芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

西郷どん、初回視聴率は15.4% 事実上の歴代ワースト発進か

西郷どん、初回視聴率は15.4% 事実上の歴代ワースト発進か

57作目となるNHK大河ドラマ『西郷どん』(鈴木亮平主演/日曜午後8時〜)が、7日に放送開始となった。だが、初回15分拡大版の視聴率は15.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)どまりで、今後に大きな影が差した。

これは、歴代ワースト4位スタートだった昨年の『おんな城主直虎』(柴咲コウ主演)初回の16.9%を大きく下回り、歴代ワースト2位という最悪の発進だ。

第1話「薩摩のやっせんぼ」では、主演である鈴木の登場シーンはほとんどなく、子役による演技から始まった。1840年(天保11年)、薩摩の国で、後に西郷隆盛を名乗る西郷小吉(渡邉蒼)は、大久保正助(石川樹)ら町内の仲間たちと、学問や剣術を切磋琢磨する日々を過ごしていた。「妙円寺詣り」という薩摩藩最大の行事の際、一番乗りで寺に到着した小吉たちは褒美をもらい、薩摩藩の世継ぎ・島津斉彬(渡辺謙)と運命的な出会いをする。しかし、小吉は恨みを持った他の町の少年に刀で肩口を切られ、二度と剣が振れなくなる……という展開だった。

同ドラマの原作は、直木賞作家・林真理子氏の小説『西郷どん!』(KADOKAWA)で、脚本は米倉涼子主演『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』(テレビ朝日系)を大ヒットに導いた中園ミホ氏。主人公・西郷隆盛は日本人なら誰もが知る人物とあって、世の関心は高いかと思われたが、フタを開けてみれば大爆死で、散々なスタートとなった。

唯一の救いは、地上波より2時間早く放送されているBSプレミアムの視聴率が4.9%をマークし、2012年に本格的にBSで先行放送が始まって以降、最高値を記録したことくらい。ネット上では、劇中で用いられる薩摩弁が「理解できない」との声が多数噴出しており、今後の課題になりそうだ。

長い大河ドラマの歴史上、初回最低視聴率を記録したのは、1989年の『春日局』(大原麗子主演)の14.3%だが、この年は、“特殊な”事情があった。過去作品で、ただ一度だけ、元日に初回が放送されたのだ。さすがに元日は各局がさまざまな特番を組み、視聴率争いを繰り広げるため、このような結果になってしまったことが推察される。現実に、同ドラマは2週間後にオンエアされた第2話で33.1%の高視聴率を記録。その後も、ほとんどの回で30%を超え、全話平均は32.4%をマークするヒット作となった。その意味では、『西郷どん』は、事実上歴代ワーストのスタートといっていいだろう。

かつて、20%突破が当たり前だった大河だが、近年では、その視聴率は低迷。特に12年以降は、12年『平清盛』(松山ケンイチ主演)と、15年『花燃ゆ』(井上真央主演)が平均12.0%で歴代ワースト視聴率となり、17年『直虎』も12.8%で同ワースト3位を記録するなど、わずか7年間で3作がワースト3に名を連ねる惨状となっている。

「大河は歴史上の人物が主人公で、時代劇、戦国モノがほとんど。飽きられた感は否めません。主人公も著名ではない人物が増え、主役もトップスターとはいえない役者が務めるケースが多くなり、視聴者離れに拍車がかかっているようです。また、地上波の連ドラが3カ月クールなのに対し、大河は1年も見続けなければならないとあって、かなりの根気が必要。特に若い人を中心に、大河を見なくなった層が増えているのは事実でしょうね」(テレビ誌関係者)

現実として、ここ数年、明らかに“格”が落ちる役者が主演を務め、『花燃ゆ』や『直虎』のように、主人公がどんな人物なのか、視聴者にもよくわからず、感情移入しづらくなっているのは確か。今年は、西郷隆盛は著名でも、主演の鈴木はまだ中堅俳優の域を出ない。このままでは、大河のブランド力はどんどん低下していき、崩壊してしまいかねないだろう。
(文=田中七男)

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

錦戸亮への暴行疑惑報道も 瑛太に学生から際どい質問

錦戸亮への暴行疑惑報道も 瑛太に学生から際どい質問

俳優の生田斗真と瑛太が14日、都内でW主演映画「友罪」(瀬々敬久監督、25日公開)の特別授業を行った様子を、15日付の各スポーツ紙が報じている。 授業では学生の質問に答えるコーナーがあり、瑛太に対して「人を傷つけた経験は?」との質問が。 その質問に対し瑛太は、「小中学生の頃、白髪が生えた友達を『...
長谷川博己の愛犬お散歩報道「ほっこりする」とネットで評判

長谷川博己の愛犬お散歩報道「ほっこりする」とネットで評判

  4月29日、長谷川博己(41)が鈴木京香(49)と共同で飼っている犬を散歩。そんな姿が、一部週刊誌で報じられた。   記事によると長谷川は4月中旬の昼下がり、黒い小型犬を連れて散歩していたという。少し前から鈴木と共に犬を飼い始めており、“家族3人”でもたびたび散歩しているようだ。   2...
漫才コンビ「まえだまえだ」の現在 俳優業として活躍中

