芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

NHK紅白で「有村架純」に吹いた“神風” 元カレとのニアミスは?

NHK紅白で「有村架純」に吹いた“神風” 元カレとのニアミスは?

安室奈美恵のリハーサル写真を本番と偽り、大チョンボが発覚した「第68回NHK紅白歌合戦」。NHKスタッフの出演者に対する“忖度”のあらわれとも言われるが、例年行われていた司会者面談の中止も、そのあらわれと言う声も――。

***

「面談」という言葉がいかにもお堅いNHKらしい響きだが、毎年「紅白歌合戦」のステージでのリハーサルの合間に行われるのが、その年の司会者が出演者に対して行う“司会者面談”である。一体どういうものなのか、芸能記者に聞くと――。

「すでに出演者の歌も決定済みですし、台本も刷り上がっている。ですから、まあ司会者との意思疎通というか、コミュニケーションを密にするための毎年恒例の儀式と言っていいでしょうね。総合と紅組・白組それぞれの司会が揃って、出演者と話し合いの時間を持つんです。といっても人数も多いですから、1組あたり、5分から10分程度なので、元々見知った人とは雑談で終わることもあります。マスコミはこの面談を聞き取れる位置にはいないので、出演者の囲み会見では面談の内容が芸能欄の色を添えることになったりするので、我々としては重要な儀式なんですよ」

司会者がベテランの餌食に

例えば、紅組の司会を中居正広(45)が務めた07年の紅白は、中居と倖田來未(35)の熱愛が報じられた時だった。そこで両者が顔を合わせる面談が注目されたのだが、2人とも無言を貫いた。そこに現れたのが、舞台セットを兼ねる巨大衣装で話題を振りまいていた小林幸子(64)である。面談では中居にドンペリをプレゼントしたとして、囲み会見で、こう話し始めたという。

NHK紅白で「有村架純」に吹いた“神風” 元カレとのニアミスは? 有村架純

「“大好きな人と飲んで下さい”って手渡したら、“いや〜”って言ってニンマリした顔をしていましたよ」

前出記者が語る。

「ホントに中居クンがそう言ったかなんて誰も分かりませんよ。でも、我々にとってはありがたいし、小林さんだって写真付きで記事になれば儲けものですからね。海千山千たちの“ザ・芸能界”を感じさせる、恐ろしいところでもあるんです」

その面談が昨年(2017年)の紅白では行われず、必要があれば個別に行うという形になったのだ。

異例の面談中止

「大昔はどうだったか知りませんが、近年の紅白では異例のことでビックリしました。まあ、総合司会は“ウッチャン”こと内村光良(53)、白組司会は“ニノ”こと二宮和也(34)で、どちらも紅白は初めてですから、そんな余裕はなかったでしょうね。唯一の2年連続は、紅組司会の有村架純ですけど、まだ24歳。紅白の出演者はアイドルを除いたら、ほとんどが年上ですから、それを面談する立場というのは、プレッシャー以外の何物でもないでしょう。なにより今回の紅白には、キス写真が流出した元カレ、『Hey!Say!JUMP』の岡本圭人(24)が出場していた。面談でニアミスしたら彼女が動揺すると心配する声が出ていました。ですから面談中止はNHK側が有村に配慮したとも、有村側から要請したとも言われています」

たしかに「週刊新潮」でも、“元カレとの紅白共演に心労「有村架純」病める「インスタ」”(17年12月14日号)、“破局した「ジャニーズ」タレントと「紅白共演」に心波立つ「有村架純」”(18年1月4日・11日号)で2度にわたって報じており、元カレと共演しなければならない有村が無事に司会を務められるのか“心配”していたほど。面談中止は彼女にとって、まさに“神風”だったのである。

