芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

「西郷どん」に時代考証家が自らツッコミ「西郷は下戸です」

「西郷どん」に時代考証家が自らツッコミ「西郷は下戸です」

『征韓論の図(写真:近現代PL/AFLO)』

1月7日、ついにNHK大河ドラマ『西郷どん』が始まった。林真理子氏の小説が原作、『花子とアン』などで知られる中園ミホ氏が脚本。

明治維新の英雄・西郷隆盛を鈴木亮平(34)が演じるが、「史実との違いを探せばきりがありません」と語るのは、鹿児島・志學館大学の原口泉教授(70)だ。

『翔ぶが如く』(1990年)、『篤姫』(2008年)などの大河に携わり、『西郷どん』でも時代考証を担当。その原口教授自ら、史実との違いをツッコんでくれた。

【フェイク1】西郷隆盛と主君の出会い

「第1回の放送で藩主・島津斉彬(渡辺謙)がお忍びで薩摩へ帰り、幼少期の西郷隆盛と出会います。しかし、当時斉彬が住む江戸から幕府の許可を得ずに帰るのは、不可能に近い。

史実ではないので、『天狗』に化けて子供の西郷に会う、というような演出になっています。誤解がないように、番組の最後で、『このとき斉彬が薩摩に来た記録はありません』とナレーションを入れてもらっています」

【フェイク2】西郷は下戸

主君・斉彬と西郷が飲み明かすシーンもあるが、「西郷は下戸です」。

【フェイク3】西郷家と大久保家の場所

大河では、西郷家と盟友・大久保利通(瑛太)の家が隣同士という設定だ。
「実際には、150メートルほど離れていました」

【フェイク4】「妙円寺詣り」は夜

島津義弘の武勇を偲ぶ地元行事、「妙円寺詣り」も描かれている。
「これは本来であれば、夜間におこなわれる行事です。キャストの小学生が夜のロケに出られないので、昼間に撮り終えたと聞いています」

【フェイク5】糸子は幼馴染みではない

西郷は3人の妻を娶っている。3番めの妻が糸子(黒木華)だ。
「2人が幼馴染みという設定も史実に反します。脚本の中園ミホさんが『2人は子供のときに会わせたい』との希望でしたので、『まあ、いいでしょう』と」

【フェイク6】月照と西郷の関係

林真理子氏の原作で、話題を呼んだのは僧・月照と西郷の関係だ。主君の斉彬を亡くし、絶望のあまり切腹を図る西郷を、月照が夜具に誘って慰める。尾上菊之助が演じる月照とのシーンは、どう描かれるのか……。

「2人の関係を、林さんは『ボーイズラブ』とおっしゃっていますが、私は月照と西郷は『一心同体』だったと思います。斉彬の君命を受けた西郷と、孝明天皇の勅命を受けた月照は、まさに志をひとつにしていた。男と男、男と女の愛など超えていたのです」

【フェイク7】糸子の奄美大島訪問

物語の中盤で、妻・糸子が奄美大島に渡り、西郷の2番めの妻・愛加那(二階堂ふみ)とその息子・菊次郎と会う場面がある。

「時代考証の立場からは史実と違うと言いました。ですが、林さんはドラマ上、糸子と愛加那に、女同士で話をさせたかったと。これは歴史小説やドキュメンタリーではなく、新しいジャンルの物語だと思っています。あくまで西郷という人間を描いているのです」

物語のプロット作りから参加した原口教授は、『西郷どん』で新しい西郷像を描こうと試みた。明治維新後、征韓論で敗れ、大久保と対立した西郷は下野して鹿児島に帰る。世にいう明治六年の政変だ。

「私の見方は違います。西郷は大久保と対立したわけではありません。大久保は、内務卿として殖産興業政策を進め、かたや西郷は鹿児島で『農による国興し』を目指した。西郷にとっては、この上なく幸せな時だったはずです」

『西郷どん』の裏番組は、高視聴率を誇る『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)だ。

「ぜひ、そういう番組を観ている若い人に観てもらって、新しい国づくりに役立ててほしいですね」

新たな西郷像が楽しみだ。

(週刊FLASH2018年1月16・23日合併号)

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

視聴率が苦戦している「西郷どん」脚本の粗さを指摘する声も

視聴率が苦戦している「西郷どん」脚本の粗さを指摘する声も

NHKの大河ドラマ『西郷どん』の視聴率が苦戦している。 「1月7日放送の初回15.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下、同)の滑り出しから、14〜15%をキープしていたものの、4月に入ってからは下降線をたどり、29日にはついに11.1%とワーストを記録。5月6日放送は12.0%まで数字を戻したものの、依然とし...
「西郷どん」に渡辺謙がクランクイン 不倫騒動を気にして緊張感

「西郷どん」に渡辺謙がクランクイン 不倫騒動を気にして緊張感

冬のドラマが次々とスタートしたが、いったい何を見ようか迷っている方も多いのでは?ドラマ評論家の成馬零一さんは中園ミホさん脚本の『西郷どん』に期待を寄せる。 「近年、朝ドラでヒットを飛ばした脚本家が大河に挑むことが増えています。昨年の『おんな城主直虎』は『ごちそうさん』(2013〜2014年)の森...
西郷どん、初回視聴率は15.4% 事実上の歴代ワースト発進か

