芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

視聴者が復活望むテレビ番組、1位は「いいとも!」ORICON NEWS調査

視聴者が復活望むテレビ番組、1位は「いいとも!」ORICON NEWS調査 2018年春のテレビ改編期に向け、『めちゃ×2イケてるッ!』(フジテレビ系)や、『とんねるずのみなさんのおかげでした』(同系)、『「ぷっ」すま』(テレビ朝日系)など、長寿番組の終了が次々と発表された。これを受けてSNSでは、「時代の流れ」という冷静な見方のほか、「楽しみにしていたから残念だった」と、終了を惜しむ声も多数挙がっている。ORICONNEWSでは、すでに終了した番組の中から、「復活してほしいテレビ番組」についてユーザー1,000人に意識調査を行った。

【写真】『風雲!たけし城』若かりしビートたけしの殿姿、懐かしの谷隊長も

◆「お昼=いいとも!」のイメージは今も根強く

ORICONNEWSでは、10代から50代の男女に調査。計1,000人の一般ユーザーが選んだ番組のランキングは以下の結果となった。

【復活してほしいテレビ番組は?】
1位笑っていいとも!……12.0%
2位SMAP☓SMAP……7.4%
3位ひみつの嵐ちゃん!……6.1%
4位うたばん……4.7%
5位学校へ行こう!……4.6%

『笑っていいとも!』(フジテレビ系)がダントツの1位に。同番組は人気タレント・タモリを司会に、1982年10月4日から2014年3月31日まで、毎週月〜金曜の昼12時からオンエア。32年の長きに渡って放送された。

復活を望む人にもっとも多かったのは、「お昼といえば『笑っていいとも!』だったので、終わってしまったときはすごく残念だった」(長崎県/10代/女性)など、「お昼=いいとも!」のイメージが今も消えないという意見。ほか「タモリさんとゲストとの軽妙なトークが聞きたい」(熊本県/30代/男性)、「タモリさんが作り出す空気感で、ゲストの方々の面白く貴重な話がたくさん聞けた」(三重県/10代/女性)など、いまだ“タモロス”を抱える人も。また「バラエティーの鑑」(兵庫県/50代/男性)と、番組自体の質の良さを指摘するユーザーもいた。

◆幅広い世代に支持されたスマスマ、「もう一度観たい」の声多数

2位は、その解散が世間を騒がせた国民的アイドルグループSMAPの冠バラエティー『SMAP☓SMAP』(フジテレビ系)。1996年4月15日に放送がスタートし、2016年12月26日に終了。当初はアイドルがコントをするという斬新さが話題となり、またメンバーが料理対決する「BISTROSMAP」などの人気コーナーも誕生。マイケル・ジャクソンなど海外のビッグスターが出演することもあり、毎週月曜の夜10時の顔として、幅広い世代の視聴者に愛されていた。

ユーザーからは「トークもコントも歌もある。海外アーティストやコラボを楽しみにしていた」(香川県/30代/女性)、「やっぱりSMAPの体当たりのバラエティーは群を抜くほど斬新だったし衝撃的。もう一度観たい」(山梨県/10代/女性)などの声が。ほか「SMAPがいなくなって、改めて『SMAP×SMAP』、SMAPというアーティストの偉大さに気付かされた。解散してしまったので難しいのはわかっているが、観てみたい」(埼玉県/10代/女性)などの意見が並んでいた。

テレビは時代も映すもの。それだけに、世代ごとに「復活してほしい」と願う番組も変わってくる。ここからは、各年代ならではの特徴的な意見を見てみよう。

◆10代はヘキサゴン、20代は笑う犬、30代はたけし城もランクイン

10代が選んだ「復活してほしい番組」5位にランクインしたのは、島田紳助が司会の『クイズ!ヘキサゴンII』(フジテレビ系)。その結果から“おバカタレント”という呼び方を一般化させた高視聴率番組で、つるの剛士、上地雄輔、木下優樹菜、里田まい、スザンヌらが出演。同番組には「おバカタレントの珍回答がまた観たい」(埼玉県/10代/女性)、「クイズ系ではNo.1だったと今でも思う」(長野県/10代/女性)などの声が挙がった。