だからといって、有村にNHKの伝統を変えるほどの力があるのだろうか。

「そもそも朝ドラ出身女優が2年連続で司会を務めることも異例なんです。いまや有村はNHKの秘蔵っ子と言ってもいいのではないでしょうか」

有村は昨年前期の朝ドラ「ひよっこ」で主演を務めた。だから、放送終了後の昨年の紅白で司会を務めることは順当である。むしろ、異例なのは一昨年の紅白での抜擢という。

「白組の司会はずっとジャニーズの持ち回りとなっていますが、紅組の司会を朝ドラ女優が務めるようになったのは、10年の松下奈緒(32)から。この年の前期に松下は『ゲゲゲの女房』で主演して、紅白にも起用されました」

以降、歴代の朝ドラ女優と紅白紅組司会を見てみよう。

朝ドラ主演と紅白司会の法則

朝ドラ(いずれも東京で撮影される前期)紅白司会
10年「ゲゲゲの女房」主演:松下奈緒(32)→松下

11年「おひさま」主演:井上真央(31)→井上

12年「梅ちゃん先生」主演:堀北真希(29)→堀北

13年「あまちゃん」主演:のん(旧芸名「能年玲奈」)(24)×綾瀬はるか(32)

14年「花子とアン」主演:吉高由里子(29)→吉高

15年「まれ」主演:土屋太鳳(22)×綾瀬はるか

16年「とと姉ちゃん」主演:高畑充希(26)×有村架純

17年「ひよっこ」主演:有村架純→有村

「一昨年は確かに高畑充希の司会が有望視されていたんですが、結局、朝ドラ放送前の有村が司会をすることになったんです。これには年末から新年にかけて高畑がミュージカルのスケジュールが入っていたからと言われていますが、高畑が司会をするにはNHKの法則に合わなかったからでは、という声もあるんです」

今後も重用される有村架純

NHKの法則とは?

「これまで紅白司会に選ばれた朝ドラ主演女優はいずれもオーディションなしで、NHKからお願いされてヒロインとなった女優ばかり。司会をしなかった、のん(能年)、土屋太鳳、高畑は、オーディションを経て勝ち取ったヒロインなんです。どちらかといえばオーディションを経た女優を応援したくなりますけど、彼女たちは特別出演やゲスト審査員ばかり。NHKは自分たちでお願いした女優は大事にしたいのでしょうかね。のんの年は、1月から大河『八重の桜』(13年)主演女優として、土屋の年は、翌年から大河ファンタジー『精霊の守り人』(16年)主演女優ということで、NHKに貢献度の高い綾瀬はるかが紅白の司会になりました。高畑の年にはまだ朝ドラ撮影中だった有村となったんです」

ちなみに有村は、その前年15年の紅白にも、ヒット映画「ビリギャル」主演女優としてゲスト審査員に選ばれている。NHKはこの時からすでにツバをつけていたのだろう。

2年連続で紅白の司会をこなし、オーディションなしで抜擢された朝ドラ「ひよっこ」の最高視聴率は24・4%とNHKへの貢献度大の架純ちゃんに「面談、キライ!」なんて言われたら、NHKだって放ってはおけない。

大河ドラマ主演の日も近いかも。

週刊新潮WEB取材班

2018年1月11日掲載

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

「酔ったうえでの失態にも」サントリー激怒でM-1消滅の危機か

「酔ったうえでの失態にも」サントリー激怒でM-1消滅の危機か

12月2日に行われた『M-1グランプリ2018』(テレビ朝日系)は『霜降り明星』が史上最年少で王者に。そんな明るいニュースに水を差す騒動が起こってしまった。 【写真】今年3月、直撃取材に激昂し携帯電話で逆取材する、とろサーモン久保田 「昨年王者の『とろサーモン』久保田かずのぶと、今年のファイナリスト...
上沼恵美子「興味ない」発言に憶測 直接謝罪受けず関係者頭抱える?

上沼恵美子「興味ない」発言に憶測 直接謝罪受けず関係者頭抱える?

