芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

宮沢りえや佐々木主浩氏も 意外に知られていない小室ファミリー

宮沢りえや佐々木主浩氏も 意外に知られていない小室ファミリー
 
現在発売中の「週刊文春」(文芸春秋)で不倫疑惑を報じられた音楽プロデューサーの小室哲哉(59)が1月19日、都内で会見を行った。
 
会見で騒動を謝罪した小室だが、「僕なりのけじめとして引退を決意しました」と騒動の責任を取る形での引退を電撃発表した。
 
「引退という言葉を口にした際、さすがに集まった報道陣には衝撃が走りました。19日以前に受けた仕事は形になるまでこなすようですが、20日以降は仕事を受けない意向のようです」(会見を取材した記者)
 
小室といえば、全盛期には安室奈美恵(40)、観月ありさ(41)、篠原涼子(44)、華原朋美(43)、鈴木亜美(35)、TRF、そして自らもメンバーに加入したglobeら“小室ファミリー”を率い、音楽界を席巻していた。
 
前述したアーティストたちは“ファミリー”のメンバーとして知られているが、意外と知られていない超大物も“ファミリー”だった。
 
「今や大女優になった宮沢りえさんですが、89年に小室さんが楽曲提供した『ドリームラッシュ』で歌手デビュー。沢口靖子さんは88年放送の主演ドラマ『痛快!ロックンロール通り』(TBS系)の主題歌『Followme』を小室さんが作曲しています。仲間由紀恵さんは96年6月に『MOONLIGHTtoDAYBREAK』で歌手デビューしましたが、小室さんが司会の音楽番組のエンディング曲に起用されました。大魔神こと元プロ野球選手の佐々木主浩さんは大リーグに移籍した00年、小室プロデュースの『breaknewground』で歌手デビューしています」(音楽業界関係者)
 
小室の引退発表で、名の知れた“ファミリー”以外の曲も注目を浴びそうだ。

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

「週刊文春」がかつて掲載を躊躇したスクープ 元記者が暴露

「週刊文春」がかつて掲載を躊躇したスクープ 元記者が暴露

18日放送のラジオ「日曜のへそ」(ニッポン放送)で、元「週刊文春」記者でジャーナリストの中村竜太郎氏が、「週刊文春」がかつて掲載を躊躇(ちゅうちょ)したスクープを明かした。 番組では、ゲストの中村氏とパーソナリティーの土田晃之が「週刊文春」にまつわるトークを繰り広げた。その中で、土田が「...
globeのマーク・パンサー 医師に左耳が加齢性の難聴と診断される

globeのマーク・パンサー 医師に左耳が加齢性の難聴と診断される

19日に放送されたTBS系『名医のTHE太鼓判!』に、globeのマーク・パンサーが出演した。 【写真】小室哲哉、3ショット写真も公開!「桂子も観てくれました」。神田沙也加をボーカルに迎えたglobeが「圧巻」「素敵すぎて」と絶賛! 番組内でマークは「耳っていうのは壊れると二度と治らないみたいな」「音楽は仕...
浜田雅功、小室哲哉との過去を語る 「絶対売れへん」と思ったデビュー曲

浜田雅功、小室哲哉との過去を語る 「絶対売れへん」と思ったデビュー曲

  「俺は“小室ファミリー”なんかな?小室さんプロデュースの初めての男性やったから、そういう意味では目立った部分もあったんかな。引退については、まだ、ちょっとどういう状況なのかわからないからね」   こう語るのは、浜田雅功(54)。実は浜ちゃん、23年前に本誌でエッセイ連載を持っていて、...
安室奈美恵に対抗?浜崎あゆみの「20周年ツアー」に不安の声も

安室奈美恵に対抗?浜崎あゆみの「20周年ツアー」に不安の声も

現在、浜崎あゆみ(39)は“史上最多となる60公演”のロングツアー「Justthebeginning-20-TOUR2017」(2月20日まで)の真っ最中だという。ところが、4月からデビュー20周年を記念する「ARENATOUR」を開催することを発表。これって現行商品の売り出し中に、新商品を発表するようなものではないか。大丈夫なのアユ...
2017年、平均視聴率が最も低かったドラマ枠は「フジ・日9」

