なさに呆れて笑える」(38歳男性・福岡県)
「知らないから」(31歳女性・大分県)

【11位三山ひろし(3)】
「知らないから」(30歳男性・広島県)

【12位三代目JSoulBrothers(6)】
「特に曲がヒットした記憶もなし、レコード大賞のスキャンダルでイメージもよくない」(39歳男性・愛知県)
「良い曲がないから」(33歳男性・東京都)
「うるさい」(38歳女性・秋田県)

【12位福田こうへい(4)】
「知らない人だから」(29歳女性・千葉県)

【14位山内惠介(3)】
「知らないから」(30歳男性・広島県)

【14位乃木坂46(3)】
※コメントなし

やはりというかなんというか、「知らないから」という理由が飛び交う結果に。そのうえで「見飽きた」「ヒット曲がないのに」「実力が伴わない」といった理由が続いた印象です。

とはいえせっかくの超巨大特番。常連は「偉大なるマンネリ」として、まったく知らない新人は「こんな人もいるんだ」くらいの軽い気持ちで楽しみたいもの。気にくわなかったとしたら、2017年の思い出として忘れちゃいましょう。なにせ、年の瀬ですからね!

<文/雛菊あんじ>

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

引退した小室哲哉氏 引き受けていた仕事も終わりリタイア生活

引退した小室哲哉氏 引き受けていた仕事も終わりリタイア生活

◇芸能激動2018(2) 【芸能激動2018(2)】安室奈美恵さん(41)をはじめ「引退」が相次いだ今年の芸能界。CDバブルが巻き起こった「平成」の象徴である音楽プロデューサーの小室哲哉氏(60)も引退した。 週刊文春が報じた不倫騒動の責任を取って1月に会見して引退を表明。音楽を担当した...
浜崎あゆみがFNS歌謡祭で宇多田ヒカルの曲を歌唱 ファンは落胆

浜崎あゆみがFNS歌謡祭で宇多田ヒカルの曲を歌唱 ファンは落胆

“平成の歌姫”浜崎あゆみ(40)が5日放送の「FNS歌謡祭」(フジテレビ系)で宇多田ヒカル(35)の「Movin’onwithoutyou」を歌う。 目玉不在のNHK紅白救世主は浜崎あゆみら「平成」の歌姫か これについて浜崎のファンは落胆を隠しきれない様子で、ネット上では「デビュー20周年なの...
山下智久が香取慎吾の教えに感謝「仕事へのかかわり方を学んだ」

山下智久が香取慎吾の教えに感謝「仕事へのかかわり方を学んだ」

歌手で俳優の山下智久(33)が24日放送の日本テレビ「バズリズム02」(金曜深夜0・59)に出演。自身に影響を与えたアーティストについて語った。 番組では「山下智久人生観変わった年表」と題し、山下に影響を与えた人物を紹介。安室奈美恵さん(41)のラストライブにサプライズ出演した山下は「...
「下町ロケット」の演技が好評のイモトアヤコ 慣れない撮影に苦戦

「下町ロケット」の演技が好評のイモトアヤコ 慣れない撮影に苦戦

『下町ロケット』第1話で見せた“涙のシーン”で、その演技力に話題が集まった彼女。バラエティでは見せない好演の秘密を、撮影前の本人に直撃インタビュー! 「第1話の台本には、『涙を流す』とは書いてありませんでした。でも、監督と相談して、島津になりきって『この部品をつくるために、どれほどの努力や思...
スーマラ武智炎上の裏で注目を集める相方・田中の脱力ぶり

スーマラ武智炎上の裏で注目を集める相方・田中の脱力ぶり

『M-1グランプリ2018』(テレビ朝日系)の打ち上げで「更年期障害」「右側のおばはん」と上沼恵美子へ暴言を放ち炎上中のスーパーマラドーナ武智正剛(40)。騒動は徐々に鎮静化しつつあるなか、その相方である田中一彦(41)がひそかに注目を集めているのだ。 12月9日、騒動後初めてツイッターを更新した田中...
毒舌キャラの宇垣美里アナらが人気に 好きな女子アナランクに異変

毒舌キャラの宇垣美里アナらが人気に 好きな女子アナランクに異変

12月7日、「好きな女性アナウンサーランキング」がオリコンから発表された。1位はフリーアナの有働由美子(49)。今回は初のトップテン入りが多く、2位・弘中綾香(27=テレビ朝日)、4位・川田裕美(35=フリー)、5位・徳島えりか(30=日本テレビ)、9位・宇垣美里(27=TBS)という...
毎年恒例の流行語大賞 中川淳一郎氏「選考方法が納得のいく形ではない」

毎年恒例の流行語大賞 中川淳一郎氏「選考方法が納得のいく形ではない」

2018年の「ユーキャン新語・流行語大賞」は、平昌五輪カーリング女子日本代表の「そだねー」に決定した。毎年この賞に対しては「そんな言葉聞いたことない」や「そんなに流行ったか?」などの異論が出るが、「そもそも選考方法が誰もが納得のいく形ではない」と述べるのはネットニュース編集者の中川淳一郎氏...
「若手が育つ場が減る」番組が減らないダウンタウンへの「不要説」

「若手が育つ場が減る」番組が減らないダウンタウンへの「不要説」

(全3枚) 人気は着実に低下? もうダウンタウンは、いらない――。制作現場を熟知する、民放キー局のバラエティスタッフから、衝撃の証言だ。 *** 「本音を言わせてもらえば、もう彼らは老害なのかもしれません。キー局ではなく、テレビ界全体の問題として捉えるべきでしょう」 なぜダウンタウン“不要説”を口...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net