芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

二宮和也が紅白歌合戦で白組司会 テンポと安定感に絶賛の嵐

二宮和也が紅白歌合戦で白組司会 テンポと安定感に絶賛の嵐 アイドルグループ・嵐の二宮和也が31日に務めた、『第68回NHK紅白歌合戦』の白組司会の様子が話題となっている。

二宮は嵐としての紅白司会経験はあるが、単独で白組司会を務めるのは初めて。リハーサルから抜群の安定感を見せていたが、本番でも安定感は変わらないままに、生放送を取り仕切っていく。

総合司会はウッチャンナンチャンの内村光良だが、内村はNHKのコント番組『LIFE!〜人生に捧げるコント〜』のキャラクターに扮した様々な出番があったために、対応が二宮に任される場面も多かった。紅白とのコラボから誕生した、内村演じるNHKゼネラル・エグゼクティブ・プレミアム・ディレクター三津谷寛治が、三山ひろし、SexyZone、サンシャイン池崎を呼び出す場面では、二宮が三津谷のボケを回収する形に。

また、内村が欅坂46とコラボで「不協和音」を歌い踊るパフォーマンスでは、同グループのメンバーが体調不良となりステージの異変が感じられたものの、動じることなく場を進める。二宮の「内村さん、夢が叶ってよかったですね、素晴らしい」という言葉に、内村が「他人事じゃないか!」とつっこむことで場が収まっていた。

準備のために時間が空けばアドリブでつなぎ、エレファントカシマシ・宮本浩次やゲスト審査員の加藤一二三が喋り続ければさくっとぶった切るが、不思議と嫌な感じはなく場を進める二宮。ひょうひょうとした雰囲気を崩さないがゆえに、挟まれる中継等や様々な企画とのやりとりも上滑りすることがなかった。

この二宮の司会ぶりは嵐のメンバーも認めるところで、大野は「素晴らしいですね。この勢いのまま毎年やって欲しいですね」と絶賛。Twtiterでは「ニノの司会、安定感がすごい」「生放送なのに、完成されたバラエティを見てるみたい」と二宮をたたえる声で溢れた。さらに「テンポ感がすごい」「俳優ならではの間の取り方」「声の出し方がベテラン」「すべてを回収してくれる」「切り替えがうまい」と具体的に二宮の司会の良さを分析するツイートも多く見られた。

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

マツコ・デラックス「理想の上司」にいとうあさこを挙げる

マツコ・デラックス「理想の上司」にいとうあさこを挙げる

タレントのマツコ・デラックス(46)が18日、月曜コメンテーターを務めるTOKYOMXの「5時に夢中!」(月〜金曜後5・00)に生出演。お笑いタレント・いとうあさこ(48)の能力の高さを絶賛した。 番組では「理想の上司」アンケートで男性部門はお笑いタレントの内村光良(54)、女性部門は...
勝間和代氏 当面バラエティ番組出演せず「尺や内容コントロールできない」

勝間和代氏 当面バラエティ番組出演せず「尺や内容コントロールできない」

経済評論家の勝間和代氏が18日、ツイッターを更新し、「自分が尺や内容をコントロールできない」との理由から、当面の間バラエティ番組に出演しないとつぶやいた。 勝間氏は「自分が尺や内容をコントロールできないので、バラエティ番組に出るのをやめることにしたので」と切り出し「今日の夜が当面の間、バ...
イッテQはヤラセ問題の影響ナシ?ライバル局自滅で「束の間の幸せ」

イッテQはヤラセ問題の影響ナシ?ライバル局自滅で「束の間の幸せ」

まさに韋駄天の早さである。2月10日、NHK大河「いだてん〜東京オリムピック噺〜」(日曜20時)の視聴率が9.9%(ビデオリサーチ調べ:関東地区、以下同じ)と1桁に。歴代大河の中で、これほど早く1桁に突入した例はない。だが、その一方で、裏の民放では“やらせ祭り”で躓いた王者「世界の果てまでイッテQ!」...
オードリー春日に熱愛報道 事務所のコメントが絶賛された理由

