芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

テレ東「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」新春特番から消えた経緯

テレ東「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」新春特番から消えた経緯

 テレビ東京の人気番組『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』が、恒例だった新春特番のラインナップから、ついに消えた。

同番組は太川陽介と蛭子能収の名コンビで、2007年10月20日放送回からスタート。路線バスのみを使って、3泊4日で目的地を目指すガチンコ旅で、初回から12.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)の高視聴率を獲得。08年3月22日放送の第2弾では15.3%もの高い数字を記録するなど躍進。その後、視聴率が2ケタを切る回もあったが、太川と蛭子の掛け合いが好評で、同局の人気番組となった。13年からは新春特番がスタートし、15年は1月3日、16年と17年は1月2日と、3年連続で三が日にオンエアされ、正月には欠かせない番組になっていた。

しかし、昨年1月2日放送の第25弾をもって、太川と蛭子のコンビが惜しまれながら卒業。16年11月26日放送回では、田中要次と芥川賞作家・羽田圭介とのコンビでのバス旅が“特別編”としてオンエアされた。後に、このコンビが新レギュラーに決まり、昨年3月25日放送分より、新シリーズ『ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z』がスタートし、太川はナレーションで参加することになった。

だが、特別編を含め、視聴率は1ケタ台に低迷。番組のファンからは依然太川と蛭子コンビの復活を願う声が寄せられる始末。その結果、同局では、同番組をついに新春特番から外す決断を下し、新シリーズ第4弾を昨年12月16日に放送した。

それでも、太川と蛭子コンビの人気にあやかりたい同局では、『ローカル路線バス』は卒業したものの、『土曜スペシャル』枠の『いい旅・夢気分スペシャル』で、この2人による旅を継続。昨年暮れの12月27日のゴールデン帯では、16年2月公開の映画『ローカル路線バスの旅THEMOVIE』を、地上波で2度目の放送。さらに、年明けの2日午前8時から午後1時30分まで、『ローカル路線バス』の第20弾と第25弾を再放送し、いまだ、このコンビに依存する姿勢は変わっていない。

「太川と蛭子コンビの卒業理由は、“不仲説”もありましたが、回るルートがだんだんなくなり、歩くことが増えたため、高齢化した蛭子の体力の限界によるものです。ガチンコの『ローカル路線バス』は無理でも、お約束で旅する『いい旅・夢気分』なら、2人の共演は可能なわけです。ただ、ファンからしたら、あくまでも見たいのはガチンコのバス旅で、その希望は果たされていません。『ローカル路線バス』の新シリーズを放送すればするほど、太川&蛭子コンビの“復活待望論”は根強く続くと思われます」(テレビ誌関係者)

とはいえ、同局としては、卒業した太川と蛭子を今さら『ローカル路線バス』に復活させるわけにもいかないところ。となれば、2人を口説き落として、新春特番などで、年に1回のスペシャルくらいなら、復活も可能ではないだろうか?そうすれば、新シリーズも相乗効果で視聴率がアップするかもしれない。むろん、それを実現させるためには、ギャラアップと、老体にむち打つ蛭子のために「できるだけ歩かないで済むルートを見つけること」が必須だろう。
(文=田中七男)

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

蛭子能収がロケ中に転び右手の小指を骨折 漫画の連載などは休載

蛭子能収がロケ中に転び右手の小指を骨折 漫画の連載などは休載

漫画家でタレントの蛭子能収(71)が16日、テレビのロケ中、つまずいて転び、右手小指を骨折していたことが20日、分かった。所属事務所によると、全治2カ月の見込みと診断されたが、ギプスがとれ、痛みがなくなり次第、漫画家としての仕事を再開するという。 蛭子は16日午前、テレビ東京「土曜スペシ...
不倫で太川陽介が藤吉久美子を外出禁止に?事務所に聞いた真相

不倫で太川陽介が藤吉久美子を外出禁止に?事務所に聞いた真相

「例の騒動以来、彼女は家にこもっていることが多いんです。ダンナさんから“外出禁止令”が出ているみたいで、夜飲みに行くこともできなくて、うっぷんがたまっているようですよ」(友人の1人) 【写真】太川陽介を自宅前で直撃中に、家から出て来た藤吉久美子 騒動というのは、昨年末に『週刊文春』が報じた藤...
蛭子能収が「路線バスの旅」を降板した理由「あれやると腰が痛い」

