芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

もう見たくない紅白出場歌手ランキング 200人を対象にアンケート調査

もう見たくない紅白出場歌手ランキング 200人を対象にアンケート調査 (全2枚)

普段感じていること、あるいは口には出せないホンネ、はたまた口が裂けても言えない秘密。──匿名という条件のもとに、ぜんぶ白日の下にさらけ出します!男女のセキララなアレコレを、いろんな角度からアナリティクス(分析)!数字はウソをつきませんよ♪

アイドル、大御所…
もう見たくない顔ぶれが続々!

今年も、紅白歌合戦に出場する歌手の顔ぶれが出そろいましたね。なかでも最注目は、12月19日に出場を表明した安室奈美恵!豪華な出場者たちが、年の瀬のお茶の間を賑わせることでしょうが、安室奈美恵のインパクトに正直かすんでしまう人も多くなりそう。

この記事のすべての写真を見る

そういえば、変わらないメンツに食傷気味だという意見も最近は耳にしますよね。古くは小林幸子、最近では和田アキ子のオファー見送りが記憶に新しいところですが、正直「見たくない」と思う歌手もいるハズ。そこでアンケート調査を試みました!(20〜30代の男女200人を対象にアイリサーチ調べ)

■ぶっちゃけもう見たくない紅白出場歌手ランキング
(2017年NHK紅白歌合戦の出場歌手46組から複数回答。※カッコ内の数字は出場回数)
1位AKB48(10)28.0%
2位五木ひろし(47)27.5%
3位市川由紀乃(2)27.0%
4位島津亜矢(4)24.0%
4位丘みどり(初)24.0%
4位天童よしみ(22)24.0%
7位TWICE(初)23.5%
8位水森かおり(15)22.5%
9位E-girls(5)22.0%
9位石川さゆり(40)22.0%
11位三山ひろし(3)21.0%
12位三代目JSoulBrothers(6)20.0%
12位福田こうへい(4)20.0%
14位山内惠介(3)18.0%
14位乃木坂46(3)18.0%

堂々の1位は、AKB48という結果に!並みいるレジェンドを抑えての快挙(?)にファンは肩を落としているかもしれませんが、一部の熱狂的なファンに支えられるアイドルビジネスが、世間からどう見えているかをあらわした結果とも言えそうですね。

そして2位は紅白出場47回を数える、レジェンド中のレジェンド、五木ひろし!今回のアンケート対象者が20〜30代だけに、世代が合わないという見方もできるので、ある種納得ですよね。

上位陣には初出場歌手も。「えっと、誰?」という評価の裏返しなんでしょうね。楽曲のセールスや配信数に頼らずに、老若男女さまざまな世代に向けて出場歌手を選ぶ、紅白ならではの現象ともいえそうです。

「知らない」「見飽きた」「実力がない」。
出場者にガッカリする理由

さて、ではなぜ「見たくない」と感じるのか、それぞれを選んだ人から聞いた理由を見ていきましょう!

【1位AKB48(10)】
「いっぱいいすぎて訳わからないし興味もわかない」(33歳男性・新潟県)
「すでに旬は過ぎていると思うから」(29歳女性・神奈川県)
「日本人の幼児性の象徴だと思うから」(26歳女性・東京都)
「単純に興味がないから(どちらかといえば嫌い)」(38歳女性・神奈川県)

【2位五木ひろし(47)】
「もういいんじゃないかと思う」(29歳男性・大阪府)
「毎回同じで歌も全く売れていないから」(29歳女性・静岡県)
「演歌に興味ない」(26歳女性・滋賀県)

【3位市川由紀乃(2)】
「名前も聞いたことがないから」(37歳女性・東京都)
「顔が思い浮かばないので」(35歳女性・島根県)
「知らない」(38歳女性・千葉県)

【4位島津亜矢(4)】
「演歌はあまり興味がないので」(21歳女性・東京都)
「紅白にふさわしくない気がする」(32歳女性・大阪府)

【4位丘みどり(初)】
「誰だか知らないので」(29歳男性・京都府)
「知らないから」(39歳女性・兵庫県)

【4位天童よしみ(22)】
「演歌にそもそも興味が全く無いし、無駄に派手なだけでつまらないから」(27歳男性・千葉県)
「興味がないため」(31歳女性・愛媛県)
「嫌い」(29歳女性・神奈川県)

【7位TWICE(初)】
「流行っていないし、なぜ呼ぶのかわからないから。選考基準が不明確で、恣意的に思うから」(33歳男性・静岡県)
「ゴリ押ししてるから」(35歳男性・千葉県)

【8位水森かおり(15)】
※コメントなし

【9位E-girls(5)】
「少女時代のパクリみたいな衣装と振り付けだし、可愛くない、曲も売れてないからなぜ出ているのか分からないから」(27歳女性・埼玉県)
「たいしたヒットもないから」(30歳女性・愛知県)
「特に秀でるものがないのに、ゴリ押しされているから」(34歳女性・大阪府)

【9位石川さゆり(40)】
「紅白に出過ぎ。毎年『天城越え』『津軽海峡冬景色』を交互で歌っていてヒット曲の少なさに呆れて笑える」(38歳男性・福岡県)
「知らないから」(31歳女性・大分県)

【11位三山ひろし(3)】
「知らないから」(30歳男性・広島県)

