芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

NHKは余裕、フジは動揺…登坂ショックの明暗

NHKは余裕、フジは動揺…登坂ショックの明暗

4月からフジテレビ「プライムニュース」の顔となるはずだった元NHK登坂淳一アナウンサー(46)が、週刊文春に報じられたセクハラ疑惑を受けて出演を辞退した。先週は各局の定例会見ウイークだったが、質問を受けた両局の表情は大きく違った。退職済みとあって余裕が感じられるNHKと、動揺がありありのフジという感じで、登坂ショックの明暗がくっきりと出た。

**********

先に定例会見が行われたのはNHK。1月24日、木田幸紀放送総局長の会見だった。翌日に週刊文春が発売されるタイミングだったため、「NHK在籍時代の処分の有無と、事態をどの程度事実関係を把握していたか」について質問が出た。

木田氏は「残念ながら話せることはありません。すでに退職されている方ですので、僕の方からはコメントできない」。淡々と口調は穏やか。取材各社も、NHKが退職者についてあれこれ語れないことは承知の上であり、終了後、「デリケートな案件がよそに行ってくれてホッとしているはず」「話す顔がどう見てもご機嫌」などの感想が聞かれた。

1日には上田良一会長の定例会見が行われたが、やはり同じコメント。在職中の適性や処分について重ねて質問を受けたが、「恐縮ですがご理解願えれば」と添える表情には余裕がうかがえた。

一方のフジは対照的だった。26日に定例会見が行われたが、前日に「登坂アナ側から出演辞退があった」と、一斉発表したばかりという最悪のタイミング。開始時間を待つ記者たちの間を広報担当者が「質問しませんよね」と自虐的に回り、イレギュラーな光景に落ち着かないムードが漂った。

質疑には主に報道担当の役員が答え、登坂アナの降板について「週刊誌の報道がきっかけとなったのは事実だが、最終的にはご本人からの辞退があったため、残念ですが受け入れた」。同局は2年前にも「ユアタイム」のキャスターに決まっていたショーンK氏が週刊誌に経歴詐称を報じられ、スタート直前に降板したばかり。繰り返されるドタバタ劇について「情報収集が不十分なのでは」と質問を受けると、「返す言葉もない」「率直に批判を受けたい」とした。

一方、「登坂アナからの出演辞退がなければそのまま起用していたのか」との質問が出ると、今度は「仮定の質問にはお答えできない」「文春の記事とご本人の辞退の意向との関係は、我々は承知しておりませんっ」とキレ気味。極めてポビュラーな質問にピリピリする様子に事の重大さがうかがえて、会見終了後、別の役員が質問者をフォローする場面もみられた。

宮内正喜社長は「このような結果になり、大変残念に思っている」。会見の冒頭では「4月改編は結果を出さなければならない勝負のタイミング」と年頭所感を述べたばかりだけに、改編の目玉がいきなりつまずいてつらそうだった。

後任は現在検討中という。

【梅田恵子】(ニッカンスポーツ・コム/芸能記者コラム「梅ちゃんねる」)

関連芸能ニュース

NHK木田幸紀放送総局長 イッテQの演出「ありえない」

NHK木田幸紀放送総局長 イッテQの演出「ありえない」

NHK木田幸紀放送総局長が21日、都内の同局で定例会見を行った。 日本テレビ系「世界の果てまでイッテQ」のやらせ疑惑に端を発する、やらせと演出の境界線議論について「NHKでは、(ないものが)実在しているような表現は厳に謹む制作をしている」と話した。また、現地の祭りであるかのように撮影したイベント...
さんま 吉本興行元会長の社葬でインタビュー受けられなかった理由

さんま 吉本興行元会長の社葬でインタビュー受けられなかった理由

タレントの明石家さんまが3日放送の読売テレビ「にけつッ!!10周年明石家さんま降臨スペシャル」(関西ローカル)にサプライズゲストとして出演し、吉本興業・林裕章元会長の社葬で、自分だけがインタビューを受けさせてもらえなかったと明かした。 林元会長は2005年1月に死去。同月、「お別れの会」...
NHK放送総局長 有働由美子に異例のエール「素晴らしいセンスの持ち主」

NHK放送総局長 有働由美子に異例のエール「素晴らしいセンスの持ち主」

NHKの木田幸紀放送総局長が24日、東京・渋谷の同局で放送総局長定例会見を行い、日本テレビ「newszero」(月〜木曜後11・00、金曜後11・30)でキャスターを務める元NHKでフリーの有働由美子アナウンサー(49)についてエールを送った。 10月から有働アナは「newszero」...
「もう一度奮起」三田佳子が次男が逮捕されて以来初めて公の場に