オードリー春日に熱愛報道 事務所のコメントが絶賛された理由

お笑いコンビ「オードリー」の春日俊彰さん(40)に、「熱愛スクープ」が飛び出した。2019年2月15日発売の「FRIDAY」(3月1日号)が、一般人女性との「お泊まり愛」を報じたのだ。 ところが、ファンの注目を集めたのはその内容よりも、所属事務所・ケイダッシュステージがFRIDAYに寄せたコメントだった。その...
キンコン西野が相方・梶原の炎上に皮肉「炎と謝罪のミルフィーユ」

キンコン西野が相方・梶原の炎上に皮肉「炎と謝罪のミルフィーユ」

キングコングの西野亮広(38)が、ユーチューバー「カジサック」として活動する相方の梶原雄太(38)が炎上騒ぎを起こしたことで、自身の好感度が上がっているとして感謝した。 西野は6日、「拝啓、カジサック様」のタイトルでブログを更新。梶原が、サンシャイン池崎が両親にプレゼントした家を「公衆トイレ...
梶原雄太が炎上続きで西野亮廣の評価が上がる?「一周回って好きに」

梶原雄太が炎上続きで西野亮廣の評価が上がる?「一周回って好きに」

お笑いコンビ「キングコング」の梶原雄太さん(38)の「火ダルマ」ぶりが話題だ。 2019年2月4日、梶原さんは自身のYouTubeページ「カジサックの部屋」で、後輩芸人のヤスタケさんに対するドッキリ動画を公開。スニーカー大好き芸人として知られるヤスタケさんが所有するスニーカー約100足をチョコレート菓子の...
大晦日の風物詩「笑ってはいけない」今後もまだまだ続いていくか

大晦日の風物詩「笑ってはいけない」今後もまだまだ続いていくか

オチアイユキ(ライター・編集者) 今年も大みそかに『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』(日本テレビ系)の年越し特番『絶対に笑ってはいけないトレジャーハンター24時!』が放送される。 昔ほどの勢いはないとはいえ、やはり変わらず超高視聴率番組であり続ける『NHK紅白歌合戦』が独走し、民...
「笑ってはいけない」で衝撃を受けた刺客 ココリコ田中がベスト3を発表

「笑ってはいけない」で衝撃を受けた刺客 ココリコ田中がベスト3を発表

お笑いコンビ・ココリコの田中直樹(47歳)が、12月13日に放送された朝の情報番組「ZIP!」(日本テレビ系)に出演。大晦日恒例の年越し番組「笑ってはいけない」シリーズで衝撃を受けた“笑いの刺客ベスト3”を発表した。 田中がまず選んだ第3位の刺客は、サンシャイン池崎のテンションとクオリティを完コピし...
第11回 好きな司会者ランキング、明石家さんまが3年ぶりに首位返り咲き

第11回 好きな司会者ランキング、明石家さんまが3年ぶりに首位返り咲き

テレビ番組に欠かせない“名司会者”の存在。番組の趣旨を的確に視聴者に伝え、ゲストの個性を引き出すMCの話術は、培ってきた人生経験が如実に反映される。ORICONNEWSでは恒例の『第11回好きな司会者ランキング』を今年も発表。今回1位を飾ったのは“お笑い怪獣”として知られるベテラン司会者の【明石家さんま】...
火花を散らす有働由美子と徳永有美 今後を左右する不倫の後始末

火花を散らす有働由美子と徳永有美 今後を左右する不倫の後始末

(全2枚) 夜の民放ニュース番組『newszero』(日本テレビ系)の有働由美子アナ(49)と、『報道ステーション』(テレビ朝日系)の徳永有美アナ(43)が火花を散らしている。 双方ともに視聴率が“不調”と報じられたが、放送作家でコラムニストの山田美保子氏は、こう見る。 「番組の顔を変えた結果が視聴率に現...
「三津谷の部屋」のゲストが当日でも決まらず 内村光良が不安げ

「三津谷の部屋」のゲストが当日でも決まらず 内村光良が不安げ

■『第69回NHK紅白歌合戦』リハーサル最終日(31日、東京・渋谷NHKホール) 紅白の当日リハで衝撃の事実が発覚した。総合司会のウッチャンナンチャン・内村光良ふんする『LIFE!』の人気キャラクター、NHKゼネラル・エグゼクティブ・プレミアム・マーベラス・ディレクター・兼・紅白スーパーバイザーの三津谷...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net