芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

二宮和也が紅白歌合戦で白組司会 テンポと安定感に絶賛の嵐

二宮和也が紅白歌合戦で白組司会 テンポと安定感に絶賛の嵐 アイドルグループ・嵐の二宮和也が31日に務めた、『第68回NHK紅白歌合戦』の白組司会の様子が話題となっている。

二宮は嵐としての紅白司会経験はあるが、単独で白組司会を務めるのは初めて。リハーサルから抜群の安定感を見せていたが、本番でも安定感は変わらないままに、生放送を取り仕切っていく。

総合司会はウッチャンナンチャンの内村光良だが、内村はNHKのコント番組『LIFE!〜人生に捧げるコント〜』のキャラクターに扮した様々な出番があったために、対応が二宮に任される場面も多かった。紅白とのコラボから誕生した、内村演じるNHKゼネラル・エグゼクティブ・プレミアム・ディレクター三津谷寛治が、三山ひろし、SexyZone、サンシャイン池崎を呼び出す場面では、二宮が三津谷のボケを回収する形に。

また、内村が欅坂46とコラボで「不協和音」を歌い踊るパフォーマンスでは、同グループのメンバーが体調不良となりステージの異変が感じられたものの、動じることなく場を進める。二宮の「内村さん、夢が叶ってよかったですね、素晴らしい」という言葉に、内村が「他人事じゃないか!」とつっこむことで場が収まっていた。

準備のために時間が空けばアドリブでつなぎ、エレファントカシマシ・宮本浩次やゲスト審査員の加藤一二三が喋り続ければさくっとぶった切るが、不思議と嫌な感じはなく場を進める二宮。ひょうひょうとした雰囲気を崩さないがゆえに、挟まれる中継等や様々な企画とのやりとりも上滑りすることがなかった。

この二宮の司会ぶりは嵐のメンバーも認めるところで、大野は「素晴らしいですね。この勢いのまま毎年やって欲しいですね」と絶賛。Twtiterでは「ニノの司会、安定感がすごい」「生放送なのに、完成されたバラエティを見てるみたい」と二宮をたたえる声で溢れた。さらに「テンポ感がすごい」「俳優ならではの間の取り方」「声の出し方がベテラン」「すべてを回収してくれる」「切り替えがうまい」と具体的に二宮の司会の良さを分析するツイートも多く見られた。

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

はんにゃの金田哲 吉本坂46の握手会に客は5人で「泣かせてくれよ」

はんにゃの金田哲 吉本坂46の握手会に客は5人で「泣かせてくれよ」

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/9/7/9708d_1581_5383e94ae56a272b549331199220ff12.jpg ボケ担当のはんにゃ金田哲(33)とツッコミ担当の川島章良(37)からなる、お笑いコンビの「はんにゃ」。 『爆笑レッドカーペット』(フジテレビ系)で「ズグダンズンブングンゲーム」という独自のゲーム...
「イッテQ」の会議で内村光良が怒り 番組に対する責任と愛

「イッテQ」の会議で内村光良が怒り 番組に対する責任と愛

インドで『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)の撮影中に、ANZEN漫才のみやぞん(34才)が左足首を骨折したことが5月28日、日本テレビから発表された。ロケが行われたのは24日。みやぞんは、木の板をジャンプ台にして火の輪をくぐるという課題に挑戦し、着地の際に左足首をひねったという。約2か月の...
ずん飯尾和樹に40歳で清掃バイトの過去「あれ?家賃払えないな」

ずん飯尾和樹に40歳で清掃バイトの過去「あれ?家賃払えないな」

『さんまのお笑い向上委員会』『マツコ&有吉かりそめ天国』などのバラエティ番組に加え、最近では『獣になれない私たち』『アンナチュラル』などドラマでも幅広く活躍するずん飯尾和樹さん。 【写真】ずん飯尾さんの写真を見る(全8枚) しかし20代でデビューしてから「うだつが上がらない」時期が長く、『い...
「イッテQ」に立ち上げから関わった名物Pが子会社に去る 焦らない日テレ