西郷どん、初回視聴率は15.4% 事実上の歴代ワースト発進か

57作目となるNHK大河ドラマ『西郷どん』(鈴木亮平主演/日曜午後8時〜)が、7日に放送開始となった。だが、初回15分拡大版の視聴率は15.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)どまりで、今後に大きな影が差した。 これは、歴代ワースト4位スタートだった昨年の『おんな城主直虎』(柴咲コウ主演)初回...
錦戸亮への暴行疑惑報道も 瑛太に学生から際どい質問

錦戸亮への暴行疑惑報道も 瑛太に学生から際どい質問

俳優の生田斗真と瑛太が14日、都内でW主演映画「友罪」(瀬々敬久監督、25日公開)の特別授業を行った様子を、15日付の各スポーツ紙が報じている。 授業では学生の質問に答えるコーナーがあり、瑛太に対して「人を傷つけた経験は?」との質問が。 その質問に対し瑛太は、「小中学生の頃、白髪が生えた友達を『...
長谷川博己の愛犬お散歩報道「ほっこりする」とネットで評判

長谷川博己の愛犬お散歩報道「ほっこりする」とネットで評判

  4月29日、長谷川博己(41)が鈴木京香(49)と共同で飼っている犬を散歩。そんな姿が、一部週刊誌で報じられた。   記事によると長谷川は4月中旬の昼下がり、黒い小型犬を連れて散歩していたという。少し前から鈴木と共に犬を飼い始めており、“家族3人”でもたびたび散歩しているようだ。   2...
漫才コンビ「まえだまえだ」の現在 俳優業として活躍中

漫才コンビ「まえだまえだ」の現在 俳優業として活躍中

漫才コンビ「まえだまえだ」の兄・前田航基が現在放送中のドラマ「Missデビル人事の悪魔・椿眞子」に共亜火災の新入社員・南雲役で出演、弟の前田旺志郎も先月放送終了したドラマ「命売ります」にレギュラー出演するなど、成長した二人が俳優として活躍している。 1998年生まれの航基と、2000年生まれの旺志郎...
西郷どんの撮影が終わり次第コメントを出す? 渡辺謙が離婚か

西郷どんの撮影が終わり次第コメントを出す? 渡辺謙が離婚か

「『西郷どん』の撮影が終わり、渡英してから何らかのコメントを出す予定だそうです」 昨年3月に週刊誌で不倫を報じられた渡辺謙だが、別居中で離婚協議中だった妻・南果歩とついに決着がついた、とマスコミ関係者の間でささやかれている。 渡辺は6月にブロードウェイミュージカル『王様と私』のロンドン公演...
錦戸亮への暴力沙汰 山口達也の騒動でスルーされた瑛太の酒乱ぶり

錦戸亮への暴力沙汰 山口達也の騒動でスルーされた瑛太の酒乱ぶり

NHK大河のキャスト同士のトラブル、しかも有名俳優がジャニーズアイドルを暴行したとなれば、芸能ニュースのトップを飾る一大事件である。ところが、共に『西郷どん』に出演中の瑛太(35)が錦戸亮(33)に暴行を加えたという「FRIDAY」(講談社)のスクープは、完全にスルーされた。瑛太の酒グセの悪さは、業...
倒れこんだ錦戸亮に馬乗り?瑛太が高級ラウンジで暴行か

倒れこんだ錦戸亮に馬乗り?瑛太が高級ラウンジで暴行か

4月13日、恵比寿の会員制ラウンジ『S』を訪れた瑛太を直撃。楽しげな様子だったが、錦戸の名前を出すと表情が一変 4月10日の午前2時すぎ。東京・恵比寿にある会員制の高級ラウンジ『S』。本誌はこの店で、あるトラブルが発生したという情報をキャッチし、店の前に駆けつけた。午前2時半頃、店から一人で姿を現...
小栗旬 鈴木亮平に恩返し…大河出演決断させた4年前の感謝

小栗旬 鈴木亮平に恩返し…大河出演決断させた4年前の感謝

  俳優・小栗旬(35)がNHK大河ドラマ「西郷どん」で坂本龍馬役として出演すると、一部スポーツ紙が報じた。   記事によると龍馬は中盤から終盤にかけての中心人物となるため、同局は慎重にキャスティングを進めてきたという。    そんな中で白羽の矢が立ったのが、小栗。当初は主演映画...
「西郷どん」の坂本龍馬役に小栗旬 大河後半のキーマンに

「西郷どん」の坂本龍馬役に小栗旬 大河後半のキーマンに

小栗旬(35)がNHK大河ドラマ「西郷どん」(日曜午後8時)で、坂本龍馬を演じることが8日、分かった。 物語は西郷隆盛(鈴木亮平)が薩摩の貧しい下級武士の家に育ちながらも勝海舟、坂本龍馬らと出会い、革命家に覚醒し、明治維新を成し遂げる姿を描く。犬猿の仲だった薩摩藩と長州藩の間を取り持ち、...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net