芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

「第68回紅白歌合戦」の視聴率、後半は39.4% 歴代最低に迫る

「第68回紅白歌合戦」の視聴率、後半は39.4% 歴代最低に迫る 昨年大みそかに放送された「第68回NHK紅白歌合戦」(後7・15〜11・45)の平均視聴率(ビデオリサーチ調べ、関東地区)が前半(第1部)は35・8%、後半(第2部、後9・00)は39・4%だったことが2日、分かった。今年9月に引退する安室奈美恵(40)のラスト紅白など話題は多かったが、後半は40%の大台に届かず。2部制になった1989年以降、2015年の39・2%、04年の39・3%に次ぐ歴代ワースト3位となった。

15年の後半は2部制になった89年以降、歴代最低の39・2%。16年は1・0ポイント上昇し、40・2%と2年ぶりに大台に回復。しかし17年は0・8ポイント減少し、39・4%。2年ぶりに40%の大台を割った。後半の40%割れは5回目。

前半は、15年=34・8%→16年=35・1%→17年=35・8%。前年から0・7ポイント上昇した。

安室は特別枠で14年ぶりに出演。リオ五輪・パラリンピックのNHKテーマソング「Hero」を披露し、テレビ生歌唱は7年ぶりとなった。同じく特別枠の桑田佳祐(61)は年越しライブ会場の横浜アリーナから中継を結び、昨年前期の連続テレビ小説「ひよっこ」の主題歌「若い広場」を熱唱。「ひよっこ」紅白特別編、短編ドラマが2本放送され、桑田は昭和の大作曲家・浜口庫之助を演じた。

ほかにも、XJAPANのYOSHIKI(年齢非公表)が昨年5月の首の手術以来、封印していたドラムプレーを解禁。欅坂46と総合司会のウッチャンナンチャン・内村光良(53)の共演パフォーマンスの最後に、欅坂センターの平手友梨奈(16)志田愛佳(19)鈴本美愉(20)が軽い過呼吸のような状態になるハプニングがあった

紅組のトリは石川さゆり(59)が2年連続8回目、大トリはゆずが初の大役を務め、石川は「津軽海峡・冬景色」、ゆずは「栄光の架橋」を熱唱した。

テーマは「夢を歌おう」。総合司会は内村が初の重責。紅組司会は女優の有村架純(24)が2年連続、白組司会は嵐の二宮和也(34)が単独初の大役を担った。

内村の安定した司会進行ぶりに、インターネット上には絶賛の声が続出。「LIFE!〜人生に捧げるコント〜」のキャラクター・三津谷寛治氏にも扮し、お茶の間の笑いを誘った。

白組が3年ぶりに勝利し、対戦成績を37勝31敗とした。審査方法について、16年は視聴者から「分かりづらい」と批判が相次ぎ、物議を醸したため、17年は視聴者、ゲスト審査員、会場の観客が投票権を持ち、その票すべてを1票として数える方式に変更。紅、白の22対戦ごとに集計し、白組=223万7644票(視聴者審査員=223万6339票、会場審査員=1305票)、紅組=143万2371票(視聴者審査員=143万1292票、会場審査員=1079票)(会場審査員にゲスト審査員含む)。約80万票差がついた。

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

内村光良が明かす安室奈美恵の紅白秘話「震えて緊張していた」

内村光良が明かす安室奈美恵の紅白秘話「震えて緊張していた」

お笑いタレント・イモトアヤコ(32)が大ファンと公言し、今年9月に引退する歌手・安室奈美恵(40)との初対面&初2ショットが、29日放送の日本テレビ「世界の果てまでイッテQ!」(日曜後7・58)で、ついに実現した。今まで応援してくれたイモトに、安室が最後にお礼を言いたいと「イッテQ」初...
内村光良、早くも2018年の紅白司会に内定か 局内関係者が明かす

内村光良、早くも2018年の紅白司会に内定か 局内関係者が明かす

いくらなんでも早すぎる!?昨年の大みそかに放送されたNHK紅白歌合戦で総合司会を務めた内村光良(53)の、今年の紅白での続投が“内定”したという情報をキャッチした。近年続いているジャニーズタレント&若手女優の司会者コンビを支える抜群の力量を見せた内村。番組終了直後から局内での絶賛の嵐が吹...
NHKによる安室奈美恵の写真偽装 背景に土壇場のワガママがあった?

NHKによる安室奈美恵の写真偽装 背景に土壇場のワガママがあった?