20代では、1999年から2001年にかけて一世を風靡したコント番組『笑う犬の冒険』(フジテレビ系)が8位にランクイン。内村光良がオリジナルコントを書き下ろし、同シリーズからは「ミル姉さん」「はっぱ隊」など人気コントが数多く生まれた。「今でもネタを覚えているぐらい面白かった」(神奈川県/20代/女性)、「久々に新作が見たい」(埼玉県/30代/女性)との声も多かった。

30代には、9位に『風雲!たけし城』(TBS系)の名が。こちらは、1986年から1989年まで放送。ビートたけしを城主とした難攻不落の“たけし城”を落とすべく、攻撃軍が数々のアトラクションに挑戦。子どもから大人まで熱狂させた伝説的なバラエティー番組だ。「様々な仕掛けとワイルドな演出に、子どもながらに興奮した」(神奈川県/30代/女性)、「子どもの頃の思い出」(神奈川県/30代/男性)と、幼少期に観たテレビの記憶がいかに強烈かがわかるコメントが寄せられた。

◆40代・50代には全員集合、ひょうきん族、ねるとんも人気

40代の2位には、『8時だョ!全員集合』(TBS系)がランクイン。いかりや長介、加藤茶、高木ブー、仲本工事、志村けん(初期は荒井注)からなるザ・ドリフターズが出演し、コントをメインに歌などで構成された生放送の番組。最高視聴率は脅威の50.5%を記録している。「家族と仲良く、ゲラゲラ笑いながら観た」(神奈川県/40代/女性)、「小学生時代に大変楽しく観させてもらった」(愛媛県/40代/男性)と、昭和の家族団らんを象徴するお化け番組だった。

また、40代・50代ともに人気だったのは、こちらも一大ブームを巻き起こした『オレたちひょうきん族』(フジテレビ系)。40代で8位、50代では1位に輝いている。ビートたけし、明石家さんま、島田紳助、片岡鶴太郎、山田邦子らがレギュラー出演していただけに、「とにかくメンツが豪華。1日だけでも良いから復活してほしい」(東京都/40代/男性)との声も。「個性的で新鮮で面白かった」(奈良県/50代/女性)、「何の規制もない昔のお笑いがいい」(神奈川県/40代/男性)と、刺激ある内容を懐かしむ人も多かった。

また、とんねるずを司会に、一般視聴者が参加した集団お見合いバラエティー『ねるとん紅鯨団』(フジテレビ系)も、40代で7位、50代で6位と健闘。「男女の見合い、出会いものは面白い」(北海道/40代/男性)、「素人参加型で一番面白い」(大阪府/50代/女性)のほか、「親から噂を聞いていた。SPでいいから観たい」(三重県/10代/女性)など若い世代からのラブコールもあった。

全体を振り返ると、やはり長寿番組の人気は、時を経ても根強い。また、リアルタイムでは視聴していなくとも、親から子へ、その面白さが若い世代へ受け継がれていることも見て取れた。2018年春の改変でも、いくつかの新番組がスタートする。これらのように、長きにわたり視聴者の心を掴んで離さない番組の誕生に期待したい。
(文/衣輪晋一)

【調査概要】
調査時期:2018年1月25日(木)〜1月29日(月)
調査対象:合計1,000名(自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】会員10代、20代、30代、40代、50代の男女)
調査地域:全国
調査方法:インターネット調査
調査機関:オリコン・モニターリサーチ

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

ギリギリのところを攻める 坂上忍が「バイキング」にかける思い

ギリギリのところを攻める 坂上忍が「バイキング」にかける思い

平日の昼に放送されている『バイキング』(月〜金前11:55フジテレビ)が、6月の月間視聴率で民放2位タイを記録した。MCの坂上忍を中心に、その時々の時事ネタに斬り込む“生ホンネトークバラエティ”。良きにつけ悪しきにつけ、そこでの発言はネットで騒がれることもしばしば。ORICONNEWSでは、そんな番組の顔...
香取慎吾からの連絡先交換を断った森且行「知らなくても分かり合える」

香取慎吾からの連絡先交換を断った森且行「知らなくても分かり合える」

オートレーサーの森且行が7月末、中古車買取サービス『カープライス』アンバサダー就任発表会に出席。イベントでは、愛車・フェラーリに乗って「木村(拓哉)くんとよく河口湖に釣りに行ってました」、バイクでは「(香取)慎吾ちゃんを後ろに乗っけて走ってました」とSMAP時代の思い出を懐かしむエピソードも...
HIKAKIN、“専業YouTuber”の難しさ語る「ゴールのないマラソンのようなもの」

