芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

南極観測隊が着る防寒具の総額 マツコが驚き「安いよね」

南極観測隊が着る防寒具の総額 マツコが驚き「安いよね」 1月31日放送の「マツコ&有吉かりそめ天国」(テレビ朝日系)で、南極観測隊が身に付ける防寒具の総額が明らかになった。

番組では、今冬の異例の寒波を暖かく過ごすべく、−20度の南極で活動する観測隊の防寒具に着目した。どれだけ暖かいかを試すのは、全裸でお盆を使った芸をするアキラ100%だ。

スタッフは南極観測隊が所属する国立極地研究所に連絡。送られてきた個人装備のリストを見ると、mont-bellやpatagoniaなど市販メーカーが中心だったという。

そのリストから以下の14点を番組が用意して紹介した。

(1)靴下マウンテニアリング・Smartwool(3,348円)
(2)目出し帽SONICBALACLAVA・OUTDOORRESEARCH(5,400円)
(3)手袋メリノウールインナーグローブタッチ・mont-bell(1,512円)
(4)上半身インナーCaplineTWクルー・patagonia(1万1,880円)
(5)長袖シャツR1Hoody・patagonia(2万1,600円)
(6)防寒キャップExpeditionCap・THENORTHFACE(1万2,960円)
(7)ネックゲーターストレッチCP200ネックゲーター・mont-bell(1,944円)
(8)フリースジャケットSuperVersaLoftJacket・THENORTHFACE(2万7000円)
(9)オレンジ色のアウターポーラーダウンパーカー・mont-bell(3万9,420円)
(10)下半身インナーCaplineTWボトム・patagonia(1万1,880円)
(11)ズボンポーラーダウンビブ・mont-bell(2万9,700円)
(12)靴IMPACT・BAFFIN(269.99カナダドル/約2万4,000円)
(13)ゴーグルGUEST-MPDH・SWANS(1万5,120円)
(14)手袋セキュアサーモネオ・AOIWORKS(2,980円)

アキラ100%は、南極と同じ寒さである−20度の冷凍庫で、1点ずつ着ていった。全裸にお盆ひとつで入ると1分も耐えられない中、素足のアキラ100%が最初に求めたのは(1)靴下。内側全体にクッションがあり、起毛の毛足が長く暖かいそうだ。

次は顔が寒いと訴え、(2)目出し帽をかぶる。続いて、上半身用のアイテムである(3)〜(9)を身に着けた。(9)のダウンは一般的なものと違い、風の侵入を防ぎ、抜群の保温性だそうだ。

続けて、ようやく(10)以降の下半身の防寒を開始し、(11)のズボンは「羽毛布団に入ったときみたい」だとか。(12)の靴は、−100度まで耐えられるそうで、アキラ100%も思わず「あったけぇ!あったけぇ!」と連呼していた。

最後に、アキラ100%が−20度の冷凍庫から出ても、全14点の防寒具を身に付けていると「差がほとんどない」ように感じられたとのことだ。

なお、南極観測隊が身に付ける防寒具の総額は約22万円だった。スタジオの有吉弘行は「ダウンだけで、それだけするかと思ったけど」「もっと特殊なもん、使ってるかと思った。宇宙服ぐらいのね」と驚いた。マツコ・デラックスも「安いよね」「全部、買えんだね」と漏らしていた。

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net