芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

<無駄に長い?>「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」に賛否 - メディアゴン

保科省吾[コラムニスト]

***

「スター・ウォーズ最後のジェダイ」(監督ライアン・ジョンソン)を見て、筆者の率直な感想は「長さが苦痛」である。上映時間は2時間32分。

どんなにおもしろい映画も(映画以外の演劇でもオペラでもどんなエンターテインメントでも)筆者のようなごく普通の人間にとっては、見続けるのは2時間が限度である。

多くの映画が2時間である理由は、その昔、一日に何回も上映を繰り返すために、2時間以上あると上映回数が限られてしまうので、映画館側の要望で2時間以内にすることが求められたからだ。しかし、出自はどうであれ、やはり2時間というのは人間がエンターテインメントを見続けるための集中力としては妥当な数値なのだろうと思う。

そういう事情も知りながら書くが、「スター・ウォーズ最後のジェダイ」は長い。途中で眠ってしまいそうになったぐらい長い。もちろん、物語を作る上で止むを得ず長くなっているのであればまだ理解はできる。しかし、この作品は余計なエピソードが多すぎるために長いのだ。

【参考】進みすぎた現代科学が映画『ブレードランナー2049』を陳腐にする?

筆者は「スター・ウォーズ」は全作を見ているが、エピソード7から、その傾向が顕著になっている。初期の頃の息もつかせぬ疾走感はまったくない。

内容的にも眠さを誘う要素は少なくない。例えば、「スター・ウォーズ」の大きなテーマであるフォースの使い方が安易すぎる。フォースは何でも可能になる超常能力ではない。人間らしい悩みの籠もった悲しさも帯びた能力の筈である。それが、あのような形でフォースを使えるなら、設定など無意味ではないのか。

細かい問題点を指摘したらキリがないが、他で特に気になった点は以下だ。

銀河帝国軍の残党ファースト・オーダーのスタークの破滅の仕方があっけなさ過ぎる。反乱軍を苦しめに苦しめたスタークあの程度のものだったのか、と落胆させられる。

銀河帝国軍のコードを解読できる人物との邂逅がご都合主義である。ご都合主義は論理飛躍を生み、違和感となって感情移入の妨げになる。

アメリカ映画で必要不可欠な、そして筆者が愛してやまないギャグの要素が少ない。

カイロ・レンとルークのライトセーバーによる殺陣に工夫がない。おざなりである。きちんとした殺陣師を起用しているのか?と素人でも疑わしく感じる。

CGで楽しませるだけならマーベル・スタジオ製作の「アベンジャーズ」のほうが何も考えずに楽しめる分、格上である。

関連芸能ニュース

「カメラを止めるな!」地上波初放送へ 日テレ「金曜ロードSHOW!」

「カメラを止めるな!」地上波初放送へ 日テレ「金曜ロードSHOW!」

日本テレビの「金曜ロードSHOW!」(後9・00)で、2月1日にヒット映画「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」、8日にアカデミー賞受賞作「ラ・ラ・ランド」を地上波初放送することが11日、分かった。18年の映画界最大のヒット作「カメラを止めるな!」(監督上田慎一郎)も地上波初放...
吉田栄作 30年所属したワタナベエンターテインメントを退社

吉田栄作 30年所属したワタナベエンターテインメントを退社

俳優、吉田栄作(50)がデビュー以来30年にわたって所属した大手芸能事務所、ワタナベエンターテインメントを退社したことが4日、分かった。 同事務所はサンケイスポーツの取材に、吉田との契約が「2018年12月31日をもちまして終了」したと説明。吉田はこの日、ブログを更新し、ブログの終了と近...
「遠慮せずにワガママを」大泉洋が筋ジストロフィー患者を演じたわけ

「遠慮せずにワガママを」大泉洋が筋ジストロフィー患者を演じたわけ

「タイトルに惹かれて、届いた脚本を読んでみると、とても面白かったんです。 障害のある人の映画って、ひとつのイメージがありますよね。苦労はあるけど頑張っている、それを涙ながらに綴っているような。正直なところ、そういう映画なら僕は出たいとは思わなかった」 【画像】劇中で筋ジストロフィー患者の...
脊髄損傷の大けがを負った滝川英治 BSスカパー!の新番組MCで復帰へ

