芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

西郷どん、初回視聴率は15.4% 事実上の歴代ワースト発進か

西郷どん、初回視聴率は15.4% 事実上の歴代ワースト発進か

57作目となるNHK大河ドラマ『西郷どん』(鈴木亮平主演/日曜午後8時〜)が、7日に放送開始となった。だが、初回15分拡大版の視聴率は15.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)どまりで、今後に大きな影が差した。

これは、歴代ワースト4位スタートだった昨年の『おんな城主直虎』(柴咲コウ主演)初回の16.9%を大きく下回り、歴代ワースト2位という最悪の発進だ。

第1話「薩摩のやっせんぼ」では、主演である鈴木の登場シーンはほとんどなく、子役による演技から始まった。1840年(天保11年)、薩摩の国で、後に西郷隆盛を名乗る西郷小吉(渡邉蒼)は、大久保正助(石川樹)ら町内の仲間たちと、学問や剣術を切磋琢磨する日々を過ごしていた。「妙円寺詣り」という薩摩藩最大の行事の際、一番乗りで寺に到着した小吉たちは褒美をもらい、薩摩藩の世継ぎ・島津斉彬(渡辺謙)と運命的な出会いをする。しかし、小吉は恨みを持った他の町の少年に刀で肩口を切られ、二度と剣が振れなくなる……という展開だった。

同ドラマの原作は、直木賞作家・林真理子氏の小説『西郷どん!』(KADOKAWA)で、脚本は米倉涼子主演『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』(テレビ朝日系)を大ヒットに導いた中園ミホ氏。主人公・西郷隆盛は日本人なら誰もが知る人物とあって、世の関心は高いかと思われたが、フタを開けてみれば大爆死で、散々なスタートとなった。

唯一の救いは、地上波より2時間早く放送されているBSプレミアムの視聴率が4.9%をマークし、2012年に本格的にBSで先行放送が始まって以降、最高値を記録したことくらい。ネット上では、劇中で用いられる薩摩弁が「理解できない」との声が多数噴出しており、今後の課題になりそうだ。

長い大河ドラマの歴史上、初回最低視聴率を記録したのは、1989年の『春日局』(大原麗子主演)の14.3%だが、この年は、“特殊な”事情があった。過去作品で、ただ一度だけ、元日に初回が放送されたのだ。さすがに元日は各局がさまざまな特番を組み、視聴率争いを繰り広げるため、このような結果になってしまったことが推察される。現実に、同ドラマは2週間後にオンエアされた第2話で33.1%の高視聴率を記録。その後も、ほとんどの回で30%を超え、全話平均は32.4%をマークするヒット作となった。その意味では、『西郷どん』は、事実上歴代ワーストのスタートといっていいだろう。

かつて、20%突破が当たり前だった大河だが、近年では、その視聴率は低迷。特に12年以降は、12年『平清盛』(松山ケンイチ主演)と、15年『花燃ゆ』(井上真央主演)が平均12.0%で歴代ワースト視聴率となり、17年『直虎』も12.8%で同ワースト3位を記録するなど、わずか7年間で3作がワースト3に名を連ねる惨状となっている。

「大河は歴史上の人物が主人公で、時代劇、戦国モノがほとんど。飽きられた感は否めません。主人公も著名ではない人物が増え、主役もトップスターとはいえない役者が務めるケースが多くなり、視聴者離れに拍車がかかっているようです。また、地上波の連ドラが3カ月クールなのに対し、大河は1年も見続けなければならないとあって、かなりの根気が必要。特に若い人を中心に、大河を見なくなった層が増えているのは事実でしょうね」(テレビ誌関係者)

現実として、ここ数年、明らかに“格”が落ちる役者が主演を務め、『花燃ゆ』や『直虎』のように、主人公がどんな人物なのか、視聴者にもよくわからず、感情移入しづらくなっているのは確か。今年は、西郷隆盛は著名でも、主演の鈴木はまだ中堅俳優の域を出ない。このままでは、大河のブランド力はどんどん低下していき、崩壊してしまいかねないだろう。
(文=田中七男)

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

2016年に難病に襲われた市原悦子 現役貫くため自宅で決死の収録

2016年に難病に襲われた市原悦子 現役貫くため自宅で決死の収録

(全2枚) 10月15日の午後1時過ぎ。都心の一等地に立つ、真っ赤な外観の瀟洒なビンテージマンションに、撮影機材を抱えたテレビスタッフが入っていった。ここは女優の市原悦子(82才)が住むマンション。 「2年ほど前に病に倒れて以来、市原さんは自宅で療養を続けていましたが、最近は少しずつナレーションなど...
土屋太鳳が自身の人生を変えた俳優を告白「香川照之さんの言葉で」

土屋太鳳が自身の人生を変えた俳優を告白「香川照之さんの言葉で」

【土屋太鳳/モデルプレス=10月10日】女優の土屋太鳳が9日、都内で行われたTBS系ドキュメントバラエティ番組「消えた天才」(10月21日より毎週日曜よる8時〜/初回は2時間半スペシャルよる6時30分〜)の囲み取材に、番組MCを務めるバナナマンの設楽統、日村勇紀、初回ゲストの榊原郁恵、澤部佑(ハライチ)、...
元AKB48の北原里英が俳優の笠原秀幸とデート 「時間差」で入退店

