芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

<無駄に長い?>「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」に賛否 - メディアゴン

保科省吾[コラムニスト]

***

「スター・ウォーズ最後のジェダイ」(監督ライアン・ジョンソン)を見て、筆者の率直な感想は「長さが苦痛」である。上映時間は2時間32分。

どんなにおもしろい映画も(映画以外の演劇でもオペラでもどんなエンターテインメントでも)筆者のようなごく普通の人間にとっては、見続けるのは2時間が限度である。

多くの映画が2時間である理由は、その昔、一日に何回も上映を繰り返すために、2時間以上あると上映回数が限られてしまうので、映画館側の要望で2時間以内にすることが求められたからだ。しかし、出自はどうであれ、やはり2時間というのは人間がエンターテインメントを見続けるための集中力としては妥当な数値なのだろうと思う。

そういう事情も知りながら書くが、「スター・ウォーズ最後のジェダイ」は長い。途中で眠ってしまいそうになったぐらい長い。もちろん、物語を作る上で止むを得ず長くなっているのであればまだ理解はできる。しかし、この作品は余計なエピソードが多すぎるために長いのだ。

【参考】進みすぎた現代科学が映画『ブレードランナー2049』を陳腐にする?

筆者は「スター・ウォーズ」は全作を見ているが、エピソード7から、その傾向が顕著になっている。初期の頃の息もつかせぬ疾走感はまったくない。

内容的にも眠さを誘う要素は少なくない。例えば、「スター・ウォーズ」の大きなテーマであるフォースの使い方が安易すぎる。フォースは何でも可能になる超常能力ではない。人間らしい悩みの籠もった悲しさも帯びた能力の筈である。それが、あのような形でフォースを使えるなら、設定など無意味ではないのか。

細かい問題点を指摘したらキリがないが、他で特に気になった点は以下だ。

銀河帝国軍の残党ファースト・オーダーのスタークの破滅の仕方があっけなさ過ぎる。反乱軍を苦しめに苦しめたスタークあの程度のものだったのか、と落胆させられる。

銀河帝国軍のコードを解読できる人物との邂逅がご都合主義である。ご都合主義は論理飛躍を生み、違和感となって感情移入の妨げになる。

アメリカ映画で必要不可欠な、そして筆者が愛してやまないギャグの要素が少ない。

カイロ・レンとルークのライトセーバーによる殺陣に工夫がない。おざなりである。きちんとした殺陣師を起用しているのか?と素人でも疑わしく感じる。

CGで楽しませるだけならマーベル・スタジオ製作の「アベンジャーズ」のほうが何も考えずに楽しめる分、格上である。

関連芸能ニュース

「消えた」歌手・清貴 渡米後もセクシュアリティの悩み消えず

「消えた」歌手・清貴 渡米後もセクシュアリティの悩み消えず

エンターテインメントの世界で第一線で活躍し続けるほど難しいことはない。一世を風靡するヒット曲を生み出しても、数年後には忘却の彼方へ……。「そういえばあのアーティスト、今何してるんだろう?」と思うことも多い。 2001年、『TheOnlyOne』が40万枚のヒットを記録した清貴も、程なくして表舞台から姿を...
話題となったベビーカー問題 ノンスタ石田明が妻の近況明かす

話題となったベビーカー問題 ノンスタ石田明が妻の近況明かす

お笑いコンビ・NONSTYLEの石田明が6日、東京・銀座のBENOA銀座店で行われた新型エンターテインメントショー『THEEMPTYSTAGE2018SUMMER』初日公演前囲み取材に出席。石田がブログで投稿し、話題となった“ベビーカー問題”について妻の近況を明かした。 【写真】バビロン、フースーヤらも登壇 先月31日に更新し...
寺島進がオフィス北野退社へ ビートたけし「十分義理を果たした」

寺島進がオフィス北野退社へ ビートたけし「十分義理を果たした」

俳優の寺島進(54)が5日、東京・上野公園噴水広場で行われた「江戸まちたいとう芸楽祭」の映画「HANA―BI」(北野武監督)上映会にゲスト出演。11月末にオフィス北野を退社することを自ら明かした。 先日、ビートたけし(71)の楽屋へあいさつに行ったそうで「『寺島は十分義理を果たしたからな...
日本テレビも新規事業として参入「eスポーツ」をとりまく業界事情

日本テレビも新規事業として参入「eスポーツ」をとりまく業界事情

世界で競技人口1億人ともいわれる対戦型コンピューターゲーム「eスポーツ」が、メディアや芸能界も巻き込んで存在感を高めている。テレビ界では視聴率3冠王の日本テレビが民放キー局で初となる「eスポーツ事業」に新規参入。来月のアジア大会では公開競技として実施される同競技をとりまく業界事情を探っ...
ディズニーが21世紀フォックスの一部を買収した…ってこれからどうなるの?

ディズニーが21世紀フォックスの一部を買収した…ってこれからどうなるの?

Image:DrewAngerer/GettyImagesNews/ゲッティイメージズ映画、ドラマ、サブスク、コミック…すべて動くかも。 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』で話題のディズニーが、なんとその公開前日にもともとスター・ウォーズの配給会社だった20世紀フォックスなどの関連企業を524億ドル(約5兆9000億円)で買収し...
「業者への貧相なイメージ」クリーニング業界が「万引き家族」に異論

「業者への貧相なイメージ」クリーニング業界が「万引き家族」に異論

大ヒット作の影響力 カンヌ映画祭の最高賞たるパルムドールに輝き、興行収入も40億円を超えたという。作品が高く評価され、ビジネスとしても大成功を収めた。現在もロングランが続く「万引き家族」[是枝裕和監督(56)/ギャガ]のことだ。 *** ここまでの“社会的現象”となると、映画を巡る言説もバラエテ...
提供商品を満遍なく使うよう事前に打ち合わせ TVチャンピオンの大人の事情

提供商品を満遍なく使うよう事前に打ち合わせ TVチャンピオンの大人の事情

1990年代に『大食い王選手権』などインパクトの強い大会を数多く開催してきた伝説のテレビ番組『TVチャンピオン』(テレビ東京系列)。 2006年に打ち切りとなり、その後も不定期で特別番組は放送されてきたのですが、今年から『TVチャンピオン極〜KIWAMI〜』としてレギュラー放送が復活していたことをご存知で...
「周りのレベルが低い」登坂淳一アナが明かすNHK退局を決めた理由

「周りのレベルが低い」登坂淳一アナが明かすNHK退局を決めた理由

7月19日放送の「ダウンタウンDX」(日本テレビ)は、局アナからフリーに転身した徳光和夫さん(元日本テレビ)、安東弘樹さん(元TBS)、登坂淳一さん(元NHK)らが出演。「局アナを辞めた理由」や「フリーになってからの収入」を語った。 中でも興味深いのは、今年1月にNHKを退局した登坂淳一アナで、フリー...
週刊文春が報じた小室哲哉の「嘘」元専属運転手も証言

週刊文春が報じた小室哲哉の「嘘」元専属運転手も証言

今年1月、週刊文春が小室哲哉氏の不倫を報じたところ、小室氏は記者会見で、「介護疲れ」を明かし、引退を宣言。世間は「文春潰せ」と報道を非難した。それから半年。週刊文春は小室発言の嘘を暴く記事を繰り出した。元「週刊現代」編集長の元木昌彦氏は「自分がついた嘘について、あの時『文春潰せ』と応援し...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net