芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

月9「海月姫」への不安の声相次ぐ ドラマ化で批判浴びた映画4作

月9「海月姫」への不安の声相次ぐ ドラマ化で批判浴びた映画4作

2018年1月期の“月9ドラマ”としてスタートする、芳根京子主演の『海月姫』(フジテレビ系)。東村アキコの同名漫画を原作に、アニメ化・実写映画化に次ぐ映像化となったが、ファンからは不安視する声が相次いでいる。

「映画『海月姫』が公開されたのは14年12月。主演に能年玲奈(現・のん)を迎えたほか、女装美男子役の菅田将暉、“童貞エリート”役の長谷川博己ら人気俳優が集結しました。またヒャダインこと前山田健一が音楽を手がけ、SEKAINOOWARIが主題歌・劇中歌を提供したことも話題に。個性的なキャラクターや世界観が一部で評価を受けただけに、再実写化に抵抗を覚えるファンは多いようで、『今回のキャストはイマイチ華がないんだよな』『映画化されたばかりなのに、ドラマまで見ようとは思えない』『映画がヒットしたわけじゃないのになぜドラマ化しようと思ったのか』と、放送前からネガティブな声が目立ちます」(テレビ誌ライター)

『海月姫』と同じように映画公開から短いインターバルで18年にドラマ化されるのが、7月期スタートの土屋太鳳主演ドラマ『チア☆ダン』(TBS系)。

「17年3月に公開された『チア☆ダン〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜』は、チアダンス部の栄光を描いた実話ベースの映画。広瀬すずを主演に迎えた同作は“観客満足度96.9%”(東宝調べ)と評価も高く、興行収入は13憶円を記録しました。しかし、土屋が所属する事務所公式サイトによると、同作は“オリジナルストーリー”になるそうで、ファンからは『なんでオリジナルストーリーでドラマ化するの?』『キャストも内容も違うのに『チア☆ダン』としてドラマ化する意味あるの?』『映画は実話だったから良かったのに』といった声が出ています」(同)

大ヒットした映画を連続ドラマ化し、批判を浴びた作品はこれまでにもあった。

「一大ブームを巻き起こした漫画『DEATHNOTE』(集英社)は、06年に前・後編で実写映画が公開されており、後編は興行収入52億円という大ヒットを記録。のちにスピンオフ作品も公開されるなど、大きな話題を呼びました。そんなヒットコンテンツを15年にドラマ化したのが日本テレビでしたが、ドラマ化に際して夜神月やL、ニアといった主要人物に設定変更が施されてファンが激怒。『最高につまらないんですけど』『主人公がバカすぎて本当につらい』といった痛烈な感想が相次ぎました」

同じように映画が興行収入40億円に迫るヒットを記録しながら、低視聴率にあえいだ作品が、08年のドラマ『恋空』(TBS系)だ。

「映画『恋空』は同名ケータイ小説を原作に、新垣結衣と三浦春馬の共演で大ヒットして圧倒的な支持を得ました。それから1年が経過して、同じ監督・脚本家を起用して臨んだドラマ化は、初回視聴率がまさかの5.6%(ビデオリサーチ調べ/関東地区)と大爆死。『正直言ってつまらない』『ありえない展開とありえないキャラのオンパレードだな』『ドラマとして質を上げてほしい』といった評価が並び、そっぽを向かれてしまいました」(同)

映画が評価されたとしても、安易な“使い回し”のドラマ化ではファンの関心は得られない様子。真摯なドラマ作りを目指してもらいたい。

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

フジテレビの月9ドラマが好調 背景に「テレ朝化」と物語の進化

フジテレビの月9ドラマが好調 背景に「テレ朝化」と物語の進化

(全3枚) 『絶対零度』撮影中の横山裕(左)と本田翼(右)沢村一樹主演のフジ月9『絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜』が好調だ。初回視聴率は10.6%。二桁スタートは、去年7月クールの『コード・ブルー―ドクターヘリ緊急救命―』以来4作ぶりだった。その後もおおむね横ばいで推移し、6話までの平均が10.6%と...
玉木宏と木南晴夏が結婚発表「幸せな家庭を築き、たくさんタコパしたい」

玉木宏と木南晴夏が結婚発表「幸せな家庭を築き、たくさんタコパしたい」

俳優の玉木宏(38)と女優の木南晴夏(32)が29日、結婚したことを正式に発表した。玉木は公式サイトを通じて「より一層精進して参りますので今後ともよろしくお願い申し上げます」と決意を新たにし、木南は感謝の言葉とともに「幸せな家庭を築き、たくさんタコパしたいと思います」と喜びのコメントを記した...
玉木宏と結婚する木南晴夏「脇役」に目覚めた転機

