芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

「第68回紅白歌合戦」の視聴率、後半は39.4% 歴代最低に迫る

「第68回紅白歌合戦」の視聴率、後半は39.4% 歴代最低に迫る 昨年大みそかに放送された「第68回NHK紅白歌合戦」(後7・15〜11・45)の平均視聴率(ビデオリサーチ調べ、関東地区)が前半(第1部)は35・8%、後半(第2部、後9・00)は39・4%だったことが2日、分かった。今年9月に引退する安室奈美恵(40)のラスト紅白など話題は多かったが、後半は40%の大台に届かず。2部制になった1989年以降、2015年の39・2%、04年の39・3%に次ぐ歴代ワースト3位となった。

15年の後半は2部制になった89年以降、歴代最低の39・2%。16年は1・0ポイント上昇し、40・2%と2年ぶりに大台に回復。しかし17年は0・8ポイント減少し、39・4%。2年ぶりに40%の大台を割った。後半の40%割れは5回目。

前半は、15年=34・8%→16年=35・1%→17年=35・8%。前年から0・7ポイント上昇した。

安室は特別枠で14年ぶりに出演。リオ五輪・パラリンピックのNHKテーマソング「Hero」を披露し、テレビ生歌唱は7年ぶりとなった。同じく特別枠の桑田佳祐(61)は年越しライブ会場の横浜アリーナから中継を結び、昨年前期の連続テレビ小説「ひよっこ」の主題歌「若い広場」を熱唱。「ひよっこ」紅白特別編、短編ドラマが2本放送され、桑田は昭和の大作曲家・浜口庫之助を演じた。

ほかにも、XJAPANのYOSHIKI(年齢非公表)が昨年5月の首の手術以来、封印していたドラムプレーを解禁。欅坂46と総合司会のウッチャンナンチャン・内村光良(53)の共演パフォーマンスの最後に、欅坂センターの平手友梨奈(16)志田愛佳(19)鈴本美愉(20)が軽い過呼吸のような状態になるハプニングがあった

紅組のトリは石川さゆり(59)が2年連続8回目、大トリはゆずが初の大役を務め、石川は「津軽海峡・冬景色」、ゆずは「栄光の架橋」を熱唱した。

テーマは「夢を歌おう」。総合司会は内村が初の重責。紅組司会は女優の有村架純(24)が2年連続、白組司会は嵐の二宮和也(34)が単独初の大役を担った。

内村の安定した司会進行ぶりに、インターネット上には絶賛の声が続出。「LIFE!〜人生に捧げるコント〜」のキャラクター・三津谷寛治氏にも扮し、お茶の間の笑いを誘った。

白組が3年ぶりに勝利し、対戦成績を37勝31敗とした。審査方法について、16年は視聴者から「分かりづらい」と批判が相次ぎ、物議を醸したため、17年は視聴者、ゲスト審査員、会場の観客が投票権を持ち、その票すべてを1票として数える方式に変更。紅、白の22対戦ごとに集計し、白組=223万7644票(視聴者審査員=223万6339票、会場審査員=1305票)、紅組=143万2371票(視聴者審査員=143万1292票、会場審査員=1079票)(会場審査員にゲスト審査員含む)。約80万票差がついた。

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

米津玄師 紅白歌合戦の生出演で3つの疑惑を完全払拭

米津玄師 紅白歌合戦の生出演で3つの疑惑を完全払拭

「感動しました」「上手すぎてうっとり」…。2018年の紅白歌合戦に初出場した米津玄師(27才)の歌唱が、多くのファンを魅了した。米津は故郷・徳島の美術館に作られた幻想的なステージで、代表曲『Lemon』を歌い上げた。 米津は、「2018年の顔」と呼ぶにふさわしい男性ソロアーティスト。10代の頃から活動を続...
サザンがTSUNAMIを再び歌う日は?平成の区切りで封印は解かれるのか

サザンがTSUNAMIを再び歌う日は?平成の区切りで封印は解かれるのか

突如として三陸海岸などを襲った2011年3月11日の大津波は、災害が相次いだ平成にあっても、ひときわ強いインパクトを残した。東日本大震災では、津波の犠牲者を含めて、死者・行方不明者は2万人近くに上っている。 そんな中で、平成を代表するサザンオールスターズの大ヒット曲「TSUNAMI」は、曲名による受難...
ジャニーズ事務所に花持たせる?紅白の曲順でNHKが嵐に忖度か

ジャニーズ事務所に花持たせる?紅白の曲順でNHKが嵐に忖度か

大トリを超える“スーパー大トリ”とでも言うべきか。大みそかの「第69回NHK紅白歌合戦」の最終歌唱者がロックバンド、サザンオールスターズに決まった。 サザン桑田が涙を流して「RCに負けた」と語った札幌の夜 サザンは、白組の嵐が「大トリ」を務めた後、紅白いずれにも属さない「特別枠」で登場。19...
サザンオールスターズが平成最後の紅白のラストに ファンも困惑

