芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

キムタク主演「BG〜身辺警護人〜」のスタート前に他局Pが“不吉な数字”を指摘

キムタク主演「BG〜身辺警護人〜」のスタート前に他局Pが“不吉な数字”を指摘

1月18日よりスタートする木村拓哉(45)主演のドラマ「BG〜身辺警護人」(テレビ朝日系)に備え、番宣ラッシュが続くキムタク。SMAP解散騒動以来、すっかりヒール役となった彼の振りまく笑顔がなんだか痛々しくて――。

***

テレ朝系の「木曜ドラマ」枠で放送される「BG〜身辺警護人」は文字通り、民間の警備会社の物語。主役キムタクの脇を固めるのは、江口洋介(50)、斎藤工(36)、菜々緒(29)、石田ゆり子(48)、上川隆也(52)……と重量級。

主演にキムタクを使う以上、失敗させるわけにはいかないというテレ朝の気遣いか、はたまたキムタクだけでは心許ないとでも思っているのか……。

キムタクだって、元SMAPの3人に負けるわけにはいかない。1月11日と18日には、マツコデラックスの「夜の巷を徘徊する」、15日は「帰れま10&Qさま!!合体3時間SP」、16日には「林修の今でしょ!講座3時間スペシャル」と、テレ朝での番宣、いや、バラエティ・ラッシュが続いている。

キムタク主演「BG〜身辺警護人〜」のスタート前に他局Pが“不吉な数字”を指摘 木村拓哉

「アイムホーム」再放送で失敗

こうした状況を冷ややかに見るのは他局プロデューサーだ。

「その昔は『自分が主役でも番宣に出ない』という美学がキムタクにはあったんですけど、そうも言ってられない。テレ朝だって赤字覚悟でやっているんでしょう。映画やドラマで主役を張れる江口と上川を脇に使っていますが、彼らだって1話200万円近くのギャラが発生するはず。キムタクは300万円くらいでしょう。ほかにも売れっ子が多いですからね、キャステングだけでも相当な額です。これだけ力を入れていれば、初回(の視聴率)は15%くらいはいくのではないでしょうか。みんな興味はあるでしょうから。ただ、例え20%いったとしても、キムタク1人の手柄にはならないところが、ちょっと可哀想な気もします」

それでもまだ足らないと思ったのか、テレ朝は昼間の再放送枠に、キムタク主演の「アイムホーム」を持ってきた。15年に放送された同作は、それまでの型破りの辣腕検事(「HERO」フジテレビ系)や脳科学者(「MR.BRAIN(ミスター・ブレイン)」TBS系)などヒーロー路線から一変、事故で記憶を失ったサラリーマンで、初の父親役に挑戦した意欲作という触れ込みだった。妻役には上戸彩(32)を起用して平均視聴率(以下、ビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯)は14.8%。大健闘と言っていいはずだが、キムタク主演で15%以下は、人気凋落の象徴とまで言われた。それでもこの作品にせざるを得なかったのは、テレ朝にはキムタク主演の連ドラが、これ以外ないのだ。

「それでも最終回には19%を叩き出したのですから、腐ってもキムタクと言われたものです。しかし、この再放送は失敗だったかもしれません。昼14時枠ですぐ後には『相棒』が続くのですが、この差が歴然としているんです。1月8日の『アイムホーム』初回の視聴率4.7%に対し、『相棒』10.4%、以後9日3.3%:6.9%、10日4.0%:7.1%、11日3.1%:5.3%といった具合です。ちなみに昨年(2017年)末の14時枠は『DOCTORS〜最強の名医〜』でしたが、12月29日は7.0%。これらの時間帯の視聴者層はF3(50代以上の女性)、M3(50代以上の男性)、そして学校から帰ったティーン世代が見るわけですが、これらの視聴者はキムタクを求めていないことが露呈してしまったわけです。新ドラマに放送開始を前に、テレ朝もこの数字は気にしていると思います」

カッコ悪いキムタクになれるか?