【12位三代目JSoulBrothers(6)】
「特に曲がヒットした記憶もなし、レコード大賞のスキャンダルでイメージもよくない」(39歳男性・愛知県)
「良い曲がないから」(33歳男性・東京都)
「うるさい」(38歳女性・秋田県)

【12位福田こうへい(4)】
「知らない人だから」(29歳女性・千葉県)

【14位山内惠介(3)】
「知らないから」(30歳男性・広島県)

【14位乃木坂46(3)】
※コメントなし

やはりというかなんというか、「知らないから」という理由が飛び交う結果に。そのうえで「見飽きた」「ヒット曲がないのに」「実力が伴わない」といった理由が続いた印象です。

とはいえせっかくの超巨大特番。常連は「偉大なるマンネリ」として、まったく知らない新人は「こんな人もいるんだ」くらいの軽い気持ちで楽しみたいもの。気にくわなかったとしたら、2017年の思い出として忘れちゃいましょう。なにせ、年の瀬ですからね!

<文/雛菊あんじ>

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

車いすの女性にユーモアを交えて声掛け 小籔千豊の対応が話題に

車いすの女性にユーモアを交えて声掛け 小籔千豊の対応が話題に

お笑い芸人の小籔千豊が車いすの女性へ行った対応がツイッターで拡散され、話題を呼んでいる。小籔は品川駅で車いすの女性がタクシーに乗る際に遠くから駆け寄り、「何していいかわからんから教えて下さい」とユーモアを交え、女性に声掛け。女性はツイッターで「まさにユニバーサルマナーを体現してくださっ...
「歌姫ってなんなん」宇多田ヒカルのツイートが話題に

「歌姫ってなんなん」宇多田ヒカルのツイートが話題に

シンガーソングライターの宇多田ヒカル(36歳)が2月15日、自身のTwitterを更新。「歌姫ってなんなん」とつづったツイートが話題を呼んでいる。 最近では2月11日に放送された「歌のゴールデンヒット昭和・平成の歴代歌姫ベスト100」(TBS系)や、15日放送の「ヒルナンデス!」(日本テレビ系)内「超限定マー...
メディアが悩む「2人の小室」小室哲哉氏の引退で呼称巡り議論

メディアが悩む「2人の小室」小室哲哉氏の引退で呼称巡り議論

「呼称問題」はメディアにとっては鬼門ともいえるものである。新聞記者たちの“表記ルールブック”とも言える『記者ハンドブック』(共同通信社刊)によると、敬称は原則として「氏、さん、君、ちゃん」で、子どもの場合、中学生以上は男女とも「さん」。一方、〈敬称を付けない場合〉として〈競技に即した1面、...
西野カナ「共感呼ぶ歌詞」に必要な充電/こんな人

西野カナ「共感呼ぶ歌詞」に必要な充電/こんな人

<こんな人> 西野カナ(29)が3日、無期限活動休止前の最後のライブを横浜アリーナで行った。この日のライブは、全国47都道府県や過去にライブを行った香港、台湾など計98カ所に生中継され、多くのファンが見守った。平成の歌姫は平成の終わりとともに、いったんマイクを置いた。 ◇◇◇ 優しげな雰囲気を持つが...
キャリア志向の女性からも支持「ブレない」明日花キララの魅力

キャリア志向の女性からも支持「ブレない」明日花キララの魅力

(全3枚) 明日花キララ(30)といえば、世の殿方ならば誰しもが知る“女優さん”である。2007年にデビューし一世を風靡する傍らで、アイドルグループ「恵比寿★マスカッツ」メンバーとしても活動してきた。そんな彼女が、このたび“女性向け”のスタイルブックを上梓したというのだ。 *** “日本一男性を虜にした...
復活「しくじり先生」は成功しないと言われる理由

復活「しくじり先生」は成功しないと言われる理由

テレ朝お得意の“奇策” 東スポWebは1月31日、「テレ朝系『しくじり先生』復活!目玉は純烈」と報じた。記事冒頭に「本紙の取材でわかった」とあり、スクープ記事であることを示している。 *** 番組の正式名は「しくじり先生俺みたいになるな!!」だ。2014年10月に深夜番組としてスタートすると、たちまち人気...
DaiGo、古市憲寿氏との心理戦に敗れ無念「久しぶりに悔しいです」

DaiGo、古市憲寿氏との心理戦に敗れ無念「久しぶりに悔しいです」

メンタリストDaiGoが、31日放送の『ニンゲン観察バラエティモニタリング』(TBS系)に出演。社会学者・古市憲寿との心理戦に敗れる波乱があった。 友達同士だという2人とあって、バトルは和やかに始まった。今回の戦いは「お金」「家族」「友人」「仕事」「趣味」の5つのうち、古市が今年一番大切にしたいも...
強烈なキャラで人気の女子アナ5人 闇深い発言連発の宇垣美里アナ

強烈なキャラで人気の女子アナ5人 闇深い発言連発の宇垣美里アナ

12月7日、オリコンは年末の恒例企画である「好きな女性アナウンサーランキング」を発表した。 今回の第1位は有働由美子。他にも第3位に加藤綾子、第6位に大江麻理子…とお馴染みの顔ぶれがいる一方、今年は4人が初のトップテン入りを果たし、混迷を極める結果となった。ちなみに、不動の人気を誇る水卜麻美は...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net