蛭子能収が「路線バスの旅」を降板した理由「あれやると腰が痛い」

蛭子能収が、22日放送の『チマタの噺』(テレビ東京系)に出演。同系の人気シリーズ『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』降板の真相を語った。 『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』は、蛭子と太川陽介との掛け合いが人気となり、2007年から10年間全25作放送。現在は田中要次と羽田圭介が引き継いで新シリーズが不...
「滝沢秀明は綺麗すぎて直視できなかった」眞鍋かをりが明かす

「滝沢秀明は綺麗すぎて直視できなかった」眞鍋かをりが明かす

13日に放送された日本テレビ系「誰だって波瀾爆笑」に出演した眞鍋かをりが男性芸能人について語った。 観覧者から「今まで見た芸能人の中でイケメンだと思う人を教えてください」という質問を受けた眞鍋は「でもこのお仕事してると数々ね、イケメン見ますもんね」とコメントした。 続けて眞鍋は「昔ドラマで...
藤吉久美子と太川陽介 現在は2人でカラオケに通い音楽活動の再開目指す

藤吉久美子と太川陽介 現在は2人でカラオケに通い音楽活動の再開目指す

「今はとても平穏。逆に昔より平穏かもしれない」 【写真】会見でありえないほど号泣した藤吉久美子 昨年末、小誌がドラマプロデューサーA氏との不倫疑惑を報じた藤吉久美子(56)。その夫・太川陽介(59)が夫婦の“今”を語った。 ◆◆◆ 会見で気丈に振る舞った太川陽介 おしどり夫婦の危機を報じたのは小誌20...
収録前日にドタキャン 紅蘭に囁かれる芸能界追放の危機

収録前日にドタキャン 紅蘭に囁かれる芸能界追放の危機

「ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z」といえば、テレビ東京の看板番組。初代の太川陽介、蛭子能収のコンビに代わり、現在、田中要次、羽田圭介の新シリーズが始まっている。その第5弾の「マドンナ」としてお呼びがかかったのが草刈正雄の長女、紅蘭(くらん)(28)だった。ところが、収録前日にドタキャン。交...
紅蘭が週刊新潮の「仮病ドタキャン報道」に反論「事実と異なる」

紅蘭が週刊新潮の「仮病ドタキャン報道」に反論「事実と異なる」

俳優・草刈正雄さんの長女で、タレントの紅蘭さん(28)が「週刊新潮」に載った自身に関する記事をめぐり、「事実と異なることで私を含め関係者の皆様が困っています」とインスタグラムで主張した。 2018年3月29日発売の同誌4月5号では、紅蘭さんがテレビ東京の人気番組「ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z」の収...
中居正広のレギュラー2番組が打ち切り報道 視聴率の低迷に疑問も

中居正広のレギュラー2番組が打ち切り報道 視聴率の低迷に疑問も

理由は「視聴率低迷」の怪 広告代理店やテレビ局の関係者は、驚きを通り越して唖然としたという。デイリー新潮の調べで1月16日、中居正広(46)のレギュラー番組のうち、複数で“打ち切り”が決まったことが分かった。 *** 中居正広の公式サイトには、現在、5本のレギュラー番組が紹介されている。 【1】中居...
イッテQは「女性の番組」になるのか、ついていいウソが生命線とも

イッテQは「女性の番組」になるのか、ついていいウソが生命線とも

テレビ解説者の木村隆志が、先週注目した“贔屓”のテレビ番組を紹介する「週刊テレ贔屓(びいき)」。第52回は、6日に放送された日本テレビ系バラエティ番組『世界の果てまでイッテQ!2時間SP』をピックアップする。 もはや説明不要の人気番組だが、2019年1回目の今回は、イモトアヤコ、出川哲朗らエース級を投入...
局アナの心情に応えきれず?TBSでアナウンサーの独立が相次ぐ背景

局アナの心情に応えきれず?TBSでアナウンサーの独立が相次ぐ背景

今年も人気女子アナの独立が加速しそうだ。特にTBSは、昨年末に宇垣美里アナ(27)の独立報道に続いて、エース吉田明世アナ(30)まで今月末で退社すると発表したのだ。人気アナの相次ぐ離脱となるが、TBSで何が起きているのか。 “闇キャラ”でブレーク中の宇垣アナだが、“美の殿堂”オスカープロモー...
原千晶が知人の死去をブログで報告 批判が相次ぎ謝罪

原千晶が知人の死去をブログで報告 批判が相次ぎ謝罪

女優の原千晶(44)が、知人の死去をブログで報告したことで批判的なコメントが寄せられたとし、「気分を害された方がいらっしゃったなら心からごめんなさいと言わせてください」と謝罪した。 原は6日のブログで、新年のあいさつとともに「実は年末にとても悲しい出来事が起こりました。主人の高校時代の親友...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net