新ドラマへの不安要素はさらにあるという。

「ストーリーですね。脚本を読んだわけではありませんが、今のドラマはトラウマがないと視聴者は共感してくれません。大ヒットの『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』(テレ朝系)だって、外科医としては失敗しませんが、家に戻ればダサダサだったりするように、カッコ悪さも出さなきゃいけない。『BG〜身辺警護人〜』では、キムタクが過去にどんな失敗をしてズタボロになりつつも、今のボディガードでは……と描けるかが重要なんです。しかし、昨年の映画『無限の住人』(三池崇史監督/ワーナー・ブラザース配給)ではキムタクは汚れ役を演じてみたものの大コケして、ジャニーズも汚れ役を避けるようになっているそうです。すると、これまで通り、カッコいいキムタクでしかなくなってしまう。キムタクだって45歳でしょ、いつまでもカッコいいだけでは見向きもされませんからね」

もちろん話題を呼ぶ要素だってある。

「やはりキムタクの身長ですかね。公称176センチですが、実際はそんなにないはず。しかし、このドラマの共演者たちはいずれもデカいんです。江口洋介は185センチ、斎藤工も184センチ、上川隆也が175センチでほぼ同じ。菜々緒だって172センチもある。こんな中で誰と並んだ時にどのくらい差があるのかは話題になるかもしれません」

さて、キムタクは、どんなボディガードを演じるのか。

週刊新潮WEB取材班

2017年1月16日掲載

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

キングコング西野亮廣「おしゃれすぎる自宅」に仕組まれた罠

キングコング西野亮廣「おしゃれすぎる自宅」に仕組まれた罠

お笑い芸人のキングコング・西野亮廣が7月23日放送の『家、ついて行ってイイですか?(明け方)』(テレビ東京)に出演した。 番組スタッフは五反田を散策中に西野と遭遇し、自宅へ向かう展開に。西野は道中のタクシーで、「月9に出てるキムタクの部屋が好きで、だいたいそこに合わせにいってる感じ」と家のコ...
キムタク&ニノ、映画初共演で2ショット表紙 これまでは“絶対タブー”だった?

キムタク&ニノ、映画初共演で2ショット表紙 これまでは“絶対タブー”だった?

映画『検察側の罪人』(原田眞人監督8月24日公開)で初共演した俳優の木村拓哉と嵐の二宮和也が、24日発売の男性向けファッション誌「UOMO」9月号(集英社)の表紙を飾ることを、各メディアが報じた。 各メディアによると、2ショットでの表紙は雑誌史上初。誌面では「木村拓哉二宮和也このふたり、そうだったんだ...
通学中でも圧倒的な存在感 木村拓哉&工藤静香の次女Koki,

通学中でも圧倒的な存在感 木村拓哉&工藤静香の次女Koki,

6月中旬の夕暮れどき。学生が溢れる街中で、15歳の少女は輝いていた。父親を彷彿とさせる端整な顔立ちに、頭ひとつ飛び出した母親譲りのスレンダーな体躯ーー。 通学中なのに圧倒的な存在感を放つ彼女こそ、5月に鮮烈なデビューを果たした新人モデル・Koki,(コウキ)だ。 表紙を飾った「ELLEJAPON7月号」が発...
何を演じても同じ?石原さとみの「木村拓哉化」に懸念も

何を演じても同じ?石原さとみの「木村拓哉化」に懸念も

作品の看板を背負う主演俳優にとって、求められる役割を全うすることが第一だ。一方で、「期待に違わぬ働き」と、「殻を打ち破る仕事」は相反しやすいのも事実。つまり、存在の大きな役者であればあるほど作品の都度マンネリと戦うことになる。ドラマウォッチを続ける作家で五感生活研究所代表の山下柚実氏が...
フジテレビの月9ドラマが好調 背景に「テレ朝化」と物語の進化

