芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

「西郷どん」に時代考証家が自らツッコミ「西郷は下戸です」

「西郷どん」に時代考証家が自らツッコミ「西郷は下戸です」

『征韓論の図(写真:近現代PL/AFLO)』

1月7日、ついにNHK大河ドラマ『西郷どん』が始まった。林真理子氏の小説が原作、『花子とアン』などで知られる中園ミホ氏が脚本。

明治維新の英雄・西郷隆盛を鈴木亮平(34)が演じるが、「史実との違いを探せばきりがありません」と語るのは、鹿児島・志學館大学の原口泉教授(70)だ。

『翔ぶが如く』(1990年)、『篤姫』(2008年)などの大河に携わり、『西郷どん』でも時代考証を担当。その原口教授自ら、史実との違いをツッコんでくれた。

【フェイク1】西郷隆盛と主君の出会い

「第1回の放送で藩主・島津斉彬(渡辺謙)がお忍びで薩摩へ帰り、幼少期の西郷隆盛と出会います。しかし、当時斉彬が住む江戸から幕府の許可を得ずに帰るのは、不可能に近い。

史実ではないので、『天狗』に化けて子供の西郷に会う、というような演出になっています。誤解がないように、番組の最後で、『このとき斉彬が薩摩に来た記録はありません』とナレーションを入れてもらっています」

【フェイク2】西郷は下戸

主君・斉彬と西郷が飲み明かすシーンもあるが、「西郷は下戸です」。

【フェイク3】西郷家と大久保家の場所

大河では、西郷家と盟友・大久保利通(瑛太)の家が隣同士という設定だ。
「実際には、150メートルほど離れていました」

【フェイク4】「妙円寺詣り」は夜

島津義弘の武勇を偲ぶ地元行事、「妙円寺詣り」も描かれている。
「これは本来であれば、夜間におこなわれる行事です。キャストの小学生が夜のロケに出られないので、昼間に撮り終えたと聞いています」

【フェイク5】糸子は幼馴染みではない

西郷は3人の妻を娶っている。3番めの妻が糸子(黒木華)だ。
「2人が幼馴染みという設定も史実に反します。脚本の中園ミホさんが『2人は子供のときに会わせたい』との希望でしたので、『まあ、いいでしょう』と」

【フェイク6】月照と西郷の関係

林真理子氏の原作で、話題を呼んだのは僧・月照と西郷の関係だ。主君の斉彬を亡くし、絶望のあまり切腹を図る西郷を、月照が夜具に誘って慰める。尾上菊之助が演じる月照とのシーンは、どう描かれるのか……。

「2人の関係を、林さんは『ボーイズラブ』とおっしゃっていますが、私は月照と西郷は『一心同体』だったと思います。斉彬の君命を受けた西郷と、孝明天皇の勅命を受けた月照は、まさに志をひとつにしていた。男と男、男と女の愛など超えていたのです」

【フェイク7】糸子の奄美大島訪問

物語の中盤で、妻・糸子が奄美大島に渡り、西郷の2番めの妻・愛加那(二階堂ふみ)とその息子・菊次郎と会う場面がある。

「時代考証の立場からは史実と違うと言いました。ですが、林さんはドラマ上、糸子と愛加那に、女同士で話をさせたかったと。これは歴史小説やドキュメンタリーではなく、新しいジャンルの物語だと思っています。あくまで西郷という人間を描いているのです」

物語のプロット作りから参加した原口教授は、『西郷どん』で新しい西郷像を描こうと試みた。明治維新後、征韓論で敗れ、大久保と対立した西郷は下野して鹿児島に帰る。世にいう明治六年の政変だ。

「私の見方は違います。西郷は大久保と対立したわけではありません。大久保は、内務卿として殖産興業政策を進め、かたや西郷は鹿児島で『農による国興し』を目指した。西郷にとっては、この上なく幸せな時だったはずです」

『西郷どん』の裏番組は、高視聴率を誇る『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)だ。

「ぜひ、そういう番組を観ている若い人に観てもらって、新しい国づくりに役立ててほしいですね」

新たな西郷像が楽しみだ。

(週刊FLASH2018年1月16・23日合併号)

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

「ほとんどアドリブ」笑福亭鶴瓶が「西郷どん」での大暴れを明かす

「ほとんどアドリブ」笑福亭鶴瓶が「西郷どん」での大暴れを明かす

落語家の笑福亭鶴瓶(66)がこのほど都内で、下級の公家・岩倉具視役で出演するNHK大河ドラマ「西郷どん」(日曜、後8・00)での“怪演”秘話を明かした。12日放送の第30回「怪人岩倉具視」の撮影ではアドリブ連発で、主演の鈴木亮平(35)からも「大河ですよ!」と突っこまれた。今作で爪痕を残...
「半沢直樹」の続編が決まらない理由 TBSと田邊昭知社長に溝か