「全く何とも思ってません」――。上沼恵美子はこう言った。先の「M―1グランプリ」で審査員を務めた上沼に対し、とろサーモン久保田かずのぶとスーパーマラドーナ武智正剛がインスタライブで暴言を吐いた一件で、騒動後初めての公でのコメントであった。 M-1芸人の暴言騒動で存在感上沼恵美子の“女帝エピソー...
バカリズムが交友関係明かす 南キャン山里&オードリー若林と確執?

バカリズムが交友関係明かす 南キャン山里&オードリー若林と確執?

9日、日本テレビ系『行列のできる法律相談所』に出演したバカリズムが自身の交友関係を語った。 【写真】浜崎あゆみ、大好きな南キャン山里と遭遇し「パニック」 バカリズムは番組の打ち合わせなどで仲のいい芸能人を聞かれると「僕に仲の良い芸能人はいません」と答えることを徹底しているという。以前は同期...
松嶋菜々子が朝ドラ復帰 2019年10月には反町隆史とガチンコ対決か

松嶋菜々子が朝ドラ復帰 2019年10月には反町隆史とガチンコ対決か

「記念すべき第100作という節目だけに、出演者やスタッフの気合いは尋常じゃない。撮影は折り返し地点ですが、現場には常に緊張感が漂っています」 NHK関係者がそう話すのは、来年4月スタートの連続テレビ小説『なつぞら』(NHK)の撮影現場。広瀬すず(20)演じるヒロイン・なつが、戦後、草創期のアニメ業界...
紅白歌合戦 バラエティー指向で消えたリハ名物に古参記者はどよめき

紅白歌合戦 バラエティー指向で消えたリハ名物に古参記者はどよめき

大みそかに行われたNHK紅白歌合戦の視聴率が、歴代ワースト3位の39・4%だった(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。安室奈美恵が1人で最高視聴率を48・4%に押し上げてくれなければ、平均視聴率は史上最低を記録していたかもしれない。歌よりバラエティー色に重点を置いた今回は、リハーサルでもい...
「イッテQ」の全祭りを検証「カリフラワー祭り」を含む11個が存在せず

「イッテQ」の全祭りを検証「カリフラワー祭り」を含む11個が存在せず

(全3枚) 海外ロケならではの予測不能なハプニングや出演者のリアルな反応が人気となっている『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)。平均視聴率20%を超えるこの国民的バラエティー番組に、やらせ疑惑が浮上した。今、番組のファンからは「あの祭りはガチだ」「いや怪しい」という声が聞こえる──本誌・...
「お金のことしか考えてません」倉持由香が熱弁する【稼げる人の法則5カ条】

「お金のことしか考えてません」倉持由香が熱弁する【稼げる人の法則5カ条】

グラビア界で“尻職人”という独特の地位を確立し、多くのファンに支持されている倉持由香さん。 相当稼いでいるようで(?)、最近ではなんと、念願だった「タワマン」への引越しを成し遂げたとのこと。 どうやって収入を上げたの?彼女の考える「稼げる人」とはどんな人?ちょっとゲスな興味も持ちつつ、倉...
「シャブ山シャブ子」を信じてはいけない

「シャブ山シャブ子」を信じてはいけない

テレビドラマ『相棒』に登場した薬物依存症の女性キャラクター「シャブ山シャブ子」が話題を集めている。迫真の演技という評価も多いが、国立精神・神経医療研究センターの松本俊彦医師は「啓発運動が繰り返してきた間違ったイメージを再現しており、本物の薬物依存症者とは異なる。差別を助長する恐れがある...
竹原慎二が医療過誤裁判めぐる病院側の対応に憤り「情けない」

竹原慎二が医療過誤裁判めぐる病院側の対応に憤り「情けない」

がん闘病中の元プロボクサーでタレントの竹原慎二(46)が、診察当初に誤診があったとして当時の主治医や病院を相手取って起こした医療過誤裁判の進捗(しんちょく)を報告し、相手側の心無い対応に「頭にきたと言うかつくづく情けない人だと思う」と憤った。 竹原は15日更新のブログで、この日受けた検診を無...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net