HIKAKIN、“専業YouTuber”の難しさ語る「ゴールのないマラソンのようなもの」

近年、多様なヒットやブームを生んでいるYouTube。同プラットフォームからはYouTuberという新たなスターも誕生。そのパイオニアであるHIKAKINは現在、日常の面白いものを紹介する「HikakinTV」、ゲーム実況専門の「HikakinGames」、ビートボックス動画の「HIKAKIN」、気軽にゆるい内容の動画を投稿する「Hikak...
「お互い頑張ろうね」ももクロが早見あかりの結婚祝福

「お互い頑張ろうね」ももクロが早見あかりの結婚祝福

アイドルグループ・ももいろクローバー(現:ももいろクローバーZ)の元メンバーで女優の早見あかり(23)が30代前半の会社員の男性と年内に結婚することを受け、ももいろクローバーZが23日、公式サイトを通じて「結婚おめでとう」と祝福の言葉をおくった。 【写真】ももクロ時代…ミニスカでアイドル衣装の早...
「オフィス北野はほとんど沈没船」水道橋博士が事務所の現状を吐露

「オフィス北野はほとんど沈没船」水道橋博士が事務所の現状を吐露

5日深夜、『カンニング竹山の土曜TheNIGHT』(AbemaTV)が放送された。同番組では、その週に起こったさまざまなニュースを独自の視点で読み解き、ワイドショーなどで発言した竹山自身のトークも振り返るコーナーや、竹山が“今、話してみたい”話題の人物をスタジオに招き、ゲストにまつわるさまざまな情報や噂...
水道橋博士が内紛問題に不気味な予告 森社長は「ハリルホジッチ」?

水道橋博士が内紛問題に不気味な予告 森社長は「ハリルホジッチ」?

たけし軍団のお笑いコンビ・浅草キッドの水道橋博士(55)が14日、都内で行われた映画「港町」(公開中)のトークイベントに登場し、オフィス北野の内紛問題について触れた。 水道橋博士は「“火消し軍団”の水道橋博士です。炎上してます。風雲たけし城リアル版、アウトレイジ実写版のようになってます」...
アキラ100%が正月特番のトラウマで冷や汗 裸ネタ封印の可能性も

アキラ100%が正月特番のトラウマで冷や汗 裸ネタ封印の可能性も

裸ネタ芸人のアキラ100%(44)が20日、大阪市内のMBSで行われた笑いと音楽を融合した賞レース「歌ネタ王決定戦2018」(9月19日後8・00からオンエア)決勝進出者発表会見に参加。正月特番でやらかした“ポロリ”以来となる、生放送でのネタ披露になることについて「冷や汗が止まらない」と...
「カメラを止めるな」監督が告白「興行収入はボクには入らない」

「カメラを止めるな」監督が告白「興行収入はボクには入らない」

製作費約300万円の低予算作品ながら、口コミによるヒットで話題の映画「カメラを止めるな!」も上田慎一郎監督(34)が19日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」(日曜・前10時)に出演した。 6月23日に2館で劇場公開されたが、今は140館と拡大し大ヒットしている同作品に上田監督は「今は...
相撲芸人あかつの闇営業をカラテカ入江慎也が暴露 給料は97万円

相撲芸人あかつの闇営業をカラテカ入江慎也が暴露 給料は97万円

相撲芸人のあかつが、18日放送の『さんまのお笑い向上委員会』(フジテレビ系)に出演。カラテカの入江慎也から闇営業をバラされる一幕があった。 入江はあかつについて「お金、仕事ないですみたいな言い方してますけど正直十分稼いでいる」と言及。さらに、あかつの所属事務所の社長ともつながっている彼は...
稲川淳二、リアクション芸人だった「蛇がウジャウジャいる中泳がされ」

稲川淳二、リアクション芸人だった「蛇がウジャウジャいる中泳がされ」

「夏といえばTUBEか稲川淳二」と言われていたのはいつのことだっただろうか……。夏しか売れないと言われたTUBEは夏でも売れなくなったが、稲川淳二(70)は今も健在だ。夏どころか11月まで続く「怪談ナイト」ツアーは四半世紀を超え、26年目を迎えて大盛況。だが、若い人達は、彼を怪談の語り部としか認識して...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net