「もう一度奮起」三田佳子が次男が逮捕されて以来初めて公の場に

女優の三田佳子(76)が29日、横浜情報文化センターで行われた公開セミナー「名作の舞台裏『花の乱』」に出席。11日に次男・高橋祐也容疑者(38)が覚醒剤取締法違反(使用)の疑いで逮捕されて以来、初めて公の場に姿を見せた。 三田はトークでは次男の事に触れなかったが、心労で少しやせた印象。...
イッテQのやらせ疑惑 宮川大輔は「祭り企画」終了なら降板の噂も

イッテQのやらせ疑惑 宮川大輔は「祭り企画」終了なら降板の噂も

「ここにきて日テレ局内には“打ち切りは免れない”という噂がそこかしこで囁かれています」(制作会社ディレクター) 「イッテQ」やらせ疑惑“ない”ものを“ある”が最大の問題 日本テレビ系人気バラエティー「世界の果てまでイッテQ!」(日曜19時58分〜)の祭り企画に関するでっち上げ問題。ラオス橋祭り...
「イッテQ」の騒動で出演者へ謝罪 企画休止も報告済と編成局長

「イッテQ」の騒動で出演者へ謝罪 企画休止も報告済と編成局長

日本テレビが26日、東京・汐留の同局で定例社長会見を行い、、“でっちあげ疑惑”が持ち上がっている同局の人気バラエティー番組「世界の果てまでイッテQ!」(日曜後7・58)の祭り企画について、出演者への説明は済ませたことを明かした。 同企画に出演する宮川大輔(46)が22日にイベントに出演し...
イッテQの疑惑めぐり日テレが謝罪 裏に内村光良と宮川大輔の存在か

イッテQの疑惑めぐり日テレが謝罪 裏に内村光良と宮川大輔の存在か

急転謝罪のワケとは――。日本テレビ系「世界の果てまでイッテQ!」のヤラセ疑惑について、同局の大久保好男社長(68)が15日、制作過程の不備を認めて謝罪し、問題のお祭り企画を当面休止すると発表した。同番組の“お祭り男”宮川大輔(46)の役目は事実上終了。これまで日テレ側は、現地コーディネート...
M-1を巡る上沼恵美子への暴言騒動 触れられない問題の根本

M-1を巡る上沼恵美子への暴言騒動 触れられない問題の根本

いや悔しいです。何が悔しいって、あのM-1の騒動です。まーもー説明する必要もないでしょうが、前年覇者であるとろサーモン久保田と、今年本戦7位だったスーパーマラドーナ武智がM-1終了後に居酒屋で突如はじめたインスタライブ。上沼恵美子(とは言ってないけど明らかに)の審査に対する批判を「オバハン」「...
指原莉乃がHKT48卒業を発表 卒業コンサートは2019年4月28日

指原莉乃がHKT48卒業を発表 卒業コンサートは2019年4月28日

アイドルグループ・HKT48の指原莉乃(26)が15日、TOKYODOMECITYHALLで行われたコンサートでグループからの卒業を発表した。 【写真】宮脇咲良&矢吹奈子も出演HKTコンサートの模様 指原は「ここで報告があります。私、指原莉乃は…HKT48を卒業します」と泣きながら報告。会場は「え?」「エーーーーー」とい...
BPO、日テレに追加報告求める 人気番組「イッテQ」やらせ疑惑

BPO、日テレに追加報告求める 人気番組「イッテQ」やらせ疑惑

日本テレビ本社放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会は14日、日本テレビの人気バラエティー番組「世界の果てまでイッテQ!」のやらせ疑惑を巡り、バラエティー番組の演出に対する考え方などについて日テレに追加報告を求めることを決めた。審議・審理入りするかどうかは継続討議となった。 日テ...
引退した小室哲哉氏 引き受けていた仕事も終わりリタイア生活

引退した小室哲哉氏 引き受けていた仕事も終わりリタイア生活

◇芸能激動2018(2) 【芸能激動2018(2)】安室奈美恵さん(41)をはじめ「引退」が相次いだ今年の芸能界。CDバブルが巻き起こった「平成」の象徴である音楽プロデューサーの小室哲哉氏(60)も引退した。 週刊文春が報じた不倫騒動の責任を取って1月に会見して引退を表明。音楽を担当した...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net