「半沢直樹」の続編が決まらない理由 TBSと田邊昭知社長に溝か

(全2枚) 誰某(だれそれ)が干されただの共演NGだのと、忖度が渦巻く芸能界。この忖度の道筋はすべて、田辺エージェンシーの田邊昭知社長(79)に通ずるといっても過言ではない。彼を強大な権力者たらしめる所以は、要所での剛腕と強面にあった。以下の逸話がその適例である。 政界や球界、メディアに大学、談...
「西郷どん」視聴率 異例の「西高東低」に関係者も驚き

「西郷どん」視聴率 異例の「西高東低」に関係者も驚き

俳優の鈴木亮平(35)が主演を務めるNHK大河ドラマ「西郷(せご)どん」(日曜後8・00)。視聴率が“西高東低”の不思議な現象が起きている。 大河ドラマ57作目。直木賞作家・林真理子氏(64)の小説「西郷どん!」(KADOKAWA)を原作に、幕末から明治維新のヒーロー・西郷隆盛(鈴木)の...
タモリ報道、SNSと業界に温度差 「今のタモさんしか知らない世代」

タモリ報道、SNSと業界に温度差 「今のタモさんしか知らない世代」

「タモリには普通に少し幻滅したと思う」「タモリに愛人は似合わないな残念」「奥さんがかわいそう」……。 週刊新潮7月26日号がタモリ(72)の“愛人宅通い”を報じ、ネット上には非難のコメントが多数書き込まれている。 お相手とされるのは、現在放送中のNHK大河ドラマ「西郷どん」の脚本を手がける中...
ストイックすぎる鈴木亮平に心配の声も 役作りで容姿が激変か

ストイックすぎる鈴木亮平に心配の声も 役作りで容姿が激変か

俳優の鈴木亮平主演のNHK大河ドラマ『西郷どん』の視聴率が、数ポイントの増減を繰り返しながらも低空飛行を続けている。1月7日の初回視聴率は15.4%と歴代ワースト2位を記録していたが、その後も伸び悩んでいるようだ。 しかし一方で、鈴木の役作りに対しては称賛の声が上がっている。その証拠に、鈴木の公式...
いまや芸人が市場独占 悪役俳優が「絶滅」の危機か

いまや芸人が市場独占 悪役俳優が「絶滅」の危機か

ドラマでは悪役を専門とする役者はあまり見なくなり、今やその市場を独占しているのがお笑い芸人だ。コラムニストのペリー荻野さんがその事情について解説する。 *** 先日放送されたNHKBSプレミアム『たけしのこれがホントのニッポン芸能史』は悪役特集。Vシネマのレジェンド、小沢仁志が例の怖い顔としゃ...
名バイプレーヤー志賀廣太郎の「重病説」本人を直撃

名バイプレーヤー志賀廣太郎の「重病説」本人を直撃

ここ5年の間にドラマ42作品、映画16作品に出演する名バイプレーヤー・志賀廣太郎。都心から車で1時間ほど離れた集合住宅に暮らす彼は、近所の人にもよく知られた存在だった。 「いつもチェックのシャツにジーンズ。普通のおじさんですね。でも、最近は映画やドラマにたくさん出ているからよく声をかけられてま...
わずか2カ月で10キロ減 86歳の俳優・大村崑が自腹でライザップ通い

わずか2カ月で10キロ減 86歳の俳優・大村崑が自腹でライザップ通い

「最近、私のフェイスブックを見た人たちから『ずいぶん痩せたけど病気なのか?』と言われるんですわ」──そう語るのは、御年86歳の俳優・大村崑。芸能生活60周年の昨秋、旭日小綬章を受章。今年はNHK大河ドラマ『西郷どん』で西郷隆盛の祖父役を演じるなど、老いてますます盛んな喜劇界の大御所に何があったの...
「西郷どん」に出演の堀井新太 セクシー女優の吉澤友貴と同棲中か

「西郷どん」に出演の堀井新太 セクシー女優の吉澤友貴と同棲中か

NHKの大河ドラマ「西郷どん」に出演している俳優の堀井新太が、セクシー女優の吉澤友貴と同棲中であることを、発売中の「フライデー」(講談社)が報じている。 堀井は若手俳優集団・D-BOYSのメンバー。15年にNHK朝の連続テレビ小説「マッサン」で名前が売れ、同年、NHK大河ドラマ「花燃ゆ」に出演。ヒットドラ...
「西郷どん」出演の堀井新太 セクシー女優と同棲状態と報道

「西郷どん」出演の堀井新太 セクシー女優と同棲状態と報道

吉澤の運転手(奥)に見送られ、すばやく部屋に向かう堀井 都内のこぢんまりしたマンション前に1台のバンが停車。運転手がスライドドアを開けると、強まる雨脚を避けるように、急ぎ足でキャップに短パン姿のイケメンがエントランスに駆け込んだ(写真)。 遅れること10秒ほどで、ナマ足をムキ出しにした美女が...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net