目玉とされた歌姫を土壇場で口説き落としたものの、蓋を開ければ視聴率は歴代ワースト3。そのうえ、年明け早々には、リハーサル写真を“本番中の撮影”と偽って、マスコミに配布していたことがバレてしまった。まさに踏んだり蹴ったりのNHKだが、前代未聞の珍事が起きたのには、あるワケがあった。 *** 昨年...
文春調査の「紅白で良かった歌手」ランク 断トツ1位は安室奈美恵

文春調査の「紅白で良かった歌手」ランク 断トツ1位は安室奈美恵

昨年の大晦日、日本を代表する46組の歌手が出演した「第68回紅白歌合戦」。週刊文春恒例のアンケート企画「紅白で良かった歌手」には、16〜77歳のメルマガ会員から、6600以上の回答が集まった。 ダントツ1位の安室奈美恵©共同通信社 ダントツの得票で2位以下を圧倒したのが、今年9月での引退を発表した...
「半分、青い。」の撮影が終了 ネタバレを防ぐために異例の非公開

「半分、青い。」の撮影が終了 ネタバレを防ぐために異例の非公開

NHKは18日、女優の永野芽郁(18)がヒロインを務める連続テレビ小説「半分、青い。」(月〜土曜前8・00)の撮影が17日に終了したと発表した。朝ドラのクランクアップはメディアに公開され、取材が行われるのが通例だが、近年、異例の非公開。昨年11月から撮影に入り、約10カ月の長丁場を完走...
フジテレビの月9ドラマが好調 背景に「テレ朝化」と物語の進化

フジテレビの月9ドラマが好調 背景に「テレ朝化」と物語の進化

(全3枚) 『絶対零度』撮影中の横山裕(左)と本田翼(右)沢村一樹主演のフジ月9『絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜』が好調だ。初回視聴率は10.6%。二桁スタートは、去年7月クールの『コード・ブルー―ドクターヘリ緊急救命―』以来4作ぶりだった。その後もおおむね横ばいで推移し、6話までの平均が10.6%と...
ノロケ炎上の剛力彩芽 仲里依紗と中尾明慶のラブラブ人気との違い

ノロケ炎上の剛力彩芽 仲里依紗と中尾明慶のラブラブ人気との違い

「恋は盲目」の正しさと「金持ち喧嘩せず」の誤りを教えてくれる、“ZOZO社長”前澤友作(42)と女優・剛力彩芽(25)の交際。SNSでノロケて炎上、削除をするも懲りずに投稿、“アンチ”を煽る……という展開を見せてきた2人だが、ノロケるにあたってお手本にしたいカップルがいる。 *** 「なんでこれほどまで私...
「西郷どん」視聴率 異例の「西高東低」に関係者も驚き

「西郷どん」視聴率 異例の「西高東低」に関係者も驚き

俳優の鈴木亮平(35)が主演を務めるNHK大河ドラマ「西郷(せご)どん」(日曜後8・00)。視聴率が“西高東低”の不思議な現象が起きている。 大河ドラマ57作目。直木賞作家・林真理子氏(64)の小説「西郷どん!」(KADOKAWA)を原作に、幕末から明治維新のヒーロー・西郷隆盛(鈴木)の...
安室奈美恵のプライベートな食生活に驚き「好感度上がるわ」

安室奈美恵のプライベートな食生活に驚き「好感度上がるわ」

29日に放送された日本テレビ系『世界の果てまでイッテQ!』に安室奈美恵が出演し、大ファンだというイモトアヤコが安室へ様々な質問をした。 【写真】小室哲哉、安室奈美恵との2ショット公開に「25年間で、初めてのツーショットかも」 その中でイモトが「好きな食べ物は?」と質問すると、安室は「お肉」「焼...
安室奈美恵が紅白で流した涙 内村光良の「ありがとう」に感動

安室奈美恵が紅白で流した涙 内村光良の「ありがとう」に感動

【安室奈美恵/モデルプレス=7月29日】歌手・安室奈美恵の大ファンであるイモトアヤコが29日放送の日本テレビ系バラエティ番組『世界の果てまでイッテQ!』(毎週日曜よる7時58分〜)にて、安室が年末の「第68回NHK紅白歌合戦」で涙を流した理由を明かした。 イモトアヤコの発言が「ファン心理を代弁しすぎ...
YouTubeで人気となった「バブリーダンス」 生みの親が語る誕生の軌跡

YouTubeで人気となった「バブリーダンス」 生みの親が語る誕生の軌跡

日本が世界に誇る各界の“知のフロントランナー”を講師に迎え、未来の日本人たちに向けてアカデミックな授業をお届けするTOKYOFMの番組「未来授業」。6月11日(月)の授業講師には、振付師で大阪府立登美丘高校ダンス部コーチのakaneさんが登場。 akaneさん akaneさんは、荻野目洋子さんのヒット曲「ダンシ...
事前リサーチや打ち合わせはなし 女子アナを成長させるタモリの放任主義

事前リサーチや打ち合わせはなし 女子アナを成長させるタモリの放任主義

『ブラタモリ』(NHK総合)の4代目アシスタントにして同局看板アナにまで成長した近江友里恵アナが、3月24日の放送をもって同番組を卒業。その後、NHKの象徴・有働由美子アナを継いで、『あさイチ』(同)の司会を務めることになった。振り返れば、初代アシの久保田祐佳アナはじめ、3代目の桑子真帆アナら、『...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net