フジテレビの月9ドラマが好調 背景に「テレ朝化」と物語の進化

(全3枚) 『絶対零度』撮影中の横山裕(左)と本田翼(右)沢村一樹主演のフジ月9『絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜』が好調だ。初回視聴率は10.6%。二桁スタートは、去年7月クールの『コード・ブルー―ドクターヘリ緊急救命―』以来4作ぶりだった。その後もおおむね横ばいで推移し、6話までの平均が10.6%と...
菅田将暉が「遊戯王 デュエルリンクス」にハマる「現場で大流行」

菅田将暉が「遊戯王 デュエルリンクス」にハマる「現場で大流行」

13日深夜に放送されたニッポン放送「菅田将暉のオールナイトニッポン」での菅田将暉の発言が反響を呼んでいる。 【写真】菅田将暉、中学1年生頃の貴重な3兄弟ショットが公開で「かっこよすぎやろ!」「中学生でこのビジュアル」 菅田は、出演する作品の撮影で地方に行った際、時間を持て余してしまう時が度々...
小川彩佳アナが10月から「AbemaPrime」の司会に「未知の世界へ」

小川彩佳アナが10月から「AbemaPrime」の司会に「未知の世界へ」

テレビ朝日の報道番組『報道ステーション』のサブキャスターを9月いっぱいで降板する小川彩佳アナウンサーが、10月からインターネットテレビ局「AbemaTV」の看板ニュース番組『AbemaPrime(アベマプライム)』(月〜金後9:00〜11:00)の司会進行役でレギュラー出演することが13日、同番組で発表された。 【...
徳永有美が報ステに復帰 現場は「どういう神経」とブーイングか

徳永有美が報ステに復帰 現場は「どういう神経」とブーイングか

テレビ朝日の看板報道番組「報道ステーション」のキャスター人事で、番組スタッフ関係者の間でハレーションが起こっている。 10月からの新キャスターとして、元テレ朝で現在フリーの徳永有美アナ(42)を起用。自局の小川彩佳アナ(33)に代え、富川悠太アナ(41)とのコンビで月〜木曜を担当させるほ...
木村拓哉が語ったSMAP解散後の再出発「結果であり、前進である」

木村拓哉が語ったSMAP解散後の再出発「結果であり、前進である」

木村拓哉(45)が16日、読売テレビ・日本テレビ系で放送された「情報ライブミヤネ屋」の独占インタビューに応じ、16年末にSMAPが解散した後の再出発への思いや、プライベートについて語った。 宮根誠司から「1人になって再出発。どんな感じ?」と話題を振られると、「自分を必要としてくれる現場...
木村拓哉が語った次女Koki,への思い「心配する必要がなかった」

木村拓哉が語った次女Koki,への思い「心配する必要がなかった」

元SMAPで俳優、木村拓哉(45)が16日放送の日本テレビ系「情報ライブミヤネ屋」(月〜金曜後1・55)にVTR出演。妻で歌手、工藤静香(48)との次女でモデル、Koki,(コウキ、15)への思いを初告白した。 同番組のメインキャスターを務めるフリーアナウンサーの宮根誠司(55)が木村に...
Koki,に続き木村拓哉の長女もデビューへ?時間の問題と噂

Koki,に続き木村拓哉の長女もデビューへ?時間の問題と噂

元SMAP・木村拓哉の次女のKoki,(以下コウキ=15)が高級ブランド「ブルガリ」のアンバサダーに日本人として初めて就任して世間を驚かせているが、その活動に感化されるように2歳上の長女のデビューも時間の問題では?と業界内でささやかれ始めている。 雑誌「エル・ジャポン」の表紙とグラビアを...
CMギャラは3000万円 若手2世で頭一つ抜けたKoki,の勝因はSNSに?

CMギャラは3000万円 若手2世で頭一つ抜けたKoki,の勝因はSNSに?

生き残りをかけて熾烈な競争を繰り広げる2世タレント。どうやらCMの世界でも同じようだ。若手で最も勢いがあると言われているのは、新田真剣佑(21)と岡田結実(18)だという。 本誌が複数の広告代理店関係者から入手した2世タレントの最新CMギャラリストによると、新田は3,500万円と高評価。岡田も3,000万円...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net