サザンオールスターズが平成最後の紅白のラストに ファンも困惑

12月も半ばを過ぎ、紅白歌合戦の概要が見えてきました。5年ぶりに特別枠で復帰する北島三郎(82)が「まつり」を披露する他に、サザンオールスターズも同じ特別枠での出場が決まったとのこと。 ◆特別出演で「最終歌唱者」って何?…ファンも困惑 しかし、これに各方面から疑問の声があがっているのです。 まずは...
テレビに映らない紅白舞台裏 ISSAがひた隠していた足の激痛

テレビに映らない紅白舞台裏 ISSAがひた隠していた足の激痛

平均視聴率41.5%を記録し、2年ぶりに40%の大台を超えた『第69回NHK紅白歌合戦』。『夢を歌おう』をテーマに掲げた今年の紅白。サザンオールスターズと松任谷由実(64)の共演など夢に溢れた本番だったが、リハーサルでは数々の事件が起きていた――。 18年を象徴するのが、大ヒット曲『U.S.A』で16年ぶりに出...
村上信五が櫻井翔に挑戦状?密かに狙う紅白歌合戦の次期司会

村上信五が櫻井翔に挑戦状?密かに狙う紅白歌合戦の次期司会

平成最後の大晦日に放送された『第69回NHK紅白歌合戦』。引退を発表していた安室奈美恵の出演が急きょ決まるなど話題に事欠かなかった前回に比べると、今回は“目玉がない”と囁かれていたが――。 ふたを開けてみれば、視聴率は41.5%と2年ぶりに40%の大台を超えた。 「2年連続で総合司会を務めた内村光良さんは...
満島ひかりと安藤サクラが絶縁状態?「まんぷく」主演が原因か

満島ひかりと安藤サクラが絶縁状態?「まんぷく」主演が原因か

(全2枚) 降りしきる雨の中、うつむいて歩く彼女の顔は暗かった。11月上旬、女優・満島ひかり(32才)はボタンを上まできっちり留めた大きなコートに、ワイドパンツをはき、足元は革靴といういで立ちで商店街を歩いていた。めがねやマスクなどの変装をせずとも彼女に気づく人はいない。 今年3月、突然所属事務...
YouTuberデビューの梶原雄太 チャンネル動画再生回数が1000万回を突破

YouTuberデビューの梶原雄太 チャンネル動画再生回数が1000万回を突破

1日にユーチューバーとしてデビューし、「2019年、年末までに登録者数100万人に行かなかった場合、芸人を引退したいと思います」と宣言したお笑いコンビ「キングコング」梶原雄太(38)のチャンネル動画再生回数が1000万回を突破した。 梶原は1日から「カジサックの部屋」で動画を投稿。かつ...
ブルゾンちえみに変化「with B」と会う機会が減少

ブルゾンちえみに変化「with B」と会う機会が減少

「35億」のネタで世間を笑わせたお笑い芸人・ブルゾンちえみと「withB」ことブリリアン(コージ、ダイキ)が29日、前年と比較して検索数が最も急上昇した人物、作品、製品などをヤフーが発表・表彰する『Yahoo!検索大賞2018』の都内で行われたプレ・イベントに参加。昨年のブレイクから変化したことを聞かれ...
安室奈美恵のプライベートな食生活に驚き「好感度上がるわ」

安室奈美恵のプライベートな食生活に驚き「好感度上がるわ」

29日に放送された日本テレビ系『世界の果てまでイッテQ!』に安室奈美恵が出演し、大ファンだというイモトアヤコが安室へ様々な質問をした。 【写真】小室哲哉、安室奈美恵との2ショット公開に「25年間で、初めてのツーショットかも」 その中でイモトが「好きな食べ物は?」と質問すると、安室は「お肉」「焼...
安室奈美恵が紅白で流した涙 内村光良の「ありがとう」に感動

安室奈美恵が紅白で流した涙 内村光良の「ありがとう」に感動

【安室奈美恵/モデルプレス=7月29日】歌手・安室奈美恵の大ファンであるイモトアヤコが29日放送の日本テレビ系バラエティ番組『世界の果てまでイッテQ!』(毎週日曜よる7時58分〜)にて、安室が年末の「第68回NHK紅白歌合戦」で涙を流した理由を明かした。 イモトアヤコの発言が「ファン心理を代弁しすぎ...
YouTubeで人気となった「バブリーダンス」 生みの親が語る誕生の軌跡

YouTubeで人気となった「バブリーダンス」 生みの親が語る誕生の軌跡

日本が世界に誇る各界の“知のフロントランナー”を講師に迎え、未来の日本人たちに向けてアカデミックな授業をお届けするTOKYOFMの番組「未来授業」。6月11日(月)の授業講師には、振付師で大阪府立登美丘高校ダンス部コーチのakaneさんが登場。 akaneさん akaneさんは、荻野目洋子さんのヒット曲「ダンシ...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net