「イッテQ」に立ち上げから関わった名物Pが子会社に去る 焦らない日テレ

日曜夜8時の激戦区で「ポツンと一軒家」(テレビ朝日系)の勢いが止まらない。5月19日の放送では番組史上最高の19・8%(ビデオリサーチ調べ:関東地区、以下同じ)、ついに20%に迫ろうという位置につけた。 一方、同時間帯で不動の1位を保ってきた「世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ系)は、この日の...
キンコン西野が相方・梶原の炎上に皮肉「炎と謝罪のミルフィーユ」

キンコン西野が相方・梶原の炎上に皮肉「炎と謝罪のミルフィーユ」

キングコングの西野亮広(38)が、ユーチューバー「カジサック」として活動する相方の梶原雄太(38)が炎上騒ぎを起こしたことで、自身の好感度が上がっているとして感謝した。 西野は6日、「拝啓、カジサック様」のタイトルでブログを更新。梶原が、サンシャイン池崎が両親にプレゼントした家を「公衆トイレ...
梶原雄太が炎上続きで西野亮廣の評価が上がる?「一周回って好きに」

梶原雄太が炎上続きで西野亮廣の評価が上がる?「一周回って好きに」

お笑いコンビ「キングコング」の梶原雄太さん(38)の「火ダルマ」ぶりが話題だ。 2019年2月4日、梶原さんは自身のYouTubeページ「カジサックの部屋」で、後輩芸人のヤスタケさんに対するドッキリ動画を公開。スニーカー大好き芸人として知られるヤスタケさんが所有するスニーカー約100足をチョコレート菓子の...
大晦日の風物詩「笑ってはいけない」今後もまだまだ続いていくか

大晦日の風物詩「笑ってはいけない」今後もまだまだ続いていくか

オチアイユキ(ライター・編集者) 今年も大みそかに『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』(日本テレビ系)の年越し特番『絶対に笑ってはいけないトレジャーハンター24時!』が放送される。 昔ほどの勢いはないとはいえ、やはり変わらず超高視聴率番組であり続ける『NHK紅白歌合戦』が独走し、民...
「笑ってはいけない」で衝撃を受けた刺客 ココリコ田中がベスト3を発表

「笑ってはいけない」で衝撃を受けた刺客 ココリコ田中がベスト3を発表

お笑いコンビ・ココリコの田中直樹(47歳)が、12月13日に放送された朝の情報番組「ZIP!」(日本テレビ系)に出演。大晦日恒例の年越し番組「笑ってはいけない」シリーズで衝撃を受けた“笑いの刺客ベスト3”を発表した。 田中がまず選んだ第3位の刺客は、サンシャイン池崎のテンションとクオリティを完コピし...
ブラックビスケッツから20年「ビビアン・スー」がMBAを取得

ブラックビスケッツから20年「ビビアン・スー」がMBAを取得

インスタグラムより 6月1日、タレントのビビアン・スーが、自身のSNSでMBAを取得したことを明かした。6月2日の中国語メディア『星洲網』によると、受講した世新大学の教授たちはビビアンの卒業に際し「優秀賞」を贈ったという。 インスタグラムでビビアンは、大学への感謝を交えながらこう語っている。 「人生...
くりぃむ上田、コンビ名にまつわる秘話 諦めに近い感じで受け入れ

くりぃむ上田、コンビ名にまつわる秘話 諦めに近い感じで受け入れ

くりぃむしちゅーの上田晋也(48歳)が、4月23日に放送されたバラエティ番組「太田上田」(中京テレビ)に出演。コンビ名に愛着がない理由などを語った。 番組にはこの日、お笑いコンビ・平成ノブシコブシがゲストで出演。元号が平成から令和に変わるにあたり、コンビ名の“平成”をどうするのかとの話題になっ...
コロッケ「モテたくて(笑)」から始まった独自のものまねワールド

コロッケ「モテたくて(笑)」から始まった独自のものまねワールド

ついに2019年4月末で平成の時代が終わる。平成の世を彩り、輝きを放ったスターたちはそのとき何を思い、感じていたのか?当時と今、そしてこれからについてインタビューで迫っていくこの連載。7回目はものまねタレントのコロッケさんです。Vol.7コロッケ 日本の『ものまね』を変えた男、コロッケ。 【写真】コ...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net