脊髄損傷の大けがを負った滝川英治 BSスカパー!の新番組MCで復帰へ

滝川クリステルのいとこで、昨年9月、ドラマ撮影時の自転車事故で脊髄損傷の大けがを負い、闘病中の俳優・滝川英治(39)が来年1月25日からスタートするBSスカパー!の新番組「PARASPORTSNEWSアスリートプライド」でMCを務め、復帰することが27日、分かった。自身のブログで報告し...
「ボヘミアン・ラプソディ」映画字幕から見える人気の理由 観終わってからわかる「クイーン」の奥深さ

「ボヘミアン・ラプソディ」映画字幕から見える人気の理由 観終わってからわかる「クイーン」の奥深さ

映画「ボヘミアン・ラプソディ」は、冬休みシーズンに入っても観客動員力は衰えず、2018年の12月末までに、累積動員500万人、累積興行収入70億円を突破する見通しです。世代を超えて人々を熱狂させるQueen(クイーン)。映画で描かれている当時を体験した人たちは、何に魅せられているのでしょうか?史実との...
声優の辻村真人さんが88歳で死去「忍たま乱太郎」学園長役

声優の辻村真人さんが88歳で死去「忍たま乱太郎」学園長役

アニメ『忍たま乱太郎』の学園長(初代)や劇場版『風の谷のナウシカ』のジルの声などを務めた声優の辻村真人さん(本名:辻村眞人)が11月27日に死去した。88歳だった。29日、所属事務所が発表した。 ■辻村真人さんのプロフィール有名作品にも出演 書面では「平成30年11月27日88歳にて永眠致しました。ここ...
ディズニーが21世紀フォックスの一部を買収した…ってこれからどうなるの?

ディズニーが21世紀フォックスの一部を買収した…ってこれからどうなるの?

Image:DrewAngerer/GettyImagesNews/ゲッティイメージズ映画、ドラマ、サブスク、コミック…すべて動くかも。 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』で話題のディズニーが、なんとその公開前日にもともとスター・ウォーズの配給会社だった20世紀フォックスなどの関連企業を524億ドル(約5兆9000億円)で買収し...
土下座の練習で排水溝を舐めた城咲仁 虚勢捨て新たな道

土下座の練習で排水溝を舐めた城咲仁 虚勢捨て新たな道

新宿・歌舞伎町にあるホストクラブで5年間ナンバーワンに君臨し、元ホストタレントとして2005年ごろ、一斉を風靡した城咲仁さん。 先日、ふと目に入った通販番組に城咲さんが出演されているのを見かけ、筆者は衝撃を受けました。「見ない間に何があったの?」と。 ホストからタレントへ、そして通販バイヤー...
紅白で音域を低くして歌った松田聖子 ネット上ではがっかりする声

紅白で音域を低くして歌った松田聖子 ネット上ではがっかりする声

サザンにユーミン、北島三郎と、昭和の大スターが盛り上げた今回の紅白。そんな中、ひっそりとシフトチェンジを試みた歌手がいました。それが松田聖子(56)。「風立ちぬ」、「ハートのイヤリング」、「天国のキッス」、「渚のバルコニー」のメドレーを、キーを落として(音域を低くして)披露したのです。 そ...
エスカレーターの「片側空け」マツコも危険性を説く「みんな2列で」

エスカレーターの「片側空け」マツコも危険性を説く「みんな2列で」

「エスカレーターでは急いでいる人のために片側を空ける」のが通例になっているが、JR東日本では現在、東京駅でエスカレーターの歩行をやめるように呼びかけている。 12月24日放送の「5時に夢中!」(TOKYOMX)では、タレントのマツコ・デラックスさんが「二列で乗るエスカレーターの片側を、歩く人のために開...
スーマラ田中の「テッテレ〜」 M-1会場の雰囲気を一瞬で変える

スーマラ田中の「テッテレ〜」 M-1会場の雰囲気を一瞬で変える

「M-1グランプリ2018」決勝では、7位に終わったスーパーマラドーナ。今ではもっぱら、ツッコミ・武智の、インスタライブ上での審査員を務めた上沼恵美子に対する暴言が取り沙汰されてばかりいる。しかし、武智の相方・田中一彦に注目してほしい。というのも今回のM-1決勝戦を会場で取材していた筆者は、田中の...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net