玉木宏と結婚する木南晴夏「脇役」に目覚めた転機

玉木宏(38)と木南晴夏(32)が結婚する。6月21日、双方の所属事務所が認めた。 2人は約8年前に知り合い、昨年4月放送のフジテレビ系スペシャルドラマ「女の勲章」の撮影を通じて交際へと発展。次第に結婚を意識するようになっていったという。 「『女の勲章』はこれまでも映像化されている作品。木南さんは6...
上戸彩が7月期の月9出演へ「絶対零度」シリーズの流れをくんだ作品

上戸彩が7月期の月9出演へ「絶対零度」シリーズの流れをくんだ作品

女優上戸彩(32)が、7月期のフジテレビ系連続ドラマ看板枠「月9」(月曜午後9時)に出演が内定していることが16日、分かった。15年に女児を出産して以来初の連ドラ出演となる。 上戸が、月9を盛り上げる。関係者によると出演作は、過去に2度連ドラとして放送され、上戸が主演した「絶対零度」シリ...
元・猿岩石の森脇和成 有吉弘行とは音信不通状態も不仲は否定

元・猿岩石の森脇和成 有吉弘行とは音信不通状態も不仲は否定

1990年代の人気バラエティ番組『進め!電波少年』(日本テレビ系)に出演していた元・猿岩石の森脇和成、元・ドロンズの大島直也、元・パンヤオの伊藤高史、元・地球防衛軍レッドの加代子、「Tプロデューサー」こと土屋敏男氏が12日、東京・練馬区のバッティングプラザ大泉で行われた『ドラマチックバッティン...
武井壮の指導者論に広がる共感 「厳しい=名将」の時代じゃない

武井壮の指導者論に広がる共感 「厳しい=名将」の時代じゃない

日本大学でアメリカンフットボール部に続き、応援リーダー部(競技チアリーディング)のパワハラ問題が発覚した。この1年ほど、日本のスポーツ界では、選手側が指導者側に対し声を上げる騒動が相次いでいる。渦中のボクシングをはじめ、女子レスリングなど問題は尽きない。 こうしたスポーツ界の現状に対し、...
藤田ニコルが剛力彩芽の近況を語る 「私より明るかったですよ」

藤田ニコルが剛力彩芽の近況を語る 「私より明るかったですよ」

タレント・藤田ニコル(20)が29日、TBS系「サンデー・ジャポン」(日曜・前9時54分)に生出演し、女優・剛力彩芽(25)のインスタ騒動について語った。 剛力は、ファッションショッピングサイト「ZOZOTOWN」を運営するスタートトゥデイの前澤友作社長(42)との交際しており、サッカ...
園子温監督、ハリウッドへ 「日本のプロセスに飽き飽きした」

園子温監督、ハリウッドへ 「日本のプロセスに飽き飽きした」

(全4枚) これまでに数々の国際映画祭で受賞し、全くの無名だった吉高由里子をはじめ、満島ひかりといった女優たちの埋もれていた才能をも次々に開花させていった映画界の鬼才・園子温監督。5月にハリウッドにおけるデビューを明かした園監督がこのほど、自由について縦横無尽に語り尽くした『獣でなぜ悪い』(...
伊達みきおのカロリーゼロ理論が人気 健康ブームへのアンチテーゼか

伊達みきおのカロリーゼロ理論が人気 健康ブームへのアンチテーゼか

お笑いコンビ・サンドウィッチマン伊達みきおの持ちネタ「カロリーゼロ理論」がじわじわと人気を集めている。番組内で披露する度にSNS等でも話題になり、この夏はまさかの楽曲化にまで発展する事態に。受け入れられる背景を考えると、本人にその意図はなくとも、近年の“健康ブーム”へのアンチテーゼとして機能...
AAAの西島隆弘が「anan」で官能グラビア 表紙で「耳キス」

AAAの西島隆弘が「anan」で官能グラビア 表紙で「耳キス」

【西島隆弘/モデルプレス=8月3日】AAAの西島隆弘(Nissy)が8日発売の雑誌「anan」2114号のSEX特集の表紙&グラビアに起用されることがわかった。 【さらに写真を見る】「anan」SEX特集の表紙&グラビアを飾った西島隆弘誌面カットを見る グラビアのタイトルは「溢れる愛、その先に。西島隆弘」。音楽活動...
三浦翔平と結婚した桐谷美玲 事務所を認めさせた「覚悟」

三浦翔平と結婚した桐谷美玲 事務所を認めさせた「覚悟」

《仕事も今まで以上に邁進して参りますので、ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い致します》 7月26日、桐谷美玲(28)と三浦翔平(30)は連名で入籍を報告した。なにげない締めくくりの一文には、そこに至るまでの「女の覚悟」が秘められている。 2人の結婚までの道のりを振り返ろう。モデル仲間だった2人は、20...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net