元AKB48の北原里英が俳優の笠原秀幸とデート 「時間差」で入退店

ビストロでまったりする二人。身長157?の北原(右)は「ちっちゃい子が好き」という笠原にドンピシャ! お盆真っ只中のある夜、都内のマンションから眼光鋭いイケメンが出てきた。 イケメンはエントランス近くに停まっている車を一台一台、チェック。時に車中を覗き込んだりしながら、徒歩30秒の距離にあるビ...
ストイックすぎる鈴木亮平に心配の声も 役作りで容姿が激変か

ストイックすぎる鈴木亮平に心配の声も 役作りで容姿が激変か

俳優の鈴木亮平主演のNHK大河ドラマ『西郷どん』の視聴率が、数ポイントの増減を繰り返しながらも低空飛行を続けている。1月7日の初回視聴率は15.4%と歴代ワースト2位を記録していたが、その後も伸び悩んでいるようだ。 しかし一方で、鈴木の役作りに対しては称賛の声が上がっている。その証拠に、鈴木の公式...
渡辺謙が南果歩の好きなお香をお土産に 関係者が「えっ」と絶句

渡辺謙が南果歩の好きなお香をお土産に 関係者が「えっ」と絶句

イギリス・ロンドンで公演されていたミュージカル『王様と私』が9月29日、千秋楽を終えた。'15年に渡辺謙のミュージカル初挑戦作品として上演された本作は、今回の公演が2度目となる。 【写真】渡辺謙が関係者に配った「南果歩のお香」 「この作品は謙さんにとって、思い入れの深い作品ですからね。しかも、今...
「イカ天」バンドが番組を語る 審査で厳しいことを言われると動員が下がる

「イカ天」バンドが番組を語る 審査で厳しいことを言われると動員が下がる

平成元年。今から30年前に産声を上げた伝説の音楽オーディション番組、イカ天……正式名称は『三宅裕司のいかすバンド天国』。同番組に出演した多くのバンドがメジャーデビューを果たし、80年代末〜90年代前半のバンドブームを牽引したことで、いまだにその影響を口にするミュージシャンも枚挙にいとまがない。...
渡辺謙 元不倫相手との「再々婚」に大&杏それぞれの心境

渡辺謙 元不倫相手との「再々婚」に大&杏それぞれの心境

プロ野球ペナントレースも終盤を迎え、セ・リーグは広島が球団史上初の三連覇へ向けて独走状態だ。2位以下の5チームはCSを狙って熾烈な争いを繰り広げている。熱狂的な阪神ファンで知られる渡辺謙も、ロンドンでやきもきしていることだろう。 渡辺は今年5月に元妻の南果歩との離婚を発表し、現在はイギリス・...
裏口入学を報じられた太田光 怒りのあまり出た「生身」

裏口入学を報じられた太田光 怒りのあまり出た「生身」

■事の発端は『週刊新潮』の「裏口入学報道」 「爆笑問題の太田光はバカかリコウか」 なぜかテレビのワイドショーやニュースは扱わないが、これは日本の学校関係者や教育者が口角泡を飛ばして議論をしている「大問題」である。 事の発端は『週刊新潮』(8/16・23号、以下『新潮』)の「『爆笑問題太田光』を日...
瑛太が大河ドラマでの役柄に感じたストレス「正直、白髪増えた」

瑛太が大河ドラマでの役柄に感じたストレス「正直、白髪増えた」

俳優の瑛太(35)が25日、都内で行われたNHK大河ドラマ「西郷(せご)どん」特別展の報道内覧会に出席した。 同ドラマで、明治維新に尽力した薩摩藩士・大久保利通を演じる瑛太は、大久保の肖像画などを鑑賞し「実物を見ると、実在した人なんだなと実感する。写真を撮られるのが好きな人で、海外の趣...
「西郷どん」の坂本龍馬役に小栗旬 大河後半のキーマンに

「西郷どん」の坂本龍馬役に小栗旬 大河後半のキーマンに

小栗旬(35)がNHK大河ドラマ「西郷どん」(日曜午後8時)で、坂本龍馬を演じることが8日、分かった。 物語は西郷隆盛(鈴木亮平)が薩摩の貧しい下級武士の家に育ちながらも勝海舟、坂本龍馬らと出会い、革命家に覚醒し、明治維新を成し遂げる姿を描く。犬猿の仲だった薩摩藩と長州藩の間を取り持ち、...
「西郷どん」の本編休止にジェームス三木氏が苦言「シラケてしまう」

「西郷どん」の本編休止にジェームス三木氏が苦言「シラケてしまう」

日曜日の夜8時といえばNHKの大河ドラマ──そんな視聴習慣を持つ人たちがエイプリルフールの4月1日に「え?」と驚くような、初の“異常事態”が発生した。 「今回の件のようなことをして、話を途切れさせると、視聴者がシラケてしまうのではないか」 脚本家・ジェームス三木氏の言う“今回の件”とは4月1日の大河ド...
本編を休止し特別編を放送「西郷どん」に見るNHKの「働き方改革」

本編を休止し特別編を放送「西郷どん」に見るNHKの「働き方改革」

4月1日のNHK大河ドラマ『西郷どん』が“本来”なら本編13話が放送されるところ、『西郷どんスペシャル』と題された特別編に差し替わることになり、直後から視聴者の間で“何があったの?”と訝る声が広がっている。特別編は、西郷隆盛役の鈴木亮平(35)と薩摩藩主・島津斉彬役の渡辺謙(58)の対談や撮影裏に密着...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net