漫才コンビ「まえだまえだ」の現在 俳優業として活躍中

漫才コンビ「まえだまえだ」の兄・前田航基が現在放送中のドラマ「Missデビル人事の悪魔・椿眞子」に共亜火災の新入社員・南雲役で出演、弟の前田旺志郎も先月放送終了したドラマ「命売ります」にレギュラー出演するなど、成長した二人が俳優として活躍している。 1998年生まれの航基と、2000年生まれの旺志郎...
西郷どんの撮影が終わり次第コメントを出す? 渡辺謙が離婚か

西郷どんの撮影が終わり次第コメントを出す? 渡辺謙が離婚か

「『西郷どん』の撮影が終わり、渡英してから何らかのコメントを出す予定だそうです」 昨年3月に週刊誌で不倫を報じられた渡辺謙だが、別居中で離婚協議中だった妻・南果歩とついに決着がついた、とマスコミ関係者の間でささやかれている。 渡辺は6月にブロードウェイミュージカル『王様と私』のロンドン公演...
「西郷どん」に時代考証家が自らツッコミ「西郷は下戸です」

「西郷どん」に時代考証家が自らツッコミ「西郷は下戸です」

『征韓論の図(写真:近現代PL/AFLO)』 1月7日、ついにNHK大河ドラマ『西郷どん』が始まった。林真理子氏の小説が原作、『花子とアン』などで知られる中園ミホ氏が脚本。 明治維新の英雄・西郷隆盛を鈴木亮平(34)が演じるが、「史実との違いを探せばきりがありません」と語るのは、鹿児島・志學館大学の原...
<視聴率歴代ワースト2位>NHK大河ドラマ「西郷どん」の残念なスタート - メディアゴン

<視聴率歴代ワースト2位>NHK大河ドラマ「西郷どん」の残念なスタート - メディアゴン

高橋秀樹[放送作家/日本放送作家協会・常務理事] *** 1月7日にスタートしたNHK大河ドラマ「西郷どん」。原作は林真理子、脚本は中園ミホ。売れっ子コンビである。筆者は原作が未読であることをお断りしておく。 ドラマ冒頭。時は1898年(明治31年)12月18日。場面は大日本帝国憲法発布によって汚名を雪...
大河『西郷どん』衝撃展開 西郷隆盛と篤姫が駆け落ち!?

大河『西郷どん』衝撃展開 西郷隆盛と篤姫が駆け落ち!?

明治維新150年の節目を彩る鈴木亮平(34)主演の大河ドラマ『西郷どん』が1月7日に初回放送を迎える。林真理子氏の人気原作を、『ドクターX』を手掛けた脚本家の中園ミホ氏がどうアレンジするかに注目が集まる。 そんななか、さっそく原作にはない衝撃展開が待っていると、NHK関係者が明かす。 「20代の西郷が...
瑛太が大河ドラマでの役柄に感じたストレス「正直、白髪増えた」

瑛太が大河ドラマでの役柄に感じたストレス「正直、白髪増えた」

俳優の瑛太(35)が25日、都内で行われたNHK大河ドラマ「西郷(せご)どん」特別展の報道内覧会に出席した。 同ドラマで、明治維新に尽力した薩摩藩士・大久保利通を演じる瑛太は、大久保の肖像画などを鑑賞し「実物を見ると、実在した人なんだなと実感する。写真を撮られるのが好きな人で、海外の趣...
「西郷どん」の坂本龍馬役に小栗旬 大河後半のキーマンに

「西郷どん」の坂本龍馬役に小栗旬 大河後半のキーマンに

小栗旬(35)がNHK大河ドラマ「西郷どん」(日曜午後8時)で、坂本龍馬を演じることが8日、分かった。 物語は西郷隆盛(鈴木亮平)が薩摩の貧しい下級武士の家に育ちながらも勝海舟、坂本龍馬らと出会い、革命家に覚醒し、明治維新を成し遂げる姿を描く。犬猿の仲だった薩摩藩と長州藩の間を取り持ち、...
「西郷どん」の本編休止にジェームス三木氏が苦言「シラケてしまう」

「西郷どん」の本編休止にジェームス三木氏が苦言「シラケてしまう」

日曜日の夜8時といえばNHKの大河ドラマ──そんな視聴習慣を持つ人たちがエイプリルフールの4月1日に「え?」と驚くような、初の“異常事態”が発生した。 「今回の件のようなことをして、話を途切れさせると、視聴者がシラケてしまうのではないか」 脚本家・ジェームス三木氏の言う“今回の件”とは4月1日の大河ド...
本編を休止し特別編を放送「西郷どん」に見るNHKの「働き方改革」

本編を休止し特別編を放送「西郷どん」に見るNHKの「働き方改革」

4月1日のNHK大河ドラマ『西郷どん』が“本来”なら本編13話が放送されるところ、『西郷どんスペシャル』と題された特別編に差し替わることになり、直後から視聴者の間で“何があったの?”と訝る声が広がっている。特別編は、西郷隆盛役の鈴木亮平(35)と薩摩藩主・島津斉彬役の渡辺謙(58)の対談や撮影裏に密着...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net