2017年、平均視聴率が最も低かったドラマ枠は「フジ・日9」

2017年の民放連続ドラマが、全て終了した。12月24日放送のTBS日曜劇場『陸王』(役所広司主演)最終回は20.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と大台を突破し、有終の美を飾ったが、翌25日オンエアのフジテレビ月9ドラマ『民衆の敵〜世の中、おかしくないですか!?〜』(篠原涼子主演)最終回は、枠...
篠原涼子が主演の「民衆の敵」打ち切りの議論が活発化する可能性も

篠原涼子が主演の「民衆の敵」打ち切りの議論が活発化する可能性も

篠原涼子の主演作で、初回視聴率が最低 篠原涼子、大惨敗――。月、木と曜日は違えども、放送時間帯は同じ午後9時。「涼子対決」などという声もあったが、視聴率の差は圧倒的だった。 *** フジテレビの新月9「民衆の敵〜世の中、おかしくないですか!?〜」は初回が10月23日に放送され、平均視聴率は9.0%(ビ...
斉藤由貴不倫の余波 長澤まさみが「穴埋め」に駆り出される?

斉藤由貴不倫の余波 長澤まさみが「穴埋め」に駆り出される?

先月、50代主治医とのダブル不倫を認めた女優の斉藤由貴(51)。その後、出演予定だった来年のNHK大河ドラマ「西郷どん」や出演していたCM2本を降板したが、しばらくは“再起不能”ともっぱらだ。 「同じ事務所の所属タレントが多く登場する『東宝カレンダー2018』からも消えてしまったほど。早...
宮沢りえと森田剛の交際報道 知られざる義父が思いを告白

宮沢りえと森田剛の交際報道 知られざる義父が思いを告白

「りえは当時からとてもかわいくて、『将来はホステスだね』なんて冗談を光子と喜んで話していたんです」 そう語り始めたのは、女優・宮沢りえ(44)の義父だった小沢典仁氏(74)だ。 りえは2017年、森田剛(38)との交際を女性誌に報じられた。年末には結婚説が芸能マスコミを飛び交い、いま最もゴールイン...
宮沢りえの再婚に暗雲?宮崎あおいの結婚をめぐり「姉妹関係」に変化か

宮沢りえの再婚に暗雲?宮崎あおいの結婚をめぐり「姉妹関係」に変化か

カウントダウンに入ったと囁かれてきた宮沢りえ(44)と「V6」の森田剛(38)の再婚に暗雲が立ち込め始めたという。2人は2年前に舞台で初共演。離婚直後だった宮沢の方から森田に積極的にアプローチしたといわれ、以来1年半にわたり交際を続けてきた。 「宮沢と森田が宮沢の長女(8)も交え、目黒界...
西川史子 音信不通の男性と再会「チョコをあげようと思います」

西川史子 音信不通の男性と再会「チョコをあげようと思います」

医師でタレントの西川史子が11日、TBS系「サンデー・ジャポン」に出演。音信不通となっていた恋人候補の男性から連絡が来たことを明かした。 司会の爆笑問題・田中裕二から、その後の様子について聞かれると「連絡が来ました。チョコをあげようとおもいます」と笑顔。テリー伊藤から「全部、うそです」...
中山エミリが恋していた芸人 爆笑問題・田中裕二だと告白

中山エミリが恋していた芸人 爆笑問題・田中裕二だと告白

タレントの中山エミリ(39)が2日放送のTBS系「爆報THEフライデー」に出演し、爆笑問題の田中裕二(53)に淡い恋心を抱いていたことを告白した。 中山は23歳の時、番組で共に司会を務めた田中の優しさや気配りに接し、番組で号泣して進行ができなくなった時もフォローしてもらったことで淡い恋...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net